Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.08.15

ドライブは楽し! Vol.38
見た目はクラシック、 でも中身は最新!

どういうわけか男は、クラシックでレトロなものに心惹かれるようだ。特にクルマ。“古くて新しい”〈メルセデス・ベンツ〉のGクラスは、まさにそんな1台だ。


[メルセデス・ベンツ Gクラス]
MERCEDES-BENZ G-CLASS


いつの時代もモダンとクラシックは存在する。なんていうと格好よく聞こえるかもしれないが、僕らのまわりにはそんなものゴロゴロしている。家、ファニチャー、スーツ、腕時計、そしてクルマ。家なんか、とてもわかりやすい。直線的なコンクリートで造られた建造物に大きなガラス窓がはめこまれていたら、それはモダン。まるで美術館のようだね~、って感じだ。一方、日本式にいうと古民家、ヨーロッパ式にいえばマナーハウスやシャトーが、クラシックの代表となる。メインとなる素材はウッド。板張りの廊下を歩くとミシッミシッ!と音がする。お化け屋敷のごとく。

では、クルマはどうか。が、クラシックカーにはっきりとした定義はない、と思う。自分の肌感覚でいうと、1970年代までのクルマをそう呼ぶ傾向が強い。’80年代に入ると、コンピューターが使われるようになったからだろう。そしてそのデザインはまさにクラシック。メーカーによって異なるが、’70年代まではシンプルな面構成で作り上げている。

理由は生産上の技術が今日のようでなかったから。ボディワークは鉄板を叩いたり、ローラーに押し当てて加工していた。角張った四角いカタチが多いのは、まさにそういうことだ。


さて、Gクラス。どう、この四角さ。クラシックテイスト全開なのだが、コレ、実はまったくの新車。21世紀の現代に設計、開発されたシロモノである。フルモデルチェンジとは思えない出来栄えだ。もちろん、そこに至ったのはGクラスの異様なまでの人気ぶりにある。1979年に生まれてから、ほとんど大きく手を入れてこなかったにもかかわらず好調な販売が続く。特に2000年頃から正規輸入がはじまった北米で大ブレーク。カスタムパーツは作れば作るほど売れる状態だ。そんなこともあり、新型Gクラスのお披露目は今年1月のデトロイトモーターショーで行われた。


でも見た目にこんなに変わらなければモデルチェンジする必要ないのでは? とも思える。だが、売れれば売れるほど、安全性や走行性能、コネクティングの部分で限界が露わになるのも事実。なんたって基本骨格は’70年代のままですからね。メーカーとしては、責任上売れてるからそのままってわけにもいかない。

ということで、誕生した新型Gクラス。フレームから新設計された。う~ん、文句ない仕上がり。「中身は最新で見た目はクラシック」なんて、最高でしょ!

ほかにもある!
このクルマの楽しみ方&使い方


どうしてもこの四角いスタイリングにばかり話題が行ってしまうが、実は中身もスゴいのが新型Gクラスの特徴。そもそもオフロード走行メインで作られ軍用にも適応しているスペックを、新型はさらに上回っている。

たとえば、それが最低地上高だったり前後のアングルだったりする。要するに、デコボコした路面でもアンダーボディを擦る確率は低くなった。また水中に入って大丈夫な高さも、従来型より10㎝以上も上回り、水深70㎝となる。ある程度の洪水でも動けるというわけだ。さらにスゴいのはボディ剛性を高めながら、なんと約170㎏も軽量化したこと。この数字が大きいのは言わずもがな。機動力が上がり燃費もよくなる。これはどうやらフェンダー、ボンネット、ドアをアルミ製にしたのが大きく貢献したらしい。全身鉄板の従来型とは明らかに違う。

また、気になる安全運転支援システムも今回はしっかり搭載。〈メルセデス・ベンツ〉が得意とする“レーダーセーフティパッケージ”がドライバーの安全性と快適性を高める。これで家族からの抵抗もクリアできるはず!?

でも、個人的に一番気に入っているのはドアの開け閉めの音。開発陣は従来型のそれを徹底分析し、見事新型で再現した。「カチャ、ドスッ」のアレがGクラスの醍醐味なんだよね。元ユーザーの立場からも拍手。お見事! である。

ココにもソソられる!



01 軽量ボディ
いいことずくめの軽量化作戦!

新型は従来型比で約170 kg軽量化された。これはおよそ大人3人分の重さ。これでエンジンパワーがより引き出せるのはご想像のとおり。同時に剛性アップしたことでノイズや振動が軽減し、キャビンの快適性も上がった。これもグッド!

02 エンジン
同じ排気量の2種類のエンジン

新型に搭載されるのは4ℓ V 8ツインターボ。最高出力は422 psで、しかも気筒休止システムまでついている。地球に優しいね。AMG G 63は同じ排気量のV 8ツインターボを積むが、こちらはなんと585 psというから驚きまっせ!

03 サスペンション

忘れていません“オフ”のこと!

前後リジッドアクスルの従来型と違い新型のフロントは独立懸架式を採用した。これでオフロードばかりでなくオンロード性能が上がった。またドライブモードに“Gモード”を追加。オフロード走行時に各部を最適なモードに切り替える。

Information

SPECIFICATIONS
メルセデス・ベンツG 550
●全長×全幅×全高:4817×1931×1969㎜
●ホイールベース:2890㎜ 
●エンジン:4ℓ V 8 DOHCツインターボ
●トランスミッション:9速AT(9 G-TRONIC)
●最高出力:310 kW(422 ps)/ 5250 - 5500 rpm
●最大トルク:610 Nm / 2000 - 4750 rpm
●駆動方式:4輪駆動 
●定員:5名
●税込み価格1562万円
●メルセデス・コール
TEL:70120-190-610

雑誌Safari9月号 P198・199掲載

文=九島事務所 text : Kushima Office
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
PR
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
PR
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
PR
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
PR
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
PR
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
PR
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
PR
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
PR
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion
脱・マンネリを狙うなら〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!いつものカジュアルが見違える品格チェックのマジック!
PR
2019.03.25

脱・マンネリを狙うなら〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
いつものカジュアルが見違える品格チェックのマジック!

いつまでもカジュアルな男でいたいからこそ、覚えておきたいのがマンネリ打破のテクニック。なかでも効果テキメンなのが、1点プラスするだけで品格アップを狙える〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉のチェック柄アイテムだ。見た目が新鮮なだけでなく…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ