Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2019.08.05


ストイックな職人魂でオルタナブームをリード

ハイパフォーマンスかつアートのように美しいボードを手掛けるジェフ。シェイプからグラッシングまですべてをこなし、クラフツマンシップにあふれた若手シェイパーとしてリスペクトされている。クリス・クリステンソンはじめ、名シェイパーからの技術を継承したレトロかつモダンなボードを作る彼は、オルタナティブブームの牽引者としても有名だ。

●今月のサーファー
ジェフ・マッカラム[JEFF McCALLUM]

内陸育ち、遅咲きのサーファー


ジェフの育ちは“海なし州”コロラド。サーフィンに魅了されたのは、大学時代にサンディエゴに移住してから。西海岸で活躍するシェイパーの中では、遅めのサーフィンデビューといえるが、ハマるのに時間はかからなかった。

「幼い頃から父の仕事の関係で毎夏ニューポートビーチに滞在していたんだ。そこでボディサーフィンを楽しんでいたから、海遊びは慣れていたし、波乗りにはとても興味があったんだよ」

サーフィンを覚えたのは、サンディエゴのクリスタルピア。当初はロングボードを使い、メローな波を楽しんでいたそう。その後、短い板に興味を持ったものの、ショートボードではなくクラシックなシングルフィンのエッグに魅力を感じた。しかし、当時は長身の彼にしっくりくるボードがなかったため、自らシェイプし自作ボードを楽しむようになる。

ある日、クリスタルピアでいつものように波乗りしているとき、1人のサーファーに出会う。クリス・クリステンソンのシェイプルームで働いていたが数日前に退職した、という彼の話を聞いたジェフは、すぐさまクリステンソンのシェイプルームを訪ね、アシスタントとして働かせてもらうことに。クリステンソンといえば、スキップ・フライやディック・ブリューワーなど歴代名シェイパーの技術を継承し、独自のアイディアを融合させたオルタナティブボードを削る巨匠の1人。通常であればそんな彼の下で働くのは、たとえアシスタントであっても至難の業。だから、シェイプルームの掃除からなにから、勤勉に働いたそう。

「彼のシェイプルームに足を踏み入れるのは大変なことなんだよ。彼にアポイントを取って面接をしてもらったんだけど、それをパスしたのは本当にラッキーだった。アシスタント初日から全力で働いたよ。どんなに大変な雑用でも、積極的に取り組むようにしたんだ」

しばらくすると、そんな働きが認められて、仕事の後に彼のシェイプルームとグラッシングルームを使わせてもらえるようになる。

「日中はクリステンソンの仕事を手伝い、夜は彼のボードのグラッシングをさせてもらえるようになった。すごく嬉しかったよ」


すべてはいいボードを削るために


クリス・クリステンソンのシェイプルームでの下積み経験は、厳しかったけれど多くを学んだというジェフ。シェイパーとしてのキャリアはスムースに見えるが、技術を習得するのにもかなりの時間を要したそう。いい意味で耐えることや最後までやり遂げることを学び、精神面でもかなり鍛えられたと語る。

独立後はサンディエゴのナショナルシティにある大きな倉庫の一角にシェイプルームを設け、シェイプだけでなくグラッシングも行う。工程のほとんどを自分でコントロールすることで、より完成度の高いボードが出来上がるというのがジェフの考え。そんな信念のもと出来上がったボードはたちまち注目を浴びるようになる。さらに名だたるブランドとのコラボを経て、いっそう知名度を上げた彼は、米国内だけでなく世界中にファンを持つように。最近では特にオーストラリア、フランス、日本からのオーダーが多いという。

「海外からオーダーしてくるサーファーは、クラフツマンシップにこだわったハンドシェイプのボードを好み、シェイパーへのリスペクトも強いんだ。彼らは大切にボードを乗ってくれるし、いずれそのボードは彼らの子供に受け継がれていくんだ」

巨匠から受け継いだ昔ながらの技術と、独自の斬新なアイディアを融合させたオルタナティブな彼のボードは、機能性だけでなくアートのような美しいカラーも魅力のひとつ。彼の美的センスに惹かれ、アパレルを展開しないかというオファーも多いそうだが、彼は今ボードをビルドすることに全力を注いでいる。また、通常であればビジネスも考えなければならないが、無駄に大量なボードを生産する気は毛頭ない様子。そんな職人気質な部分も彼の魅力のひとつなのだろう。取材中、そんな彼のこだわりの強さを感じる発言も。

「シェイプルームに着くとすぐにメールをチェックしたり、オーダーシートを書いたりするけれど、意外と時間がかかってしまうんだ。本当はできるだけコンピューターの前に座る時間を減らし、多くの時間をシェイプルームで過ごしたいと思っているよ」


趣味にもオタク気質が見え隠れ⁉

DIY好きのジェフはサーフボードだけでなく、4 WDのトラックもビルドする。巨大なタイヤを履かせたトラックで崖を登ったり下りたりするオフロードでのドライブを楽しむためだそうだ。タイヤを替えるだけでなく、砂利などを避けるガードを取り付けたり、オフロードで遊べるように細かいカスタムを自ら行う。砂利避けのガードは、ステンレスのパイプを購入し、自ら溶接し、マットブラックにペイントするところまでやったというから驚きだ。

「毎週金曜日はトラックをビルドする日と決めているんだ。手掛けるのはトヨタの“タコマ”のみ。耐久性は抜群、信頼性も高いし、パーツなども見つけやすい。今週末は友人とオフロードを楽しみに近くの山へ出かける予定なんだ」 

別の趣味は銃だという。射撃場で撃ったり、大自然の中でアルミ缶を狙って撃ちこんでいく。集中力が養われ、ある種メディテーションのような効果が得られるそうだ。

サーフィンをはじめ、多様な趣味に没頭する彼だが、なによりも大切にしているのは彼の家族だ。精神的にもかなりジェフの支えになっているという妻は、普段別の仕事で忙しいものの、近々ジェフのボードカンパニーのマネジメントも手伝う予定。また、幼い娘は彼にとっての宝。一緒にサーフィンする時間は至福のひとときだと語る。ストイックな雰囲気が漂うシェイプルームの壁にさりげなく飾られた妻と娘の写真が、彼の家族愛をそっと物語っている。

「好きではじめたシェイプの仕事だけど、家族がいるからもっと頑張れる。今は10年後、20年後を見据えて展開を練っている最中なんだ」

ホームポイントはココ!
ブラックスビーチ[BLACK’S BEACH]
サンディエゴのラホヤビーチ近くにある美しいビーチ。10分ほどかけて崖を降りないと、ポイントにたどりつくことができない。ビーチブレイクだが周辺のポイントよりも波が高いことが多く、8フィートほどのビッグウェイブも!
 

シェイプルームでプレーナーを使って板を削る姿は真剣そのもの

ピンクのボードは巨匠スキップ・フライに削ってもらった娘用。このボードに娘と一緒に乗ってタンデムを満喫

シェイプルームのドアに飾られているジェフお気に入りのワイヤーアートは、サンディエゴの有名なローカルアーティストによるもの

シェイプルームの前にあるデスクで毎朝オーダーチェック。到着したら真っ先に行う作業だそう

シェイプルームには愛娘が作ったアートが飾られている。ここには妻の写真もディスプレイ。彼は家族思いのナイスガイなのだ

細部まで自分でカスタマイズした愛車はトヨタのピックアップトラック“タコマ”。近場だけでなく遠出してオフロードを楽しむことも

 

Information

雑誌『Safari』9月号P220・221掲載

“波乗り一代記の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=桝田はやと 文=高橋百々
photo : Hayato Masuda text : Momo Takahash(i Volition & Hope) photo by amanaimages

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈リアップエナジー〉は海好き男の強い味方!アフターサーフは頭皮ケアにも手を抜かない!
SPONSORED
2019.09.30

〈リアップエナジー〉は海好き男の強い味方!
アフターサーフは頭皮ケアにも手を抜かない!

アクティブな週末を過ごしている人って、なんだか若々しく見えません!? とりわけ波乗りがライフスタイルの一部になっている海好き男は、1年中日焼けしているせいか精悍さもひとしお。でも、実はその日焼けや海水が頭皮にダメージを与えているのはご存知…

〈Gステージ〉で秋のカジュアルは見違える!使えるスリーピースがあれば週末スタイルはカンペキ!
SPONSORED
2019.09.30

〈Gステージ〉で秋のカジュアルは見違える!
使えるスリーピースがあれば週末スタイルはカンペキ!

サーフィン、ジム、ショッピング、デート……、大人の週末はなにかと忙しい。それに合わせて着こなしも考えなきゃいけないから大変だ。そんな悩みを解消してくれるのが、〈Gステージ〉のセットアップ。ジャケット、ブルゾン、パンツが同素材で揃うから、着…

TAGS:   Fashion
都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!
SPONSORED
2019.09.26

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!
街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!

心地よさを重視する大人であれば、パンツはストレッチ入りが一番。ただ、ゆるすぎる“楽パン”では、街で穿くには少し気が引けるわけで……。で、頼りになるのが〈セオリー〉。NY生まれのブランドらしく、どのパンツもよく伸びるのに印象はとっても都会的…

TAGS:   Fashion
ひと味違う海スタイルは〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉で!さりげなお目立ちアイテムで海上がりにも差をつける!
SPONSORED
2019.09.26

ひと味違う海スタイルは〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉で!
さりげなお目立ちアイテムで海上がりにも差をつける!

自分がかっこいいと思えるスタイルを追い求めながら波に乗ることは、サーフィンの醍醐味のひとつ。海上がりのファッションだって、それは同じ。ひと味違うスタイルで、まわりとさりげなく差をつけたい。〈ムータ〉と〈ロイヤル フラッシュ〉がコラボしたス…

TAGS:   Fashion
ひと味違う着こなしが狙える〈ディーゼル〉の新作!都会派のミリタリーなら黒デニムも“ワザあり”で!
SPONSORED
2019.09.25

ひと味違う着こなしが狙える〈ディーゼル〉の新作!
都会派のミリタリーなら黒デニムも“ワザあり”で!

男らしいコーデを楽しむのに一番確実な方法は、ミリタリーの要素を取り入れること。そのとき、タフな印象を格上げすべくデニムを合わせる、なんてのも常套手段。それも黒デニムなら、ミリタリー要素の野暮ったさのみを打ち消し、すっきりしたコーデに。特に…

TAGS:   Fashion Denim
〈ボス〉の1着は機能的なのにラグジュアリーさりげない大人の色気は“艶あり”のダウンで狙う!
SPONSORED
2019.09.25

〈ボス〉の1着は機能的なのにラグジュアリー
さりげない大人の色気は“艶あり”のダウンで狙う!

最近のダウンJKは、選択肢が多彩。だからといって、クセのある柄やデザインを選ぶと、大人の品格に欠けるってことも。であれば、色はいさぎよくシンプルな無地にし、質感で勝負してみるのはどう!? 〈ボス〉の“艶あり”ダウンJKなら、さりげなく男の…

TAGS:   Fashion
〈オーデマ ピゲ〉のエキシビションが開催!“時計以上”の価値を求めたブランドの神髄を探る!
SPONSORED
2019.09.25

〈オーデマ ピゲ〉のエキシビションが開催!
“時計以上”の価値を求めたブランドの神髄を探る!

〈オーデマ ピゲ〉といえば誰もが知っている高級時計の代名詞。とはいえ、そんな〈オーデマ ピゲ〉の存在は知っていても、その“本当の価値”を知っている人は案外少ないのでは? 10月19日から11月4日の間、六本木は東京ミッドタウンにて〈オーデ…

TAGS:   Watches
あえての脱・定番狙いは〈タトラス〉の1着で!2着めのダウンなら渋色の柄モノを選ぶ!
SPONSORED
2019.09.25

あえての脱・定番狙いは〈タトラス〉の1着で!
2着めのダウンなら渋色の柄モノを選ぶ!

街でも海でも頼りになるのがダウンジャケット。着まわしの効く定番色はすでに持っている人も多いと思うけれど、大人の洒落感で差をつけたいなら、渋いトーンの柄モノを選ぶのも手。良質かつスタイリッシュなダウンで人気の〈タトラス〉なら、2着めにぴった…

TAGS:   Fashion
着こなしのアップデイトは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!お洒落上手な大人ならデニム選びで差をつける!
SPONSORED
2019.09.25

着こなしのアップデイトは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
お洒落上手な大人ならデニム選びで差をつける!

デニム遍歴の長い大人ともなれば、その好みは大抵決まっているもの。でも、同じようなものばかり穿いているせいで、ワンパターンな男に見られているかも!? そうならないためにも、〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉の個性派デニムで、いつものスタイ…

TAGS:   Fashion Denim
寒いシーズンにも着たいのは〈ラコステ〉のあの1枚!定番のポロシャツも秋冬なら“長袖”が正解!
SPONSORED
2019.09.25

寒いシーズンにも着たいのは〈ラコステ〉のあの1枚!
定番のポロシャツも秋冬なら“長袖”が正解!

夏場には、不動の定番として活躍したフランスのプレミアム カジュアルブランド〈ラコステ〉のポロシャツ。秋を迎えたら、それを長袖に選手交代してみては!? ちょっとした外出もラフになりすぎずに品格が出るし、旅先では旅慣れた大人にふさわしいさりげ…

TAGS:   Fashion
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 05“ゴルフ・デスク”を使って憧れのコースで優雅にプレイ!
SPONSORED
2019.09.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 05
“ゴルフ・デスク”を使って憧れのコースで優雅にプレイ!

ゴルフというスポーツは、ビジネスパートナーとの仕事を超えた関係作りに役立つことも多い。単なる仕事上の付き合いから、本当に信頼できるパートナーとして、その関係性を深められるようコースの手配をすることもあるだろう。そんなときに頼りになるのが、…

TAGS:   Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ