Safari Online

SEARCH

URBAN SAFARI アーバン サファリ

2022.04.16

Gastronomic City TOKYO
王道それとも気鋭? 東京・フレンチ名店の鴨対決!

鴨といえばフランス料理の代表的な食材のひとつである。今回は、今東京で絶対に味わうべき、新旧の名店の鴨料理を取り上げながら、その味わいどころ、お店の楽しみ方の醍醐味について紹介したい。

王道それとも気鋭? 東京・フレンチ名店の鴨対決!つい最近、思いがけなくめっぽう美味い鴨料理に出くわした。しかも、時を同じく都内にある2店舗のフランス料理店で、感動的な皿を体験したので、今回は双方の鴨料理をメインにご紹介しようと思う。タイトルはあえて“鴨対決!”としたが、競い合う企画ではなく、それぞれの味わいどころを中心にレポートしたいと思う。

まず、鴨料理の名店〈トゥールダルジャン 東京〉から。パリ本店の〈トゥールダルジャン〉の歴史は1582年まで遡り、今でも約400年前と同じ場所にある。19世紀末に当時の支配人、フレデリック・デレールの鴨料理が評判を呼び、彼が手掛けた、鴨の1羽ごとに通し番号をつけるアイデアも加わり、世界的な名声を得た。〈トゥールダルジャン 東京〉は、その唯一の支店として1984年にホテルニューオータニの中に誕生した。

絢爛豪華な内装は開業当時のまま。久しぶりに訪れたが、サービス練度やその雰囲気に、改めて感服した。そして鴨料理である。エグゼクティブシェフのルノー・オージエ氏は、2019年にM.O.F.(フランス国家最優秀職人章)を受章。筆者は、彼の受章後はじめて食したが、その名店の看板に恥じぬというべきか、鴨とはこういう味なのだ! というメッセージすら感じる一皿だった。

ところが、その皿に勝るとも劣らない鴨料理に出合った。東京・白金台のフランス料理店〈ジョンティアッシュ〉のそれである。料理長の平野敬祐氏は、1990年生まれと気鋭の料理人ながら、修業で培った確かな技術をもとに、華やぎある緻密な料理の数々で堪能させるが、白眉は鴨料理。北京ダックの手法をヒントに皮目を香ばしく仕上げ、中の身の部分は彼独自のテクニックで絶妙なミディアムレアに仕上げた挑戦的な逸品。鴨の通ですら思わずうなるに違いない。

王道に陶酔するか気鋭で攻めるか。甲乙つけがたい鴨料理。是非ご自身で味わい比べてほしいのである。

TOUR D’ARGENT TOKYO
[トゥールダルジャン 東京]
すべてが一流! 名店の底力を味わえる店。


1984年の開業から変わらぬスタイルを貫くその姿勢には脱帽である。このような時期だからこそ、ダイニングの醍醐味を味わうことができるだろう。むしろ新鮮な驚きがあるはずだ。料理も時代に呼応してさらに洗練されている。ワインの素晴らしさもいわずもがな。

王道それとも気鋭? 東京・フレンチ名店の鴨対決!“幼鴨のロースト エピスソース サボイキャベツとアンディーブのカネロニ”

王道それとも気鋭? 東京・フレンチ名店の鴨対決!“平貝のパリジェンヌ仕立て 滑らかなレフォールのムースとエイグレットソース”

王道それとも気鋭? 東京・フレンチ名店の鴨対決!“黒ムツのムニエル ディプロマットソース”

王道それとも気鋭? 東京・フレンチ名店の鴨対決!エグゼクティブシェフのルノー・オージエ氏は、その極めて高い技術で2019年M.O.F.を獲得。日本在住のシェフでは37年ぶりの快挙だとか

王道それとも気鋭? 東京・フレンチ名店の鴨対決!高い天井に巨大なシャンデリアがよく似合う。フランス貴族の邸宅のようなアールヌーボー調の内装は圧巻

Gentil H
[ジョンティアッシュ]
若いチームで挑む優雅なる美食の館。


東京・白金台の個人の邸宅に招かれたようなリラックスした雰囲気がいい。平野シェフの料理は創意にあふれ、味の重ね方にも、明るさや華やぎがある。料理に呼応したサービスも素晴らしく、ペアリングにも新しい提案が盛りこまれており、好印象である。

王道それとも気鋭? 東京・フレンチ名店の鴨対決!“北京ダック風にローストした青森銀の鴨”

王道それとも気鋭? 東京・フレンチ名店の鴨対決!“銀の鴨”は、青森県新郷村で育てられる、フランスのバルバリー種の鴨である。平野シェフは、その鴨を独自の工夫で火入れし、皮目は飴がけし北京ダック風に仕上げる。これが絶品である

王道それとも気鋭? 東京・フレンチ名店の鴨対決!ブラッドオレンジとカンパリのジュレでコンポートした“フォアグラのフォンダン”

王道それとも気鋭? 東京・フレンチ名店の鴨対決!平野敬祐シェフ

“Gastronomic City”の記事をもっと読みたい人はコチラ!
レストランの未来のトレンドの形を示す東京の2店舗。
今行くべき東京の和食系レストランの最旬事情を探る。
今、東京で注目される若手外国人シェフの実力。
奥能登の輪島で日本の美食旅の魅力を味わい尽くす。
東京の底力を見せた今年の『アジアのベストレストラン50』。
ラグジュアリーな美食エリアとして注目される軽井沢。
ローカル・ガストロノミーの聖地、南魚沼の絶品料理。
沖縄から世界に発信する、宮古島の最新ガストロノミー事情。
今、東京で最も注目すべきブランニューなレストラン!
大阪発世界へ。美食の地図を塗り替えた注目のレストラン。

Information

●トゥールダルジャン 東京
住所:東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ ザ・メイン ロビィ階
営業時間:ランチ12:00~13:30(最終入店時間)、ディナー17:30~20:30(最終入店時間)
定休日:月曜~水曜
TEL:03-3239-3111(直通)
URL:https://tourdargent.jp/

●ジョンティアッシュ
住所:東京都港区白金台5-18-17 ゴールドフォレストビル2F
営業時間:12:00~15:30、17:30~21:00
定休日:月曜・火曜を中心に月8回
TEL:03-5447-8889
URL:https://www.gentil-h.com/

『Urban Safari』Vol.26 P47掲載

取材・文=中村孝則 text:Takanori Nakamura
美食評論家。1964年神奈川県葉山生まれ。ファッションからカルチャー、美食などをテーマに新聞や雑誌、テレビで活動中。主な著書に『名店レシピの巡礼修業』(世界文化社)がある。2013年より“世界ベストレストラン50”の日本評議委員長も務める。今春より、JR九州が運行する「ななつ星in九州」の公式ムービーに主演している。
〈ジミー チュウ〉の香りが爽快派にウケている理由とは?
SPONSORED
2022.08.05

〈ジミー チュウ〉の香りが
爽快派にウケている理由とは?

仕事にも遊びにも全力で前向きな人は、自分らしいリフレッシュ法も心得ているもの。好きな本を読む、美味しいものを食べる、最近はサウナなども人気だろう。そのやり方は千差万別だが、なかでも手軽かつ効果抜群なのは“心地いい香りに包まれる”という方法…

TAGS:   Fashion
〈アウディ〉RS 3が都会派に選ばれる理由!
SPONSORED
2022.08.01

〈アウディ〉RS 3が都会派に選ばれる理由!

コンパクトで驚くほど速く、見た目もかなりいい。〈アウディ〉RS 3の魅力がそこにあるのは間違いない。ただしコレ、半分正解。確かに“RS”の名を冠するだけあって、息をのむようなパフォーマンスには心が躍り、精悍な見た目にもゾクゾクする。でも、…

TAGS:   Cars
クラフツマンシップが宿る〈コーチ〉の新作!大人のお洒落はバッグで印象が決まる!
SPONSORED
2022.07.29

クラフツマンシップが宿る〈コーチ〉の新作!
大人のお洒落はバッグで印象が決まる!

〈コーチ〉のバッグは、その佇まいからNYの香りが感じられ、手間と時間をかけたレザー製品にしか出せない風格が漂っている。新作のスポーツ カーフ コレクションもまさにそう。こんなバッグが似合う大人でありたい、と思わせてくれる秀作が豊富だ。しか…

TAGS:   Fashion
夏カジュアルに差をつける〈アルファ〉のイニシャルジュエリー!海上がりで断然映えるのはちょっと控えめなYG!
SPONSORED
2022.07.26

夏カジュアルに差をつける〈アルファ〉のイニシャルジュエリー!
海上がりで断然映えるのはちょっと控えめなYG!

素肌にパイルパーカ1枚、な~んて装いが海上がりのカラダには理想的。その胸元にさらりと加えたいのが、日灼け肌に映えるイエローゴールドのネックレス。とはいえ、これみよがしなトップはラフなカジュアルに似合わない。ならば、イニシャルジュエリーの〈…

TAGS:   Fashion
夏の日差しにも負けない〈オリス〉の新作ウォッチ!大人のTシャツ姿によく映えるあざやかカラーの腕時計!
SPONSORED
2022.07.25

夏の日差しにも負けない〈オリス〉の新作ウォッチ!
大人のTシャツ姿によく映えるあざやかカラーの腕時計!

高気圧が張り出し、ピーカンの青空。そんな日はTシャツが大人の男の正装だ。そして、そんな気取らない着こなしに必要になるのがさりげなく手元でリッチ感を添えるラグジュアリースポーツウォッチ! 時計としての真価を宿しながらもとびきりスタイリッシュ…

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ