Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2019.08.24 PR

〈ジープ〉コンパスがあれば、オフは自由自在!?
どんなシーンでも頼りになる行動派のコンパクトSUV!

海と街を行き来するデュアルライフの本場・アメリカで生まれたコンパクトSUV。憧れのクルマではあるが、日本の道路事情的に厳しいかも……なんて諦めないでほしい。〈ジープ〉の“コンパス”なら、力強い走りのおかげで海までのクルーズも快適。それでいて取りまわしのいいサイズ感で、街乗りとしてもすこぶる優秀だ。

[ジープ コンパス リミテッド]
Jeep® Compass Limited


by the Sea


ダウンベスト1万9000円、パーカ8900円、デニムパンツ3万6000円(マザー/サザビーリーグ)、シューズ2万6000円(コール ハーン/コール ハーン ジャパン)、その他はスタイリスト私物

タフさがみなぎる四駆に、街乗りの要素を融合したコンパクトSUV。週末は自然の中に繰り出す都市生活には、まさにうってつけのクルマだが、アメリカのように土地自体が広大ではない日本ではどうだろう。サイズ感やスペック的に性能を発揮しきれず、使い勝手も悪いかも!? なんて思われがちで、実際に車種によってはそういうケースもある。

そこへいくと、〈ジープ〉“コンパス”にはそうしたマイナス要素がいっさいなく、日常生活でもアクティブなレジャーにもうってつけの性能が備わっている。

まず、オトコ心をわし掴みにするのが、最上級SUV“グランド・チェロキー”のDNAを受け継ぐ力強いエクステリア。伝統のセブンスロットルグリルやタフさを感じさせる台形ホイールアーチなどは、ジープ・ファミリーに共通する意匠だ。その一方で、車体自体は街で扱いやすいサイズに設計されている。実は今回紹介する“コンパス”は、日本ではシリーズ2代目として誕生したモデルで、先代よりも全長が75㎜も短縮され、最小回転半径も5.7mと小回りのきく設定に。これなら交通量の多い都市部での運転はもとより、駐車も苦にならない。

足まわりに関しても、デュアルライフに好都合だ。駆動方式はFFをベースとしたオンデマンド式の4WDで、通常は前輪駆動で走行し、必要に応じて電子制御でリアタイヤにトルクが伝達される仕組みだ。スイッチひとつで“スノー”や“サンド”といった4つの走行モードも選べるので本格的なオフロード走行も可能だが、オンロードでの走りは力強くもしなやか。高速域での直進安定性も高く、速度を上げたときも安心感があるので、海までの長距離ドライブも楽しくて仕方がない。こんなに海でも街でも走ること自体が楽しいクルマなら、休日にビーチに通う頻度がますます増えちゃいそう!?

 


in the Town


ニット6万8000円(ラッド バイ デミリー/サザビーリーグ)、Tシャツ7900円、ブラックデニムパンツ2万8500円(以上ヴィンス/リエート)、シューズ2万6000円(コール ハーン/コール ハーン ジャパン)、その他はスタイリスト私物

海でも街でも頼れるデュアルライフの“真打ち”

ジープ・ファミリーらしいタフさを感じさせる面構えを受け継ぐ一方、デザインやサイジングに都会的な味つけを施した〈ジープ〉“コンパス”。女性でも取りまわししやすいコンパクトな車体が持ち味なうえ、居住性や積載力も満たしている。テールゲートの開口部も広く、キーフォブのボタンひとつで自動開閉できるので、買い物した荷物やサーフギアの積みこみも苦にならないはずだ。


シートアレンジ自在。3段階で荷室のフロアの高さも調節できるなど、便利機能を満載!

A:ベースグレードは60:40の2分割可倒式を採用するが、今回紹介した“リミテッド”のリアシートは40:20:40の3分割可倒式。荷室をフルフラットにすることで積載量はさらにアップし、サーフボードなどの長尺モノも余裕で積みこめる。また、荷物のサイズや形状に合わせて、荷室床面の高さを調節することも。シートアレンジについては、リアシートだけでなく助手席のシートバックも倒すことができる。

B:女性でも取り回しが楽なステアリングなので、帰りは彼女に運転を代わってもらうなんてことも。第4世代の“Uconnectシステム”を採用し、8.4インチサイズの大型モニターは、AppleCarPlayやGoogle Android Autoの操作にも対応。速度を自動調節することで、前方車両との安全な車間距離を保つアダプティブ クルーズ コントロールなど、新進の安全装備を搭載する。

Information

●ジープフリーコール
TEL:0120-712-812
URL:www.jeep-japan.com

雑誌『Safari』10月号 P224-225掲載

※サイト内で紹介している商品はすべて税抜き価格です。

写真=田中丸善治 スタイリング=浅井秀規
ヘア&メイク=Hanjee 文=遠藤 匠 構成=大嶋慧子
photo : Zenharu Tanakamaru styling : Hidenori Asai
hair&make-up : Hanjee(signo) text : Takumi Endo composition : Keiko Oshima
〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!
SPONSORED
2022.06.23

〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!
色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!

爽やかな色や柄を取り入れて、大人の遊び心を表現したい初夏のカジュアル。そんな気分にぴったりなのが、個性的な色柄で魅せる〈ルイ・ヴィトン〉の新作コレクション。ストリートの感性をちりばめつつ、メゾンらしい技巧を凝らして大人っぽくもフレッシュに…

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!
SPONSORED
2022.06.23

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!
唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!

世界屈指のハイジュエラーの感性光る、スタイリッシュにしてアバンギャルドなモデルで時計界を席巻してきた〈ハリー・ウィンストン〉。そろそろコンサバな時計趣味から脱却し、自分らしさをアピールできる1本をモノにしたい人にとっては、まさに絶好の存在…

TAGS:   Fashion
ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!
SPONSORED
2022.06.23

ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、
都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!

これからの季節はTシャツや半袖シャツなど軽快な装いが多くなる。となると、自然と手元にある1本に視線が集まりやすくなってくるもの。で、そんな視線をさらに独占しそうなのが、〈ハミルトン〉の新作カーキ ネイビー オープンウォーター。アメリカ生ま…

TAGS:   Watches
いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!
SPONSORED
2022.06.23

いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!
夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!

いよいよ夏本番。アクティブな大人のテンションを上げてくれるのが海や空を彷彿とさせるブルーだ。そこで、注目してほしいのが〈ブローバ〉の腕時計。シックなサンレイと、深海を思わせるグラデーションダイヤルの2モデルは、紺JK、白T、デニムと相性抜…

TAGS:   Watches
堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!カジュアルが見違える品格ジュエリー!
SPONSORED
2022.06.23

堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!
カジュアルが見違える品格ジュエリー!

ストリートの感性を取り入れた初夏カジュアルは、大人なジュエリー使いで上品&クールにまとめたい。〈ティファニー〉の新作コレクションなら、そんな着こなしもさりげなく叶うはず。東京五輪スケートボード金メダリストの堀米雄斗が魅せる、軽やかなクロス…

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!海好き男の週末はターフ姿だって段違い!
SPONSORED
2022.06.21

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!
海好き男の週末はターフ姿だって段違い!

ゴルフ熱が高まる昨今、生粋の波乗り好きの中にもゴルフにハマる人が増えている。そんな“サーフ&ターフ”を実践するアクティブな男には、どんな格好がふさわしいか? それは海でもコース上でも心地よく着られて、さりげない遊び心で目立つ爽やかな1着。…

TAGS:   Fashion
〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2
SPONSORED
2022.05.27

〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?
50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2

“ロイヤル オーク”が誕生し、50周年を迎えた。ラグジュアリースポーツの始祖と称えられ、基本スタイルは当時から変わることはない。多くのフォロワーが現れても憧憬は薄れるどころか、むしろ高まり、入手困難の状況が続く。ここでは誕生エピソードや革…

TAGS:   Watches Culture

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ