Safari Online

SEARCH

GOURMET グルメ

2019.08.07


〈ドン ブラボー〉の“窯焼きピザ”

今月は北参道の人気フレンチ〈シンシア〉石井真介シェフのおすすめをご紹介。日本のガストロノミー界をリードし続けるフレンチのトップシェフが、家族と過ごす大切な時間に足を運ぶ1軒、そこで「外せない」と話す一品は。

マルゲリータ(コースの一品)
窯焼きながらシンプル、ガツン系のナポリピザとは一線を画す。小麦粉はもちろん、こねる水までひと手間かけ、旨みに重層感のある味わいに。ディナー7000円、1万円のコースの一品。ランチセット1100円でも選択できる


オススメしてくれたのはこの人!
〈シンシア〉石井真介シェフ


臨場感と遊び心のあるクラシックなフレンチ

“予約の取れないフレンチ”として一世を風靡した〈レストラン バカール〉を経て2016年にオープンした〈シンシア〉。パイ包み焼きを再構築したたい焼きなど、遊び心がありつつ、フレンチの古典に軸足を置いた料理に定評がある。キッチンはフルオープンでライブ感も格別。
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-7-13 B1 
営業時間:18:00~21:00(L.O)※ランチは別店名〈シンシアプラス〉で営業
休日:日曜、第1・第3・第5月曜

TEL: 03-6804-2006


石井シェフ
シンプルさと繊細さの好バランス

貴重なオフの外食は“勉強のため”がほとんどという石井シェフが、休日に訪れるのが〈ドン ブラボー〉。「料理人仲間から評判を聞いて伺ったのが最初で、自宅から近く子連れOKなので通うようになり、毎回満足度の高さ、創意に唸らされます」

イチオシは窯焼きピザ、マルゲリータ。「直球で旨いけれど、シンプルなだけじゃない。子供も喜んで食べますが、生地やソースのバランスは秀逸で、複雑さや深みもある。ワインが進むピザです」 

そんなピザやパスタなど、親しみやすい定番メニューをきちんと押さえながら、ガストロノミックな料理が楽しめるのも特筆すべき点なのだとか。

「旬の食材がちゃんと生かされていて、仕立てはきちんとしたベースの上に気のきいた遊びがある。オープンな人柄でサービス精神も旺盛、かつ常に攻めの姿勢を忘れない平シェフのパーソナリティからも刺激を受けています」


平シェフ
わかりやすい美味しさとは別の味を追求

窯焼きゆえ、「なんちゃってナポリピザです」と冗談をいうが、〈ドン ブラボー〉のピザはいい意味で全くの別もの。「伝統的なナポリピザは、がつっと塩の効いた生地にフレッシュなトマトソースと、明解かつシンプルな美味しさが魅力ですが、僕は異なるアプローチで生地から考えました」と話す。

「全粒粉を自家製タマネギ水で捏ね、さらに那須高原の牧場から取り寄せるホエーを加えて生地を作ります。発酵は、自家製のヨーグルト酵母で。生地の旨みに奥行きが出て、フレッシュさより凝縮感やコクを感じるソースと引き立て合う。塩味だけではなく、生地とソースの旨みがバランスよく調和した、料理のようなピザを目指しているんです」

イタリア料理をベースにしながら、伝統に縛られず、一歩先の「美味しい」を目指す平シェフの料理人哲学を象徴するかのようなひと皿。造りのいいワインとマリアージュする大人のピザだ。



Check1 発酵タマネギ水

イタリア料理の味の土台になるソフリット(タマネギ、人参、セロリなどの野菜を炒めたもの)的発想で作った自家製の発酵タマネギ水。これを混ぜることによって旨みが増す


Check2 自家製酵母の生地

小麦粉はおよそ2週間に一度のペースで届く、挽きたての全粒粉を使用。フレッシュで風味がしっかりしていて、焼くと香ばしさが際立つ。自家製ヨーグルト酵母で約48時間発酵


Don Bravo[ドン ブラボー]

全19席。夜コース7000円~、昼は1100円のランチセットもあり

鮎を丸ごとコンフィにし、シャインマスカットや茶豆、おかひじきを合わせ緑一色のひと皿に

住宅街に忽然と現れるモダンなファサード

研究熱心な平シェフ

 
看板商品はオーダー後に生地をのばし、薪窯で焼き上げるピザ。が、店はピッツェリアでもトラットリアでもなく、ガストロノミックな料理を出すレストランである。オーナーの平雅一シェフは、国内の有名イタリア料理店、イタリアの星付き店で修業した経験を持つが、「イタリアそのまま」ではなく「より美味しい」を目指し、和の食材、調味料もふんだんに取り入れた独創的な料理を緩急のあるコースで提供する。調布市国領という郊外立地にありながら、都心からも旨いもの好きたちが連日足を運ぶ話題の1軒だ。


Information

Don Bravo[ドン ブラボー]
住所:東京都調布市国領町3-6-43 
営業時間:11:30~14:00(L.O)、18:00~22:00(L.O)

休日:水曜
TEL:042-482-7378
HP:www.donbravo.net/

雑誌『Safari』9月号 P216・217掲載

“名店メニュー”の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=大谷次郎 文=佐々木ケイ
photo : Jiro Otani text : Kei Sasaki

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!
SPONSORED
2019.11.26

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!

年に一度のスペシャルな日は目前。まだ彼女へのプレゼントに悩んでいる人も多いかと。だったら思い切って ペアアクセを狙うのもアリだけど、なんだか照れくさい……。いえいえ、モチーフをさりげな~く揃えるだけなら、 そんな心配は無用。しかもそれ…

TAGS:   Fashion
大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!
SPONSORED
2019.11.25

大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!
街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!

似たような服を着ていても、なんとな〜くまわりと違うというのがお洒落の極意。たとえば冬に大活躍する定番の黒ダウンも、街には街の、海には海の素材を選ぶことで、ぐっとこなれた印象になるって知っていた? そんな大人選びを実践するなら、頼りになるの…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!
SPONSORED
2019.11.25

〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!
彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!

普段はアクティブ派でも、彼女と部屋でまったり過ごす時間がぐっと増えるホリデーシーズン。そんなときセンスが問われるのが、ルームウエアのチョイス。これが安っぽくて部屋着感丸出しだと、ドン引きされるのがオチ。その点、〈ポール・スミス アンダーウ…

TAGS:   Fashion
ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!
SPONSORED
2019.11.25

ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!
格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!

フード付きのアイテムは、"子供っぽく見えそうだから敬遠している"、なんて大人は多いよう。でも、それは大きな間違い。ほら、コチラの写真の〈ベルルッティ〉のフーディをご覧あれ。どちらも大人の風格たっぷりで、小僧な雰囲気なんて微塵もなし! こん…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!
SPONSORED
2019.11.26

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!
海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!

若造サーファーと同じようなスウェットパーカに物足りなさを感じるようになったら、アップデイトのタイミング。そんなときは、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注をかけたニットフリース仕立ての1着で差をつけてみては!? 後ろ姿でさりげに個性…

TAGS:   Fashion
冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!
SPONSORED
2019.11.25

冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!
ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!

冬の海アメカジは個性出しが難しい。よ~く考えてみて。アウターが必要ない時季ならロゴ入りトップでインパクトが出せるけど、アウターを羽織るとそれも台無し。でも大丈夫。そんなときはラフな前開けコーデでしっかり見える、センターロゴのスウェットやパ…

TAGS:   Fashion
正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!
SPONSORED
2019.11.25

正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!

ダウンのイメージをいい意味で裏切る上品なチェック柄が目を引くこの2着は、〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作。しかも、品格あふれるコーデに映えるコートは防水・防風性に優れ、カジュアルに合うブルゾンは色彩豊かなプリントが印象的。どち…

TAGS:   Fashion
タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!
SPONSORED
2019.11.25

タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!
見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!

たとえばデニムであっても、ストレッチを効かせることで穿き心地のよさを追求するように、“本物”であっても“快適さ”を犠牲にしないというのが、現代的な考え方になっている。それは時計も同じこと。審美性と機能性を併せ持ったタフウォッチは、最も今ど…

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!
SPONSORED
2019.09.26

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!
街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!

心地よさを重視する大人であれば、パンツはストレッチ入りが一番。ただ、ゆるすぎる“楽パン”では、街で穿くには少し気が引けるわけで……。で、頼りになるのが〈セオリー〉。NY生まれのブランドらしく、どのパンツもよく伸びるのに印象はとっても都会的…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ