Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.07.09


日本代表を強くするには育成年代の練習を見直すべき

いよいよベスト4が決まりました。やはり一番の大きなトピックスは日本と戦ったベルギーがブラジルを倒してベスト4に進出したことですね。

GKクルトワのスーパーセーブに救われた場面は多々ありましたが、2点先制とほぼ完璧な試合内容でブラジルの追撃を1点に抑えました。日本も最後にやられたカウンターもブラジルに脅威を与えていました。何度もブラジルゴールに迫っていましたね。僕はブラジルを優勝候補に挙げていましたので、今後どうしようか困っていますけど……(笑)。

これで今大会では南米勢が全滅しました。ヨーロッパだけということで欧州選手権のような様相を呈してきましたが、ベルギー、クロアチアと優勝したことがない国も2カ国含まれていますので、ワールドカップ初優勝という国が生まれるかという目線で見ると、まだまだワールドカップも楽しめそうです。

日本、ブラジルを破ったベルギーは、本大会の象徴となるフランスと準決勝で激突する。カウンターが得意な両チームだけにまさしく目が離せない一戦になるはず!
 

NEXT 日本の育成年代の練習を根本から見直すべき!2/4PAGE

 
今回はFIFAワールドカップで世界のサッカーを観てきて、今後の日本代表を強くするために気づいたことをお話したいと思います。以前に、日本の育成年代は2人組での練習が多すぎるから3人組とか4人組の練習を増やしたほうがいいと提案しました。そことも繋がってくるのですが、日本の練習は2タッチのプレーしばり(次のプレーに行くまでに2回しかボールに触れられない制限。普通に考えるとトラップしてパスをするだけで2タッチになる)が多いんです。確かにボールを持ちすぎるのもよくないので、自分のところにボールが来たときに、2タッチでプレーするのはよいことだと思います。ただ、ファーストコントロールでパスの行き先を決めなければいけないので、最初のタッチでボールが大きく前に出てしまい相手に奪われたり、トラップする方向でパスの出しどころがわかってしまうんですよね。そこは改善していかなければいけないポイントだと思います。
 

NEXT ブラジルでも体験したパスの出し方

3/4PAGE


またサッカーにおけるボディシェイプ(カラダの向きや体勢)でも、カラダが向いているほうにパスを出すという基本。これらすべてが基礎になってしまうと、すべてのプレーが相手に読まれてしまうんです。現役時代、半年間ブラジルに留学していたのですが、僕のパスが全然通らないんですよ。「なんでだろう?」と考えていたら、カラダの向きでパスの方向がわかっていたんですね。気づくのに1カ月くらいかかりましたよ(笑)。そうなってくると育成年代の練習から見直していかないといけませんよね。

パスサッカーで今大会を盛り上げたスペイン。ロシアとの一戦では1114本のパスに成功したという報道も
 

NEXT アウトサイドキックを使いこなせ!4/4PAGE

 
あとは日本の育成年代の練習や試合を観ていると、アウトサイドキックを使う子がほとんどいないのが気になりますね。アウトサイドキックの利点はモーションが少ないため、素早くパスを出せるので、相手に読まれにくいというところです。利き足が右であれば、左足を使えるようになるよりも、アウトサイドキックを使わせたほうがいいです。今回のFIFAワールドカップの試合を観ていても、ブラジルのマルセロやクロアチアのモドリッチ、コロンビアのハメス・ロドリゲスなど、世界のトップといわれる選手は、アウトサイドキックを多用しています。ベルギーのデ・ブライネはグループリーグでもアウトサイドキックのセンタリングでルカクのヘディングでの得点をアシストしていましたね。そういった目線で今後の試合を観ていくのも楽しいですよ。
残すところあと4試合。まだまだ寝不足の日々が続きそうですが、世界トップレベルの華麗なプレーを目に焼きつけましょう。

ポルトガル代表のFWリカルド・クアレスマはグループリーグのイラン戦で、アウトサイドを使った芸術的なシュートを決めた 

北澤 豪|Kitazawa Tsuyoshi
元サッカー日本代表。現役時代は豊富な運動量と闘志あふれるプレースタイルから、“中盤のダイナモ”と称された。現在は日本サッカー協会の理事を務めながら、サッカーの普及などに尽力する傍ら、日本テレビ系『NEWS ZERO』のサッカー解説やサッカー中継の解説などでも活躍中。

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

まわりに差をつけるなら、やっぱり〈ディーゼル〉!大人が穿くべきデニムはちょっと“ワザあり”!
SPONSORED
2019.07.26

まわりに差をつけるなら、やっぱり〈ディーゼル〉!
大人が穿くべきデニムはちょっと“ワザあり”!

もうひととおりのデニムは持っていて新たにどんなデニムを買っていいかわからない。似たり寄ったりのデニムではもうトキメキがない。そんな人でもナットクできる、ちょっと“ワザあり”の〈ディーゼル〉の新作デニムをピックアップ。といっても、やりすぎの…

TAGS:   Fashion Denim
手元で個性を演出するなら、素材で遊んだ〈ウブロ〉の1本!王道アメカジが見違える軽快スポラグ時計!
SPONSORED
2019.07.25

手元で個性を演出するなら、素材で遊んだ〈ウブロ〉の1本!
王道アメカジが見違える軽快スポラグ時計!

ほかにはない唯一無二のオリジナリティと革新的な技術、そしてファッション性を兼ね備えた〈ウブロ〉は、時計愛好家ばかりでなく、アクティブな男たちの心を捉えて離さない。スポーティでいて、ラグジュアリー。その魅力はいつものアメカジを格上げするとと…

TAGS:   Watches
プロサーファー・市東重明が着る〈ロエベ〉“アイ/ロエベ/ネイチャー”コレクション!自然を愛する男が選ぶアクティブな服とバッグ!
SPONSORED
2019.07.25

プロサーファー・市東重明が着る〈ロエベ〉“アイ/ロエベ/ネイチャー”コレクション!
自然を愛する男が選ぶアクティブな服とバッグ!

大自然から発想を得たデザインと、都会でも自然の中でも活躍する機能性。この2つをうまく融合させたアイテムを展開する〈ロエベ〉のライフスタイルライン“アイ/ロエベ/ネイチャー”。その魅力を伝えるべく今回登場してくれたのはプロサーファーの市東重…

TAGS:   Fashion
さりげない存在感で勝負するなら〈エドックス〉で!街に映えるダイバーズはタフなうえにエレガント!
SPONSORED
2019.07.25

さりげない存在感で勝負するなら〈エドックス〉で!
街に映えるダイバーズはタフなうえにエレガント!

ダイバーズウォッチのハイスペックに、ラグジュアリーなスタイルを併せ持つ。それが“クロノオフショア1”だ。海での実力はもちろんのこと、街でもそれを持て余すどころか、むしろ秘めたポテンシャルがスタイリッシュに映る。“街ダイバーズ”は、まさに海…

TAGS:   Watches
オフの手元は〈トゥルーム〉の1本で!遊び上手な大人は時計だって着替えて使う!
SPONSORED
2019.07.25

オフの手元は〈トゥルーム〉の1本で!
遊び上手な大人は時計だって着替えて使う!

昼も夜もオフの日は本気で遊ぶのが、アクティブな大人の信条。となれば、手元のお洒落もそのときどきに合った印象に着替えたくなるはず。そこで頼りになるのが、ナイロンと革のバンドを簡単に付け替えられる〈トゥルーム〉時計だ。どちらも素材や仕立てにこ…

TAGS:   Watches
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 03心のゆとりを生むホテル滞在で旅の思い出もプラチナ色に!
SPONSORED
2019.07.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 03
心のゆとりを生むホテル滞在で旅の思い出もプラチナ色に!

セレブたちのライフスタイルに憧れを抱くのは、決して贅沢な旅をしているからではないと思う。おそらくそれは、彼らが人生も旅も自分らしく自由にゆとりを持って楽しんでいるからなのだ。そんな“自分らしさ”を大切にしたバカンスに共感し、実現したいと思…

TAGS:   Lifestyle
オンもオフも〈タフマン リフレッシュ〉でアクティブに!“やる気”のリチャージは爽快な飲み心地の1本で!
SPONSORED
2019.07.25

オンもオフも〈タフマン リフレッシュ〉でアクティブに!
“やる気”のリチャージは爽快な飲み心地の1本で!

週末は大好きな趣味を存分に楽しむ。そんなリフレッシュ上手な大人が増えている。でももっと手軽にシーンを選ばずリフレッシュできたら、いいと思わない? 炭酸がほどよく効いた爽快な飲み口と、高麗人参をはじめとした栄養成分を配合した〈タフマン リフ…

TAGS:   Gourmet
最高の波探しに必要なのはクルマやボードだけじゃない !?サーフ旅トリップに持っていきたい海男のための夏アイテム!
SPONSORED
2019.07.25

最高の波探しに必要なのはクルマやボードだけじゃない !?
サーフ旅トリップに持っていきたい海男のための夏アイテム!

海外のビーチリゾートにも憧れるが、もっとお手軽に夏を楽しむことはできる。たとえば愛車の四駆を駆って、ただひたすら、いい波を探しに行くサーフトリップもそのひとつ。目的地も宿の予定も、すべては波まかせ。海好き男なら誰もが羨む、そんな旅の相棒は…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ