Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.12.21

今週末は、この映画にムネアツ!
『アリー/スター誕生』『私は、マリア・カラス』

ブラッドリー・クーパーとレディー・ガガが共演した『アリー/スター誕生』と、オペラ歌手マリア・カラスの知られざる真実が明らかとなる『私は、マリア・カラス』をピックアップ!

物語で選ぶ編
『アリー/スター誕生』

ムネアツなポイントは?
“初監督ブラッドリー・クーパーの演出が見事!”



ジャクソンを演じるブラッドリー・クーパーにとって本作が初の監督作。そしてアリー役のレディー・ガガは、これが初の主演映画となる。しかし驚くのは、ともに“初”とは思えない堂々たる才能を発揮していること。主人公2人の心が近づく瞬間や、アリーが初めて大観衆の前で歌う緊張感など、キーポイントとなるシーンの演出が見事で、我々観客の心をつかんで離さない。もちろんガガの歌唱力に酔いしれない人はいないが、それ以上に、ガガはスターになる前のシーンで普段は見せない素顔に近い状態で撮影に挑んだのだ。それもこの映画に対する本気度の表れだ。彼女は、夢と現実で悩むアリーの姿、そして幸運にまで戸惑う屈折した感情を実に素直に表現。それには共感せずにはいられない!

さらに本作がスゴいのは、大観衆が熱狂するライヴのシーンを、実際に行われているロックフェスのステージ上で撮影したということ。ブラッドリー・クーパーが観客へのアナウンスもなく演奏をはじめ、その風景を数分間で撮影するなど、ゲリラ的手法を使って“本物感”を追求したのだ。
 

NEXT 気になる物語は?

2/7PAGE


人気ロックミュージシャンのジャクソンは、ライヴの後に立ち寄ったバーのショータイムで、アリーという女性の歌に感動する。2人はその夜のうちに意気投合。ジャクソンが自分のコンサートでアリーをステージに上げて歌わせたことで、彼女の実力が知れわたりデビューが決まる。スターの階段を駆け上がるアリーだが、一方ジャクソンは酒とクスリに溺れ、身を滅ぼしていく……。
 

NEXT 予告編はコチラ

3/7PAGE

 



『アリー/スター誕生』
製作・監督・出演/ブラッドリー・クーパー 出演/レディー・ガガ、アンドリュー・ダイス・クレイ、デイブ・チャペル、サム・エリオット 配給/ワーナー・ブラザース映画
2018年/アメリカ/上映時間136分

12月21日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
 

NEXT 『私は、マリア・カラス』

4/7PAGE

 
セレブで選ぶ編
『私は、マリア・カラス』

ムネアツなポイントは?
“歌姫の歌声と波乱の人生に衝撃を受けるはず!”


世紀の歌姫と称されたオペラ歌手、マリア・カラスの知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。こう聞くと「オペラやクラシックの知識はないから……」と、食わず嫌いなことを考える人もいるのでは? けれども、それは早計。マリア・カラスやオペラのことを全く知らなくても存分に楽しめることを約束しよう。なぜなら、彼女の歌声が素人耳にもあまりにも素晴らしく、なによりその生き方が気持ちいいほど豪胆だから。

監督トム・ヴォルフは3年の月日をかけてプライベートの映像や音源、手紙を収集。さらに、マリアが書き残した未完の自叙伝までをも入手。劇中では、その自叙伝をナレーション代わりに朗読している。彼女の人生はまさに波乱万丈だ。舞台の途中降板劇や海運王オナシスとの不倫、そしてそのオナシスをケネディ大統領の未亡人ジャクリーンに奪われるという劇的な出来事が次々と語られていく。もちろんこれらのスキャンダルは周知の事実。だが、朗読されるカラスの心情は初めて明かされるものばかりだ。ワガママと非難され、心身ともに疲れ果てた彼女の偽らざる本心。それを知ったとき、なんとも切ない気分にさせられるに違いない。

もちろん数々の劇場で披露される歌声は美しく、その迫力には圧倒されるはず。『ボヘミアン・ラブソディ』など、音楽映画が席巻した今年。締めくくりにふさわしい1作なので是非劇場に足を運んでみて!
 

NEXT 気になる物語は?

5/7PAGE


1958年1月2日、ローマ歌劇場。マリア・カラスは『ノルマ』の舞台で、1幕だけ歌って降板してしまう。リハーサル中に喉をこわし、幕間で声が出なくなったからだ。しかし、その舞台はチケットが完売、大統領も臨席していた場だった。大衆は、降板はライバルとの確執が原因だと噂し、「ワガママだ!」と一斉に非難。その日以来、カラスへの激しいバッシングが巻き起こる。
 

NEXT 予告編はコチラ

6/7PAGE




『私は、マリア・カラス』
製作・監督/トム・ヴォルフ 出演/マリア・カラス 配給/ギャガ
2017年/フランス/上映時間114分

12月21日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
©2017 - Elephant Doc - Petit Dragon - Unbeldi Productions - France 3 Cinema©Fonds de Dotation Maria Callas

NEXT この映画、見逃していない?

7/7PAGE


映画をもっと観たい人はコチラもどうぞ!
●希望が持てるカムバック映画5選
●絶望的な状況でも希望が持てる大脱出映画5選
●詐欺犯罪映画5選
●もしものための人質奪還映画5選
●思わず歌って踊りたくなるミュージカル映画5選

●権力に挑んだ男の映画5選
●理想の男の引き際映画5選!
●出発(想定)前に観るべきSF映画5選!
●麗しき師弟映画5選
●展開から目が離せない冒険映画5選
●監督の作風がよくわかる映画5選!
●食欲をそそるグルメ映画5選!
●男の生き様映画5選!
●西海岸の風を感じる映画5選!
●ソーカイで、ツーカイな旅映画5選!
●怖〜いホラー映画5選!

文=斉藤博昭 text:Hiroaki Saito
新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!使えるセットアップで変幻自在な男になる!
PR
2019.02.25

〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!
使えるセットアップで変幻自在な男になる!

ちょっときちんと感や特別感を出したい。そんな週末の時間にぴったりなのが、脱・マジメなセットアップ。デート映えするテイラードタイプから、単品使いもOKなカジュアルなものまで、〈ポール・スミス〉らしいヒネリの効いたセットアップを変幻自在に使い…

TAGS:   Fashion
西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!
PR
2019.02.25

西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!
春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!

昼間の日差しが暑く、朝晩が冷えこむこのシーズンの陽気は、まるで西海岸のよう。だったら、着こなしにも西海岸の気分を取り入れたいところ。それを叶えてくれるのが、〈ヴァンズ〉の新作トップだ。さりげなくチェッカー柄が効いたアイテムを着こなせば、憧…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!大人に必要なのはデイリーな使える1着!
PR
2019.02.27

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!
大人に必要なのはデイリーな使える1着!

いい年の大人になると、休日でもジャケットを着る機会がなにかと増える。そういうときに〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作があると、きっと重宝するはず。羽織りもの感覚で気楽に着られるうえに、デートやバカンスでの品格もちゃんと出る。それ…

TAGS:   Fashion
レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!
PR
2019.02.25

レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!
ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!

休日でもジャケットを羽織る。品格が求められる大人にはそんな着こなしが必要なときもある。そして、そんな場面でジャケ姿をいっそう格上げするには、腕時計選びが肝心。精悍さがありながらレトロな佇まいを感じさせる〈ファーブル・ルーバ〉“レイダー”シ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ