Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2021.12.18


ニューヨーク ×『恋人たちの予感』

秋から冬は旅行のハイシーズン。目的地がどこであっても比較的、穏やかな気候を満喫できるからだ。そしてこの時期、最もプッシュしたいのがニューヨーク。街の美しさが最高レベルとなって旅行者を迎えてくれる。秋冬を舞台にしたNY映画の中で、その代表格が『恋人たちの予感』。NYの観光スポットが、この時期ならではの風景で彩られているので、街と季節のコラボレーションを心ゆくまで実感したい!

男女の友情は成立するのか?
『恋人たちの予感』(1989年/アメリカ映画)


【映画を巡る旅に出よう!】ニューヨーク ×『恋人たちの予感』

最も美しく彩られる街並みを見よ
ニューヨーク(ニューヨーク州/アメリカ)


【映画を巡る旅に出よう!】ニューヨーク ×『恋人たちの予感』

● 原題:When Harry Met Sally...
● 製作・監督:ロブ・ライナー
● 脚本:ノーラ・エフロン
● 出演:ビリー・クリスタル、メグ・ライアン、キャリー・フィッシャー

Story
大学を卒業したハリーとサリーは、シカゴから同じ車でNYへ向かう。ハリーの恋人がサリーの親友だったからだ。しかし初対面の2人はなにかと意見が衝突。それから5年後、彼らは空港でばったり出会い、飛行機で隣の席に座るが、またも口論。さらに5年後、NYで再会した2人は友人としてつき合い、結婚や恋の悩みを打ち明ける。

メグ・ライアンの輝き!
かつて“ロマコメ(ロマンチック・コメディ)の女王”と称されたメグ・ライアン。『めぐり逢えたら』『ユー・ガット・メール』などロマコメの代表作は多いが、その原点となったのが本作。親しみやすさとキュートさの両面を発揮する彼女の魅力は、このサリー役が最高レベル!

登場人物【映画を巡る旅に出よう!】ニューヨーク ×『恋人たちの予感』右:こだわりの強いお茶目な女性
サリー(メグ・ライアン)
ジョーという恋人と長年つき合ったが、なかなか結婚できず、思い悩んでいるときにNYでハリーと再会。独身主義だったジョーが別の女性と結婚すると知って落ち込み、ハリーに慰めてもらう。

左:皮肉屋で頭の回転が早い
ハリー(ビリー・クリスタル)
妻と離婚して落ち込んでいたとき、会うたびに険悪な関係に陥ったサリーとNYで再会。自分の友人を彼女の恋人候補として紹介したりするが、サリーのことを真剣に考えている自分に気づく。

どこかへ旅行する場合は、当然ながら“時期”も重要なポイントとなる。ただし大都会なら、一年中どんな季節でもそれなりに楽しめるのでは? 確かにLAやサンフランシスコなどアメリカ西海岸の都市は、さほど四季の変化に影響されず、年間を通して過ごしやすい。しかし東海岸は季節によって大きくその風景が変わる。NYに行ったことのある人は、その事実を実感しているだろう。ではNY旅行に最適な時期は、いつなのか。

NY通の多くが“秋から冬にかけて”と答えるのではないか。セントラルパークをはじめ、マンハッタンには意外なほど木々が多いので、それらの葉が黄色や紅に色を変え、周囲の歴史ある建物と美しい風景を完成させる。ハロウィンやサンクスギビングデー(感謝祭)のイベントでは街全体が賑わうし、早くもクリスマスのデコレーションがはじまる。NYの魅力を最大限に味わいたいなら、ピンポイントで“晩秋”を選んでほしい。

ということで、世界中の人を魅了する晩秋のNYは、映画でも最高の舞台となる。『月の輝く夜に』や『ブルックリン』のほか、『オータム・イン・ニューヨーク』などタイトルが“まんま”の作品もあるが、その多くはラブストーリー。やはり晩秋のNYにはロマンチックな物語が似合う。その中で最高の1本を挙げるなら『恋人たちの予感』だ。

1989年の公開当時、“男女の間に友情は成立するか?”というテーマが大きな話題を呼び、メグ・ライアンの人気を急上昇させた。いろいろな季節も描かれるのだが、秋のシーンがやたらと多く、NYの秋映画の代名詞になったと言っていい。改めて観ると、恋愛の価値観や男女の役割など現代までの変化も楽しめるはず。しかし変わらない事実も画面に焼きつけられている。それは晩秋のNYの美しさで、時代を超えて旅行願望を刺激する名作なのである。

【映画を巡る旅に出よう!】ニューヨーク ×『恋人たちの予感』Place 01(公園)
ワシントン・スクエア公園【映画を巡る旅に出よう!】ニューヨーク ×『恋人たちの予感』ロウワー・マンハッタンの散策で休憩する際の最適スポット。凱旋門が有名で、噴水の周りでは常にミュージシャンが演奏していたりして、NYらしい光景を味わえる。シカゴから車でNYに到着したハリーとサリーは、この公園の前で別れる。そして10年後にもう一度、重要なスポットとして登場。劇中には今はなきツインタワーも遠くに映っている。
●Washington Square Park
住所:Washington Square, New York, NY 10012

Place 02(レストラン)
カッツ・デリカテッセン【映画を巡る旅に出よう!】ニューヨーク ×『恋人たちの予感』この映画で最も有名なシーンが撮られた場所。ハリーを前に、サリーが女性のエクスタシーの瞬間を大胆に表現。それを横で見た女性(監督の母が演じた!)が“私にも彼女と同じものを”と注文してしまう。人気メニューはパストラミのサンドイッチ。特大サイズで、ライ麦パンやマスタードと絶妙な相性。自家製のピクルスとともにNYの味を楽しもう。
●Katz’s Delicatessen
住所:205 E Houston St., New York, NY 10002

世界一有名な店?
1888年創業というNYで最も古いデリカテッセンで、訪れたスターの写真も店内に飾られている人気店。映画のヒットでさらに有名となり、ハリーとサリーが座ったテーブルの上には“ここが、あの席です”というサインが吊るされているので、とりあえず入ったら空席か確認を!

Place 03(通り)
Broadway & W 96th St.【映画を巡る旅に出よう!】ニューヨーク ×『恋人たちの予感』
NYでは11月の後半になると、あちこちの店頭にモミの木が雑然と置かれはじめる。クリスマスツリー用に販売されるからだ。サリーは、ハリーと一緒にアッパーウエストサイドのこの住所の店でツリーを買って、引きずりながら運んでいく。現在、その店は1ブロック横のアムステルダム・アベニューに移り、PlantShed New York Flowersという名で営業中。マンハッタンを代表するフラワーショップで支店もある。店内にはカフェも併設されており、花や多肉植物に囲まれた明るい雰囲気で、ゆったりコーヒーを楽しめる。
住所:200 W 96th St., New York, NY 10025

Place 04(ビル)
パック・ビルディング【映画を巡る旅に出よう!】ニューヨーク ×『恋人たちの予感』ソーホーから少し北のノリータ地区にあるこのビルは、19世紀に印刷所として建てられた。パックとはビルに編集室があった雑誌の名前。そのイメージキャラクターである子供の金の像が、ビルの外壁とエントランスに設置され、目印になっている。現在のビルのオーナーは、トランプ元大統領の義理の息子。ハリーとサリーが、それぞれの恋人候補として自分の友人を紹介するが、その友人同士が結ばれて、彼らの結婚式が撮影されたのがこのビルの7階。
●Puck Building
住所:295 Lafayette St., New York, NY 20012

紅葉のセントラルパーク【映画を巡る旅に出よう!】ニューヨーク ×『恋人たちの予感』NYの晩秋を満喫するなら、映画のハリーとサリーのようにセントラルパークを散歩するのがベスト。おすすめは、パーク東側のアンデルセン像あたりを歩き、一度外に出てからメトロポリタン美術館に入るコース。2人と同じように美術館のガラス越しに紅葉を眺めることができる。

Information

雑誌『Safari』1月号 P204~205掲載

“映画の記事をもっと読みたい人はコチラ!

文=斉藤博昭 text : Hiroaki Saito photo by AFLO
【試乗】やっぱり出来が違う!新型レガシィ アウトバックは、一体なにがスゴイのか?
SPONSORED
2022.01.14

【試乗】やっぱり出来が違う!
新型レガシィ アウトバックは、一体なにがスゴイのか?

7年ぶりにニューモデルとして登場した7代目レガシィ アウトバック。ご存知のとおり北米でも圧倒的な人気を誇る〈スバル〉ブランドの1台だが、“New Luxury”を掲げるこの新型は、果たしてどんなキャラクターを持つモデルなのか? 今回は、長…

TAGS:   Cars Lifestyle
信頼の〈シチズン〉シリーズエイトは、自分らしさを後押しする本格機械式ウォッチ!
SPONSORED
2022.01.07

信頼の〈シチズン〉シリーズエイトは、
自分らしさを後押しする本格機械式ウォッチ!

TAGS:   Watches
大人の週末にふさわしい〈ボッテガ・ヴェネタ〉の新作!カジュアルさを格上げする色バッグ!
SPONSORED
2021.12.24

大人の週末にふさわしい〈ボッテガ・ヴェネタ〉の新作!
カジュアルさを格上げする色バッグ!

デニムを中心にしたベーシックな着こなしも、バッグのチョイスひとつで格上げできる。せっかくなら主役級の存在感を放つバッグで、一気に周囲と差をつけてみては? そこで注目したいのが、〈ボッテガ・ヴェネタ〉の新作バッグ。洗練されたカラーリングと個…

TAGS:   Fashion
都会派もアクティブ派も、名門〈オーデマ ピゲ〉に注目!大人の男に似合うのはどっちのクロノ!?
SPONSORED
2021.12.24

都会派もアクティブ派も、名門〈オーデマ ピゲ〉に注目!
大人の男に似合うのはどっちのクロノ!?

〈オーデマ ピゲ〉は、名門マニュファクチュールでありながら、その称号に安穏とせず、アバンギャルドに攻め続ける。代表格となるのがこの2モデル。全く違う2つの個性も、格式高い伝統と革新が息づくところは同じ。移ろいゆく時代だからこそ、圧倒的な存…

TAGS:   Watches
アクティブな大人にこそ〈ジラール・ペルゴ〉の“ロレアート アブソルート”を!タフでエレガントな1本が心地いい毎日の相棒!
SPONSORED
2021.12.24

アクティブな大人にこそ〈ジラール・ペルゴ〉の“ロレアート アブソルート”を!
タフでエレガントな1本が心地いい毎日の相棒!

たとえ街にいようとも、いつも海を身近に感じていたい。“ロレアート アブソルートTi 230”は、そんな海を愛する男の腕に似合う。ブルーのグラデーション文字盤に、渋銀チタンがタフネスを漂わせる。まるで愛着あるデニムのようにアクティブな日常を…

TAGS:   Watches
〈ロイヤル フラッシュ〉の別注セットアップで都会顔に!週末のスウェット姿は個性で違い出し!
SPONSORED
2021.12.24

〈ロイヤル フラッシュ〉の別注セットアップで都会顔に!
週末のスウェット姿は個性で違い出し!

季節を問わずに活躍するのが、スウェット素材のセットアップ。とはいえ、誰もが持っている定番だけに、どこかで差をつけたい。理想的なのは快適なリラックス感がありつつも、ワザありで個性出しが叶う都会派のデザイン。たとえば、〈ロイヤル フラッシュ〉…

TAGS:   Fashion
〈ズーム〉のデザインマンションで充実したライフスタイルに!オンとオフが共存する心地よい空間!
SPONSORED
2021.12.24

〈ズーム〉のデザインマンションで充実したライフスタイルに!
オンとオフが共存する心地よい空間!

在宅ワークがデフォルトになりつつある今、充実したオンと上質なオフのために必要なのは優れた住空間。Jリーグの浦和レッズでプロサッカー選手生活を貫き、現在実業家として活躍する鈴木啓太さん。そんな多忙な日々を過ごす鈴木さんと、高いデザイン性と心…

TAGS:   Lifestyle
週末は〈ホーンガーメント〉で気分もスコアもアップ⁉ゴルフだけじゃもったいないポップな柄の快適ニット!
SPONSORED
2021.12.24

週末は〈ホーンガーメント〉で気分もスコアもアップ⁉
ゴルフだけじゃもったいないポップな柄の快適ニット!

〈ホーンガーメント〉といえばゴルフというイメージが強いけれど、もともとサーフ、リラックス、エンジョイをテーマにした、大人の休日スタイルのためのブランド。数あるアイテムの中でも特にニットは動きやすさを重視して作られているので、機能的で実に快…

TAGS:   Fashion
仕事も遊びも頼りになる〈トヨタ〉カローラクロス。充実のワーケーションに楽しいSUVを選ぶ理由。
SPONSORED
2021.12.23

仕事も遊びも頼りになる〈トヨタ〉カローラクロス。
充実のワーケーションに楽しいSUVを選ぶ理由。

TAGS:   Safari me time Cars
女性の目も輝き出すダイヤとマザーオブパールをまとった〈ハミルトン〉。特別な日のクライマックスは眩いタイムピースの出番です。
SPONSORED
2021.12.23

女性の目も輝き出すダイヤとマザーオブパールをまとった〈ハミルトン〉。
特別な日のクライマックスは眩いタイムピースの出番です。

ホリデーシーズンには大切な人と特別な1日を。そんな計画をしている人もいるでしょう。そこで大事なのがギフト。当然ながら、その日のクライマックスを託すわけですから、なんでもいいというわけにはいきません。1年を締めくくる時期に感謝の意味も含めて…

TAGS:   Safari me time
見るほどに心が躍る〈ハミルトン〉の軍用クロノグラフ。本物だけが持つ存在感を毎日つけこなす楽しみ。
SPONSORED
2021.12.23

見るほどに心が躍る〈ハミルトン〉の軍用クロノグラフ。
本物だけが持つ存在感を毎日つけこなす楽しみ。

時計をアクセサリーのひとつと考えると、ファッション性の高さは気になるところ。普段のカジュアルに馴染むベーシックさがありつつも、普遍的な魅力があるもの。特に男性の場合は、そこにどっしりとした存在感があると長く愛せるはずです。

TAGS:   Safari me time
おウチ時間を大切にする北欧生まれの〈フィスカース〉。楽ちん・美味しい・お洒落なクックウエアで食卓が豊かに。
SPONSORED
2021.12.23

おウチ時間を大切にする北欧生まれの〈フィスカース〉。
楽ちん・美味しい・お洒落なクックウエアで食卓が豊かに。

究極のリラックスが〈ズーム〉にはある。どこよりも心地いい 「家が一番」といえる贅沢!
SPONSORED
2021.12.23

究極のリラックスが〈ズーム〉にはある。
どこよりも心地いい 「家が一番」といえる贅沢!

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ