Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.11.17

お目当ての彼女と踊れるチャンス到来!?
男も歌って踊りたくなるミュージカル映画5選

好きな彼女ともっと親密になりたい、な〜んて思っている人におすすめなのが、お家でのミュージカル映画の鑑賞。クライマックスに近づくにつれて、気分も盛り上がっていき、物語が最高潮に達したときには思わず2人で歌って踊ってる!? なんてこともあるかも!

 

NEXT 『グレイテスト・ショーマン』

2/7PAGE

 


『グレイテスト・ショーマン』
製作年/2017年 監督/マイケル・グレイシー 出演/ヒュー・ジャックマン

2018年の顔ともいえる大ヒット映画のナンバーなら、きっと心もカラダも動き出す!
『レ・ミゼラブル』やブロードウェイの舞台ですでにミュージカルの実力は証明済みのヒュー・ジャックマン。彼が主演し、日本でも予想外の大ヒットを記録した1本がコレ。ヒューが演じるのは、サーカスの起源を作ったとされる19世紀の興行主、P・T・バーナム。人並み外れた外見や才能の持ち主を集めてショーを作り、オペラ歌手の公演も後押し。様々な困難にぶつかる彼の波乱万丈な人生を、劇的なミュージカルナンバーが彩る。

もちろんミュージカルの“王道”的な見せ場はがっつり用意されている。たとえば、バーナムの盟友となるフィリップと、空中ブランコ乗りのアンが織りなす幻想的なシーン。これには心を奪われるほどだ。しかし、なかでも注目してほしいのが、世間から差別を受けてきたショーのメンバーが、その怒りと自分の誇りをこめた『ディス・イズ・ミー』。このシーンは圧巻で、激しいまでの情熱に圧倒されるはず。今年の初めに大ヒットしたことで、キャストも来日し、テレビ番組にも出演していたので、もしかしたら彼女も耳にしているナンバーかも。ヒュー・ジャックマンを中心に、ザック・エフロン、ゼンデイヤなどキャストたちの本格派パフォーマンスを観られることも、ミュージカル映画の大きな魅力。年末のホームパーティで、こちらを流せば楽しい雰囲気をさらに盛り上げてくれること間違いなし!
 

NEXT 『シカゴ』

3/7PAGE




『シカゴ』
製作年/2002年 監督/ロブ・マーシャル 出演/レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

彼女のキュートで、セクシーなダンスが見られるかも!?
セクシーなドレス姿のレニー・ゼルウィガーとキャサリン・ゼタ=ジョーンズがマシンガンを持って踊るシーンが有名な本作。ノリのよい女の子だったら、「こんな風にかっこよく踊りたい!」と思わずにはいられない名シーンだ。ミュージカルとして、実に34年ぶりとなるアカデミー賞作品賞受賞。ミュージカルの復活を知らしめた、記念すべき一作でもある。

1920年代のシカゴが舞台。キャバレーの歌手であるヴェルマと、スターを夢みるロキシーが、ともに殺人を犯した容疑で刑務所に収容される。有能な弁護士のビリーも加わり、濃厚な人間ドラマがミュージカルナンバーとともに展開していく。ミュージカルの“突然、俳優たちが歌って踊り出す”というスタイルに違和感を持つ人いるでしょ? でも、本作はノープロブレム。基本的に登場人物の妄想やイマジネーションがミュージカルシーンになっているので、その切り替えが自然なのである。

この『シカゴ』は、“ミュージカルの天才”と称された演出家で振付師のボブ・フォッシーが、1975年に手がけた舞台がオリジナル。映画版も、フォッシーの振付のテイストが残されていて、スタイリッシュに仕上がっている。1920年代のゴージャスな衣装やメイクなど、女子目線で“アガる”要素が多い逸品でもある。ということは、彼女が煌びやかな映画の世界に没頭して相手にしてくれない、な〜んてことになっちゃうかも!
 

NEXT 『ヘアスプレー』

4/7PAGE




『ヘアスプレー』
製作年/2007年 監督/アダム・シャンクマン 出演/ジョン・トラボルタ、ミシェル・ファイファー

とにかく明るい主人公のハッピーオーラが気分を盛り上げてくれる!
もし彼女が人一倍容姿を気にする人だったら、この作品を観ることで気分が楽になり、ノリノリになってくれるかも! というのも本作は、逆境にも負けずに乗り越えていくハッピーミュージカル映画だから。舞台は人種差別が色濃く残る1962年のボルチモア。16歳の女子高生で、おデブなトレイシーがTVのバラエティ番組に出演しようと奮闘するストーリー。番組ホストの目にとまった彼女は、見事に夢を叶えるが、それを面白く思わない周囲から反発に遭う。一見、シリアスな展開なのに、とにかく明るく前向きなトレイシーのキャラと、各シーンのド派手なビジュアルで、とことんハッピーなムードに浸らせてくれる。

トレイシーの母親を、ジョン・トラボルタが巨体&女装の特殊メイクで演じるなど、キャストたちのインパクトは絶大! 冒頭のトレイシーの通学シーンにはじまり、登場人物それぞれの個性を生かしたミュージカルシーンは、観ているこちらも一緒に踊り出したくなるノリのよさ。TVショーで、憧れのイケメンと踊るトレイシーの姿には、きっと彼女もときめいて、思わずリズムをとってしまうはず。カラフルで明るいミュージカルの世界に、“他人と違ってもいい”という、いま何かと話題の多様性のテーマもこめられている。
 

NEXT 『グリース』

5/7PAGE




『グリース』
製作年/1978年 監督/ランダル・クレイザー 出演/ジョン・トラボルタ、オリビア・ニュートンジョン

人差し指を突き出すポーズを一緒にやってみたい!
40年前の1978年公開なのに、今また改めて観ても古さを感じさせない。それがこの『グリース』の持ち味だ。ダンスのポーズも真似しやすい振り付けが多いので、各シーンで彼女と一緒にポージングすれば、楽しくなること間違いないだろう!

夏の避暑地で出会うも、離れ離れになったサンディとダニー。しかし、夏休み明けにサンディが新しい高校に転入すると、なんと、その学校を仕切る不良グループのリーダー格がダニーだった。再会した2人の恋が展開する、“学園ミュージカル”の元祖ともいえる作品。

中盤の見せ場が、学校からTV中継されるダンスコンテストなので、とにかくダンスシーンが印象的な本作。主演のジョン・トラボルタは、前年の『サタデー・ナイト・フィーバー』に続いてキレキレのダンスを披露。本作の公開当時、彼は24歳で、相手役のオリビア・ニュートン・ジョンに至っては30歳(!)だったが、年齢の違和感を一切感じさせないのは、そう、ダンスに魅了されるから。ダニーを中心に、男性キャストがクルマのまわりで踊る『グリースト・ライトニング』のシーンは、ミュージカル映画には珍しく、男子目線でかっこいいと感じる。ここでの人差し指を突き出すポーズは、彼女と2人でキメると楽しいのでお忘れなく!
 

NEXT 『世界中がアイ・ラヴ・ユー』

6/7PAGE




『世界中がアイ・ラヴ・ユー』
製作年/1996年 監督・出演/ウディ・アレン 出演/ドリュー・バリモア、エドワード・ノートン

たどたどしいダンスに親近感が湧いてくる!
肩肘張らない歌とダンスで、鑑賞後は心の底からハッピーな気持ちになれるのがコチラ。現在、スティーヴン・スピルバーグ監督が『ウエスト・サイド物語』のリメイクを製作中であるように、巨匠と言われる監督が一度はトライしたいジャンルが、ミュージカル。ウディ・アレン監督も本作で長年の夢を叶えた。NYマンハッタンに住む弁護士の一家を中心に、様々な登場人物の恋愛模様が綴られる。舞台はヨーロッパにも移り、ロマンチックで心ときめくストーリーに、歌&ダンスが絶妙に溶けこんでいる。

エドワード・ノートンとドリュー・バリモアがマンハッタンをそぞろ歩くオープニングナンバーから、デパートのマネキンが踊り出すなど、軽やかさが冴えわたる演出が魅力。ウディ・アレン監督は、キャストが出演契約するまで、本作がミュージカルであることを秘密にしていたという。しかし、それが功を奏し、歌やダンスの経験が少ないジュリア・ロバーツらスターの、ちょっぴりたどたどしいパフォーマンスに妙に親近感が湧き、この点はコテコテのミュージカル映画とは違う印象に。『ラ・ラ・ランド』と同じように、観ているうちに誰かに恋をしたくなる。そんな魔法もかける一作なので、距離を縮めたいカップルには断然おすすめだ!

NEXT 映画をもっと観たい人はコチラもどうぞ!

7/7PAGE


映画をもっと観たい人はコチラもどうぞ!
●権力に挑んだ男の映画5選
●理想の男の引き際映画5選!
●出発(想定)前に観るべきSF映画5選!
●麗しき師弟映画5選
●展開から目が離せない冒険映画5選
●監督の作風がよくわかる映画5選!
●食欲をそそるグルメ映画5選!
●男の生き様映画5選!
●西海岸の風を感じる映画5選!
●ソーカイで、ツーカイな旅映画5選!
●怖〜いホラー映画5選!

文=斉藤博昭 text:Hiroaki Saito

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!
SPONSORED
2019.09.26

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!
街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!

心地よさを重視する大人であれば、パンツはストレッチ入りが一番。ただ、ゆるすぎる“楽パン”では、街で穿くには少し気が引けるわけで……。で、頼りになるのが〈セオリー〉。NY生まれのブランドらしく、どのパンツもよく伸びるのに印象はとっても都会的…

TAGS:   Fashion
今、ダウン界で注目されているのが〈西川ダウン〉!アクティブ男は上質“黒”ダウン!
SPONSORED
2019.11.12

今、ダウン界で注目されているのが〈西川ダウン〉!
アクティブ男は上質“黒”ダウン!

その暖かくて保温性に優れるダウンは、アクティブ男が波乗りに行くときに着る、ベストなアウターといってもいい。ただ、機能性ばかりを重視してしまっては、ちょっと物足りなさを感じる。もちろんそれが悪いワケではないが、いい年の大人であれば、やはり見…

TAGS:   Fashion
着こなしが重くなる季節は〈コーチ〉の新作で!大人が使う街バッグは 冬だからこそ〝軽い〞のがいい!
SPONSORED
2019.11.08

着こなしが重くなる季節は〈コーチ〉の新作で!
大人が使う街バッグは 冬だからこそ〝軽い〞のがいい!

1941年にNYで誕生した〈コーチ〉。長らく都市生活者に愛され続けている理由は、街に似合う見た目に、機能性を備えているからだろう。たとえば、こちらの新作〝ペイサー コレクション〞はどれも上質レザー製なのに軽量で、見た目にも軽快。重厚な装い…

TAGS:   Fashion
いろんな着こなしが楽しめる〈デウス エクス マキナ〉の1着!インにもアウトにも使えるフリースが冬を制す!
SPONSORED
2019.11.05

いろんな着こなしが楽しめる〈デウス エクス マキナ〉の1着!
インにもアウトにも使えるフリースが冬を制す!

柔らかな着心地で、保温力の面でも優秀なフリース。アクティブに遊ぶときは寒さから身を守るレイヤリングの軸として活躍し、まったりくつろぐときはそれ1枚で心地よく過ごせる。冬のデュアルライフに1着あると心強い存在だ。男らしさも宿る〈デウス エク…

TAGS:   Fashion
〈ラルフ ローレン〉でプレイも着こなしもワンランク上!ゴルフ上手に魅せるなら 小物選びにもこだわる!
SPONSORED
2019.11.01

〈ラルフ ローレン〉でプレイも着こなしもワンランク上!
ゴルフ上手に魅せるなら 小物選びにもこだわる!

ウエアやギアにはこだわりを持つゴルファーは多いだろうが、意外と見落とされがちなのがバッグやポーチなどの小物類。これらのアイテムをおざなりにしちゃうと、ゴルフの腕だって見くびられちゃうかも!?だったらアメリカントラッドの薫り漂うすっきりデザ…

TAGS:   Fashion
冬のゴルフも〈パーリーゲイツ〉でスタイリッシュに!〝セットアップ〞コーデなら 楽ちんだけどかっこいい!
SPONSORED
2019.11.01

冬のゴルフも〈パーリーゲイツ〉でスタイリッシュに!
〝セットアップ〞コーデなら 楽ちんだけどかっこいい!

ゴルフの着こなしにドレスコードはつきものだけど、それを気にしすぎて没個性なコーデになるのもつまらない。もっと楽しくゴルフをしたいなら、この冬はセットアップで、スコアと同時にスタイルアップも狙って!個性豊かなアイテムが揃う〈パーリーゲイツ〉…

TAGS:   Fashion
冬の着こなしが華やぐ〈ウブロ〉のタイムピース!いつものアメカジに効く“色気”のあるスポラグ時計!
SPONSORED
2019.10.28

冬の着こなしが華やぐ〈ウブロ〉のタイムピース!
いつものアメカジに効く“色気”のあるスポラグ時計!

アウターでトップのボリュームが増えていくにつれ、コーディネートが重く暗く野暮ったい印象になりがちなこれからの季節。それにひとつプラスするだけで洗練を加速させてくれるのが、〈ウブロ〉のラグジュアリースポーツウォッチ。色で、素材で非凡な個性を…

TAGS:   Watches
お洒落にうるさいゴルファーも納得の〈ゾーイ〉の新作!冬は〝ほっこり〞アウターであったかスタイリッシュに!
SPONSORED
2019.10.31

お洒落にうるさいゴルファーも納得の〈ゾーイ〉の新作!
冬は〝ほっこり〞アウターであったかスタイリッシュに!

機能性ばかりを重視した、スポーツテイスト一辺倒なコーディネートにはもう飽き飽き。 そんなゴルファーにイチ押しなのが、個性豊かなデザインと着心地のよさで贅沢なラウンドが 楽しめる〈ゾーイ〉の新作たち。今季は特にほっこり素材を使ったアウタ…

TAGS:   Fashion
オンでもオフでも使える〈P .I . D/ ピーアイディー〉! 都会派が選ぶバッグは リッチなうえに機能的!
SPONSORED
2019.10.31

オンでもオフでも使える〈P .I . D/ ピーアイディー〉!
都会派が選ぶバッグは リッチなうえに機能的!

大人のバッグ選びでは、機能性の高さと同じくらい高級感も大切。そこでおすすめが〈P.I. D/ピーアイディー〉の新作。どちらもなめしの段階で撥水剤を浸透させた革を使っているから、水濡れにすこぶる強いアクティブ派。なのに、高級レザーと丁寧な縫…

TAGS:   Fashion
鉄板の1着は〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉で!冬カジュアルの主役はやっぱりダウン!
SPONSORED
2019.11.01 Shopping

鉄板の1着は〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉で!
冬カジュアルの主役はやっぱりダウン!

アウトドアウエア色が強いダウンに品格を求めるのは、無理難題だろうか。いえいえ、大丈夫。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作なら、素材からデザインまで上品さを感じる大人顔ダウンばかりだから。しかも、暖かさに加えて、使い勝手のよさも一…

TAGS:   Fashion
NY生まれの〈セオリー 〉で理想の1着を!お洒落にこだわる男のコートは“ふわ軽”で!
SPONSORED
2019.10.26

NY生まれの〈セオリー 〉で理想の1着を!
お洒落にこだわる男のコートは“ふわ軽”で!

冷たいビル風が吹くこれからの季節。カラダを温めてくれる相棒が欲しいところ……。と思っていたら理想的なコートを〈セオリー〉の新作で発見。さすが寒さ厳しいNY生まれのブランドだけあって、コートは名品ばかり。見た目は大人顔で保温力も抜群なのに、…

TAGS:   Fashion
様々なシーンにフィットする〈エンポリオ アルマーニ〉の時計!都会派の男の手元を飾るオン&オフで使える1本!
SPONSORED
2019.10.25

様々なシーンにフィットする〈エンポリオ アルマーニ〉の時計!
都会派の男の手元を飾るオン&オフで使える1本!

端正な装いを好む都会派の男にとって、意外と重要なのが腕時計選び。華美すぎず、かといって堅すぎず、そのうえオン・オフ問わず服の印象にも馴染む、好バランスな時計を選びたいところ。そんなわがままに応えてくれるのが、〈エンポリオ アルマーニ〉の1…

TAGS:   Fashion Watches
〈トミー ヒルフィガー〉で冬のアメカジを制す!デキる男は海と街でアウターを使い分ける!
SPONSORED
2019.10.25

〈トミー ヒルフィガー〉で冬のアメカジを制す!
デキる男は海と街でアウターを使い分ける!

いつものカジュアル服に羽織るだけで十分暖かく、着こなしの印象もバッチリ決まるのが防寒アウターのいいところ。でもまわりと差別化しにくいというのがちょっと難点。そんな悩みに共感するなら、〈トミー ヒルフィガー〉の新作がおすすめだ。海でも街でも…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

Safari Lounge
RECOMMEND ITEMSSafari Loungeのおすすめ商品

More Items

loading

ページトップへ