Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2020.05.18


元プロサーファーの経験が名ボードを生む

ヴェニスビーチで生まれ、生粋のヴェニスっ子として育ったジャスティン。ジュニア時代からプロサーファーとして活躍し、名声を得てきたサーフ界の寵児だ。しかし、現在は賞レースから離れカスタムボードを作るシェイパーへと転身。そこに至るまでの葛藤と、彼の波乗りへの絶えなき愛情に迫ってみた。

●今月のサーファー
ジャスティン・ スウォーツ[JUSTIN SWARTZ]

ヴェニスの有名キッズサーファー


今ではお洒落なビーチタウンとして有名なヴェニスビーチ。かつては今ほど観光地化されておらず、ヒッピーやアーティストが多く住むユートピアだった。ミュージシャンでありサーファーだったジャスティンの父もこの地を気に入り、移住。やがて誕生したジャスティンは、物心ついたときからいつも父と海で遊んでいた。

「はじめてボードをもらったのは6歳のとき。父からスコット・バークの4' 2"のボードをプレゼントされて以来、毎日のように海に通っていたよ。その頃は子供用のウェットが入手困難だったから、レドンドビーチのサーフショップまで探しに行っていたよ」

海に通うたび確実に上達していったジャスティンは、10歳からジュニア大会に出場。それ以降、大会で知り合った仲間や先輩たちといろんなスポットでサーフィンを楽しむように。休みに入ると遠くまでサーフトリップに出かけるようにもなった。いい波を求めて、南はサンディエゴやバハ・カリフォルニア、北はサンタクルーズやサンフランシスコまでロードトリップを敢行。そんな彼のさらなる新境地が開けたのは、憧れのプロサーファーのストライダー・ヴァシレフスキのハワイキャンプに参加したことだった。

「ある日サーフイベントで彼を見かけ、『ハワイキャンプに参加できないか?』と冗談で聞いてみると、意外なことに2つ返事でOKがもらえたんだ。正直、ホノルル空港までは半信半疑だったけれど、約束どおり現地で出迎えてもらった後は、ノースショアはもちろん、いろんなシークレットスポットへと案内してもらった。そんな最高の経験をして、自分の直感に従って行動すれば間違いないと知ったよ」

それ以降ジャスティンは、お金を貯めてはオーストラリア、コスタリカ、カリブ諸国、フランス、スペインなどを1人で巡礼。その貴重な経験が彼のスキルを向上させ、18歳になる頃には見事ジュニアプロへと転向。〈クイックシルバー〉をはじめ、サーフブランドや地元のサーフショップにスポンサードされながらWQSなど多くの著名な大会に積極的に出場した。世界順位でもベスト20入りを果たし、人々の記憶に残るサーファーへと成長していった。


“大会疲れ”は突然に


当他人と競う波乗りに疲れてしまったのは、プロサーファーとして依然活躍をしていた20代半ばに差しかかる頃だった。実績も名声もあったジャスティンだったが、大会に出場し続けるプロとしての生活に疲れを感じ、人生の方向転換を考えるようになっていた。そこで、“競技としてのサーフィン”から離れて頭の中をリセットするため、休暇をとってヨーロッパへと旅立つことを決意。そこで、彼のシェイパーとしてのキャリアが開けることとなる。

「旅先で借りた〈マンダラ〉の10フィートのボードを使ったときに、板の優秀さや波との相性に感動したんだ。そこで改めてシェイパーを生業にしよう、と覚悟したのさ」

もともとボードビルドに興味を持っていたジャスティン。10歳頃から隣街の〈アンダーソンサーフボード〉のシェイプルームに通い、シェイパーたちとも交流があった。そんな経験も功を奏して、トリップから戻るとすぐさま試作と試乗を重ねる日々が続いた。

「はじめはシェイプルームの掃除や搬出などの雑用もやりながら、作業工程を少しずつ教えてもらったよ。必要な専門知識を吸収するたびにすごく興奮したね」

そんな、情熱と試行錯誤のうえに出来上がった彼のボードは、瞬く間に口コミで評判に。ライダーのスキルや特徴に合わせて細部まで工夫を凝らしたカスタムボードは、特にエキスパートサーファーに人気となった。ジャスティンは、乗る人の経験値や身長、体重などからはじまり、よく訪れるサーフスポット、好みの波やサイズなど細かい情報を計算し、ボードに落としこんでいく。これも、自身がプロサーファーとしてハードな波を乗りこなしてきたからこその気配りといえるだろう。

機能性だけでなく個性的な見た目も彼のボードが人気を集める理由のひとつ。板に施された美しいアートワークは、実は彼自身によるもの。

「グラフィティを駆使したカラフルなアートは僕のオリジナル。でも、見た目だけではなく、結局ライダーにちゃんとフィットした板にするためベストを尽くすのが自分の哲学だね」

妻との生活がインスピレーション源

昨年、生まれ育ったヴェニスを離れ、マリブの隣街、オックスナードに引っ越したジャスティン。現在は農場が広がるこぢんまりとしたビーチタウンで、妻のレジーナとサスティナブルな生活を満喫している。

朝は5時に起床。ヨガとメディテーションを行い、軽く読書をした後にメールチェック。妻と朝食を取った後に波がよければサーフィンへ。その後シェイプルームで作業を開始するというのが朝のルーティーンだ。時間を見つけては妻とカシューナッツミルクを作ったり、マフィンを焼いたりもする。食事は基本的に外食せず、妻と一緒に家で作るという徹底ぶり。

「とにかく手を動かしてなにかを作ることが好きだから、日常の中で可能な限り妻とふたりでホームメイドを楽しんでいるんだ」

パートナーである妻のレジーナは、エキゾチックなアイテムを扱うオンラインストアを運営。そこでは、彼女が作ったボードケースやアパレルをはじめ、美しいハンドメイドアイテムを販売している。そんな妻のビジネスのサポーターとしての顔も持つジャスティン。去年は、そこで販売するアイテムのバイイングとサーフトリップも兼ねて、彼女の故郷であるウズベキスタンからヨーロッパ、そしてモロッコなどを旅したのだそう。そんな2人の目下のプロジェクトは、自宅のインテリアを完成させること。1階のスペースを、ボードや妻のアイテムを販売するショールームにする計画だとか。

妻との日常や旅、仕事などからインスピレーションを受けつつ、ジャスティンはこれからもより個性的なボードを生んでいくのだろう。

ブレイクウォーター[BREAKWATER]
ヴェニスビーチのスケートパーク近くにあるポイント。サンドブレイクで一年中波が立ち、ショートからロングまで楽しめる。観光客やビギナーも多いがスウェルが入るとオーバーヘッドまで波が上がり、上級者でも十分楽しめる


最初の工程でもあるオリジナルテンプレートで型をとる作業は、いつも妙に気が引き締まるそう


自身が削った8' 4”のボードで乗りこなしたのは、メキシコ本土でのダブルオーバーの波


彼のボードのブランドマークは、ジャスティン自身の黄金の左手をかたどったもの

そのマークがこちら。文字ではないのが個性的だ。デザインを勉強したこともあって、オリジナリティを常に追求している

ビジネスパートナーでもある妻のレジーナ。朝のコーヒーには手製のカシューナッツミルクを入れるのがおきまり

南アフリカの超有名スポット、ジェフリーズベイをおさめた、お気に入りのサーフ写真集。彼の癒しアイテムだ

Information

雑誌『Safari』6月号 P250・251掲載

“波乗り一代記の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=宮﨑良将 文= 高橋百々 photo : Yoshimasa Miyazaki (Seven Bros. Pictures) text : Momo Takahashi(Volition & Hope)

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈ポロ ラルフ ローレン〉 で選べば定番もひと味違う!王道アメカジに差がつく格上の冬アイテム!
SPONSORED
2020.10.24 NEW

〈ポロ ラルフ ローレン〉 で選べば定番もひと味違う!
王道アメカジに差がつく格上の冬アイテム!

時代を超えて愛され続ける定番。大人に似合うのはやっぱりそんなアイテムだ。とはいえ、それらのアイテムがなにも変わっていないというわけでない。シルエット、素材、柄など、トレンドをほどよくまぶしながら、さりげなくアップデイトされている〈ポロ ラ…

TAGS:   Fashion Denim
いつものカジュアルに〈タトラス〉で違い出し!大人のアメカジは“柄使い”で差がつく!
SPONSORED
2020.10.24 NEW

いつものカジュアルに〈タトラス〉で違い出し!
大人のアメカジは“柄使い”で差がつく!

いい年の大人になると、つい柄モノを避けて無難な無地を選びがち。でも、それではワンパターンに陥って、いつもまわりと代わり映えのしない着こなしになってしまう。で、そんな悩みに応えてくれるのが〈タトラス〉。アメカジっぽいバンダナ柄や控えめな迷彩…

TAGS:   Fashion
〈スリードッツ〉なら大人が納得する着心地!海好き男が病みつきになるしっとりフリース!
SPONSORED
2020.10.24 NEW

〈スリードッツ〉なら大人が納得する着心地!
海好き男が病みつきになるしっとりフリース!

秋冬の波乗りに向けて、軽くて暖かいボアフリースを1着……と考えている人も多いはず。海好きの大人としては、上質で肌触りがいいモノを選ぶのは当然として、地球環境のこともきちんと考えたいところ。その点〈スリードッツ〉の新作ボアフリースは、100…

TAGS:   Fashion
〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉なら、いつもの着こなしも見違える!新鮮デニムスタイルはひと味違うアイテム選びで!
SPONSORED
2020.10.24 NEW

〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉なら、いつもの着こなしも見違える!
新鮮デニムスタイルはひと味違うアイテム選びで!

〈ジョルジオ アルマーニ〉のDNAを受け継いだ、都会的なカジュアルで人気を集める〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉。今シーズンは、最も得意とするデニムスタイルにスポットライトを当てた斬新なコレクションを展開。あくまで“王道”のカジュアル…

TAGS:   Fashion Denim Watches
シーンを選ばず着こなせる〈トラヴィスマシュー〉の新作!ゴルフも海カジュアルも西海岸スタイルがいい!
SPONSORED
2020.10.24 NEW

シーンを選ばず着こなせる〈トラヴィスマシュー〉の新作!
ゴルフも海カジュアルも西海岸スタイルがいい!

どちらのシーンでも着まわせるアイテムがあると便利じゃない西海岸ではゴルフとサーフィンはとても密接な関係。だから、その両方を1日で楽しむなんてこともザラ。となると、どちらのシーンでも着まわせるアイテムがあると便利じゃない!?そこで、おすすめ…

TAGS:   Fashion
胸元・手元・耳に効かせる〈ジェントルマン〉!ラグジュアリー感を増す"複数づけ"で違い出し!
SPONSORED
2020.10.24 NEW

胸元・手元・耳に効かせる〈ジェントルマン〉!
ラグジュアリー感を増す"複数づけ"で違い出し!

大人のジュエリー選びは、案外難しい。たとえば、サイズ。小さすぎると効果が出にくいし、かといって大ぶりすぎるとギラついてワル目立ちする。だったら、"複数づけ"に挑戦してみては!? ほどよく控えめで上質な〈ジェントルマン〉のジュエリーを、胸元…

TAGS:   Fashion
〈デシグアル〉なら個性があって存在感抜群!冬の主役にしたいお目立ちアウター
SPONSORED
2020.10.24 NEW

〈デシグアル〉なら個性があって存在感抜群!
冬の主役にしたいお目立ちアウター

ダークになりがちな冬の週末姿は、アウターでいかに存在感を出すかがカギ。とはいえ、派手な色柄に頼るのは高リスク。品格を保ちつつ、新鮮に魅せることが肝要だ。ならば、大人にふさわしい個性あふれる〈デシグアル〉の1着はどう?

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉のワザありアウターどこから見てもサマになる楽ちんスタジャンが週末の相棒!
SPONSORED
2020.09.25

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉のワザありアウター
どこから見てもサマになる楽ちんスタジャンが週末の相棒!

冬アウターを羽織るには早すぎるし、シャツやロンT1枚だけではなんだか心もとない……。そんなときに頼れるのが着心地のよいスウェットだが、プルオーバーやパーカだとマンネリになりがち。とくれば、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注したスウ…

TAGS:   Fashion
〈ビーセカンド〉で見つけた、海外セレブ愛用の〈ボーラー〉!チビロゴで差をつける格上の贅沢フーディ!
SPONSORED
2020.09.25

〈ビーセカンド〉で見つけた、海外セレブ愛用の〈ボーラー〉!
チビロゴで差をつける格上の贅沢フーディ!

フーディといえばついビッグロゴに頼りがち。だが、セレブの休日を覗いてみると案外、無地やチビロゴのシンプルな1枚だったりする。確かに素材感やデザインが上質なら、その選択はより大人っぽい。オランダのプロサッカー選手が手掛けた〈ボーラー〉なら、…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロウライフ〉のマルチカラーの1着!フードの着脱で印象が変わる2WAYパーカで週末を遊ぶ!
SPONSORED
2020.09.29

〈ムータ〉×〈ロウライフ〉のマルチカラーの1着!
フードの着脱で印象が変わる2WAYパーカで週末を遊ぶ!

海男が大好きなアイテムといえばパーカ。でも、スウェット素材は冬を乗り切れない!?でも、〈ロウライフ〉が〈ムータ〉に別注したボンディング素材なら、ど〜んと来い!ウェットスーツのような素材だから軽くて暖かく、シーンに応じてフードの着脱も楽しめ…

TAGS:   Fashion
澄んだ空気のような〈ブルガリ〉の新作フレグランス!頂上を目指す大人に似合う気高い"エアー"の香り!
SPONSORED
2020.09.28

澄んだ空気のような〈ブルガリ〉の新作フレグランス!
頂上を目指す大人に似合う気高い"エアー"の香り!

山の頂に登った者だけが知っている、雪の結晶のように澄み切った空気。自然界のエレメントにインスパイアされた‟ブルガリ マン”コレクションから新しく登場したフレグランスは、そんな‟エアー”がテーマ。類いまれなエナジーを体現するフレグランスは、…

TAGS:   Health&Beauty

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ