Safari Online

SEARCH

WATCHES ウォッチ

2019.06.03


アウディ ジャパン 代表取締役社長――フィリップ・ノアック

スーツの上からでもわかる、ほどよく鍛え上げられた無駄のないスタイル。スラリとした長身と小顔のバランスといい、整った顔立ちといい、その佇まいはまるで、スクリーンでシネマスターが演じる“ビジネスセレブ”のようにさえ映るフィリップ・ノアック。その手元でさりげなく、それでいて確かに存在感を放つのは、〈パネライ〉の稀少な限定タイムピースだ。

●今月のビジネスセレブ
アウディ ジャパン 代表取締役社長
フィリップ・ノアック[Philipp Noack]


Profile
1973年、ドイツ生まれ。〈ピレリ〉を経て、2004年、〈アウディ〉に入社。台湾・オセアニアのセールスマネージャーや、アウディ シュトゥットガルトの社長代行営業本部長等を歴任した後、2014年、〈ベントレー モーターズリミテッド〉に出向する。2016年、〈アウディ〉の販売ディレクター、2017年、〈ベントレー モーターズ リミテッド〉欧州セールスディレクターを経て、2018年9月から現職に。

愛用の一本



パネライ ルミノール・クロノ デイライト
●愛用歴/12年ほど
●使用頻度/週3日ほど
●購入場所/ハンブルグの時計店

シャープなブラックの文字盤に、クロノグラフとデイト表示を端正に配置。存在感がある44㎜径ながら、さりげない佇まいが洗練を醸す!


ココがお気に入り!


「なんといっても、44㎜という大ぶりなケースに、シンプルだからこそ美しさが際立つデザインが魅力。スポーティでいながらスーツにもマッチする、若々しさとラグジュアリー感のバランスも秀逸です。もちろん視認性も高く実用的でもあります」




ロレックス[ROLEX]
オイスター パーペチュアル ロレックス ディープシー〈右〉
2008年に販売開始されたディープシー。2018年に現在販売中の新ムーブメント搭載モデルにリニューアルされ、パワーリザーブが70時間と飛躍的に進化したが、44㎜のケース径や3900mという防水性能は変わらず、文字盤のデザインもほぼ踏襲されている


パネライ[PANERAI]
パネライ ルミノール・クロノ デイライト〈左〉
映画『トランスポーター』で、ジェイソン・ステイサムが着用したことで一躍注目を集めた限定モデル。映画ではブラックのアリゲーターストラップが装着されていたが、ノアックはメタルブレスレットをチョイス。このモデルは後継機の製造もされておらず、中古市場でも多く出回っていないレアな1本




「時計は我々男性にとって、ある程度お金をかけて楽しむことができる、そして毎日身につけられる、女性にとってのジュエリーのような存在ですよね。そういう意味ですごく好きですし、どの時計にもそれぞれ思い出が詰まっています」

現在、このほかに、〈ロレックス〉の時計を2本所有しているというノアック。すべてに共通しているのは、40㎜を超える重厚でグラマラスなケースサイズと、ステンレススチールブレスレットという点。そしてもちろん、いずれも機械式の自動巻きムーブメントだ。

ノアックとマッシブな時計の代名詞ともいえる〈パネライ〉との出合いは1999年、インターンシップとして働いていた香港でのことだった。

「偶然時計店で見かけて、まさにひと目惚れでした(笑)。でも、当時まだ若かった自分にはその時計は似合わなかったし、そもそもそれを買えるお金はなかった。だけどそれ以来、ずっと私の心の中に〈パネライ〉の時計が住み続け、いつかは必ず手に入れたいと。そんな思いをずっと温めてきました」

ちなみに、この〈パネライ〉が民間向けの腕時計市場に参入しSIHHに出展したのが1998年。ノアックは、確かな先見の明があったのだ。

そして晴れて〈パネライ〉を入手したのは、2007年。実に8年越しで、恋焦がれた時計を自分のものにした。

「シンプルで美しいデザインと実用性を兼ね備えているところ。また、“時計をつけている”と実感できる、ある程度ズッシリとした重みも私にとっては魅力的です。でも、正直に言えば理屈じゃないんです。それは女性と恋に落ちるのと同じではないでしょうか’(笑)」

その後、ビジネスマンとして着実にキャリアを重ねていったノアック。彼もまた人生の節目で、自らへのギフトとして腕時計を選んできたという。

「今日持ってきた〈ロレックス〉のディープシーは、2016年の春に購入しました。約3年半ほど出向していた〈ベントレー モーターズ リミテッド〉での仕事を終えて、再び〈アウディ〉に戻るときに記念として。〈ベントレー モーターズ リミテッド〉では欧州の営業責任者だったので、とにかくヨーロッパ中をたくさん回りましたし、毎日が挑戦の連続。もちろん仕事は楽しかったけれど、その分ハードではありました。いわゆる、自分へのご褒美ですね(笑)」

ディープシーを購入したのは、イギリスのクルーという都市にほど近い、小さな町にある時計専門店だったという。

「何度も足を運んで吟味しました。そのためか、本当はとても長いウエイティングリストがあったのにもかかわらず店主がとりはからってくれて。そう待たずに手に入れることができました」

そしてディープシーを購入した翌年には、ノアック夫妻の結婚10周年というアニバーサリーイヤーがやってきた。

「ジュネーブの時計店で、私から妻に、オイスターパーペチュアル デイトジャストを、妻から私にデイトナを、お互いに贈り合いました。結果として、2年続けて〈ロレックス〉を買ったことになりますが(笑)。でも高級時計の価値は下がるということはありませんから」

クルマと時計は親和性が高いものだが、ノアックにとっても、その2つに対する趣味は共通しているようで、「クルマも時計も、スポーティで高性能なものが好きですね」という。

確かにノアックの時計コレクションは、どれも高性能ムーブメントを搭載した堅牢なものばかりだ。また、先述のとおりステンレススチールケース&ブレスレットで、ラグジュアリースポーツウォッチというブレない1本の芯を貫いたセレクトだ。

「スーツにはもちろん、クラシックなレザーストラップの時計も合うと思いますが、自分らしさは大切にしたいので」

決して落ち着きすぎず、華美すぎず、さりげないリッチ感とオーラを醸し出すところは、どこか〈アウディ〉のスポーツカーの洗練と重なる。

「今回の来日の際には、一度にハンドキャリーをすることを避け、デイトナだけはドイツに置いてきました。次に里帰りしたら、必ずデイトナも連れてこようと思っています。時計は安い買い物ではないけれど、その価値や、日々、幸福感を与えてくれることを考えると高すぎる買い物でもありません。そう、時間を確認するために時計に目を落とすーそのこと自体をとても楽しんでいます」

間もなくサマーバケーション。留守番しているデイトナとの再会も近い。



Company Information
〈アウディ〉新型A6に熱い視線が集中!


1997年12月、フォルクスワーゲングループ3社(アウディ AG、フォルクスワーゲン グループ ジャパン、ファーレン東京)が、日本市場におけるグループ事業の再編等に関し基本合意。1998年、現社名に商号変更し、日本国内における輸入卸としての業務を開始する。写真は3月に発表された新型A 6。フルモデルチェンジにより、マイルドハイブリッドとハンドル操作アシストによる高度なレベル2の運転支援を搭載し、スタイリッシュな外観とともに注目を集めている。

Information

雑誌『Safari』7月号 P222・223掲載

“ビジネスセレブ”の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=池田佳史 文=岡村佳代
photo : Yoshifumi Ikeda(BOIL) text : Kayo Okamura

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

まわりに差をつけるなら、やっぱり〈ディーゼル〉!大人が穿くべきデニムはちょっと“ワザあり”!
SPONSORED
2019.07.26

まわりに差をつけるなら、やっぱり〈ディーゼル〉!
大人が穿くべきデニムはちょっと“ワザあり”!

もうひととおりのデニムは持っていて新たにどんなデニムを買っていいかわからない。似たり寄ったりのデニムではもうトキメキがない。そんな人でもナットクできる、ちょっと“ワザあり”の〈ディーゼル〉の新作デニムをピックアップ。といっても、やりすぎの…

TAGS:   Fashion Denim
手元で個性を演出するなら、素材で遊んだ〈ウブロ〉の1本!王道アメカジが見違える軽快スポラグ時計!
SPONSORED
2019.07.25

手元で個性を演出するなら、素材で遊んだ〈ウブロ〉の1本!
王道アメカジが見違える軽快スポラグ時計!

ほかにはない唯一無二のオリジナリティと革新的な技術、そしてファッション性を兼ね備えた〈ウブロ〉は、時計愛好家ばかりでなく、アクティブな男たちの心を捉えて離さない。スポーティでいて、ラグジュアリー。その魅力はいつものアメカジを格上げするとと…

TAGS:   Watches
プロサーファー・市東重明が着る〈ロエベ〉“アイ/ロエベ/ネイチャー”コレクション!自然を愛する男が選ぶアクティブな服とバッグ!
SPONSORED
2019.07.25

プロサーファー・市東重明が着る〈ロエベ〉“アイ/ロエベ/ネイチャー”コレクション!
自然を愛する男が選ぶアクティブな服とバッグ!

大自然から発想を得たデザインと、都会でも自然の中でも活躍する機能性。この2つをうまく融合させたアイテムを展開する〈ロエベ〉のライフスタイルライン“アイ/ロエベ/ネイチャー”。その魅力を伝えるべく今回登場してくれたのはプロサーファーの市東重…

TAGS:   Fashion
さりげない存在感で勝負するなら〈エドックス〉で!街に映えるダイバーズはタフなうえにエレガント!
SPONSORED
2019.07.25

さりげない存在感で勝負するなら〈エドックス〉で!
街に映えるダイバーズはタフなうえにエレガント!

ダイバーズウォッチのハイスペックに、ラグジュアリーなスタイルを併せ持つ。それが“クロノオフショア1”だ。海での実力はもちろんのこと、街でもそれを持て余すどころか、むしろ秘めたポテンシャルがスタイリッシュに映る。“街ダイバーズ”は、まさに海…

TAGS:   Watches
オフの手元は〈トゥルーム〉の1本で!遊び上手な大人は時計だって着替えて使う!
SPONSORED
2019.07.25

オフの手元は〈トゥルーム〉の1本で!
遊び上手な大人は時計だって着替えて使う!

昼も夜もオフの日は本気で遊ぶのが、アクティブな大人の信条。となれば、手元のお洒落もそのときどきに合った印象に着替えたくなるはず。そこで頼りになるのが、ナイロンと革のバンドを簡単に付け替えられる〈トゥルーム〉時計だ。どちらも素材や仕立てにこ…

TAGS:   Watches
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 03心のゆとりを生むホテル滞在で旅の思い出もプラチナ色に!
SPONSORED
2019.07.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 03
心のゆとりを生むホテル滞在で旅の思い出もプラチナ色に!

セレブたちのライフスタイルに憧れを抱くのは、決して贅沢な旅をしているからではないと思う。おそらくそれは、彼らが人生も旅も自分らしく自由にゆとりを持って楽しんでいるからなのだ。そんな“自分らしさ”を大切にしたバカンスに共感し、実現したいと思…

TAGS:   Lifestyle
オンもオフも〈タフマン リフレッシュ〉でアクティブに!“やる気”のリチャージは爽快な飲み心地の1本で!
SPONSORED
2019.07.25

オンもオフも〈タフマン リフレッシュ〉でアクティブに!
“やる気”のリチャージは爽快な飲み心地の1本で!

週末は大好きな趣味を存分に楽しむ。そんなリフレッシュ上手な大人が増えている。でももっと手軽にシーンを選ばずリフレッシュできたら、いいと思わない? 炭酸がほどよく効いた爽快な飲み口と、高麗人参をはじめとした栄養成分を配合した〈タフマン リフ…

TAGS:   Gourmet
最高の波探しに必要なのはクルマやボードだけじゃない !?サーフ旅トリップに持っていきたい海男のための夏アイテム!
SPONSORED
2019.07.25

最高の波探しに必要なのはクルマやボードだけじゃない !?
サーフ旅トリップに持っていきたい海男のための夏アイテム!

海外のビーチリゾートにも憧れるが、もっとお手軽に夏を楽しむことはできる。たとえば愛車の四駆を駆って、ただひたすら、いい波を探しに行くサーフトリップもそのひとつ。目的地も宿の予定も、すべては波まかせ。海好き男なら誰もが羨む、そんな旅の相棒は…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ