Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.11.02

今週末は、この映画にムネアツ!
『ヴェノム』『華氏119』

『スパイダーマン』のスピンオフ企画、トム・ハーディ主演のダークヒーロー『ヴェノム』と、マイケル・ムーア監督がトランプ大統領のカラクリを暴く『華氏119』をピックアップ!

物語で選ぶ編①
『ヴェノム』

ムネアツなポイントは?
地球外生命体に寄生されヴェノム化!
怖さを楽しめる絶妙な残虐度
最悪キャラなのになぜか共感してしまう!
トム・ハーディのコミカルな演技も見どころ!

作品の宣伝コピーが“最悪”。不気味なビジュアルも心をざわめかせる、マーベルコミックの、文字どおり最悪のキャラクターを主人公にした一作が完成。とはいえR指定の強烈テイストではなく、誰もが楽しめる作りになっているので、アンチヒーローものながら全米でも大ヒットを記録している。
 

NEXT 地球外生命体に寄生されヴェノム化!

2/12PAGE


地球外生命体に寄生されヴェノム化!

人間に寄生する地球外生命体“シンビオート”が誕生させた、このヴェノム。‘07年の『スパイダーマン3』にすでに登場し、スパイダーマンのコスチュームを黒く変貌させる原因も作った。本作では、違法な人体実験をしているライフ財団に潜入したジャーナリストのエディが、このシンビオートに寄生されてしまう。自分の肉体の中に、別の生命体が取り込まれ、恐るべきパワーを持った怪人のヴェノムと化す。しかし、人間の前に現れたのは、そのヴェノムだけではなかった……。
 

NEXT 怖さを楽しめる絶妙な残虐度!

3/12PAGE

 

怖さを楽しめる絶妙な残虐度!

2m以上の身長で、四肢を自在に伸ばし、強烈なパワーで相手を瞬殺。走行する車も軽々と破壊。そして口を開けば巨大な舌が出てきて、鋭い歯で人間の肉体も噛み砕く。動く凶器ともいえるヴェノムの残虐さが描かれるが、バイオレンスが苦手な人でも正視できる程度。その匙加減が絶妙。怖さを“楽しめる”感じが、今作の魅力になっている。それでも瞳のない、真っ白な両目に睨まれると、さすがに背筋が凍る! 人間に寄生する前の生命体のビジュアルも、鮮やかな色と不気味な動きが実にユニークだ。
 

NEXT 最悪キャラなのになぜか共感してしまう!

4/12PAGE



最悪キャラなのになぜか共感してしまう!
意外なのは中盤から、この最悪キャラ、ヴェノムに共感していく感覚だ。寄生された側のエディの葛藤は切実なのだが、一心同体の状態で慣れてくると、エディとヴェノムの奇妙な絆が育まれていき、悪役の感情にも引き込まれてしまう。やっていることは過激なのに、弱い者は攻撃しない妙な正義感があったりするので、悪役の気分でアドレナリンを上がるのだ。そこが本作の斬新な持ち味ではないだろうか。
 

NEXT トム・ハーディのコミカルな演技も見どころ!

5/12PAGE


トム・ハーディのコミカルな演技も見どころ!

エディ役は『ダークナイト ライジング』でもバットマンを苦しめる悪役ベインを怪演したトム・ハーディ。今回は操られる側としてのコミカルな動作も巧みに演じている。エディの恋人アン役は、ここのところ話題作が続くミシェル・ウィリアムズだが、なぜか日本の女子高生の制服のようなミニスカートでアクションをこなすなど、意外な(?)サービス精神にもあふれている。マーベル作品なので、予告となるエンドロールのサービス映像にも注目を!
 

NEXT 予告編はコチラ

6/12PAGE

 





『ヴェノム』
監督/ルーベン・フライシャー 出演/トム・ハーディ、ミシェル・ウィリアムズ 配給/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
2018年/アメリカ/上映時間112分

11月2日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
 

NEXT 『華氏119』

7/12PAGE



物語で選ぶ編②
『華氏119』

ムネアツなポイントは?
今回のターゲットはトランプ大統領!
アポなし突撃でなく新たな手法を展開!
情報量がとっても多い!
観れば中間選挙が楽しくなるはず!

タイトルを見て、「前に観たよ」と思った人も多いだろう。9.11以降のアメリカ社会とブッシュ政権の実態に迫ったマイケル・ムーア監督の代表作。しかし、あちらは『華氏911』だ。本作は数字の順番を入れ替えたものだが、これは2016年にドナルド・トランプが勝利宣言をした日、11月9日を指している。つまりは、トランプ大統領が今回のテーマというわけだ。
 

NEXT アポなし突撃でなく新たな手法を展開!

8/12PAGE


アポなし突撃でなく新たな手法を展開!

マイケル・ムーア監督の代名詞といえば、“アポなし突撃男”。しかし、本作では汚染水問題を抱える知事のところに向かう1回のみ(結局、会えないのだが、汚染水を知事邸宅に放水するという痛快な展開アリ!)。劇中のほとんどが映像を繋いで展開していくので、以前のようなハラハラするような場面は登場しない。しかし、その分だけ俯瞰で様々な問題を考えることができる。
 

NEXT 情報量がとっても多い!

9/12PAGE


情報量がとっても多い!

トランプがテーマなのだが、そこへ至る道筋だったりと話題は盛りだくさん。ヒラリー・クリントンの敗因、その前段階の民主党の候補者選びで、なぜバーニー・サンダースが負けたか。トランプ同様、実業家から政治家に転身したミシガン州知事の失態。パークランド高校で起きた銃乱射事件。観ているとあまりの情報量に追いつかなくなるものの、トランプのからくりがぼんやりでも見えてくるはず。
 

NEXT 中間選挙までに観ておくべし!

10/12PAGE


 

中間選挙までに観ておくべし!

11月6日、アメリカでは中間選挙が行われる。劇中では、アレクサンドリア・オカシオ=コルテスなど選挙に挑む新人たちが登場。銃乱射事件で銃規制の行進に参加した高校生たちの一部は18歳となり選挙に参加できる。11月6日までに本作を観ておけば、中間選挙がとてつもなく楽しめるのは間違いないだろう。
 

NEXT 予告編はコチラ

11/12PAGE

 



『華氏119』
監督・脚本/マイケル・ムーア 配給/ギャガ
2018年/アメリカ/上映時間128分

11月2日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
©2018 Midwestern Films LLC 2018, All Rights Reserved

NEXT 映画をもっと観たい人はコチラもどうぞ!

12/12PAGE

 
映画をもっと観たい人はコチラもどうぞ!

●理想の男の引き際映画5選!
●出発(想定)前に観るべきSF映画5選!
●麗しき師弟映画5選
●展開から目が離せない冒険映画5選
●監督の作風がよくわかる映画5選!
●食欲をそそるグルメ映画5選!
●男の生き様映画5選!
●西海岸の風を感じる映画5選!
●ソーカイで、ツーカイな旅映画5選!
●怖〜いホラー映画5選!

文=斉藤博昭(『ヴェノム』 text:Hiroaki Saito
©Everett Collection/AFLO
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
PR
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
PR
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
PR
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
PR
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
PR
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
PR
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
PR
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
PR
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion
脱・マンネリを狙うなら〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!いつものカジュアルが見違える品格チェックのマジック!
PR
2019.03.25

脱・マンネリを狙うなら〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
いつものカジュアルが見違える品格チェックのマジック!

いつまでもカジュアルな男でいたいからこそ、覚えておきたいのがマンネリ打破のテクニック。なかでも効果テキメンなのが、1点プラスするだけで品格アップを狙える〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉のチェック柄アイテムだ。見た目が新鮮なだけでなく…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ