Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2019.09.20


“自由ってなんだろう!?”と感じたら乗ってみて!

SUVは“車高が高くて、武骨なデザイン”なんて誰が決めた!? これからのSUVのスタイリングは、“自由でスマート”がキーワード!


[アウディ Q8]
AUDI Q8


自由である。もはや、これまでの定説にとらわれることはないのでは……。目の前に置かれた〈アウディ〉Q8を見て、そんなことを感じた。場所は東京・江東区にある東京都現代美術館。そこで去る7月、Q8のジャパンプレミアとなる発表会が行われた。





Q8をカテゴライズするとSUVクーペとなる。SUVクーペってナニモノ?って話にもなるが、すでに数モデルがローンチされている。パイオニアは〈BMW〉X6で、先にリリースされたX5をクーペ風に仕上げた。現在はX3をベースにしたX4も用意される。〈メルセデス・ベンツ〉でいうならGLEクーペとGLCクーペ。どちらも定番SUVをクーペスタイルにした。さらに言えば、今年〈ポルシェ〉も参入。カイエンベースのカイエンクーペを秋に登場させる。となると、〈アウディ〉がこのジャンルに新型車を投入するのは至極普通の話。もちろん、首脳陣はSUVクーペが売れているというデータを解析して決断した。そりゃそうだ。売れてなかったらX6はずっと前に生産中止になっていたし、他も追従しない。


といった背景があってQ8は誕生した。ただ冒頭に“自由”という言葉を使ったのはSUVクーペをより進化させていると思えたからだ。全体的なフォルムは完成度が高く、ベースとなるSUVの屋根を単にクーペスタイルにしただけではないクオリティの高さを思わせる。力強さを感じさせる太いリアピラーとリアコンビネーションランプのマッチングはいいし、リアフェンダーの膨らみもそこにバランスよく溶けこむ。また、そうしたリア部分の仕上がりがフロントマスクからの流れと合っているのも絶妙だ。この八角形のシングルフレームグリルもポイント。これは〈アウディ〉のSUV専用グリルで、Q3以降順次採用されている。グリル内の縦のラインが強調されることで、セダンやクーペとはまた違った世界観を表現する。モダンレトロってところだろうか。個性的なのは、ルーフエンドが丸くなだらかに落ちてくるのではなく、少し直線的なところ。ここがこれまでのSUVクーペとはまた異なるスタイルの提案となる。デザインの進化というか、自由さを感じたのはまさにこの部分だ。



といったのが東京都現代美術館でご対面したQ8の第一印象。場所が場所だけにアート性を強く感じた。そう、デザインの自由さを。Q8もそうだが、このところの〈アウディ〉のデザインのクオリティは一歩抜きん出ている気がする。


ほかにもある!

このクルマの楽しみ方&使い方


〈アウディ〉のデザインが秀逸なのはエクステリアにとどまらない。このところのインターフェイスの作りはかなり先進的。〈テスラ〉を除くどの自動車メーカーよりもデジタル感が強い、気がする。

というのも、Q8のドライバーズシートに座ってみるとわかるが、スイッチ類が極端に少ない。というか、目立つのは背の低いシフトノブだけで、操作するべきものはほとんどモニター内に収められている。よってダッシュボードやコンソールにスイッチやダイヤルといった出っ張りがないのだ。エアコンやらオーディオやら、長年我々が一般的に操作してきたツマミは見当たらない。でもってその代わりに、上下2つのモニターがセットされた。アッパースクリーンとローワースクリーンと呼ばれるものがそれで、Q8の場合、上はインフォテインメント用の1 0・1インチ、下は空調や手書き文字入力用の8・6インチが用意される。操作は基本的にタッチ式で、それに対し振動や音で反応を示している。なので、慣れてくればほとんど視線を落とさずに操作できるというのもミソだ。

モニターはほかにもある。通常メーターがあるところにはフルデジタルのアウディバーチャルコックピットが備わる。速度計や回転計、マップなどを表示するものだ。そしてウィンドウにはヘッドアップディスプレイ。まさにデジタルがいっぱい! なのである。


ココにもソソられる!


01 ドライビング
〈アウディ〉自慢の技術満載!

日本で発売されるQ8のエンジンは1種類。3ℓV6ターボのみ。マイルドハイブリッド付きなので省燃費の部分でも期待できそうだ。そして駆動方式はクワトロ、つまり4輪駆動。エアサスペンションや四輪操舵などはセットオプション。

02 ユーザーインターフェイス
これが新世代の大人の空間

本文にもあるように操作系スイッチはデジタル化される。使い勝手も視覚的にも優位性は高い。しかも高級感も同時に備えられた。ピアノブラックやウッドのダッシュパネル、レザーの質感はかなり上質。デジタルとラグジュアリーの融合だ。

03 ラゲッジスペース
日常SUVとしてはこれで十分

スタンダードなSUVのQ7よりも全高が低いため高さはそれほどでもないが奥行きは十分なラゲッジスペース。リアシートは40 : 20 : 40の分割式なので、用途に合わせて細かくシートを畳められるのがグッド。出っ張りがないところはさすが。

Information

SPECIFICATIONS
アウディQ8 55 TFSI クワトロ 
●全長×全幅×全高:4995×1995×1705㎜ 
●ホイールベース:2995㎜ 
●車両重量:2140kg 
●エンジン:3ℓ V 6 DOHCターボ 
●最高出力:250kW(340 ps)/ 5200 - 6400 rpm 
●最大トルク:500 Nm/ 1370 - 4500 rpm 
●トランスミッション:8速AT(ティプトロニック) 
●駆動方式: 4WD(クワトロシステム) 
●定員:5名 ●税込み価格992万円 
●アウディ コミュニケーションセンター  TEL:0120 - 598 - 106

雑誌『Safari』10月号 P200・201掲載

“ドライブは楽し!”の記事をもっと読みたい人はコチラ!

文=九島事務所 text : Kushima Office

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!
SPONSORED
2019.11.26

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!

年に一度のスペシャルな日は目前。まだ彼女へのプレゼントに悩んでいる人も多いかと。だったら思い切って ペアアクセを狙うのもアリだけど、なんだか照れくさい……。いえいえ、モチーフをさりげな~く揃えるだけなら、 そんな心配は無用。しかもそれ…

TAGS:   Fashion
大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!
SPONSORED
2019.11.25

大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!
街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!

似たような服を着ていても、なんとな〜くまわりと違うというのがお洒落の極意。たとえば冬に大活躍する定番の黒ダウンも、街には街の、海には海の素材を選ぶことで、ぐっとこなれた印象になるって知っていた? そんな大人選びを実践するなら、頼りになるの…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!
SPONSORED
2019.11.25

〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!
彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!

普段はアクティブ派でも、彼女と部屋でまったり過ごす時間がぐっと増えるホリデーシーズン。そんなときセンスが問われるのが、ルームウエアのチョイス。これが安っぽくて部屋着感丸出しだと、ドン引きされるのがオチ。その点、〈ポール・スミス アンダーウ…

TAGS:   Fashion
ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!
SPONSORED
2019.11.25

ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!
格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!

フード付きのアイテムは、"子供っぽく見えそうだから敬遠している"、なんて大人は多いよう。でも、それは大きな間違い。ほら、コチラの写真の〈ベルルッティ〉のフーディをご覧あれ。どちらも大人の風格たっぷりで、小僧な雰囲気なんて微塵もなし! こん…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!
SPONSORED
2019.11.26

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!
海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!

若造サーファーと同じようなスウェットパーカに物足りなさを感じるようになったら、アップデイトのタイミング。そんなときは、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注をかけたニットフリース仕立ての1着で差をつけてみては!? 後ろ姿でさりげに個性…

TAGS:   Fashion
冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!
SPONSORED
2019.11.25

冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!
ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!

冬の海アメカジは個性出しが難しい。よ~く考えてみて。アウターが必要ない時季ならロゴ入りトップでインパクトが出せるけど、アウターを羽織るとそれも台無し。でも大丈夫。そんなときはラフな前開けコーデでしっかり見える、センターロゴのスウェットやパ…

TAGS:   Fashion
正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!
SPONSORED
2019.11.25

正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!

ダウンのイメージをいい意味で裏切る上品なチェック柄が目を引くこの2着は、〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作。しかも、品格あふれるコーデに映えるコートは防水・防風性に優れ、カジュアルに合うブルゾンは色彩豊かなプリントが印象的。どち…

TAGS:   Fashion
タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!
SPONSORED
2019.11.25

タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!
見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!

たとえばデニムであっても、ストレッチを効かせることで穿き心地のよさを追求するように、“本物”であっても“快適さ”を犠牲にしないというのが、現代的な考え方になっている。それは時計も同じこと。審美性と機能性を併せ持ったタフウォッチは、最も今ど…

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!
SPONSORED
2019.09.26

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!
街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!

心地よさを重視する大人であれば、パンツはストレッチ入りが一番。ただ、ゆるすぎる“楽パン”では、街で穿くには少し気が引けるわけで……。で、頼りになるのが〈セオリー〉。NY生まれのブランドらしく、どのパンツもよく伸びるのに印象はとっても都会的…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ