Safari Online

SEARCH

WATCHES ウォッチ

2022.03.24


IWC ブランドディレクター――マニュエル・ブランデラ

日本における〈IWC〉のトップとして、ブランドを牽引するブランデラ。彼が自社の時計を愛用していることは当然と思われるかもしれないが、ブランデラの〈IWC〉愛は、ビジネスを超越したものだ。

●今月のビジネスセレブ
IWC ブランドディレクター
マニュエル・ブランデラ[Manuel Brandela]【ビジネスセレブの「時を紡いで」】IWC ブランドディレクター――マニュエル·ブランデラProfile
1968年、フランス・ニース生まれ。パリのビジネススクール、東洋大学(LANGUES ORIENTALES)で学ぶ。日本には1993年に来日。工業機械の企業、カルティエ ジャパンなどを経て、2002年より現職。日本における〈IWC〉の認知度を大きく上げ、幅広い世代のユーザーを獲得した立役者として知られ、業界内での信頼も厚い。

愛用の1本


【ビジネスセレブの「時を紡いで」】IWC ブランドディレクター――マニュエル·ブランデラIWC
ポルトギーゼ・オートマティック
●愛用歴/約4年
●現在の価格/ 294万2500円
●使用頻度/週に2~3回
3時位置にパワーリザーブ、9時位置にスモールセコンド、そして6時位置にカレンダーが42㎜のケースに端正に配置され、時計本来の美が際立つ。

ココがお気に入り!


【ビジネスセレブの「時を紡いで」】IWC ブランドディレクター――マニュエル·ブランデラ「シンプルでシックなデザイン、タフなところ……。気に入っているポイントは挙げればキリがありません(笑)。だけどもしも写真でフォーカスするなら、リュウズやストラップのバックルにも施されたエンブレムでしょうか? ブランドの誇りを象徴する刻印です」

【ビジネスセレブの「時を紡いで」】IWC ブランドディレクター――マニュエル·ブランデラIWC[アイ・ダブリュー・シー]
ポルトギーゼ・オートマティック
1939年に誕生した、〈IWC〉を象徴するフラッグシップコレクション。その端正な文字盤のデザインは、80年以上の歳月を経た現在も当時から変わらず、時代を超えたモダニティを体現している。幅広いバリエーションの中でも、ブランデラが愛用しているオートマティックは、機能、デザインともに最もシンプルなモデル。レッドゴールドのケースは艶がありながらも嫌みはなく、知性も漂わせる。ケースバックはスケルトンで、美しい仕上げが施された精緻なムーブメントを堪能できる。

「私が現職に就いたのは、2002年。早いものでもうすぐ20年になります」

時計業界だけではなく、トップが数年ごとに代わることが多いラグジュアリーブランドビジネスにおいて、ブランデラのようなケースは稀だ。それだけにブランドに対する愛情は深い。

「それまでは同じリシュモン ジャパンの〈カルティエ〉で6年ほど勤めていたのですが、〈IWC〉が日本でリシュモン ジャパンに移行されるというタイミングで、私に声がかかりました。〈IWC〉は日本における歴史も長かったけれど、当時はまだ一般的には知名度が低く、いわば“知る人ぞ知る”というような存在。だから、自分が日本で、ゼロに近いところからブランドイメージをつくり上げたい! という気持ちになりましたし、現在もその使命を受け取ったときとほぼ同じチームメンバーなのですが、素晴らしいこの仲間たちと、どこまでブランドを育てられるか? もうすぐ20年になる今も、個人的にも、挑み続けたい。そしてやはり、〈IWC〉というウォッチメゾン自体の魅力。私がこれだけ長くこのブランドに在籍しているのは、それらの複合的な理由からです」

気がつけば、時計のコレクションは10本以上になっていたというブランデラ。ブランドのトップでも、実は他メゾンの時計も所持していて、休日などに愛用しているケースも多いが、ブランデラは違う。

「私は他のブランドの時計は一切持っていません。手前味噌かもしれませんが、弊社の時計は本当に素晴らしいんですよ。もちろん他ブランドにもたくさん素敵な時計がありますが、私は心の底から、〈IWC〉が至高と思っているので」

その中から、今日選んだのは、レッドゴールドケースのポルトギーゼ・オートマティック。愛用してから、約4年になるという。実際に使ってみて、主観的にこの時計をどう感じているのだろうか?

「なにより、時計自体が本当に美しい。心からそう思います。シンプルで嫌みのないデザインはタイムレスな魅力があります。そしてとても丈夫。この時計だけではなく、〈IWC〉の時計すべてにいえることですが。また、この時計に関していえば、ゼンマイの巻き上げ効率もよく、パワーリザーブは7日間。実用性も高い。数日間ほかの時計を使っていても動いてくれているのはありがたい機能です」

ブランデラの手元で、静謐な存在感を放つポルトギーゼ・オートマティック。レッドゴールドという、ともすれば華美に映りがちなケース素材も、あくまでも上品で知性も漂わせる。これこそが〈IWC〉というブランドの希有な特性だ。

「ブランドのDNAに対して、誠実であるデザイン、ただたくさん売るためにDNAを裏切ることは決してしない。我々のブランドは、永遠にブレません。シンプルで、落ち着いていて、決して“華美になりすぎない”。もちろんいろいろなバリエーションがありますし、時々素材などで新しいことに挑むことはありますが、基本は必ず残します」

〈IWC〉の時計たちが、シンプルなのに非常にアイコニックである理由は、そんなブランドのフィロソフィーにあるのだろう。

業界では切れ者として知られるブランデラだが、ひとりの男として自らの時計を語っていくにつれ、少年が自分の宝物を自慢するときのように、瞳の輝きが増していく。

「本当は時計のためによくないから絶対におすすめしませんし、最近はやめましたが、以前は時計が好きすぎて、つけたまま寝てしまうということもありました(笑)。もう、自分の腕の一部のような感覚です」

そんなブランデラにとって、“腕時計”というのはどんな存在なのだろう。

「美しく時間を見るための、とてもパーソナルなもの。よく、時計は男にとってアクセサリーという言葉を聞きますが、私は時計をアクセサリーとは決していいたくないんです。〈IWC〉の時計はアクセサリーではありません」

美しく時間を見る……それはブランデラ一流の美学。

「時間を見るために必ず必要かといえば、現代社会においてはそうではありませんよね。でも、綺麗に時間を見るために、そして時間に対しての尊敬の念も込めて。時間はとても貴重なものです。だからこそ、素敵なカタチで時間を見たい。自分の心を満たすために」

Company Information
機能美を極めたシャフハウゼンの名門

【ビジネスセレブの「時を紡いで」】IWC ブランドディレクター――マニュエル·ブランデラ1868年、スイスのドイツ国境に近い古都・シャフハウゼンで創業した名門ウォッチメゾン。現在も同地に本社と工房を構える。長い歴史の中で様々な名品時計を生み出し続け、その真摯なウォッチメイキングで高いステイタスを確立。2000年にリシュモングループの傘下に入ってからも、企業理念や時計製造に対する美学を変えることなく、貪欲に進化を続け、2022年発表の新作にも期待が集まっている。

Information

雑誌『Safari』4月号 P180~181掲載

“ビジネスセレブ”の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=丸益功紀 文=岡村佳代
photo : Koki Marueki(BOIL) text : Kayo Okamura
〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!
SPONSORED
2022.06.23

〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!
色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!

爽やかな色や柄を取り入れて、大人の遊び心を表現したい初夏のカジュアル。そんな気分にぴったりなのが、個性的な色柄で魅せる〈ルイ・ヴィトン〉の新作コレクション。ストリートの感性をちりばめつつ、メゾンらしい技巧を凝らして大人っぽくもフレッシュに…

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!
SPONSORED
2022.06.23

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!
唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!

世界屈指のハイジュエラーの感性光る、スタイリッシュにしてアバンギャルドなモデルで時計界を席巻してきた〈ハリー・ウィンストン〉。そろそろコンサバな時計趣味から脱却し、自分らしさをアピールできる1本をモノにしたい人にとっては、まさに絶好の存在…

TAGS:   Fashion
ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!
SPONSORED
2022.06.23

ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、
都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!

これからの季節はTシャツや半袖シャツなど軽快な装いが多くなる。となると、自然と手元にある1本に視線が集まりやすくなってくるもの。で、そんな視線をさらに独占しそうなのが、〈ハミルトン〉の新作カーキ ネイビー オープンウォーター。アメリカ生ま…

TAGS:   Watches
いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!
SPONSORED
2022.06.23

いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!
夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!

いよいよ夏本番。アクティブな大人のテンションを上げてくれるのが海や空を彷彿とさせるブルーだ。そこで、注目してほしいのが〈ブローバ〉の腕時計。シックなサンレイと、深海を思わせるグラデーションダイヤルの2モデルは、紺JK、白T、デニムと相性抜…

TAGS:   Watches
堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!カジュアルが見違える品格ジュエリー!
SPONSORED
2022.06.23

堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!
カジュアルが見違える品格ジュエリー!

ストリートの感性を取り入れた初夏カジュアルは、大人なジュエリー使いで上品&クールにまとめたい。〈ティファニー〉の新作コレクションなら、そんな着こなしもさりげなく叶うはず。東京五輪スケートボード金メダリストの堀米雄斗が魅せる、軽やかなクロス…

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!海好き男の週末はターフ姿だって段違い!
SPONSORED
2022.06.21

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!
海好き男の週末はターフ姿だって段違い!

ゴルフ熱が高まる昨今、生粋の波乗り好きの中にもゴルフにハマる人が増えている。そんな“サーフ&ターフ”を実践するアクティブな男には、どんな格好がふさわしいか? それは海でもコース上でも心地よく着られて、さりげない遊び心で目立つ爽やかな1着。…

TAGS:   Fashion
〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2
SPONSORED
2022.05.27

〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?
50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2

“ロイヤル オーク”が誕生し、50周年を迎えた。ラグジュアリースポーツの始祖と称えられ、基本スタイルは当時から変わることはない。多くのフォロワーが現れても憧憬は薄れるどころか、むしろ高まり、入手困難の状況が続く。ここでは誕生エピソードや革…

TAGS:   Watches Culture

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ