Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2024.05.16


カヌー競技の先駆者【羽根田卓也】は、開き直りからの快挙で列強と戦える選手に!

男子カナディアンシングルのエースとして、5大会めの五輪に挑む羽根田卓也。日本にカヌー競技を知らしめた先駆者が、当時はまさに雲を掴むような話だったアジア人初のメダル獲得を達成し、世界の列強と肩を並べる存在となった一戦について語る。

KENTARO SATO
TURNING POINT
カヌー競技の先駆者【羽根田卓也】は、開き直りからの快挙で列強と戦える選手に!2016年8月9日
リオデジャネイロ五輪 カヌー・スラローム
男子カナディアンシングル決勝

昨年のアジア選手権で優勝を果たし、パリ五輪出場を決めた羽根田卓也。カヌーの男子カナディアンシングルは最後の1枠を全アジアで争う厳しい戦いとなったがそれを勝ち抜き、5大会連続でオリンピックという大舞台に挑む切符を掴んだ。そんな羽根田が分岐点として語ってくれたのは、日本人初の銅メダル獲得という快挙を成し遂げたリオデジャネイロ五輪。アジア人が五輪のカヌー競技で表彰台に立つのは男女を通じてはじめてのことで、日本のみならず世界に大きな衝撃を与えた出来事だった。羽根田自身にとっても、決して平坦ではなかった競技人生の中で積み重ねてきたものが、ようやく実を結んだ瞬間だったという。

「僕にとって最初の五輪は2008年の北京でしたが、そのときは心のどこかで五輪に出場できたことで満足してしまっている部分があったと思います。加えて21歳という若年齢ということもあって経験と実力が備っておらず、本戦でいい結果を出せませんでした。その経験を経て挑んだロンドンでは五輪に出場すること自体にプレッシャーを感じることなく戦え、7位入賞という自分として胸を張っても恥ずかしくない結果を出すことができた。こうしたステップを踏めたからこそ、リオ五輪で表彰台に乗ることができたのだと思っています」

今でこそ羽根田の快挙によってカヌー競技自体が日本で認知されているが、当時は競技も選手も一般的にはほぼ無名。加えてカヌー競技の世界においても、アジア人がトップ選手として活躍することなど考えられなかった時代だったという。

「僕は高校卒業と同時に、強くなりたい一心でカヌー強豪国のスロバキアに行っていたのですが、当時はアジア人が世界のトップに食い込もうとしていること自体がちゃんちゃらおかしいという空気感でした。そうした環境の中で実力をつけ、2016年のリオ五輪の前にフランスのポーで行われたカヌースラロームのワールドカップで3位に入賞することができた。アジア勢でははじめてのことだったので、そのこと自体がビッグニュースだったのですが、18歳でスロバキアに渡ってから28歳までカヌーに打ち込んできてようやく表彰台に立つことができた。というところだけでもなかなかの苦労だったと感じていただけると思うのですが、そのときに自分の中でも努力してきたことが結果として表れてきたことを感じ、これは実力を出せばもしかしたらリオ五輪でも結果を出せるかもしれない。そんな淡い期待を抱くようになっていました」

リオ五輪に挑むまではパフォーマンスも上がっていたが、実は試合直前になって体調面に問題が生じていたという。

「試合の前々日くらいから体調を崩し、自分では怖くて測れなかったのですが熱が出ていました。発熱で頭がボーッとしていて、五輪に向けてこんなに準備をしてきたのに万全の状態で臨めないのか……という状態だったのですが、試合前日に開き直ってしまったんです。その開き直りが、パフォーマンスにいい影響をもたらしてくれました。どこか自然体で挑めたというか、北京で初出場してロンドンで入賞し、次はメダルというプレッシャーも感じていた中で、その吹っきれた感覚があったことがすごくよかった。まさに怪我の功名。五輪のような極限の勝負になると、もうコンディションなんて誤差でしかなくて、最後は精神力の勝負になってくるんです。今思うと発熱からの開き直りがいい効果になって、もうジタバタしてもしょうがないという感覚から、いわゆるゾーンみたいなものに入っていたんじゃないかと思います」

表彰台に立った瞬間は、なにものにも代えがたい感覚が込み上げてきたという。

「スロバキアに行って10年経っていました。苦節や我慢という表現は好きではないのですが、電光掲示板に結果が表示された瞬間は努力がすべて報われたという感覚で、その結果によって競技自体の注目度や環境も大きく変わりました」

そんな体験を経て5度めの切符を掴んだパリ五輪は、どんな思いで挑むのか。

「カヌーは、技術と経験が8割以上生きてくる競技。世界のトップ10の半数以上が僕と同年代です。僕自身、ベテランに近づく中で表彰台を狙って戦う一方、限界に挑戦して戦う姿をより多くの人に見てもらえるように表現していきたい。アスリートが挑戦する姿に見る人が突き動かされ、それをなにかしらの形で人生に反映していく。それができることがスポーツの素晴らしさだと思うので、僕の軸として外してはいけないと思っています」

カヌー競技の先駆者【羽根田卓也】は、開き直りからの快挙で列強と戦える選手に!カヌースラローム選手
羽根田卓也
TAKUYA HANEDA
1987年、愛知県生まれ。名鉄学園杜若高等学校卒業後にスロバキアに渡ってカヌーの技術を磨き、現地の難関校コメニウス大学に進学。2016年のリオ五輪でアジア人初の銅メダル獲得。10位となった東京五輪を経て、5度めの五輪挑戦を決意。ミキハウス所属。

TAMURA’S NEW WORK
東北楽天ゴールデンイーグルス
カヌー競技の先駆者【羽根田卓也】は、開き直りからの快挙で列強と戦える選手に!カヌー競技の先駆者【羽根田卓也】は、開き直りからの快挙で列強と戦える選手に!「仙台駅や楽天モバイルパーク宮城で想像していた以上に大きく飾っていただいている絵や、そこで笑顔で写真を撮る方々を見てきました。実際に仙台に行ってみて、自分は多くの人たちのおかげで夢のような経験をさせてもらっているんだなと改めて思いました」

多くの人と気持ちを共有するために

2024年シーズンのスローガンである“いただき!(頂)”を表すモチーフの前に、勇ましく佇む東北楽天ゴールデンイーグルスの選手たち。これは、シーズン開幕を盛り上げるために仙台駅や仙台の街に掲げられた、キービジュアルだ。

「開幕戦が地元・仙台で開催されることに合わせ、ファンの方々の気持ちを盛り上げたいという思いを込めながら、選手1人ひとりを描かせていただきました」

実際に仙台に足を運び、駅や街に作品が掲示されている景色を見てきたという。

「僕が机の上で描いた作品が多くの人たちの目に留まるビジュアルとして掲示してもらえ、それを見た人の中にまた、なにかが共有されて広がっていく。そんな光景を見させていただくことができました。所有者が1人で楽しむアートも価値がありますが、そうやって大きな広がりを持つことができるアートにもまた、素晴らしい価値があることに気づきを得られました。アーティストとしてまた、新しいモチベーションをもらえた作品です」

カヌー競技の先駆者【羽根田卓也】は、開き直りからの快挙で列強と戦える選手に!アーティスト
田村 大
DAI TAMURA
1983年、東京都生まれ。2016年にアリゾナで開催された似顔絵の世界大会であるISCAカリカチュア世界大会で、総合優勝。アスリートを描いた作品がSNSで注目を集め、現在のフォロワーは10万人以上。その中にはNBA選手も名を連ねる。Instagram:@dai.tamura
 

 

アスリートに関するオススメ記事はコチラ!
アスリートとファッション
美女アスリートとデニム

 
Information

雑誌『Safari』6月号 P238〜240掲載

“アスリートの分岐点”の記事をもっと読みたい人はコチラ!

●『Safari Online』のTikTokがスタート!
こちらからアクセスしてみて!

イラスト=田村 大 文=遠藤 匠
illustration : Dai Tamura text : Takumi Endo photo by AFLO
世界各地の時を刻む〈シチズン〉プロマスターSKY新作ジオ・トレッカーは旅と冒険のロマンを手元で語るパイロットウォッチ!
SPONSORED
2024.06.07

世界各地の時を刻む〈シチズン〉プロマスターSKY
新作ジオ・トレッカーは旅と冒険のロマンを手元で語るパイロットウォッチ!

TAGS:   Watches
都会的にアップグレードした〈キャデラック〉の世界。エスカレードの快適な居住空間を体験する。
SPONSORED
2024.05.31

都会的にアップグレードした〈キャデラック〉の世界。
エスカレードの快適な居住空間を体験する。

クルマヒエラルキーに頓着せず、自由な存在であるキャデラックは今なお独自の進化を遂げている。いい意味でアメリカ車らしくない、モダンさと先進性を兼ね備えている。とりわけエスカレードはその象徴ともいえる。走りも居住性もラグジュアリーを叶えた一台。

TAGS:   Urban Safari Cars
〈ヤーマン&ストゥービ〉はすべてのゴルファーの憧れ。伝統と革新が融合したゴルフカウンター付き腕時計。
SPONSORED
2024.05.31

〈ヤーマン&ストゥービ〉はすべてのゴルファーの憧れ。
伝統と革新が融合したゴルフカウンター付き腕時計。

デジタルガジェットを頼りに、ラウンドを楽しむ。今では当たり前の光景だけど自然の中で爽快にプレイするひとときには、ちょっとそぐわないと思うかも。ここはひとつ、本格的な機械式時計なのにゴルフのプレイにも役立つ、〈ヤーマン&ストゥービ〉のゴルフ…

TAGS:   Urban Safari Watches
シンプルで上品な〈ファルコネーリ〉の新作。リラックスムードが漂うタイムレスな上質ニット。
SPONSORED
2024.05.31

シンプルで上品な〈ファルコネーリ〉の新作。
リラックスムードが漂うタイムレスな上質ニット。

これからの季節、大人のカジュアルを手軽に格上げしてくれるサマーニット。シンプルで高品質なほど快適で、飽きがこず長く着られるのは、周知の事実。しかも、それが見た目にも上品ならオフタイムはもちろんオンにも活躍させたくなる。そんなわがままな大人…

TAGS:   Urban Safari Fashion
〈アウール〉の2大定番アイテムがさらに進化。軽いスニーカーとスーツでビジネスに驚きの快適さを。
SPONSORED
2024.05.31

〈アウール〉の2大定番アイテムがさらに進化。
軽いスニーカーとスーツでビジネスに驚きの快適さを。

クリエイティブディレクターを戸賀敬城、デザイン監修を橋本 淳が務める〈アウール〉。ジェットセッターが快適に過ごせるスタイルをベースにしており、この夏は暑さにも対応する軽くて涼しいセットアップスーツを提案。また大人気スニーカーの“デバイス1…

TAGS:   Urban Safari Fashion
〈サンローラン〉の新作スニーカーを俳優・山﨑賢人が履きこなす!所有欲を刺激するクラシックで洒脱な1足!
SPONSORED
2024.05.24

〈サンローラン〉の新作スニーカーを俳優・山﨑賢人が履きこなす!
所有欲を刺激するクラシックで洒脱な1足!

大人カジュアルの定番といえば、シンプルで上品なスニーカー。絶大な人気を誇る〈サンローラン〉のスニーカー“バンプ”の新作は、王道のクラシックなデザインに、さりげない遊び心が効いている。まさに大人の週末にぴったり。そんな注目の1足を、自らスニ…

TAGS:   Fashion
〈マクラーレン〉アルトゥーラ スパイダーなら叶う!高揚を誘うドライブで爽快な夏を先取る!
SPONSORED
2024.05.24

〈マクラーレン〉アルトゥーラ スパイダーなら叶う!
高揚を誘うドライブで爽快な夏を先取る!

プラグインハイブリッドの“アルトゥーラ”でスーパースポーツカーの新たな世界を創造した〈マクラーレン〉。今度はコンバーチブルバージョンの“アルトゥーラ スパイダー”が誕生した。爽快感のあるオープンエアで、どんな魅力が加わったのか。その答えを…

TAGS:   Cars
ポイントで効かせたい〈トム フォード アイウエア〉の柄フレーム!夏コーデが華やぐさりげないアクセント!
SPONSORED
2024.05.24

ポイントで効かせたい〈トム フォード アイウエア〉の柄フレーム!
夏コーデが華やぐさりげないアクセント!

シンプルになりがちな夏姿の格上げには、小物使いがものをいう。そこで、サングラスの出番だ。〈トム フォード アイウエア〉の新作はフレームの柄がきらりと光り、コーデのアクセントに欠かせない!

TAGS:   Fashion
生地や仕様にこだわった〈エルケクス〉の新作!週末に着るTシャツは紺×白が頼りになる!
SPONSORED
2024.05.24

生地や仕様にこだわった〈エルケクス〉の新作!
週末に着るTシャツは紺×白が頼りになる!

カラフルなTシャツもいいけれど、なんだかんだで頼りになるのは紺×白のTシャツ。そこで、今期こだわりたいのが“こなれ感”。たとえば軽く甘く編んで起毛させたスラブ素材、袖や裾、ネックまわりを味出ししたヴィンテージ仕様、そしてカレッジ調やミリタ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ