Safari Online

SEARCH

GOURMET グルメ

2019.01.20


海老と舌平目のグラタン エリザベス女王風

日本を代表する老舗ホテルの〈帝国ホテル 東京〉だけに、ここには様々な名店が存在する。今回はその中でも、タワー館地下1Fにある、帝国ホテルのオーセンティックかつ伝統が継承されたアールヌーボー様式のフランス料理、“ラ ブラスリー”を紹介。なぜなら、そこでは世界でも稀にみる、イギリス女王陛下の名をつけることが許された、非常にスペシャルなグラタンが食べられるからだ。ここのグラタンの極上さに、きっと彼女は驚きを隠せないはず!

帝国ホテルは開業以来、長きにわたって、オーギュスト・エスコフィエに代表される正統派フランス料理を追求してきた。第11代料理長および初代総料理長を26年間も務めた村上信夫さんや現総料理長の田中健一郎さんが帝国ホテルのフランス料理を完成させ、“ラ ブラスリー”の八坂繁之シェフがその味を継承している。
“ラ ブラスリー”にはシャリアピンステーキやワゴンでのローストビーフのサービスといった名物メニューがあるが、これらと比肩する伝統の料理が“海老と舌平目のグラタン エリザベス女王風”(4800円、税・サ別)。 

NEXT 4800円の贅沢グラタンがコチラ!

2/2PAGE

 

女王陛下も大絶賛のグラタン!

1975年、イギリスのエリザベス二世女王陛下が来日し、帝国ホテルで開催された午餐会へ出席。その際に、当時の料理長であった村上シェフが魚介類好きな女王陛下のために考案したメニューがこのグラタン。女王陛下は大変喜ばれ、自身の名前をつけてもよいと承諾したため、レーンヌ・エリザベスとも呼ばれている。

“海老と舌平目のグラタンエリザベス女王風は、舌平目と、海老、帆立貝、白身魚の身で作ったファルスを大きな海老に巻き、卵黄のふくよかさとバターの上質な香りが際立ったモルネーソースをかけて焼いたグラタン。海の幸が一堂に会し、まさに極上のグラタンであると断言してもいい。

海老は身がふっくらとしていて、噛めば噛むほどに閉じこめられた旨味が溢れでてくる。海の幸を存分に感じられるファルスは、これだけで食べても唸るほどの旨さ!

殻付きの海老の旨みが凝縮されたアメリケーヌソースが添えられており、付けて食べるとよりいっそう深みが増してくる。添えられたパイ生地は料理と一緒に食べるのはもちろん、ソースだけを付けてその凝縮した旨みを味わうというのもおすすめ。

海老と舌平目のグラタン エリザベス女王風にはハーフサイズ(3200円、税・サ別)も用意されているので、その時の状況によってフルサイズかハーフサイズかを選べるのが嬉しい。「イギリス女王陛下も気に入ったグラタンでも食べに行かない?」な~んて彼女を誘えば、きっと「なにそれ!? 絶対に食べてみた~い」という展開になるはず⁉

  

ほかの“ホテルグラタン”もチェック!

▶︎Vol.33 ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町“WASHOKU 蒼天
”アボカドデミグラスチーズグラタン帆立貝入り

▶Vol.34ハイアット セントリック 銀座 東京“NAMIKI667”
トリュフポテトニョッキグラタン

Information

 ●〈帝国ホテル 東京〉ラ ブラスリー
住所:東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル 東京 タワー館 B1
営業時間:11:30~14:30(L.O.)、17:30~21:30(L.O.)
※“海老と舌平目のグラタン エリザベス女王風”の提供時間は上記営業時間と同じ
TEL:03-3539-8073
URL:https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/la_brasserie/

文=東龍 text:Toryu
1976年台湾生まれ、後に日本国籍。ブッフェ、フレンチ、鉄板焼、ホテルグルメ、スイーツをこよなく愛する。テレビ東京「TVチャンピオン」で2002年と2007年に優勝。テレビや雑誌で活躍し、料理コンクール審査員、講演、プロデュースも多数。2017年8月「一般社団法人 日本ブッフェ協会」設立、代表理事就任。

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈ブラックレーベル・クレストリッジ〉で大人っぽくモダンに!スポーティな装いも柄を足せば都会的!
SPONSORED
2019.08.28

〈ブラックレーベル・クレストリッジ〉で大人っぽくモダンに!
スポーティな装いも柄を足せば都会的!

アクティブ派にとっては、動きやすくてとても便利なスポカジ。でも、本気な運動着との差が微妙すぎる場合、大の男が街で着るにはちょっとキツイのも事実。ということで、ひと味違う柄を足した〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作を。柄自体がさり…

TAGS:   Fashion
賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉
SPONSORED
2019.08.24

賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!
上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉

多忙な毎日でも、くつろげる自分だけの空間は、いつでも清潔にしていたい。そんな理想の部屋を実現してくれるのが、人間の代わりに部屋の隅々までキレイにしてくれるロボット掃除機“ルンバ”。その最上位機種の“ルンバi7+”は、自動ゴミ収集機能などの…

TAGS:   Lifestyle
〈トッズ〉の新作なら、いつもの着こなしも見違える!秋カジュアルの主役は新鮮シューズ&バッグ!
SPONSORED
2019.08.24

〈トッズ〉の新作なら、いつもの着こなしも見違える!
秋カジュアルの主役は新鮮シューズ&バッグ!

大人の男が格上のお洒落を目指すなら、服以上に大切なのがバッグと靴の選び方。無難なものばかり選んではつまらないし、当然ヤンチャすぎてもいただけない。で、注目したいのが、この辺のバランスを上手に表現している〈トッズ〉の新作。大人らしい品格を備…

TAGS:   Fashion
“通”な男を虜にする〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉毎日の相棒はスポーティエレガントな名作時計!
SPONSORED
2019.08.24

“通”な男を虜にする〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉
毎日の相棒はスポーティエレガントな名作時計!

ファッションがそうであるように、いまや時計もインフォーマルなスポラグがトレンドだ。だがそれもブランドの品格や高いクオリティが伴ってこそ。“オーヴァーシーズ”が男たちの熱い注目を集める理由もそこにある。仕事や遊びを知り尽くす“通”が憧れる風…

TAGS:   Watches
プロサッカー選手・槙野智章が着る今季の〈ベルルッティ〉!大人のお洒落心をソソるシンプルさと上質感!
SPONSORED
2019.08.24

プロサッカー選手・槙野智章が着る今季の〈ベルルッティ〉!
大人のお洒落心をソソるシンプルさと上質感!

クリス・ヴァン・アッシュによるはじめてのコレクションとなる今シーズンの〈ベルルッティ〉。これまでのシックで男らしい意匠に、あざやかさや柔らかさが加わったアイテムが揃う。そんなブランドの新たな魅力を伝えるべく登場するのは、浦和レッズの槙野智…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉の新作で西海岸気分たっぷりに!“ワザありロゴ”があれば 海カジュアルはもっと新鮮!
SPONSORED
2019.08.24

〈ヴァンズ〉の新作で西海岸気分たっぷりに!
“ワザありロゴ”があれば 海カジュアルはもっと新鮮!

まだまだ残暑は厳しいけど、少しずつ着こなしに秋気分を取り入れていきたい時季。そんなときに頼りになるのが、ロンTやパーカなどの長袖トップ。そう、海好き男の大好きなアイテムだけど、個性出しを狙うならやっぱりロゴに頼りたいところ。しかもそれがワ…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス〉のアウターでセンスのいい大人を演出!カジュアルにこなせる 格上の1着を手に入れる!
SPONSORED
2019.08.24

〈ポール・スミス〉のアウターでセンスのいい大人を演出!
カジュアルにこなせる 格上の1着を手に入れる!

大人がカジュアルな服装のときに気をつけないといけないのが“品格”。いい年してあまりにラフすぎるとみっともなかったり、身だしなみがなっていないと思われてしまうことも。でも〈ポール・スミス〉ならその点は安心。カジュアルなアイテムであっても、ど…

TAGS:   Fashion
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 04プラチナ・カードがあれば旅のエンディングまで楽しい!
SPONSORED
2019.08.24

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 04
プラチナ・カードがあれば旅のエンディングまで楽しい!

〈アメリカン・エキスプレス〉プラチナ・カードとともに過ごした、自分らしい最高の旅も帰国のとき。あとは急いでチェックアウトをして、空港のロビーで何時間も搭乗を待って……。いえいえ、プラチナ・カード会員向けプログラム“ファイン・ホテル・アンド…

TAGS:   Lifestyle
〈ジープ〉コンパスがあれば、オフは自由自在!?どんなシーンでも頼りになる行動派のコンパクトSUV!
SPONSORED
2019.08.24

〈ジープ〉コンパスがあれば、オフは自由自在!?
どんなシーンでも頼りになる行動派のコンパクトSUV!

海と街を行き来するデュアルライフの本場・アメリカで生まれたコンパクトSUV。憧れのクルマではあるが、日本の道路事情的に厳しいかも……なんて諦めないでほしい。〈ジープ〉の“コンパス”なら、力強い走りのおかげで海までのクルーズも快適。それでい…

TAGS:   Cars

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ