Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2022.02.17


サンタモニカの次世代シーンを担う若手! エマーソン・ラングロワ-ウルリッチ

サンタモニカで育ち、幼い頃からその波乗りの腕前を高く評価されている若手ローカルサーファー、エマーソン。サンタモニカの老舗サーフショップ〈ZJボーディングハウス〉のサブマネージャーとして活躍している彼は、レジェンドを敬い、ヒストリーを重んじ、その知識と経験を若い世代へ継承する貴重なパイプ役として一目置かれる存在だ。


今月のサーファー
エマーソン・ラングロワ-ウルリッチ
[EMERSON LANGLOIS-ULRICH]

サンタモニカの次世代シーンを担う若手! エマーソン・ラングロワ-ウルリッチ

サンタモニカで見ていた父の背中


LA内最大級の観光ビーチ、サンタモニカ。多くのハリウッド映画のロケーションともなったこの地で育ったエマーソンは、生粋のビーチボーイだ。幼少の頃からサーファーの父と海に入り、水泳やシュノーケリングに熱中。次第にボディサーフィンを覚え、波に身を任せてフロウする快感を幼いうちから体験していた。

「はじめは波に揉まれることが多かったけれど、ある日、抵抗しないでいればいいことに気づいたんだ。そしたら思いがけないほどスムースに流れていったよ」

そんな彼の感覚を育てたサンタモニカは、映画『ロード・オブ・ドッグタウン』の舞台となった歴史的な場所だ。映画に登場するZボーイズも通っていたライフガードタワー26は、エマーソンも毎日波チェックする大好きなサーフスポットのひとつだそう。

「歴史あるスポットだけに、安定感は抜群だよ。ビーチブレイクだけど安定して波が立つし、スウェルが入ればオーバーヘッドにもなる。特に冬はサイズが上がるので、期待できるよ」

今ではすっかりサンタモニカエリアを代表する名サーファーへと成長したが、その背景には父の影響が大きくあるそう。8歳頃にはじめてキッズボードでサーフィンをした際は、父の姿を見ていたせいか、タートルを含め難なくパドルをこなしてみせた。

「父がそっとボードを押してくれたおかげではじめて立てたんだ。アウトから綺麗にブレイクしたグラッシーな小波で、ボードから伝わる波の振動は今でも思い出せるよ」

以来、父とともに毎日の海通いをはじめたエマーソン。朝の6時に起床し、波チェック後、ゆっくりとコーヒーを淹れて、海へと向かう。休みの日も同じ時間に起きて同じことを行う。この父の朝のルーティーンをエマーソンも重んじることで、どんなときでも平常心をキープできるようになったという。

「スランプというほどではないけれど、ノーズライドに繋がるステップは、予想外にカラダが動かなくて何度も練習したね。習得するまでに1年はかかったけど、そんなときもあまり悩まず安定した気持ちでいられたよ。一度カラダが覚えるとブランクがあっても記憶が蘇るしね」

サンタモニカの次世代シーンを担う若手! エマーソン・ラングロワ-ウルリッチエマーソンが働く1988年オープンの老舗サーフショップ〈ZJボーディングハウス〉。1号店はマリブにあり、2号店がこのサンタモニカ店

サンタモニカの次世代シーンを担う若手! エマーソン・ラングロワ-ウルリッチショップ前には共同オーナーのひとり、トッド・ロバートの写真が

サーフショップの顔として


ローカルでは実力あるサーファーとして若いときから名前が知られていたエマーソン。高校生の頃は周囲にコンペティションに出ることを勧められるも、緊迫した空気の中で波に乗るのは自分にとっての喜びではないと感じ、興味を持てなかった。高校を卒業ししばらくすると、彼は地元の老舗サーフショップ〈ZJボーディングハウス〉でアルバイトをはじめる。

「地元のサーフショップで働くことが小さい頃からの夢だったんだ。波やボードのことならほかのサーファーよりも詳しいし、自分の経験を通してボードを販売してみたくてね」

幼い頃より父と一緒に遊びに行っていたサーフショップは、彼にとって大人サーファーたちのコミュニティスペースのように映っていた。波がいい日は多くのサーファーが続々と店に立ち寄り、波がない日でも誰かしらがサーフムービーやサーフラインを見ながら波について熱く語り合っている。エマーソンは、そんなショップを“第2のファミリー”のように感じていた。

「スタッフはいつでもウェルカムでいてくれて、接客で忙しくてもアイコンタクトで挨拶を交わしてくれたんだ。波を愛する気さくな彼らとハングアウトするうちに、いつか僕も迎える側になれたらいいなと夢見ていたんだ」

実際に働きはじめると予想以上に覚えることが多く戸惑ったが、接客を任せられるようになると急に生き生きとしはじめ、苦手な事務作業も積極的にこなした。

「カスタマーのために情報やアドバイスを提供するのは当たり前。僕が目指しているのは彼らとのコミュニケーションを通して信頼関係を築き上げることなんだ。僕は従業員のひとりだけど、接客中は店の顔として会話しているから、完璧なパフォーマンスをしないとね!」

そんな努力が認められ、現在ショップのサブマネージャーとなったエマーソン。高い評価に甘んずることなく、与えられた業務をこなしながら、波やボードの情報も常にアップデイト。最近では、オーナーから直接経営者目線の考え方も教わり、不動産の勉強もはじめたそうだ。

サンタモニカの次世代シーンを担う若手! エマーソン・ラングロワ-ウルリッチエマーソンの車にはサーフギア&スケートボードを常備

サンタモニカの次世代シーンを担う若手! エマーソン・ラングロワ-ウルリッチ海に行く準備は彼にとってちょっとしたメディテーションタイム。ちなみに愛車は環境へ配慮して選んだ“プリウス”!

恵まれた環境に甘えない


ショップスタッフとして活躍する傍ら、実はサンタクルーズのカレッジで経営学を学ぶ現役大学生でもあるエマーソン。週4日ほど授業を受けなければならないのだが、コロナのおかげで現在はすべてオンライン授業。好きな場所で勉強ができるので、天気がいい日はビーチに車を停めて課題をこなすときもあるんだとか。

そんな二足の草鞋を履く彼のライフスタイルはとてもシンプルでヘルシー。早朝からの波チェックにはじまり、小一時間海に入った後、自宅で朝食をすませ部屋を掃除する。サーフショップでの仕事は午前11時から開始。ほぼフルタイムで入っているが、ショップでの経験が授業のレポートに役立つこともあるんだとか。午後6時に仕事が終わると学校の授業を受ける。課題を終えるのに深夜までかかることもあるが、就寝前はネットでサーフビデオを見たりビーチでのトレンドを検索したりと、とにかく波乗りに関するリサーチを怠らない。

幼い頃よりサーフィンの腕を磨き、ローカルサーファーとして名が知れ渡っていた彼。大会に出れば上位入賞しスポンサーも獲得できると、周囲から勧められてきた。さらに、かつて女優として活躍していた母親譲りのルックスで、サーフモデルとしての道も用意されていたそうだ。そんな華やかな背景に甘えず、自分で努力を重ね謙虚な姿勢を崩さないエマーソン。サーフスタイルも自分が愛するファンサーフを貫いてきた。目下の目標は、多くの若手サーファーを育てていくことだという。若くして地に足の着いた彼の在り方は、彼の周囲をはじめとする若い世代のお手本といえそうだ。

サンタモニカの次世代シーンを担う若手! エマーソン・ラングロワ-ウルリッチ助手席には必需品が。ワックスにはガールフレンドから、“愛してる、ウザくてごめん”と、手書きのメッセージ

サンタモニカの次世代シーンを担う若手! エマーソン・ラングロワ-ウルリッチ愛用のスケボーはサーフボードでも有名な“アルメリック”製。特殊なトラックを使用し、陸でも波乗りの感覚で滑れる

●ホームポイントはココ!
ライフガードタワー26[LIFEGUARD TOWER 26]
サンタモニカの次世代シーンを担う若手! エマーソン・ラングロワ-ウルリッチその名のとおり、ライフガード塔の26番があるビーチで、サンタモニカ・ピアを正面に右手に位置。年間を通して安定して波が立ち、スウェルが入るとオーバーヘッドも期待できる。ローカルたちのチルスポットとしても人気。

Information

雑誌『Safari』3月号 P186~187掲載

“波乗り一代記の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=宮崎良将 文= 高橋百々
photo : Yoshimasa Miyazaki(Seven Bros. Pictures) text : Momo Takahashi(Volition & Hope)
〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!
SPONSORED
2022.06.23

〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!
色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!

爽やかな色や柄を取り入れて、大人の遊び心を表現したい初夏のカジュアル。そんな気分にぴったりなのが、個性的な色柄で魅せる〈ルイ・ヴィトン〉の新作コレクション。ストリートの感性をちりばめつつ、メゾンらしい技巧を凝らして大人っぽくもフレッシュに…

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!
SPONSORED
2022.06.23

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!
唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!

世界屈指のハイジュエラーの感性光る、スタイリッシュにしてアバンギャルドなモデルで時計界を席巻してきた〈ハリー・ウィンストン〉。そろそろコンサバな時計趣味から脱却し、自分らしさをアピールできる1本をモノにしたい人にとっては、まさに絶好の存在…

TAGS:   Fashion
ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!
SPONSORED
2022.06.23

ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、
都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!

これからの季節はTシャツや半袖シャツなど軽快な装いが多くなる。となると、自然と手元にある1本に視線が集まりやすくなってくるもの。で、そんな視線をさらに独占しそうなのが、〈ハミルトン〉の新作カーキ ネイビー オープンウォーター。アメリカ生ま…

TAGS:   Watches
いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!
SPONSORED
2022.06.23

いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!
夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!

いよいよ夏本番。アクティブな大人のテンションを上げてくれるのが海や空を彷彿とさせるブルーだ。そこで、注目してほしいのが〈ブローバ〉の腕時計。シックなサンレイと、深海を思わせるグラデーションダイヤルの2モデルは、紺JK、白T、デニムと相性抜…

TAGS:   Watches
堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!カジュアルが見違える品格ジュエリー!
SPONSORED
2022.06.23

堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!
カジュアルが見違える品格ジュエリー!

ストリートの感性を取り入れた初夏カジュアルは、大人なジュエリー使いで上品&クールにまとめたい。〈ティファニー〉の新作コレクションなら、そんな着こなしもさりげなく叶うはず。東京五輪スケートボード金メダリストの堀米雄斗が魅せる、軽やかなクロス…

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!海好き男の週末はターフ姿だって段違い!
SPONSORED
2022.06.21

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!
海好き男の週末はターフ姿だって段違い!

ゴルフ熱が高まる昨今、生粋の波乗り好きの中にもゴルフにハマる人が増えている。そんな“サーフ&ターフ”を実践するアクティブな男には、どんな格好がふさわしいか? それは海でもコース上でも心地よく着られて、さりげない遊び心で目立つ爽やかな1着。…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ