Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2019.02.08


『ファースト・マン』なら、アノ人より先に宇宙体験ができる!?

『セッション』、『ラ・ラ・ランド』と、傑作を撮り続けてきたデイミアン・チャゼル監督。なんとまだ34歳ながら、すでにアカデミー賞監督賞を受賞! ハリウッドの“巨匠”の仲間入りを果たしたといってもいいかも。で、そんなチャゼルの新作は、人類で初めて月に降り立った、ニール・アームストロング飛行士の物語。これがまた体験型映画のようでスゴイんです!

『ファースト・マン』

ムネアツなポイントは?
“まるで宇宙飛行士になったかのような映像体験ができる!“

1961年、アメリカ空軍のテストパイロットだったアームストロングは、NASAのジェミニ計画の宇宙飛行士に応募。選考を通過し、NASAでのトレーニングがはじまる。宇宙開発でソ連をリードしたいNASAは、試行錯誤の計画で、ついにアポロ11号による月面着陸を試みる。その船長を任されたのが、アームストロングだった。

この映画、何がスゴいって、“体感度”が空前レベルなのだ。テストパイロット時代の冒頭から、操縦席の息苦しさや振動、日常では感じられないスピード感や轟音。さらに目の前の計器や大気圏外寸前の絶景など、徹底的に宇宙飛行士たちの目線を追った映像を展開。それによって、飛行士の状況が生々しく伝わってくるのだ。NASAでの超速回転トレーニングや、アポロ船内での隣の宇宙飛行士との密着具合など、“観る者に体感してもらいたい”と意識した描写が盛りだくさん。緊迫時の宇宙飛行士の落ち着きのない視点の動きまで再現しているのは驚くばかり。

デイミアン・チャゼル監督は『セッション』や『ラ・ラ・ランド』では音楽を巧みに使ってきたが、今作では真逆。“無音”のシーンを効果的に使用して、静寂の中に染みわたるような感動演出をまぶしている。また、アームストロング役のライアン・ゴズリングもその効果にひと役買っている。激しいシーンにも関わらず、あえて表情に変化を見せないことで観客の鼓動の高まりを誘おうとしているようだ。人類初の快挙をなし遂げながらも、アームストロングには成功者とは違うどこか虚しい空気感が漂う。きっとそれは、多くの人命を犠牲にして宇宙開発を急いだものの、ほとんど成果を得なかったという虚無感が重なって見えるからかもしれない。

ちなみに今作は、ぜひIMAXで観てほしい。特に宇宙のシーンはIMAX65ミリカメラで撮影されていて、あるシーンでは、そのIMAX効果が絶大に表れているのだ。可能なら、より大きなスクリーンを選ぶことを強くオススメする。それほど大きくないスクリーンなら、できるだけ前方で観た方が迫力を感じられるはず! 実際に月旅行に行けるわけじゃないけど、宇宙体験はアノ人よりも先にできるかも!?
 

 
 

NEXT 予告編はコチラ

2/4PAGE

 


 

NEXT アノ人とライアン・ゴズリング、デイミアン・チャゼルの鼎談映像

3/4PAGE

 

『ファースト・マン』
製作・監督/デイミアン・チャゼル 出演/ライアン・ゴズリング、クレア・フォイ、ジェイソン・クラーク、カイル・チャンドラー 配給/東宝東和
2018年/アメリカ/上映時間141分

2月8日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。
©Universal Pictures

NEXT この映画、見逃していない?

4/4PAGE


「映画通ですね!」と言われたい人はコチラもどうぞ!
●”頼れる男”といわれるためのレスキュー映画5選!
●男の友情にグッとくるバディ映画5選
●男の美学がわかる映画5選
●予測不能なドンデン返し映画5選
●希望が持てるカムバック映画5選
●絶望的な状況でも希望が持てる大脱出映画5選
●詐欺犯罪映画5選
●もしものための人質奪還映画5選
●思わず歌って踊りたくなるミュージカル映画5選

●権力に挑んだ男の映画5選
●理想の男の引き際映画5選!
●出発(想定)前に観るべきSF映画5選!
●麗しき師弟映画5選
●展開から目が離せない冒険映画5選
●監督の作風がよくわかる映画5選!
●食欲をそそるグルメ映画5選!
●男の生き様映画5選!
●西海岸の風を感じる映画5選!
●ソーカイで、ツーカイな旅映画5選!
●怖〜いホラー映画5選!

文=斉藤博昭 text :Hiroaki Saito
ビーチで着るアメカジは〈ブルックス ブラザーズ レッド フリース〉で!夏気分を盛り上げる海に似合う柄アイテム!
SPONSORED
2019.04.25

ビーチで着るアメカジは〈ブルックス ブラザーズ レッド フリース〉で!
夏気分を盛り上げる海に似合う柄アイテム!

夏といえば灼熱の太陽に青い海、輝く白い砂浜。そして、いつもより大胆になれる、陽気な“柄モノ”を着て出かけたい季節では? たとえばマドラスチェックだったり、トロピカル柄だったり……。そんな海に似合う夏気分な柄アイテムを〈ブルックス ブラザー…

TAGS:   Fashion
大人サーファーに似合う1枚は〈シーグリーン〉で手に入れる!ビーチで着るならやっぱり海を感じるプリTがいい!
SPONSORED
2019.04.25

大人サーファーに似合う1枚は〈シーグリーン〉で手に入れる!
ビーチで着るならやっぱり海を感じるプリTがいい!

初夏の日差しが気持ちいいビーチには、やっぱりリントTが似合う。そして、そこらへんの小僧サーファーと同じにならないプリTを選びたいなら、〈シーグリーン〉のロゴTがいい。海好きにササるモチーフを西海岸っぽくアレンジした1枚は、ビーチでひと際目…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス アンダーウェア〉があれば夏旅も安心!バカンス先で重宝するのは心地いい部屋着!
SPONSORED
2019.04.25

〈ポール・スミス アンダーウェア〉があれば夏旅も安心!
バカンス先で重宝するのは心地いい部屋着!

年齢を重ねると、旅先での格好も「大人としてだらしなくないか」などいちいち人目が気になったりする。でもリゾートの一番の目的は、のんびりすること。服だって“いかに心地よく過ごせるか”が大事なはず。だから、ちょっと意外かもだけど上質なルームウエ…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉で快適にお洒落する!夏のJKスタイルは爽やか素材で涼しげに!
SPONSORED
2019.04.25

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉で快適にお洒落する!
夏のJKスタイルは爽やか素材で涼しげに!

きちんと感の演出のために、暑い夏でも重そうなジャケットをヤセ我慢して着るなんて考え方はもはや時代遅れ。涼しげな素材をジャケットやインナーに投入して、爽やかな季節にふさわしいお洒落を楽しむのが、今どきのスタイル。で、注目したいのが〈ブラック…

TAGS:   Fashion
〈ビーセカンド〉がイチオシする〈チャイナタウン マーケット〉に注目!遊びの効いたロゴ入りなら 休日姿も脱・マンネリ!
SPONSORED
2019.04.25

〈ビーセカンド〉がイチオシする〈チャイナタウン マーケット〉に注目!
遊びの効いたロゴ入りなら 休日姿も脱・マンネリ!

ユーモアや遊び心がわかるということは、心に余裕があるってこと。いい年の大人なら、それを見た目でも感じさせたい。そこでマークしたいのが、〈ビーセカンド〉がセレクトしたアメリカ生まれの〈チャイナタウン マーケット〉の新作。おやっ!?とお洒落心…

TAGS:   Fashion
夏カジュアルの主役はやっぱり〈ヴァンズ〉!西海岸スタイルに差がつく海Tシャツと街Tシャツ!
SPONSORED
2019.04.25

夏カジュアルの主役はやっぱり〈ヴァンズ〉!
西海岸スタイルに差がつく海Tシャツと街Tシャツ!

“たかがTシャツ、されどTシャツ”とはよく言ったもので、夏カジュアルはTシャツ選びが最大のヤマ場。ついプリントだけで選びがちだが、実は色も大事だって知ってた? そう、シーンに応じて色を使い分ければ、いつものTイチ姿も見違えるはず。おまけに…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着で爽やかさを倍増!海好き男の週末はマリンなパーカが主役!
SPONSORED
2019.04.25

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着で爽やかさを倍増!
海好き男の週末はマリンなパーカが主役!

モチーフや色使いから、潮風を感じられる服。夏が近づくと一段と、マリンテイストのアイテムが恋しくなってくる。そんな人にこそ是非袖を通してほしいのが、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注をかけた新作パーカ。都会的センスのボーダー柄やキャ…

TAGS:   Fashion
〈BMW〉の新型“Z4”に特別仕様の限定車が登場!大人の所有欲を刺激するプレミアムなオープンカー!
SPONSORED
2019.04.25

〈BMW〉の新型“Z4”に特別仕様の限定車が登場!
大人の所有欲を刺激するプレミアムなオープンカー!

〈BMW〉の走りの遺伝子を受け継ぐロードスター。クルマ好きなら知らない人はいないあの“Z”の系譜に、新型モデルがお目見えした。と、ここまではご存知の人も多いかと。しかしこの新型“Z4 M40i”の登場に合わせて、30台限定の特別限定車も存…

TAGS:   Cars
コレで毎日がもっと刺激的になる!週末スタイルが見違えるとっておきのアイテム!【Vol.1】
SPONSORED
2019.04.25

コレで毎日がもっと刺激的になる!
週末スタイルが見違えるとっておきのアイテム!【Vol.1】

昼間はすでに夏を感じる陽気でも、朝晩が冷えこむこの時季の気候は、憧れの西海岸とそっくり。ということは、まだまだお洒落を楽しめるってこと。そんな季節だからこそ、改めて身のまわりを確認して、脱・マンネリを狙える個性派アイテムを揃えておくべき。…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ