Safari Online

SEARCH

GOURMET グルメ

2019.03.02

ホテルの名物メニューを彼女と♡ Vol.41〈東京ステーションホテル〉“カメリア”
黒毛和牛のビーフシチュー

東京駅周辺といえば、再開発が進みデートにもうってつけのエリア。ホテルや百貨店なども多く、ウィンドウショッピングするだけでも彼女はきっと楽しいはず。そんなとき、食事はこの〈東京ステーションホテル〉を候補に入れていただきたい。なぜって、歴史と伝統に裏づけされた絶品のビーフシチューに、彼女もきっと満足するはずだから! 

東京駅の駅舎と一体化し、赤レンガ造りの中に位置しているのが、1915年に開業した〈東京ステーションホテル〉。2003年に赤レンガ駅舎が重要文化財として指定され、2006年にリノベーションのためにホテル営業を休止。2012年、新たに営業を開始した。

その長い歴史と東京駅と一体化しているというほかにはないロケーションから、数多くの物語が生み出されている。なかでも伝説になっているのが、バー&カフェカメリアで提供されている黒毛和牛のビーフシチュー3180円、税込・サ別)だ。

〈東京ステーションホテル〉のビーフシチューは、3代目総支配人の五百木竹四郎さんが元築地精養軒の料理長だったことから、当時のホテル総料理長に指南したという極めつきの逸品。

時間をかけて煮込んだソースは絶品と評され、2006年のホテル休館までレストランばらでも、食通たちに愛された。そして、2012年のホテルリニューアルオープン時に、総料理長の石原雅弘シェフが当時のレシピをもとに、より洗練された味わいに生まれ変わらせたのだ。

できるだけ小麦粉の使用を避け、タマネギ、ニンジン、ニンニク、トマト、セロリといった香味野菜をたっぷり使用。じっくりと煮込み丁寧にこされることで、野菜の穏やかな旨味ととろみがギュッと凝縮。極旨のデミグラスソースが生み出される。

脂身が少なく、肉本来の旨味を味わえる黒毛和牛のバラ肉は、大きな塊のまま赤ワインにまる1日漬けこむ。その後、さらにワインで煮込んである。雑味が全く感じられず、芳醇なワインのコクとともに豊かな和牛香が広がる。

焼いたり、煮たりした約10種類の季節野菜とパスタを別添えで盛り付けているので、決して飽きることもない。ビーフシチューそのものを味わう、また、野菜やパスタにシチューをかけて味わうなど、様々な方法で食べられるというのも魅力の1つ!

黒毛和牛のビーフシチューはディナータイムでもオーダーできるが、お得なのがランチセット(3780円、税・サ別)。スープ、パン、サラダ、デザート、コーヒーもしくは紅茶もついており、丸の内のオフィスワーカーに人気となっている。

重要文化財の中にあるホテルのバーで伝統の黒毛和牛のビーフシチューを食べる。そんな大人にしか考えつかないようなデート、きっと彼女は喜んでくれるはず!

Information

●バー&カフェ カメリア
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京ステーションホテル 2F
営業時間:11:30〜24:00(L.O. 23:30)
ランチ 平日 11:30~14:00(L.O.) 土日祝 11:30~15:00(L.O.)、ディナー 17:00~22:00
※“黒毛和牛のビーフシチュー”が提供されているのはランチタイムとディナータイムの17:00~23:30
TEL:03-5220-1951(受付時間:11:00〜24:00)
URL:https://www.tokyostationhotel.jp/restaurants/camellia/

文=東龍 text:Toryu
1976年台湾生まれ、後に日本国籍。ブッフェ、フレンチ、鉄板焼、ホテルグルメ、スイーツをこよなく愛する。テレビ東京「TVチャンピオン」で2002年と2007年に優勝。テレビや雑誌で活躍し、料理コンクール審査員、講演、プロデュースも多数。2017年8月「一般社団法人 日本ブッフェ協会」設立、代表理事就任。
〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?
PR
2019.04.19 NEW

〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!
宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?

人生を謳歌するには、常識という枠にとらわれてはいけない。たとえば世界中の空を旅していながらも、いずれはその翼を宇宙へ広げようと思いを巡らせる。そのくらい大きなスケールで物事を考えてこそ、人生の充実感を存分に味わえるというものだ。そして、そ…

TAGS:   Watches
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
PR
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
PR
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
PR
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
PR
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
PR
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
PR
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
PR
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
PR
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ