Safari Online

SEARCH

WATCHES ウォッチ

2020.06.07


〈エドックス〉クロノオフショア1 “EDOX CHRONOFFSHORE-1”

クロノオフショア1は、〈エドックス〉のフラッグシップ・コレクション。 パワーボートレースから着想を得た、見るからにダイナミックな外観は、 防水性と耐傷性とに優れたタフさで、多様なマリンスポーツに対応する。 さらにファッション好きも魅了する適度なラグジュアリー感も併せ持つ。モデル展開は、実に多彩。海にも街も映える、好みの1本が見つけられる。

クロノオフショア1 シャークマンIII クロノグラフ
ウルトラマリン シートゥースカイ
リミテッドエディション


限定333本。ケース径45mm、クォーツ、チタンケース、レザーストラップ。21万5000円(エドックス/ GM インターナショナル)

1000m飽和潜水対応の
タフネスダイバーズ


氷の下でフリーダイビングするクリスチャン・レデルとのコラボ。深海を想起させるウルトラマリンカラー のダイヤルには、サンレイ加工が施され、光の具合で色のニュアンスが変わる様子が美しい。サメの保護活動もするレデルにちなみ、裏蓋にはサメの姿が。 


クロノオフショア1ってこんな時計!


❶優れた防水性能
全モデル、300m以上の防水性能を誇り、タフな海時計のコレクションであることを証明する。主流は、ヘリウムエスケープバルブを備えた500m防水。さらに1000m防水も用意され、プロダイバーからの信頼を得ている。
❷セラミック製ベゼル
潜水時間が計れる逆回転防止ベゼルには、ダ イヤモンドに次ぐ硬さを持つハイテクセラミックを使用。普段使いはもちろん、ビーチや海中で岩などに当たっても傷つかず、目盛りも消えず、潜水時間が確実に計れる。
❸アラビア数字の“1”
後述するが、誕生時のコレクション名にはパワーボートレースの最高峰“クラス1”が冠されていた。それにちなみ、一部例外はあるもののほとんどのモデルがアラビア数字としたインデックスの1をアイコンとする。 

 
氷で覆われた極寒の湖をフリーダイビングする、クリスチャン・レデル。〈エドックス〉 は、彼を2010年からサポートしている。アイスダイビングで61mの世界記録を、通常のフリーダイビングでも100mを超える記録を持つ 

 

海のF1から生まれた
タフなダイバーズ!


時速200kmを超えるスピードで水面を疾走する様子は、ボートというよりも、まるで飛行機。クロノオフショア1は、海のF 1とも称されるクラス1 ワールドパワーボート チャンピオンシップのパイロットのために製作されたモデルをルーツとする。過酷な海のレースで鍛え上げられたタフさを、現行コレクションも受け継いでいる。

 

 
創業は、1884年。〈エドックス〉 は、スイスでも指折りの老舗時計ブランドだ。その長い歴史の中で、様々な革新を腕時計にもたらしてもきた。なかでも画期的な発明は、1961年に考案されたリュウズ機構“ダブルリング”。これによりねじこみなしのリュウズでも、200mという当時としては驚異的な防水性能を実現した。

さらに衝撃吸収を高める構造も、同時に考案。 以降〈エドックス〉は、防水性と耐衝撃性の各技術を研鑽してきた。それがいかんなく発揮されたのが、2007年に発表された“クラスワン”コレクションだった。この年〈エドックス〉は、パワーボートレースの最高峰クラスのオフィシャルタイムキーパーを翌年から務める契約を締結。

1961年に考案した2重のパッキンが備わるリュウズ機構“ダブル - Oリング”の構造図。さらにダブルケースバックとムーブメントを保護するショックアブソーバー・ガスケットも有し、防水性能と耐衝撃性とに優れていた

2007年に発表された“クラスワン”コレクションの中のひとつ。クロノグラフ搭載の“クラスワン クロノオフショア オートマティック”のデザインスケッチ。これが今のクロノオフショアのコレクション名の由来になった。有機的な曲面で構成されたケースのフォルムやフラットなセラミックベゼルなどを、現行モデルが継承している 


クラスワンは、その名のとおりクラス1のパワーボートを操るパイロットのために、防水と耐衝撃の技術を注ぎこんで生まれたコレクションだ。仕掛け人は、数々のプロジェクトを成功に導いてきたクリスチャン・オッツ。彼はパワーボートで使われるチタンやセラミックといったハイテク素材を駆使することで、 クラスレースの世界観を腕時計に落としこんだ。現行のクロノオフショア は、 クラスワンのコンセプトと技術とを受け継ぎ、レース前のパーティにもつけられるラグジュアリー感をも身にまとう。

[クリスチャン・オッツ]
Christian Hotz


〈エドックス〉取締役兼セールス&マーケティングディレクター。1968年生まれ。ビジネスとマーケティングを学び、1992年から時計業界でキャリアを積む。2005年より現職。マーケティング、デザイン、開発、世界戦略などを指揮し、新コレクションやプロジェクトを成功に導く。 

ヒストリカルピースで辿るクロノオフショア1


クラス1パワーボートレースのオフィシャルタイムキーパーとなったことで生まれた“クラスワン”のファーストコレクションには、クロノグラフ以外にも〈エドックス〉初のクロノメーターを取得した3針自動巻きや、時・分・秒の各針が独立したレギュレーターなどをラインナップしていた。そして誕生と同じ年に、〈エドックス〉は日本に初上陸を果たしている。チタンのケースとセラミック製ベゼルを身にまとい、300m以上の防水性能を持つタフな海時計の登場は、日本の時計市場に大きなインパクトを与えた。そしてクラシックなコレクションを持つにもかかわらず、〈エドックス〉=タフなスポーツウォッチとのイメージが、日本で定着することとなる。

以降クラスワンは、〈エドックス〉を象徴するコレクションとして成長を遂げる。創業125周年という大切な節目を迎えた2009年、その記念限定モデルとして選ばれたのも、クラスワンだった。

2007年:クラスワン誕生



クラス1パワーボートレースとのコラボしたファーストコレクションのひとつ“クロノワン クロノオフショア オートマティック”。前出のスケッチのモデルがこれだ。ケースとブレスはチタン製。プッシュボタンに独自のダブル-Oリングを備え、500m防水を取得していた

2009年:初の限定モデルが登場


創業125周年記念モデル“クラス ワン アイスシャーク リミテッドエディション”。ムーブメントを180度回転して搭載した左リュウズのクォーツクロノは、1000本の限定 

 

主力は長くクロノグラフ搭載のクロノオフショアだったが、2011年にデイデイト搭載モデルが登場するなど、機構的なラインナップも増やされてきた。さらに2013年には、初のレザーストラップ仕様を投入。海ではなく、街にも映えるラグジュアリースポーツウォッチという今のスタイルを提示した。

2011年:デイデイト登場


500m防水のチタンケースに、デイデイト装備の自動巻きを搭載。曜日表示を3日分見せているのが、実にユニークだ。逆回転防止ベゼルは、既存モデルと同じくセラミック製

2013年:レザーストラップモデル登場


初のレザーストラップ仕様は、オールホワイトの外観と相まってスタイリッシュな街ダイバーズとの印象を高めた。12時位置にビッグデイトを搭載するムーブメントは、クォーツ 

 
2015年、クラス1レースのタイムキーパー契約が終了。これに伴い、クラスワン・コレクションは、今のクロノオフショア ・コレクションへと名称を変更し、よりラグジュアリーな路線へと舵を切った。ケースにゴールドPVDを施した、上の写真にあるPVNモデルがその代表だ。そして2016年には、全モデル 500m以上防水でヘリウムエスケープバルブ搭載へとリニューアル。サファイアクリスタル風防の厚みも増して、タフさにより磨きがかかった。

2015年:PVNモデル登場



クロノオフショア1へと名称変更。これはクラス1パワーボートレースのチャンピオン、パル・ヴィリク・ニルセンとコラボした第1号モデルのひとつだ。ゴールドPVDケースと艶あり黒ベゼルの組み合わせが、ゴージャス

2016年:リニューアル



現行モデルが誕生したのは、この年。よりタフに進化したのに加え、逆回転防止ベゼルの動きもより細かく調整できるように改良された。デイデイトも備わり、実用性も高い

水しぶきを上げ疾走する、クラス1のパワーボート。そのスピードは、時速200kmを優に超える。波に乗り上げれば、船体は大きく跳ね上がるためパイロットが身につける腕時計には高い防水性はもちろん、耐衝撃性も求められる。そのいずれの技術も、〈エドックス〉は得意としてきた


街ダイバーズの実力を知る!


セラミック製の逆回転防止ベゼルを装備した、500m飽和潜水対応のダイバーズクロノグラフ。これを共通項としながらクロノオフショア1は、実に多彩なラインナップが用意されている。なかでも注目は街ダイバーズなゴールドPVD仕様。定番の黒×金はフルアラビックスが新鮮で、ブルーとホワイトはこれからの季節に最適だ。豪華な装いだが、価格的に身近なのも魅力。黒ケース仕様はより屈強な新素材を用い、タフさのアピールも忘れてはいない。

クロノオフショア1 クロノグラフ オートマチック


ケース径45mm、自動巻き、SS ケース、クロコダイルストラップ。41万円(エドックス/ GMインターナショナル)

街にもビーチも似合う
ゴールドPVD×ブルー


ゴールドカラーのケースとディープブルーの組み合わせは、豪華にしてシック。さらに爽やかな印象も併せ持つ。 

 

クロノオフショア1 クロノグラフ オートマチック


ケース径45mm、自動巻き、SSケース、クロコダイルストラップ。45万円(エドックス / GM インターナショナル)

ダイヤル装飾に
凝った黒金クロノ


定番黒金のインデックスを、 アラビア数字に。さらにクロノグラフを司る3つの針を赤に染め、機構を際立たせた。 ダイヤル全体は、大きな凹凸のタペストリー模様で装飾。 

 

クロノオフショア1 クロノグラフ スペシャルエディション


ケース径45mm、クォーツ、SSケース、ラバーストラップ。16万2000円(エドックス/ GMインターナショナル)

夏コーデに最適の
ホワイト×ブルー


白ダイヤルにブルーのセラミックベゼルが、あざやかなコントラストを成す。爽やかな夏時計の大本命。ゴールドPVDで豪華さを加味しながらも、クォーツだから手頃。 

クロノオフショア1 カーボンクロノグラフ オートマチック


ケース径45mm、自動巻き、カーボン×セラミックケース、ラバーストラップ。45万円(エドックス/ GMインターナショナル)

硬く丈夫で軽い
新素材を黒に武装


漆黒のケースは、カーボンとセラミックとを鍛造で組み合わせた新素材。硬さと軽さとを併せ持つ。インデックスも、 ドット型のこの素材専用デザインに。 

ブランドロゴと
裏蓋のモチーフの由来!


〝エドックス〞とは、古代ギリシャ語で“時間”との意。創業者クリスチャン・リュフリ=フルーリーの時計に対する思いは、ブランド名にこめられている。そして1900年には、時間を象徴する砂時計のロゴが生まれた。思いを形に託すのは、今の〈エドックス〉も同じ。クロノオフショア1の裏蓋にはパワーボートで最も重要なプロペラを象った装飾を置き、ルーツを伝える。
右:クロノオフショア1の裏蓋には、パワーボートのプロペラモチーフの装飾が刻まれている 左:砂時計を象ったロゴマークは1900年に考案され、120年を経た今もそのまま使われる 

 

 

Information

●GMインターナショナル
TEL:03-5828-9080

雑誌『Sfari』7月号 P132〜135掲載

文=髙木教雄
text : Norio Takagi
〈ジミー チュウ〉の香りが爽快派にウケている理由とは?
SPONSORED
2022.08.05

〈ジミー チュウ〉の香りが
爽快派にウケている理由とは?

仕事にも遊びにも全力で前向きな人は、自分らしいリフレッシュ法も心得ているもの。好きな本を読む、美味しいものを食べる、最近はサウナなども人気だろう。そのやり方は千差万別だが、なかでも手軽かつ効果抜群なのは“心地いい香りに包まれる”という方法…

TAGS:   Fashion
〈アウディ〉RS 3が都会派に選ばれる理由!
SPONSORED
2022.08.01

〈アウディ〉RS 3が都会派に選ばれる理由!

コンパクトで驚くほど速く、見た目もかなりいい。〈アウディ〉RS 3の魅力がそこにあるのは間違いない。ただしコレ、半分正解。確かに“RS”の名を冠するだけあって、息をのむようなパフォーマンスには心が躍り、精悍な見た目にもゾクゾクする。でも、…

TAGS:   Cars
クラフツマンシップが宿る〈コーチ〉の新作!大人のお洒落はバッグで印象が決まる!
SPONSORED
2022.07.29

クラフツマンシップが宿る〈コーチ〉の新作!
大人のお洒落はバッグで印象が決まる!

〈コーチ〉のバッグは、その佇まいからNYの香りが感じられ、手間と時間をかけたレザー製品にしか出せない風格が漂っている。新作のスポーツ カーフ コレクションもまさにそう。こんなバッグが似合う大人でありたい、と思わせてくれる秀作が豊富だ。しか…

TAGS:   Fashion
夏カジュアルに差をつける〈アルファ〉のイニシャルジュエリー!海上がりで断然映えるのはちょっと控えめなYG!
SPONSORED
2022.07.26

夏カジュアルに差をつける〈アルファ〉のイニシャルジュエリー!
海上がりで断然映えるのはちょっと控えめなYG!

素肌にパイルパーカ1枚、な~んて装いが海上がりのカラダには理想的。その胸元にさらりと加えたいのが、日灼け肌に映えるイエローゴールドのネックレス。とはいえ、これみよがしなトップはラフなカジュアルに似合わない。ならば、イニシャルジュエリーの〈…

TAGS:   Fashion
夏の日差しにも負けない〈オリス〉の新作ウォッチ!大人のTシャツ姿によく映えるあざやかカラーの腕時計!
SPONSORED
2022.07.25

夏の日差しにも負けない〈オリス〉の新作ウォッチ!
大人のTシャツ姿によく映えるあざやかカラーの腕時計!

高気圧が張り出し、ピーカンの青空。そんな日はTシャツが大人の男の正装だ。そして、そんな気取らない着こなしに必要になるのがさりげなく手元でリッチ感を添えるラグジュアリースポーツウォッチ! 時計としての真価を宿しながらもとびきりスタイリッシュ…

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ