Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2020.11.21

【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画30本!

映画の醍醐味といえば先の読めない展開。それを極めた30作品をご紹介。ラストまでじっくりとお楽しみください!

 

 
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『ユージュアル・サスペクツ』
製作年/1995年 監督/ブライアン・シンガー 出演/ガブリエル・バーン、ケヴィン・スペイシー

結末の予測が不能な代表作!
ドンデン返し度★★★★★

最後の最後で驚愕するサスペンス映画といえば、まずは本作の名が挙がることだろう。それだけ予想できない展開が用意されているのだ。
密輸船が爆破され、多額の現金と麻薬が消え去る事件が発生。唯一の生存者は、船の襲撃を指示された詐欺師ヴァーバルだった。警察がヴァーバルの尋問を行う中、ヴァーバルが犯罪者仲間4人とともに船を襲撃したこと、その襲撃を命じたのが正体不明のギャング、カイザー・ソゼであることなどが浮かび上がり……。
物語は尋問を受けるヴァーバルが、密輸船爆破事件が起こるまでの過程を回想する形で進行。この回想がキーポイントとなっているのだ。

<ここからネタバレ>
話を聞き終えた警察は、ヴァーバルの犯罪者仲間の1人をカイザー・ソゼと断定。しかし、ここからが大ドンデン返し。取調室を後にし、街に消えたヴァーバルこそがカイザー・ソゼだと分かる。なぜならヴァーバルは、取調室にある書類やマグカップに書かれた文字を拝借して、嘘の供述を延々と話していたというわけ。警察は見事にそれを信じ、騙されていたというオチだ。ヴァーバルを演じたケヴィン・スペイシーの名演、嫌味なくらい巧妙に張り巡らされた伏線などを本編で確認すれば、「えええええ!?」となるのは間違いない。アカデミー賞脚本賞受賞とスペイシーの助演男優賞受賞も納得の秀作。
 

 
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『ファイト・クラブ』
製作年/1999年 監督/デヴィッド・フィンチャー 出演/エドワード・ノートン、ブラッド・ピット、ジャレッド・レト

人間の本質を鋭く斬った物語に唸る!
ドンデン返し度★★★★

不眠症に悩むエリート会社員の“僕”は、出張中の機内で謎の男タイラー・ダーデンと出会う。互いを殴り合うことで自己を解放し、生きる実感を得るようになる。そんな2人のもとにやがて大勢の男たちが集結。秘密組織ファイト・クラブが結成され、地下室でのファイトが展開されるようになるが……。
こちらの作品、エドワード・ノートン演じる“僕”のナレーションによって展開。名前のない“僕”視点こそが結末の大きなヒントとなっているのだ。

<ここからネタバレ>
肉体的な痛みやタイラーへの友情を通して“僕”が自分を取り戻していく中、事態は“僕”の思惑からそれた方向へと転がっていく。タイラーは“僕”を蚊帳の外に置きはじめ、ファイト・クラブの面々と何やらよからぬ企みをするようになる。しかし、ある出来事をきっかけに、あれほど憧れていたタイラー・ダーデンは、実は“僕”自身が作り出した産物だと判明。

ファイト・クラブを設立したのも、仲間とともに何かを企てていたのも、要はタイラーは自分自身だったのだ。患っていた不眠症も、会社員としての働く以外に、実はタイラーとして“僕”がレストランなどで働いていたせい。さらに、タイラーとの殴り合いも自分で自分を殴っていただけのことだったのだ。

あっと驚く大ドンデン返し映画であると同時に、世の中や人間の本質を鋭く斬った作品としても支持されてきた1本。タイラー・ダーデンを演じるブラピのマッチョな肉体にうっとりする彼女が、大ドンデン返しにポカ~ンとする瞬間を見逃さないように!
 

 
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『鑑定士と顔のない依頼人』
製作年/2013年 監督・脚本/ジュゼッペ・トルナトーレ 出演/ジェフリー・ラッシュ、ジム・スタージェス

恋路も絡んだドンデン返し!結末は、ぜひ彼女と話し合って!
ドンデン返し度★★★★

美術鑑定士のヴァージルは友人の画家ビリーと共謀し、オークションで美術品を不正に落札する日々。そうして集めたコレクションを、ヴァージルは隠し部屋に飾って愛でていた。そんな中、ヴァージルは資産家令嬢のクレアから美術品競売の依頼を受ける。女性に接するのが苦手なヴァージルと、広場恐怖症で自室に引きこもるクレア。だから、鑑定士と依頼人でありながら顔を合わせたことのない2人。しかし、満を持して出会うと、たちまち恋に落ちるのだ……。

<ここからネタバレ>
偏屈で、女性に免疫のない男の一世一代のラブストーリー……と思いきや、実は哀しすぎぎる大ドンデン返し映画へと発展。クレアの目当てはヴァージルの秘蔵コレクションで、彼を巧妙に騙していたのだ。しかも、クレアの黒幕はなんとヴァージルの相棒だったビリー。画家としての自分を認めてもらえないビリーは、実はヴァージルに長年の恨みを募らせていたというわけ。

大好きな彼女と観るにはビターすぎる展開だが、いろいろな解釈のできる作品として劇場公開当時から話題に。愛の物語か? 単なる詐欺ドラマか? 張り巡らされた伏線の回収ともども、鑑賞後に彼女と2人で語り合うのもいいかもしれない。
 

 
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『真実の行方』
製作年/1996年 監督/グレゴリー・ホブリット 出演/リチャード・ギア、エドワード・ノートン、ローラ・リニー

青年アーロンを演じるエドワード・ノートンに圧倒される!
ドンデン返し度★★★

カトリックの大司教が惨殺され、現場から血まみれで逃走した聖歌隊の青年アーロンが容疑者として逮捕される。金儲け第一主義で目立ちたがり屋の敏腕弁護士マーティンは、無償でアーロンの弁護を行うことに。無実かどうかは関係ない。裁判に勝てばそれでいい。そう考えていたマーティンだったが、か弱いアーロンの無実を徐々に信じはじめ……。

<ここからネタバレ>
裁判が進む中、大司教がアーロンら聖歌隊員に性的虐待を行っていた事実が発覚。そこにこそ死の真相が隠されていると察知したマーティンは、アーロンを問いただす。追い詰められたアーロンは攻撃的な態度に豹変し、大司教の殺害を告白! アーロンは二重人格障害者で、彼の中には気弱な人格と攻撃的な人格が混在していた…。

当時まだ無名だったエドワード・ノートンが、アーロン役の演技でアカデミー賞助演男優賞にノミネート。それにもうなずけるほど、この作品の大ドンデン返しはノートンにかかっている。ただし、この先にはもう1つの大ドンデン返しが……。表情で翻弄しまくるノートンと同じくらい、映画を楽しむ彼女の表情もクルクル変わるに違いない。
 

 
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『アイデンティティー』
製作年/2003年 監督/ジェームズ・マンゴールド 出演/ジョン・キューザック、レイ・リオッタ

無関係な話がつながる快感と終わらないスリルが味わえる!
ドンデン返し度★★★★★

ある死刑囚が多重人格障害を疑われ、死刑執行前夜に再審理が行われることに。一方そのころ、とある寂れたモーテルでは、運転手のエド、娼婦のパリスら男女11人が大雨により足止めされていた。しかも、11人が1人、また1人と何者かに殺される事態が起きる……。

<ここからネタバレ>
無関係に思えた物語と物語が、あるシーンを境にドッキング。モーテルの11人は、死刑囚の中にいる“人格たち”だったことが判明。この構成とドンデン返し感が見事で、一緒に観た彼女も口を開けてあんぐりすること必至! しかも、この作品が秀逸なのは、構成の妙が浮き彫りになった後もスリル感が続くこと。死刑囚の刑執行を回避するため、彼の中に多数いる人格たちは「殺人者の人格は誰なのか?」を突き止めなくてはならない。

実は、その過程にも第2の大ドンデン返しが潜んでいるわけで……。さすがにオチは伏せておくが、数あるドンデン返し映画の中でも非常に巧妙。ハラハラドキドキ感が彼女との距離を縮めてくれるうえに、「こんな映画を知ってるなんて❤」と尊敬されたりもして。
 

 

【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『女は二度決断する』
製作年/2017年 監督・脚本/ファティ・アキン 出演/ダイアン・クルーガー、デニス・モシット 

想像すらできない突然の結末にビックリ!
“衝撃の結末”というのは、映画ではある程度、常識。観る者を驚かせることも映画の目的だからだ。けれども、その結末も、だいたいは「こうなったらスゴい」と予想できたりするし、願望どおりだったりする。でもそんな予想や願望を打ち砕くのが、この映画。

ドイツで平穏な暮らしを送っていたカティヤだが、トルコ系移民の夫と6歳の息子が爆発事件の犠牲になって命を落としてしまう。カティヤは絶望して自殺を図ろうとするも、ネオナチの夫婦が事件の容疑者であることが発覚。やがて彼女の心は、復讐に傾いていくという、背筋が凍るサスペンスだ。

ヨーロッパでの移民排斥というリアルな社会問題を背景に、人間の絶望や怒り、復讐の心理に引き込んでいく骨太な作り。カンヌ国際映画祭で主演女優賞に輝いた、カティヤ役、ダイアン・クルーガーの迫真の表情に最後まで圧倒される。

【ここからエンディングのネタバレ】
容疑者夫婦のキャンピングカーに侵入したカティヤは、彼らを道連れに爆発装置を使って自爆! 復讐を果たしたとはいえ、ヒロインが死ぬという結末に呆然としてしまう。
 

 
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『キャリー』
製作年/1976年 原作/スティーヴン・キング 監督/ブライアン・デ・パルマ 出演/シシー・スペイセク

惨劇のプロムパーティの後が衝撃!
ホラー映画がドッキリの連続なのは当然のこと。そんなホラーの名作の中で、ラストの衝撃度が最高レベルなのは、『13日の金曜日』の1作めと本作かも。不意打ちのように襲ってくるエンディングに、思わず絶叫してしまう人も多いはず。予備知識ゼロの人と一緒に観て、その人の反応を楽しむことも一興かも。

クラスメイトからいじめを受ける女子高生のキャリー。テレキネシス(触れずに物体を動かす念動能力)を自覚した彼女が、自分をバカにした者たちを悲惨な末路へと導いていく。体育館でのプロムパーティの惨劇シーンは、ホラー映画の歴史でも語り草になった。

原作は、あのスティーヴン・キングのデビュー小説。2013年にはクロエ・グレース・モレッツ主演でリメイクされたが、こちらのキャリー役、シシー・スペイセクの、いじめられっ子が切実に共感させる姿と、超能力とともに狂気を発する豹変のギャップは、凄まじいほど!

【ここからエンディングのネタバレ】
母も殺し、自宅を燃やして自らも命を落としたキャリー。生き残ったクラスメイトのスーがキャリーの墓に花を手向けた瞬間、地中から腕が出てきてスーを掴む! スーの夢なのだが、静かな時間が地獄と化す恐ろしさ。
 

 
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『ミスト』
製作年/2007年 原作/スティーヴン・キング 製作・監督/フランク・ダラボン 出演/トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン

クライマックスに深〜い絶望が待ち受ける!
こちらもスティーヴン・キングの原作で、衝撃のエンディングが大きな話題になった。映画ファンにとって、隠れた名作だ。郊外の静かな町を突然、嵐が襲う。その翌日に発生した深く濃い霧が、やがて町全体を覆ってしまう。何も見えない状況になり、パニックになる人々がスーパーマーケットに逃げ込むという物語。

どうやら霧の中には、不気味な生物が潜んでいるらしく、スーパーに立てこもった人々の決死のサバイバルが展開。“見えない相手”への戦慄はもちろんだが、不安をあおる人物もいたりして人間同士の争いも超スリリングなのが、この『ミスト』の特徴。現代社会の縮図を見ているようでコワいのだ。

ラストの約15分は、ひたすらバッドエンドに向かう感覚で、衝撃のラストの“長さ”では、ほかの映画に絶対に劣らないと断言。トラウマとして記憶に残ってしまう人も多いだろう。ついに姿を現す“見えない相手”などビジュアル面でも印象深い一作。

【ここからエンディングのネタバレ】
スーパーマーケットから逃げた主人公のデヴィッドは、もう逃げ切るのは無理と判断し、同行の息子や仲間を射殺。自分も怪物の餌食になろうと決心するが、霧がしだいに晴れていく。すると軍隊が怪物を退治したことが発覚! あと少し、決断が遅ければハッピーエンドだったのに……という悲痛な結末に。
 

 
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『SAWソウ』
製作年/2004年 原案・監督/ジェームズ・ワン 出演/ケイリー・エルウィズ、ダニー・グローバー

殺人ゲームで生き残った後に最大のショックが!
集められた者たちが“殺人ゲーム”を強要されるという、大胆で恐ろしすぎる設定が話題を呼び、シリーズ化。殺人鬼ジグソウが仕掛けるゲームの内容は、目を覆うほどの残虐さだが、原点となる1作めにその持ち味が凝縮されている。しかもそのエンディングがあまりに衝撃的だったから、ここまでの人気シリーズになったといえる。

薄汚れたバスルームで目を覚ましたゴードンとアダム。2人は部屋の両端で、足首を鎖で繋がれており、真ん中には拳銃で頭を撃たれた死体が横たわっていた。やがて「6時間以内に目の前の相手を殺すか。2人とも死ぬか」というメッセージが届き、想像を絶するゲームがスタートするのだが……。

ありえないシチュエーションで精神的に追い詰められる2人の心理劇に、レコーダーや携帯電話、タバコ、ノコギリといった小道具を使った攻防。つねに予想を裏切って進む状況とタイムリミットが、観ているこちらの心臓をバクバクさせ続ける。観終わった後、思い切り体力を使った感覚が味わえ、クセになる怖さも秘めた一本なのである。

【ここからエンディングのネタバレ】
足の鎖を外したいゴードンが、自分の足をノコギリで切断するシーンでまずショックを与え、その後、横たわっていた死体がゲームを仕掛けたジグソウだと発覚。犯人がずっと現場にいたというオチに誰もがびっくり!
 

 
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『シックス・センス』
製作年/1999年 監督・脚本/M・ナイト・シャマラン 出演/ブルース・ウィリス、ハーレイ・ジョエル・オスメント

“衝撃のラスト”といえば、こちらが代表作!
“ドンデン返しの映画”と聞いて、多くの人が思い浮かべるのが本作だろう。監督は、この映画で一気にその才能が認められた鬼才(奇才?)、M.ナイト・シャマラン。衝撃のクライマックスが用意されつつ、驚きだけでなく納得させ、感動もさせるという離れワザを鮮やかにこなす。そんな見本のような作品だ。

ブルース・ウィリスが演じる小児精神科医のマルコムが、ある悩みを抱えたコールという少年と出会う。コールには「死者が見える」能力があり、そのせいで周囲から白い目で見られているという。医師の立場からコールの苦悩を和らげようとするマルコム。そんな彼自身も、妻など身近な人との心のすれ違いを経験していた。

本作のオチは今ではあまりに有名だが、そのオチを知ってもう一度観直すと、より作品の魅力が伝わってくるのでオススメ。アクション映画とはひと味違うブルース・ウィリスの名演技や、ハーレイ・ジョエル・オスメントの天才子役ぶりが必見。彼が目にする死人の描写など、途中のスリルも満点!

【ここからエンディングのネタバレ】
マルコムはすでに死んでいた。だから実生活で妻などに見向きもされず、死者が見えるコール少年とはコミュニケーションが可能だったのだ。地上をさまよっていたマルコムの魂は、少年との出会いにより、ようやく天国へと向かうことに。
 

 
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『プレステージ』
製作年/2006年 監督・脚本/クリストファー・ノーラン 出演/ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール、スカーレット・ヨハンソン

突拍子もないトリックに呆然!
主人公2人はマジシャン。トリックを使うプロである。自慢のマジックの“トリック”はもちろん、映画全体のドラマにも“トリック”が潜んでいる。その意味では今回のテーマに最もふさわしい一作かも! 

主演の2人がヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベールというのも、今作の魅力。育ちが良く、実直型のアンジャーがヒューで、奇抜な発想の天才型のボーデンがクリスチャンなのも、これまた適役だ。

アンジャーの妻が脱出マジックで命を落とし、その原因がボーデンであったことから、両者の確執と、マジシャンとしてのライバル関係は激化。

しかし、アンジャーの瞬間移動マジックを調べていたボーデンの目の前で、なんとアンジャーは水槽で溺死。ボーデンが殺人容疑で逮捕されてしまう。

【ここからオチ&トリック】
アンジャーの瞬間移動には、電気の技術を使って“自分を複製する”という驚きのテクニックが使われていた。さらにボーデンの死刑執行の日に、アンジャーが何者かに銃撃され、その相手がボーデン……と思ったら、双子の弟だった。ボーデンは双子でマジックをやっていたという、突拍子もないトリックが判明。
 

 
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『ダ・ヴィンチ・コード』
製作年/2006年 監督/ロン・ハワード 出演/トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン

謎の暗号を、どう読み解く!?
トリックといえば“暗号”も重要なキーワードのひとつ。隠された暗号が壮大な事件に発展する作品といえば、ダン・ブラウン原作のロバート・ラングドン・シリーズだろう。トム・ハンクス主演による最初の映画化『ダ・ヴィンチ・コード』は、社会現象とも呼べるヒットを記録した。

パリのルーヴル美術館の中で館長ソニエールが殺害される。その被害者自身が死の間際に、床に暗号らしきメッセージを残していた。宗教象徴学の権威であるラングドン教授が、ソニエールの孫娘ソフィーとともに、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された秘密や、キリストの聖杯の謎から、事件の核心に迫っていく。

キリスト教の常識を変えるような衝撃のネタと、カルト的な集団、殺人というセンセーショナルな要素がミックスされ、エンタメ的興奮も備えた謎解き映画だ。

【ここからオチ&トリック】
ソニエールはカトリック教会ではタブーである秘密を受け継いできたために犠牲となった。ダ・ヴィンチの名画“最後の晩餐”でキリストの隣にいるのは使徒ヨハネとされてきたが、実はこれが女性で、2人は子供をもうけ、その血を受け継ぐ者がソフィーだった。
 

 
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『マッチスティック・メン』
製作年/2003年 製作総指揮/ロバート・ゼメキス 製作・監督/リドリー・スコット 出演/ニコラス・ケイジ、サム・ロックウェル

騙される快感を味わえる!
トリックに騙される快感。それをマックスで味わうとしたら、やはり詐欺師の映画ではないか。主人公は詐欺師のロイ。潔癖症で外出は苦手という変わり者だ。別れた妻との間に生まれ、まだ会ったことのなかった14歳の娘アンジェラと初めて面会したところ、意気投合。アンジェラも父の仕事に興味をもつ。

物語のメインとなるのは、ロイと相棒のフランクによる、大金持ちを標的にしたかつてない詐欺計画。しかしロイは何者かに殴られて気を失い、自身の貸金庫から大金が消えてしまう。

気がつけば、警察から尋問を受けていた……という急展開。リドリー・スコット監督にしては珍しく、軽快なノリの逸品だ。切なくも清々しいラストが印象的。

【ここからオチ&トリック】
すべて相棒のフランクが仕組んだ罠で、アンジェラも彼の仲間。ロイの実娘のフリをしただけで、年齢も14歳ではなく21歳だった。ロイと生活した彼女は、貸金庫の暗証番号も盗み見していた。ロイから悩みを聞いた精神科医もフランクの仲間。
 

 
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『オリエント急行殺人事件』
製作年/2017年製作 製作・監督・出演/ケネス・ブラナー 出演/ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー

驚愕レベルのオチが待ち受ける!
トリックと聞けば、思い浮かべるジャンルはミステリー。そのミステリーの女王として知られるアガサ・クリスティ作品はトリックの宝庫だ。映画化で有名な今作も、細かいトリックが最後に超ドラマチックな謎解きでひとつになる。カタルシスは満点だ。

大雪のため山の中で停車したオリエント急行で、大富豪のラチェットが殺害される。遺体にはいくつもの刺し傷があった。彼は脅迫状を受け取っており、たまたま列車に乗り合わせていた名探偵エルキュール・ポアロに相談をもちかけていた。

やがて列車のほかの乗客たちとラチェットの関係が明らかになっていき、ポアロが誰の犯行なのかを推理していく。ラチェット役のジョニー・デップほか、オールスターキャストが集結。犯人像にあれこれ想像力がはたらくが、まっさらな知識で観たら、そのオチはかなり驚愕のレベルでは?

【ここからオチ&トリック】
ラチェットは少女誘拐事件の犯人で、その恨みを晴らしたい者たちが集合。乗客12人が“ひと刺し”ずつ復讐を果たした。犯人が逃げたように細工するなど、多くのトリックが仕掛けられたが、列車にポアロが乗ったのは誤算。睡眠薬や声色、ほかの人物の服で廊下を歩くなど追加のトリックも駆使された。
 

 
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『ゴーン・ガール』
製作年/2014年 原作・脚本/キリアン・フリン 監督/デヴィッド・フィンチャー 出演/ベン・アフレック、ロザムンド・パイク 

完璧な妻の隠された素顔にびっくり!
誰もがうらやむような美男美女の夫婦だが、妻が突然の失踪。室内には何者かと争った形跡があり、大量の血が拭き取られたことも発覚。殺人事件として捜査が始まり、世間の疑惑の目は夫に向いていく。ギリアン・フリンの小説(実話もヒントにされている)を、『セブン』などの鬼才、デヴィッド・フィンチャー監督が映画化。基本は妻失踪の謎を探るサスペンスなのだが、結婚生活を巡る人間ドラマ、さらにブラックコメディのテイストも濃厚で、心を激しくざわめかせる作品だ。

最大のポイントは、妻のエイミーで、幼い頃に小説の主人公のモデルとなり、それ以来、完璧な女性を演じ続けていた。そのエイミーの素顔が明らかになっていく展開が、背筋もゾクゾクするほどスリリング。演じるロザムンド・パイクの相手を翻弄し、自分のためならどんな極悪非道な行為も辞さない美魔女ぶりは、映画史にも残るほど。アカデミー賞主演女優賞にもノミネートされた。観終わった後、誰もが感じるのは人間の怖さ……かも。

【ここから驚愕のラスト】
夫を殺人容疑者に仕立て、嘘を塗り固めて戻ってきたエイミーを、結局、ニックは受け入れる。エイミーが自分との子供を身ごもったとはいえ、食虫植物に自ら捕まる昆虫のように、悪女との生活に身を委ねるニック。これも男の本能か!?
 

 
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『セッション』
製作年/2014年 監督・脚本/デイミアン・チャゼル 出演/マイルズ・テラー、J・K・シモンズ

音楽祭のステージでまさかの展開!
アクション映画やサスペンスでもないのに、観ている間、ひたすらテンションが上がり、ドキドキする。『セッション』は、その好例だろう。一流のジャズドラマーをめざし、名門の音楽学校へ入学したアンドリューが、生徒から恐れられる教師のフレッチャーに目をつけられ、厳しい指導を受けて精神的にも追い詰められていく。鬼教師と有望な生徒の関係が、まるでスポ根ドラマのような熱さで展開。

テンポのわずかなズレも許さず、理不尽なことも平気で言い放つ。フレッチャーの狂気レベルの指導には誰もが震え上がるはずで、演じたJ・K・シモンズはアカデミー賞助演男優賞を受賞。監督は『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼルなので、音楽による盛り上がりも絶妙だ。意外なシーンで過激なアクションも用意されており、これほど最後まで緊張の糸がとぎれない作品も珍しい。過酷な運命に立ち向かい、成長する青春映画としても大傑作!

【ここから驚愕のラスト】
音楽祭のステージで、指揮者のフレッチャーに予定外の曲を無茶ぶりされ、アンドリューは観客の前で失態。しかし再び舞台へと引き返し、魂のこもった名演奏を披露。フレッチャーも平伏させる。
 

 
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『フライトプラン』
製作年/2005年 監督/ロベルト・シュヴェンケ 出演/ジョディ・フォスター、ピーター・サースガード

機内で娘が行方不明、けど誰も見ていない!?
明らかにそこで起こっていることを主張しているのに、周囲からは全否定される。もしかして勘違いだったのかと、自分で自分がわからなくなっていく……。『フライトプラン』はこのパターンで、先が読めない一作だ。

主人公は航空機の設計士であるカイル。事故で亡くした夫の棺、そして6歳の娘とともに、ベルリンからNYへの飛行機に乗った。しかし離陸して3時間。隣に座っていたはずの娘が姿を消す。パニックになるカイルに対し、乗客・乗員とも「娘なんて見ていない」と話し、搭乗記録にも娘の名前が存在していないと報告される。

すべてカイルの思い違い? それとも何か壮大な罠が仕掛けられている? カイル役、ジョディ・フォスターの鬼気迫る演技もあって、上空を行く機内という密室空間でのサスペンスが劇的に進行していく。職業柄、カイルが飛行機の内部に詳しいというのも大きなポイント。かなり強引な設定ではあるので、よく考えるとツッコミどころも見つかったりする。しかしそれも含め、強烈なインパクトのシチュエーションと幕切れに呆気にとられるのは間違いない!

【ここから驚愕のラスト】
カイルが眠っている間に娘は機内の機械室に連れ込まれていた。その犯人は、カイルの夫を殺したうえ、棺に爆弾の起爆装置を仕掛け、カイルをハイジャック犯に仕立てようと、周囲に策略をめぐらせていたのだ。乗客が空港に避難した後、主犯は機内で爆死させられる。
 

 
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『ドニー・ダーコ』
製作年/2001年 監督・脚本/リチャード・ケリー 出演/ジェイク・ギレンホール、ドリュー・バリモア

不可解エピソードの連続で先が読めない!
観ている間、「いったい、どういうことなのか?」と脳細胞が刺激されまくるのが、この『ドニー・ダーコ』。精神カウンセリングを受ける高校生のドニーの前に、10月2日の夜、銀色のウサギが現れ、世界の終わりを予告する。翌朝、ドニーはゴルフ場で目を覚ますが、自宅に戻ると彼の部屋は、なんと墜落した飛行機のエンジンの一部で破壊されていた……。ドニーを演じたのは、ジェイク・ギレンホール。

銀色のウサギの被り物をした男の正体や、放火などドニーが起こす数々の事件、そして周囲の人の死など、とにかく衝撃で不可解なエピソードが連続し、なかなか真相が見えないが、この感覚はクリストファー・ノーラン監督の新作『TENET テネット』に近い!? 飛行機のエンジンは未来から来たもの。その飛行機にはドニーの母と妹が乗っていた。ドニーは時間をコントロールして、その危機を回避させようとするのだが……。この作品の解釈は人それぞれ。ゲームのように楽しむのも、ひとつの手だ。

【ここから驚愕のラスト】
自分が10月2日を生き延びると、まわりの人が死んでしまうと知ったドニーは、時を戻し、自分が死ぬことを受け入れてベッドに横たわる。しかも笑い転げながら……。
 

 
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!
どんでん返し映画19選!

『シャッター アイランド』
製作・監督/マーティン・スコセッシ 出演/レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー

繰り返し鑑賞して伏線を回収してみて!
孤島のアッシュクリフ精神病院から、収容患者の女性が姿を消すという事件が発生。連邦捜査官のテディが相棒のチャックと捜査を始めると、病院全体が密かに進める実験など危うい事実が明らかになっていく。アカデミー賞作品の『ディパーテッド』のほか、5回のタッグを誇る、監督マーティン・スコセッシ×主演レオナルド・ディカプリオという映画界最強コンビによる一作。

激しい嵐が不安感を高めるなか、病院の院長をはじめ登場人物の言動がいちいち謎めいていたり、テディの隠れた目的が発覚したりと、観る側の意識をどんどん混乱に導く。今作の場合、この混乱にハマっていく快感も魅力かも。結末への伏線があちこちに隠されているので、2回めに観直した時に、多くの“発見”が可能。ディカプリオもいつもながらの熱演だが、そこにも二重三重の意味が込められている!?

【ここから驚愕のラスト】
じつはテディは、妻を殺害し、アッシュクリフ精神病院に収容された患者だった。その現実を受け止めきれない彼は、自分は捜査官という妄想の世界を創造していたのだ。病院側も治療の実験でテディの“捜査官役”を認めていた。
 

 ネットフリックスの話題のホラー!
『ザ・コール』は、どんでん返しだらけ!

『ザ・コール』
製作年/2020年 原案/セルジオ・カシー 監督・脚本/イ・チュンヒョン 脚本/カン・ソンチュ 出演/パク・シネ、チョン・ジョンソ、キン・ソンリョン、イ・エル 配信/ネットフリックス

時代を超えた電話が過去を変える!
物語の始まりは、2019年。20年前に父親を火事で亡くした女性ソヨン(パク・シネ)が、いまや無人となった実家を訪れることに。スマホを失くしたソヨンは仕方なく、家の物置にあったコードレス電話を使おうとする。すると、電話の向こうからは見知らぬ女性の声が。その女性が生きている時代は1999年で、ソヨンが今いる家で暮らしているらしい。不可思議な現象に戸惑いながらも、電話の女性ヨンスク(チョン・ジョンソ)とソヨンは、時を超えた会話を通して距離を縮めていく。

あらすじのみ追うとほっこりした印象を受けるし、実際、ともに28歳のソヨンとヨンスクが電話越しに親しくなっていく姿は微笑ましい。ソヨンのいる時代の進歩を知ったヨンスクが目を輝かせたり、K-POP今昔話で盛り上がったり。しかし、冒頭から終始不穏な空気が充満する作品世界は、そのキュートなやり取りに笑みをこぼすことなど許さず、すぐさま意地の悪いスリラーの様相を呈していく。

【以下、ネタバレ注意】
そもそも、過去と未来を結ぶ物語では、ままならない現実が意地悪く突きつけられがちだ。『ザ・コール』も例外ではなく、過去にいるヨンスクは当初こそ未来にいるソヨンのため、しだいに自分のため“歴史の改変”に手を染めていくのだが、本作が恐ろしく、またユニークなのは改変するヨンスクが狂気の殺人鬼であるところ。敏感に一転二転する事態が悪夢のように、暴走するヨンスクと彼女を食い止めようとするソヨンの戦いへと変化していく展開が見事だ。
 

 
予想外のどんでん返し!
衝撃のクライマックス映画5選!

『ワイルドシングス』
製作年/1998年 監督/ジョン・マクノートン 脚本/スティーブン・ピータース 出演/ケビン・ベーコン、デニス・リチャーズ、マット・ディロン

事件が解決したと思ったら、その先があった!
ハイスクールで心理カウンセラーを務めるイケメンの教師サムが、裕福な家の女生徒ケリーにレイプされたと告発される。追い打ちをかけるように、ほかの女生徒スージーも、彼にレイプされたことがあると証言。だが、法廷でそれらが狂言であったことが判明。サムはケリーの母から莫大な示談金を得て街を去る。ところが、これは彼とケリー、スージーが組んだ大芝居だった。彼らの結託を疑っていた刑事レイは、真相を追って奔走する。

<ココからネタバレ>
3者の結託が判明するのはホンの小手調べで、どんでん返しはさらに続く。レイが動いていることに動揺したスージーは口封じのために殺され、その犯人と見られたケリーもレイに射殺される。これもすべて仕組まれたことで、サムとレイは手を組んでいた……と思いきや、真の黒幕が後に発覚! これぞ正しい二転三転で、マット・ディロンやケビン・ベーコンらクセ者俳優たちの妙演も相まって、最後の最後まで目が離せない!
 

 
予想外のどんでん返し!
衝撃のクライマックス映画5選!

『未来世紀ブラジル』
製作年/1985年 監督・脚本/テリー・ギリアム 出演/ジョナサン・プライス、ロバート・デ・ニーロ

美女の救出劇は現実?
『12モンキーズ』の鬼才テリー・ギリアムによる、風刺とブラックユーモアに満ちたSFスリラー。舞台は体制が人々の情報を掌握している管理社会。情報省の小役人サムは、このところ自身が騎士となり、美女を助ける不思議な夢を頻繁に見るようになっていた。そんなある日、夢の美女とそっくりの女性ジルと遭遇。犯罪者となり当局に追われている彼女を、サムは情報改ざんにより助けようとする。

<ココからネタバレ>
ジルを無罪にして一度は結ばれるも、情報省に逮捕され、拷問されるサム。そのとき、彼と旧知の非合法の配管修理人が省を襲撃。救出されたサムはジルとともに逃げ切ってハッピーエンド……と思いきや、物語は拷問室に戻り、救出劇は廃人と化したサムの妄想であったことが判明する。救いのないエンディングだが、この衝撃こそがギリアムの目指した痛烈な社会風刺。アメリカではテレビ放映時、拷問室に戻る前で終わるハッピーエンド・バージョンも作られたが不評だったという。
 

 
予想外のどんでん返し!
衝撃のクライマックス映画5選!

『エスター』
製作年/2009年 監督/ジャウム・コレット=セラ 出演/ベラ・ファーミガ、ピーター・サースガード

少女エスターの本性とは!?
3人めの子供を流産したことから情緒不安定に陥った妻ケイトのために、夫のジョンは新たに養子を迎える。孤児院から引き取られた、その子供、エスターは聡明で礼儀正しい9歳の女の子だった。しかし、首と手首に巻かれたリボンを決して外そうとしない。やがてケイトは彼女の挑発的な態度を気にしはじめるが、夫は気のせいと取り合おうとしない。さらにエスターの不審な行動はエスカレートし、ジョンとケイトのふたりの実子を脅迫。さらには孤児院から様子を見に来たシスターを殺害してしまう……。

<ココからネタバレ>
その後、エスターはあろうことか、ジョンを誘惑するという9歳の少女とは思えない驚くべき行動に出る。ここで明らかになるのは、難病のために身体の成長が止まってしまったエスターが、実は33歳であったこと!あどけない顔をしながら、手段を選ばずほしいものを手に入れようとする彼女の狂気に、戦慄を覚えずにいられない。ちなみにエスターを演じたイザベル・ファーマンは本作の撮影時は11歳の子役だったか、その怪演は鮮烈!
 

 
予想外のどんでん返し!
衝撃のクライマックス映画5選!

『アウェイク』
製作年/2007年 監督・脚本/ジョビー・ハロルド 出演/ヘイデン・クリステンセン、ジェシカ・アルバ、テレンス・ハワード

若き富豪が手術中に知った事実とは!?
実業家だった亡き父から大企業を継ぎ、前途洋々と思われている青年クレイトンの悩みは、恋人サムとの結婚を、厳格な母が許してくれそうにないこと。そして心臓に疾患があり、移植手術が必要なことだった。ある日、ドナーが見つかり、母に内緒で挙式した新妻サムに付き添われて、クレイトンは緊急入院。ところが、全身麻酔が完全には効かず、彼は全身がまったく動かないまま意識だけははっきりする“術中覚醒”の状態に。手術の激痛に苦しみつつ、彼は医師たちの会話から、驚くべき事実を知ってしまう。

<ココからネタバレ>
実は手術の担当医は、仲間の医師や看護師とともに、手術の失敗を装ってクレイトンを殺害する計画を立てていた。しかも、この計画にはサムも加担していた! すべてはクレイトンの莫大な遺産を狙っての犯罪計画だったのだ。絶体絶命のクレイトンの運命は!? 一見、悪役とは思えないジェシカ・アルバをサムに配役したのは、まさにキャスティングの妙!
 

 
予想外のどんでん返し!
衝撃のクライマックス映画5選!

『グッドライアー 偽りのゲーム』
製作年/2019年 原作/ニコラス・サール 監督/ビル・コンドン 出演/ヘレン・ミレン、イアン・マッケラン

詐欺師と資産家、どちらが騙せる?
舞台は現代のロンドン。腕利きの老詐欺師ロイは、投資話を持ちかけては標的の財産を根こそぎ奪う達人。資産家の未亡人ベティに接近した彼は、紳士的な態度で彼女の信用を勝ち得て、恋の相手を演じ続けることに。警戒心の強いベティの孫はロイを信用せず、その存在はロイの計画の邪魔になる。しかし彼に惚れていたベティは全財産を、ロイの仲間の投資コンサルタントに預けることに同意した。しかし、その後事態は予期せぬ方向へ……。

<ココからネタバレ>
ロイが実は英国人ではなく、第二次大戦で戦死した英国兵になりすまして渡英したドイツ人であったことが判明。それでもベティは彼を受け入れるが、彼女も実はナチス政権下を生き抜いたドイツ人だった。若き日の彼女は自分をレイプし、一家を破滅に導いたロイへの復讐の機会をうかがっていたのだ……。ヘレン・ミレンとイアン・マッケランの名優共演で、騙し騙されのゲームを活写。ラストに明かされる、長年の因縁がヘビーな感触を残す。
 

 驚愕のエンディング映画5選!

『オールド・ボーイ』
製作年/2003年 監督・脚本/パク・チャヌク 出演/チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・へジョン

監禁された衝撃の理由とは!?
日本のコミックを韓国で映画化し、ハリウッドではリメイクもなされた、凶暴にして哀切なサスペンス。ある日突然、何者に誘拐され、15年にわたり監禁された、平凡な会社員デス。解放された後、犯人への復讐を誓った彼はその正体を探る一方で、偶然知り合った若い女性ミドと恋に落ちていく。犯人は意外にあっさり判明したが、この男はミドを盾に取り、監禁した理由を突き止めることを要求。やがてデスが行き着く、衝撃の真実とは!?

【ココからネタバレ】
タイトルの“オールド・ボーイ”とは同窓生の意味。犯人は高校時代のデスの同窓生で、高校の頃に実の姉と愛し合っていたことをデスに知られ、それが言いふらされたことにより、姉は自殺していた。15年に渡るデスの監禁は、これに対する復讐。しかし、それははじまりに過ぎなかった。デスとミドが出会ったのも、実は犯人の差し金。デスもミドも知る由もなかったが、彼らは実の親子だったのだ……。この衝撃は、見ていて胸を引き裂かれずにいられない。
 

 
驚愕のエンディング映画5選!

『seach /サーチ』
製作年/2018年 監督・脚本/アニーシュ・チャガンティ 出演/ジョン・チョウ、デブラ・メッシング、ジョセフ・リー、ミシェル・ラー

失踪事件の結末に震える!
すべての映像がPCの画面上で展開するユニークなスリラー。16歳の少女マーゴットが突然、失踪した。シングルファーザーである父デビッドは彼女のPCにログインして何が起きたのかを探る。SNSをたどって明らかになる、朗らかだった娘の、孤独を募らせていた裏の顔。彼女は犯罪に巻き込まれたのか? 捜査に当たる女性刑事はシングルマザーで、似た境遇のデビッドに同情しつつ奔走。やがてマーゴットを殺したという男が罪を告白した後、みずから命を断ち……。

【ココからネタバレ】
マーゴットはハンナと名乗る女性とネットを通じて親しくなっていた。しかし、ハンナはある人物がなりすましていたキャラクター。その正体は、なんと女刑事の息子だった! この青年はマーゴットが失踪した当日、彼女と会っており、正体を偽っていたことや金銭のやりとりの件で揉めたあげく、彼女を渓谷に突き落とす。女刑事はそんな息子をかばうため、デビッドに嘘を報告し、別の犯人をでっちあげていた……。我が子を思うデビッドの真相追及の旅は、我が子を思う女刑事の悪事を明らかにすることになる……という構図。
 

 
驚愕のエンディング映画5選!

『閉ざされた森』
製作年/2003年 監督/ジョン・マクティアナン 出演/ジョン・トラボルタ、コニー・ニールセン、サミュエル・L・ジャクソン

二転三転する結末は予想不可能!
米軍パナマ基地近くの密林で特殊訓練を行なっていたレンジャー部隊7名が消息を絶ち、2名が捜索隊に発見された。隊を率いていた軍曹に加え、ほかのメンバーは行方不明。真相究明のために陸軍大佐が白羽の矢が立てたのは、尋問を得意とする元軍人で、現在は謹慎中の麻薬捜査官トム。正義感の強い基地の女性捜査官ジュリーとともに生存者2名の尋問に当たった彼は、証言の食い違いを調べるうちに、部隊が麻薬の密売に関わっていたことを突き止める……。

【ココからネタバレ】
第8特殊班と呼ばれる麻薬密輸チームの黒幕をめぐり、物語は二転三転。最初は基地内の医師がそうかと思われたが、トムを雇った大佐こそが黒幕と判明。トムを殺そうとした大佐をジュリーが射殺して一件落着……のはずだったが、裏にはさらなるからくりが。大佐は基地内の麻薬密輸網を暴くために特殊訓練を命じ、その一員らしき軍曹の殺害を隊員に命じたに過ぎなかった。黒幕の正体は、実はトム! 捜査を装い、第8特殊班を守っていたのだ。このオチは、さすがに予想できない。
 

 
驚愕のエンディング映画5選!

『猿の惑星』
製作年/1968年 原作/ピエール・プール 監督/フランクリン・J・シャフナー 出演/チャールトン・ヘストン、キム・ハンター、モーリス・エバンス

どんでん返し映画の不朽の名作!
多くの観客に愛され、シリーズ化やリメイク、リブートがなされてきたSF映画の名作中の名作。はるか未来、宇宙でのミッションを終えたテイラー大佐は機の故障により未知の惑星に不時着。そこは言葉を話し、高度な知能を持つサルが人間を支配する世界。サルたちは言葉を話すテイラーを脅威とみて拘束し、虐げる。しかし、サルの科学者夫妻と心を通わせたテイラーは、彼らの協力を得て脱走を画策し……。

【ココからネタバレ】
本作のドンデン返しは、あまりに有名なラストシーンに尽きる。サルの社会から脱走し、言葉を話せない人間の女性ノバとともに海岸線にたどり着いたテイラーは、そこで信じられない光景を目にする。崩れ落ちた自由の女神像――そう、ここは未知の星ではなく、未来のNY、つまり地球だったのだ。文明を滅ぼしかねないほど暴走する、そんな人間の愚かさを痛烈に風刺した名シーンでもある。
 

 
驚愕のエンディング映画5選!

『RUN /ラン』
製作年/2020年 監督・脚本/アニーシュ・チャガンティ 出演/サラ・ポールソン、キーラ・アレン

飲まされていた薬の正体とは!?
『seach /サーチ』で注目された俊英アニーシュ・チャガンティが新たに放つ、2021年の日本劇場公開作。主人公のクロエは慢性の病気で車椅子生活を余儀なくされているハイティーンの少女。学校に通っていないが勉強熱心で、大学生活に夢を馳せている。唯一の家族である母親ダイアンは、彼女に惜しみない愛情を注いでいた。そんなある日、クロエは母があたえる薬に疑念を抱き、調べてみると、それは人間に処方してはいけない薬品だった。日増しに深まる母への疑惑。そんな娘の異変に、ダイアンは気づき……。

【ココからネタバレ】
ダイアンは実はクロエの実母ではない。出産時に赤子を死なせた彼女は絶望の中で、院内の赤子をすり替え、自分の子=クロエとして育てていた。しかも、完全に自分の保護下に置くために、病弱であると言い聞かせながら体によくない薬をあたえ続けていたのだ。大学に進学させる気も、さらさらない。毒母と呼ぶにふさわしい、母親の壮絶な独占欲に戦慄!
 

 

文=渡邉ひかる、斉藤博昭 、相馬学  text:Hikaru Watanabe、Hiroaki Saito、Manabu Souma
photo by AFLO
〈ディースクエアード〉の“ICON”コレクションに、今注目すべき理由!
SPONSORED
2021.10.15

〈ディースクエアード〉の“ICON”コレクションに、今注目すべき理由!

お洒落な大人であれば、普段のカジュアルウエアにもこだわって「あの人、普段から違うわよね」なんて思わせたいところ。であれば、ブランド力に頼るのが一番簡単な方法。たとえば、ブランドロゴやブランドの代名詞的アイコンがデザインされたアイテムを纏う…

TAGS:   Fashion
今度の限定〈アディダス オリジナルス〉は、“普通じゃない黒”に驚く名品2作!
SPONSORED
2021.09.30

今度の限定〈アディダス オリジナルス〉は、“普通じゃない黒”に驚く名品2作!

スニーカーの定番といえば、白スニーカーか黒スニーカー。前者は爽やかさや清潔感の演出に貢献、後者は足元をより都会的な印象にしてくれる。どちらも甲乙つけ難い、大人には必携のスニーカーだけに「もうどちらも持っているよ」という人も多いだろう。しか…

速さとスタイリッシュさが違う〈マクラーレン〉GT。男のときめく週末に潮の香りとスーパーカー。
SPONSORED
2021.09.30

速さとスタイリッシュさが違う〈マクラーレン〉GT。
男のときめく週末に潮の香りとスーパーカー。

日常のアシとして使えて休日のヨットハーバーにも似合うクルマとなると、選択肢はそう多くない。願わくは、移動を退屈にしないスピーディな走りを備え、しかも快適。さらにラグジュアリーさを語れるクルマがいい。たとえば、都会派スーパースポーツカーであ…

TAGS:   Urban Safari
快適さと洗練度で選ぶなら〈アルファタウリ〉。話題の高機能アウターは“役立ち度”がケタ違い。
SPONSORED
2021.09.30

快適さと洗練度で選ぶなら〈アルファタウリ〉。
話題の高機能アウターは“役立ち度”がケタ違い。

もはやレッドオーシャン化した感のある高機能アウターだが、そこに新風を吹きこむ新鋭として注目を集めているのが〈アルファタウリ〉。“心とカラダに豊かさをもたらす新しいファッション”を提案し、新作アウターは革新的。先進的なテキスタイルの開発に力…

TAGS:   Urban Safari

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ