Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.11.17

お目当ての彼女と踊れるチャンス到来!?
男も歌って踊りたくなるミュージカル映画5選

好きな彼女ともっと親密になりたい、な〜んて思っている人におすすめなのが、お家でのミュージカル映画の鑑賞。クライマックスに近づくにつれて、気分も盛り上がっていき、物語が最高潮に達したときには思わず2人で歌って踊ってる!? なんてこともあるかも!

 

NEXT 『グレイテスト・ショーマン』

2/7PAGE

 


『グレイテスト・ショーマン』
製作年/2017年 監督/マイケル・グレイシー 出演/ヒュー・ジャックマン

2018年の顔ともいえる大ヒット映画のナンバーなら、きっと心もカラダも動き出す!
『レ・ミゼラブル』やブロードウェイの舞台ですでにミュージカルの実力は証明済みのヒュー・ジャックマン。彼が主演し、日本でも予想外の大ヒットを記録した1本がコレ。ヒューが演じるのは、サーカスの起源を作ったとされる19世紀の興行主、P・T・バーナム。人並み外れた外見や才能の持ち主を集めてショーを作り、オペラ歌手の公演も後押し。様々な困難にぶつかる彼の波乱万丈な人生を、劇的なミュージカルナンバーが彩る。

もちろんミュージカルの“王道”的な見せ場はがっつり用意されている。たとえば、バーナムの盟友となるフィリップと、空中ブランコ乗りのアンが織りなす幻想的なシーン。これには心を奪われるほどだ。しかし、なかでも注目してほしいのが、世間から差別を受けてきたショーのメンバーが、その怒りと自分の誇りをこめた『ディス・イズ・ミー』。このシーンは圧巻で、激しいまでの情熱に圧倒されるはず。今年の初めに大ヒットしたことで、キャストも来日し、テレビ番組にも出演していたので、もしかしたら彼女も耳にしているナンバーかも。ヒュー・ジャックマンを中心に、ザック・エフロン、ゼンデイヤなどキャストたちの本格派パフォーマンスを観られることも、ミュージカル映画の大きな魅力。年末のホームパーティで、こちらを流せば楽しい雰囲気をさらに盛り上げてくれること間違いなし!
 

NEXT 『シカゴ』

3/7PAGE




『シカゴ』
製作年/2002年 監督/ロブ・マーシャル 出演/レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

彼女のキュートで、セクシーなダンスが見られるかも!?
セクシーなドレス姿のレニー・ゼルウィガーとキャサリン・ゼタ=ジョーンズがマシンガンを持って踊るシーンが有名な本作。ノリのよい女の子だったら、「こんな風にかっこよく踊りたい!」と思わずにはいられない名シーンだ。ミュージカルとして、実に34年ぶりとなるアカデミー賞作品賞受賞。ミュージカルの復活を知らしめた、記念すべき一作でもある。

1920年代のシカゴが舞台。キャバレーの歌手であるヴェルマと、スターを夢みるロキシーが、ともに殺人を犯した容疑で刑務所に収容される。有能な弁護士のビリーも加わり、濃厚な人間ドラマがミュージカルナンバーとともに展開していく。ミュージカルの“突然、俳優たちが歌って踊り出す”というスタイルに違和感を持つ人いるでしょ? でも、本作はノープロブレム。基本的に登場人物の妄想やイマジネーションがミュージカルシーンになっているので、その切り替えが自然なのである。

この『シカゴ』は、“ミュージカルの天才”と称された演出家で振付師のボブ・フォッシーが、1975年に手がけた舞台がオリジナル。映画版も、フォッシーの振付のテイストが残されていて、スタイリッシュに仕上がっている。1920年代のゴージャスな衣装やメイクなど、女子目線で“アガる”要素が多い逸品でもある。ということは、彼女が煌びやかな映画の世界に没頭して相手にしてくれない、な〜んてことになっちゃうかも!
 

NEXT 『ヘアスプレー』

4/7PAGE




『ヘアスプレー』
製作年/2007年 監督/アダム・シャンクマン 出演/ジョン・トラボルタ、ミシェル・ファイファー

とにかく明るい主人公のハッピーオーラが気分を盛り上げてくれる!
もし彼女が人一倍容姿を気にする人だったら、この作品を観ることで気分が楽になり、ノリノリになってくれるかも! というのも本作は、逆境にも負けずに乗り越えていくハッピーミュージカル映画だから。舞台は人種差別が色濃く残る1962年のボルチモア。16歳の女子高生で、おデブなトレイシーがTVのバラエティ番組に出演しようと奮闘するストーリー。番組ホストの目にとまった彼女は、見事に夢を叶えるが、それを面白く思わない周囲から反発に遭う。一見、シリアスな展開なのに、とにかく明るく前向きなトレイシーのキャラと、各シーンのド派手なビジュアルで、とことんハッピーなムードに浸らせてくれる。

トレイシーの母親を、ジョン・トラボルタが巨体&女装の特殊メイクで演じるなど、キャストたちのインパクトは絶大! 冒頭のトレイシーの通学シーンにはじまり、登場人物それぞれの個性を生かしたミュージカルシーンは、観ているこちらも一緒に踊り出したくなるノリのよさ。TVショーで、憧れのイケメンと踊るトレイシーの姿には、きっと彼女もときめいて、思わずリズムをとってしまうはず。カラフルで明るいミュージカルの世界に、“他人と違ってもいい”という、いま何かと話題の多様性のテーマもこめられている。
 

NEXT 『グリース』

5/7PAGE




『グリース』
製作年/1978年 監督/ランダル・クレイザー 出演/ジョン・トラボルタ、オリビア・ニュートンジョン

人差し指を突き出すポーズを一緒にやってみたい!
40年前の1978年公開なのに、今また改めて観ても古さを感じさせない。それがこの『グリース』の持ち味だ。ダンスのポーズも真似しやすい振り付けが多いので、各シーンで彼女と一緒にポージングすれば、楽しくなること間違いないだろう!

夏の避暑地で出会うも、離れ離れになったサンディとダニー。しかし、夏休み明けにサンディが新しい高校に転入すると、なんと、その学校を仕切る不良グループのリーダー格がダニーだった。再会した2人の恋が展開する、“学園ミュージカル”の元祖ともいえる作品。

中盤の見せ場が、学校からTV中継されるダンスコンテストなので、とにかくダンスシーンが印象的な本作。主演のジョン・トラボルタは、前年の『サタデー・ナイト・フィーバー』に続いてキレキレのダンスを披露。本作の公開当時、彼は24歳で、相手役のオリビア・ニュートン・ジョンに至っては30歳(!)だったが、年齢の違和感を一切感じさせないのは、そう、ダンスに魅了されるから。ダニーを中心に、男性キャストがクルマのまわりで踊る『グリースト・ライトニング』のシーンは、ミュージカル映画には珍しく、男子目線でかっこいいと感じる。ここでの人差し指を突き出すポーズは、彼女と2人でキメると楽しいのでお忘れなく!
 

NEXT 『世界中がアイ・ラヴ・ユー』

6/7PAGE




『世界中がアイ・ラヴ・ユー』
製作年/1996年 監督・出演/ウディ・アレン 出演/ドリュー・バリモア、エドワード・ノートン

たどたどしいダンスに親近感が湧いてくる!
肩肘張らない歌とダンスで、鑑賞後は心の底からハッピーな気持ちになれるのがコチラ。現在、スティーヴン・スピルバーグ監督が『ウエスト・サイド物語』のリメイクを製作中であるように、巨匠と言われる監督が一度はトライしたいジャンルが、ミュージカル。ウディ・アレン監督も本作で長年の夢を叶えた。NYマンハッタンに住む弁護士の一家を中心に、様々な登場人物の恋愛模様が綴られる。舞台はヨーロッパにも移り、ロマンチックで心ときめくストーリーに、歌&ダンスが絶妙に溶けこんでいる。

エドワード・ノートンとドリュー・バリモアがマンハッタンをそぞろ歩くオープニングナンバーから、デパートのマネキンが踊り出すなど、軽やかさが冴えわたる演出が魅力。ウディ・アレン監督は、キャストが出演契約するまで、本作がミュージカルであることを秘密にしていたという。しかし、それが功を奏し、歌やダンスの経験が少ないジュリア・ロバーツらスターの、ちょっぴりたどたどしいパフォーマンスに妙に親近感が湧き、この点はコテコテのミュージカル映画とは違う印象に。『ラ・ラ・ランド』と同じように、観ているうちに誰かに恋をしたくなる。そんな魔法もかける一作なので、距離を縮めたいカップルには断然おすすめだ!

NEXT 映画をもっと観たい人はコチラもどうぞ!

7/7PAGE


映画をもっと観たい人はコチラもどうぞ!
●権力に挑んだ男の映画5選
●理想の男の引き際映画5選!
●出発(想定)前に観るべきSF映画5選!
●麗しき師弟映画5選
●展開から目が離せない冒険映画5選
●監督の作風がよくわかる映画5選!
●食欲をそそるグルメ映画5選!
●男の生き様映画5選!
●西海岸の風を感じる映画5選!
●ソーカイで、ツーカイな旅映画5選!
●怖〜いホラー映画5選!

文=斉藤博昭 text:Hiroaki Saito
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
PR
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
PR
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
PR
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
PR
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
PR
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
PR
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
PR
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
PR
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion
脱・マンネリを狙うなら〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!いつものカジュアルが見違える品格チェックのマジック!
PR
2019.03.25

脱・マンネリを狙うなら〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
いつものカジュアルが見違える品格チェックのマジック!

いつまでもカジュアルな男でいたいからこそ、覚えておきたいのがマンネリ打破のテクニック。なかでも効果テキメンなのが、1点プラスするだけで品格アップを狙える〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉のチェック柄アイテムだ。見た目が新鮮なだけでなく…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ