Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2017.01.23

ドライブは楽し!
【Vol.21】なれるものならジェームズ・ボンド! アストンマーティン DB11

アストンマーティン DB11 スパイになるのは無理だけど、007には憧れる。ならば、今乗るべきは〈アストンマーティン〉DB11。追うか追われるか。そんなスリリングなドライブも楽しい!? アデルの曲「スカイフォール」をダウンロードして、プレイリ…

アストンマーティン DB11

スパイになるのは無理だけど、007には憧れる。ならば、今乗るべきは〈アストンマーティン〉DB11。追うか追われるか。そんなスリリングなドライブも楽しい!?

アデルの曲「スカイフォール」をダウンロードして、プレイリストに追加したのはいつだっただろう。時間が経つのは早いもので、映画007最新作『スペクター』を観たのもずっと前の気がする。印象的だったのは、そこに登場したボンドカーだ。名前は〈アストンマーティン〉DB10。かなりクールなデザインの持ち主であった。

で、そのクルマが撮影後に3億9000万円で落札されたらしい。劇場車というプレミアムがついたとはいえ、恐るべき価値の高さ。まぁ、未来永劫その価値が下がることはないだろうから、これも投資と考えればいい商材なのかもしれませんがね。

という背景もあってか、10番は欠番になった。市販車がDB9だから、その次期型をティザーで見せるプロモーションかと思ったが、事実はそうではなく、DB11が登場した。でもって、写真のクルマがそれ。いやいや、かっこいいではないか。

実際に英国をこいつでドライブしたことがあるが、実車は写真以上にクールな仕上がり。3億9000万円支払った貴族様には悪いが、個人的にはDB10よりも「キマッている!」と思える。武器はないけどね。

実際このクルマは、2016年夏にイタリアで行われたトリノ自動車見本市でデザインが讃えられ、"プロダクションカー・オブ・ザ・イヤー"を受賞した。また、秋にはドイツのメジャー自動車誌でも、〈ポルシェ〉911や〈ジャガー〉FタイプSVRを抑え、アワードを獲得。つまり、世界中で高評価ってことだ。

デザインについて説明すると、ベースとなったのは数年前に77台だけ世界限定で販売したOne-77。1台数億円といわれたスーパーカーがデザインスタディとなる。ボンネット、フロントグリル、リアフェンダー、テールライトまわりなどは、そのイメージを踏襲する。

限定車のデザインが量産車にできるようになったのは、生産性が高まったから。機械加工でクオリティが高まり、量産できるようになったのが大きな要因だろう。つまり、デザイナーが描いたかっこいいデザインスケッチが現実のものとなったというワケ。こりゃいい傾向だ。

そのことからもわかるように、〈アストンマーティン〉はまだまだかっこよくなっていくはず。英国紳士ならずとも欲しくなるのは自然の成り行きで、やっぱりボンドカーは憧れの1台。

BB20が出るくらいまでには買えるように貯金しておかないと。う~ん、DB30かな……。

ほかにもある! このクルマの楽しみ方&使い方

そんな感じで、あまりのかっこよさからデザインにばかり話がいってしまいがちだが、DB11はなんとすべてが新しい。クルマの骨格となるフレーム構造から心臓部となるエンジンまで、これまでのラインナップとは別モノだ。

特筆すべきはエンジン。これまでDB9や"ヴァンキッシュ"などは6ℓV12エンジンを基本形に、出力違いでそのキャラクターを出してきた。だが、DB11のそれは全くの新設計。排気量5・2ℓのV12を搭載する。しかも、それをツインターボで過給することで、最高出力はなんと脅威の600馬力超えとなる608ps。

これはDBシリーズ最高値で、まんまレーシングカーのスペックだ。〈ポルシェ〉911ターボS(991型前期)の580psを上回る。でもって、これが相変わらずいいサウンドを響きわたらす。「ここはサーキット?」って感じの心地よいレーシーなエキゾーストノートだ。一度聞いてもらうとわかるが、うるさいだけの改造車とは雲泥の差。長年サーキットで培ってきた〈アストンマーティン〉レーシングスタッフの技術力の高さが窺える。

ちなみに、このサウンドはドライブモードで切り替えられる。街中をジェントルに走りたいときはそれなりにすることも可能だ。まさに街乗りからサーキットまで。言い換えると、タキシードからレーシングスーツって感じですかね。

ココにもソソられる!

〈01 運転席〉見た目もよしで、使い勝手は格段に向上!

他のラインナップと異なるデザインのダッシュボード。テクニカルパートナーであるダイムラー社との共同開発で進化度を高めた。直感的に操作できるロータリースイッチ、オプションのタッチパッドなどがそれ。オートパークアシストも装備。

〈02 メーターディスプレイ〉細かい演出がかっこいいんです!

メーター類はセンターの丸型のみ残し、あとはデジタル表示となる。メーターのレタリングがレトロ調でかっこいい。この辺のセンスはさすが。またドライビングモードを切り替えると、カラーも変わるので一目瞭然。〝スポーツ〞は赤くなる。

〈03 エンジン〉まさにいいことずくめの新エンジン!

他のカーメーカー同様、排気量のダウンサイジングを行いながらターボで出力アップを図った。エンジン自体は6ℓ V12よりも小さくなり、軽量化も実現。省燃費にも貢献する。それでいてのオーバー600馬力は魅力的。ギアは8速となる。

SPECIFICATIONS

アストンマーティン DB11
●全長×全幅×全高:4739×1940×1279㎜
●車両重量:1770㎏
●エンジン:5.2ℓ V12 DOHCツインターボ
●最高出力:608ps /6500rpm
●最大トルク:700Nm /1500-5000rpm
●トランスミッション:8速オートマチック
●使用燃料:プレムアムガソリン
●税込み価格:2380万円
●アストンマーティン ジャパン
TEL:03-5797-7281

雑誌『Safari』3月号 P186・187掲載

『Safari』3月号の購入はコチラ!

文=九島辰也 text:Tatsuya Kusima
〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?
PR
2019.04.19 NEW

〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!
宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?

人生を謳歌するには、常識という枠にとらわれてはいけない。たとえば世界中の空を旅していながらも、いずれはその翼を宇宙へ広げようと思いを巡らせる。そのくらい大きなスケールで物事を考えてこそ、人生の充実感を存分に味わえるというものだ。そして、そ…

TAGS:   Watches
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
PR
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
PR
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
PR
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
PR
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
PR
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
PR
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
PR
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
PR
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ