Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.07.11


次監督、戦術……と課題は山積み! ? 日本代表はカタール大会に向け、どうすべきか?

大会も残すところ、決勝戦と3位決定戦を残すのみとなりました。

決勝はフランスVSクロアチア。フランスは攻撃に圧倒的なタレントを揃えていますが、ベルギー戦でも見せたように、1点先制したら守備を固めてがっちり守る、という戦術もできることを示しました。守りながらFWのムバッペをカウンター要員として前線に張らせておく、という戦術も使えますよね。一方、クロアチアは初の決勝進出になりますが、決勝トーナメントの試合すべてで延長にもつれこむ接戦を制してきています。粘り強い戦いは、本当に驚異的ですが、決勝戦も中3日。コンディションの問題もありますので、総合的にみるとフランスが有利な感じはしますね。ただクロアチアにもワールドカップ初優勝という歴史を変えられるモチベーションはあると思うので、熱戦に期待したいですね。



3戦連続で延長戦を戦ったクロアチアのモドリッチ。決勝で激突するフランスとは休養日が1日少ないなど、クロアチアの条件は不利なのだが、さてどうなる!?
 

NEXT 日本にとって収穫のあった大会

2/3PAGE

 
さて、今回は我らが日本代表の総括をしていきたいと思います。今回のワールドカップは日本にとって今まで以上に収穫のあった大会になったのではないでしょうか。ベスト8にあと一歩というところまで近づいたことから得たことは大きかったと思います。パスを回してサイドを使いながら攻撃、そしてカウンターで得点を狙うパターンもわかったと思うし、当然のことながら守らなければ勝てないので、守りながらでもある程度は戦えるということも確認できたと思います。特に攻撃面で西野監督が重視したのは、攻撃のユニット。たとえば香川と乾のコンビネーションのように連動連携でより個人を活かすような戦術をとりましたが、こういった部分は今後の日本代表にも引き続き、取り入れてほしいと思いますね。

大会直前の親善試合パラグアイ戦で結果が出たことで、さらに良くなった日本のコンビネーション。次のカタール大会に向けてブラッシュアップが求められる
 

NEXT 日本人監督でいく、という選択肢

3/3PAGE

 
また、西野監督が辞めて、今後の外国人監督が招へいされるなんて噂もありますが、ひとつのやり方としてカタール大会に向けて、日本人監督でいくという選択肢もありますよね。そうなるとJリーグで監督やコーチをしている人たちのモチベーションにもつながると思います。結果を出せばそこに扉が開かれているというのは大きいし、それが指導者同士の切磋琢磨にもつながりますよね。ただ、西野監督は今回こういう結果を出せましたが、一方で海外の“刺激”や“違い”というものも大事です。これからは、ベスト8を越えたときに戦える経験値や知識(戦術や試合の運び方)を持っていることも必要だと思います。それを持っているのが監督であるべきなのか、コーチであるべきなのかわかりませんが、そういった部分も取り入れていくことは今後、絶対に意識しなければならないことだと思います。まぁ、今回の監督交代劇みたいなことを繰り返してはならないですけどね(苦笑)。

報道では次の監督として元ドイツ代表FWのクリンスマン氏の名前が上がったが、本人が否定。U−21日本代表の監督で、ロシア大会でコーチも務めた森保一氏も噂されている

とにかく、1カ月に渡り繰り広げられたFIFAワールドカップ2018も残すところ2試合。どちらが優勝するか楽しみなところではありますが、サッカー漬けの日々が終わってしまうのは少し寂しい気もします。決勝も手に汗握る試合を見せてくれることに期待しましょう。

北澤 豪|Kitazawa Tsuyoshi
元サッカー日本代表。現役時代は豊富な運動量と闘志あふれるプレースタイルから、“中盤のダイナモ”と称された。現在は日本サッカー協会の理事を務めながら、サッカーの普及などに尽力する傍ら、日本テレビ系『NEWS ZERO』のサッカー解説やサッカー中継の解説などでも活躍中。

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈ブラックレーベル・クレストリッジ〉で大人っぽくモダンに!スポーティな装いも柄を足せば都会的!
SPONSORED
2019.08.28

〈ブラックレーベル・クレストリッジ〉で大人っぽくモダンに!
スポーティな装いも柄を足せば都会的!

アクティブ派にとっては、動きやすくてとても便利なスポカジ。でも、本気な運動着との差が微妙すぎる場合、大の男が街で着るにはちょっとキツイのも事実。ということで、ひと味違う柄を足した〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作を。柄自体がさり…

TAGS:   Fashion
賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉
SPONSORED
2019.08.24

賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!
上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉

多忙な毎日でも、くつろげる自分だけの空間は、いつでも清潔にしていたい。そんな理想の部屋を実現してくれるのが、人間の代わりに部屋の隅々までキレイにしてくれるロボット掃除機“ルンバ”。その最上位機種の“ルンバi7+”は、自動ゴミ収集機能などの…

TAGS:   Lifestyle
〈トッズ〉の新作なら、いつもの着こなしも見違える!秋カジュアルの主役は新鮮シューズ&バッグ!
SPONSORED
2019.08.24

〈トッズ〉の新作なら、いつもの着こなしも見違える!
秋カジュアルの主役は新鮮シューズ&バッグ!

大人の男が格上のお洒落を目指すなら、服以上に大切なのがバッグと靴の選び方。無難なものばかり選んではつまらないし、当然ヤンチャすぎてもいただけない。で、注目したいのが、この辺のバランスを上手に表現している〈トッズ〉の新作。大人らしい品格を備…

TAGS:   Fashion
“通”な男を虜にする〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉毎日の相棒はスポーティエレガントな名作時計!
SPONSORED
2019.08.24

“通”な男を虜にする〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉
毎日の相棒はスポーティエレガントな名作時計!

ファッションがそうであるように、いまや時計もインフォーマルなスポラグがトレンドだ。だがそれもブランドの品格や高いクオリティが伴ってこそ。“オーヴァーシーズ”が男たちの熱い注目を集める理由もそこにある。仕事や遊びを知り尽くす“通”が憧れる風…

TAGS:   Watches
プロサッカー選手・槙野智章が着る今季の〈ベルルッティ〉!大人のお洒落心をソソるシンプルさと上質感!
SPONSORED
2019.08.24

プロサッカー選手・槙野智章が着る今季の〈ベルルッティ〉!
大人のお洒落心をソソるシンプルさと上質感!

クリス・ヴァン・アッシュによるはじめてのコレクションとなる今シーズンの〈ベルルッティ〉。これまでのシックで男らしい意匠に、あざやかさや柔らかさが加わったアイテムが揃う。そんなブランドの新たな魅力を伝えるべく登場するのは、浦和レッズの槙野智…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉の新作で西海岸気分たっぷりに!“ワザありロゴ”があれば 海カジュアルはもっと新鮮!
SPONSORED
2019.08.24

〈ヴァンズ〉の新作で西海岸気分たっぷりに!
“ワザありロゴ”があれば 海カジュアルはもっと新鮮!

まだまだ残暑は厳しいけど、少しずつ着こなしに秋気分を取り入れていきたい時季。そんなときに頼りになるのが、ロンTやパーカなどの長袖トップ。そう、海好き男の大好きなアイテムだけど、個性出しを狙うならやっぱりロゴに頼りたいところ。しかもそれがワ…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス〉のアウターでセンスのいい大人を演出!カジュアルにこなせる 格上の1着を手に入れる!
SPONSORED
2019.08.24

〈ポール・スミス〉のアウターでセンスのいい大人を演出!
カジュアルにこなせる 格上の1着を手に入れる!

大人がカジュアルな服装のときに気をつけないといけないのが“品格”。いい年してあまりにラフすぎるとみっともなかったり、身だしなみがなっていないと思われてしまうことも。でも〈ポール・スミス〉ならその点は安心。カジュアルなアイテムであっても、ど…

TAGS:   Fashion
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 04プラチナ・カードがあれば旅のエンディングまで楽しい!
SPONSORED
2019.08.24

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 04
プラチナ・カードがあれば旅のエンディングまで楽しい!

〈アメリカン・エキスプレス〉プラチナ・カードとともに過ごした、自分らしい最高の旅も帰国のとき。あとは急いでチェックアウトをして、空港のロビーで何時間も搭乗を待って……。いえいえ、プラチナ・カード会員向けプログラム“ファイン・ホテル・アンド…

TAGS:   Lifestyle
〈ジープ〉コンパスがあれば、オフは自由自在!?どんなシーンでも頼りになる行動派のコンパクトSUV!
SPONSORED
2019.08.24

〈ジープ〉コンパスがあれば、オフは自由自在!?
どんなシーンでも頼りになる行動派のコンパクトSUV!

海と街を行き来するデュアルライフの本場・アメリカで生まれたコンパクトSUV。憧れのクルマではあるが、日本の道路事情的に厳しいかも……なんて諦めないでほしい。〈ジープ〉の“コンパス”なら、力強い走りのおかげで海までのクルーズも快適。それでい…

TAGS:   Cars

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ