Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.10.29


『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』 × サンフランシスコ

ちょうど50年前に発表されたSFの金字塔。映画『ブレードランナー』の原作ではあるが、物語は映画よりもかなり内省的で哲学的だ。バウンティ・ハンターのリック・デッカードの恐ろしく長く、示唆に富んだ1日は、読者に「自分はオリジナルか、そしてアイデンティティはどこにあるのか」と多くのものを突きつけてくる。核戦争後の地球の描写は、さもありなん。生命に対して異常なまでに執着する世界はそう遠くないのかもしれない。


人間とアンドロイドの違いとは、
人間らしさとはなんなのか考えさせる傑作


昨年、続編が公開され話題になった『ブレードランナー2049』の原点。そのキャッチコピーが、本作を最もポピュラーに彩るのだが、映画シリーズがSFアクションに分別されるなら、こちらの小説はSFヒューマンドラマに分類しても大きな齟齬はない。

もっとも、ヒューマンといっても物語を動かすのは人間よりもアンドロイドだ。舞台は最終世界大戦後、放射能灰に汚染され廃墟と化し、不安と鬱屈が覆う地球だ。生き残った人類の中には異星に安住の地を求め、移り住んだものも多い。

危険な労働の多くはアンドロイドが担うのだが、不法に逃亡してきたアンドロイドを処理するのが、主人公のバウンティ・ハンター、リック・デッカードだ。

彼らアンドロイドの中には自身を人間だと信じている個体も多い。思考や意見を持つ。食事もセックスもする。しかし、唯一、感情移入だけができない。そこをリックは「フォークト=カンプフ検査法」というテストで識別し、アンドロイドと判明すればレーザー銃で処分していく。荒廃した地球では電気羊に代表される人工のペットではなく、本物の動物を飼うことが最高のステイタスだ。リックは稼いだ賞金で牝の黒山羊を購入する一方で、オペラ歌手のアンドロイドを処分したことで迷いも生じる。「おれにはわからない。あれだけの才能が、どうしてわれわれの社会の障害になるわけがある? だが、問題は才能じゃない、と自分にいいきかせた。アンドロイドだってことが問題なんだ」

著者のフィリップ・K・ディックは作品の中で、しばしばアイデンティティについて触れる。リックの迷いもそこにある。人格があり、性欲がある。そしてアンドロイドは基本的に自衛以外では人間に脅威を与えない。だからこそ、アンドロイドの存在そのものが人間のアイデンティティをゆっくりと確実に蝕んでいく。

行間からはそのリスクが滲むが、一方でリックとは違うフェーズで懊悩を抱きながらこの世界を生き抜いているJ・R・イジドアは、アンドロイドたちと積極的に関わり友好関係を築こうと歩みよる。その差異は読者になにを問うのだろうか。

訳者あとがきで、ディックの「あなたがどんな姿をしていようと、あなたがどこの星で生まれようと、そんなことは関係ない」という談話が収録されている。レイシズムが世界的な問題である今、彼のこのセリフはもう一度、考えるべきではないだろうか。

余談だが、映画『ブレードランナー』の舞台モデルは来年、2019年11月のロサンゼルスだ。冒頭から幻想的で機械的、蠱惑的なビジュアルがあふれるが、本作を読了後、監督のリドリー・スコットと原作著者フィリップ・K・ディックの世界観、SF世界の2019年のロスと現実の2019年のロス、それぞれを改めて比較するのも、読者だけに許された特権のひとつだろう。

Information

●『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』
フィリップ・K・ディック著 浅倉久志 訳 740円

雑誌Safari12月号 P271掲載

文=竹田聡一郎 text : Soichiro Takeda
〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?
SPONSORED
2019.04.19

〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!
宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?

人生を謳歌するには、常識という枠にとらわれてはいけない。たとえば世界中の空を旅していながらも、いずれはその翼を宇宙へ広げようと思いを巡らせる。そのくらい大きなスケールで物事を考えてこそ、人生の充実感を存分に味わえるというものだ。そして、そ…

TAGS:   Watches
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
SPONSORED
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
SPONSORED
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
SPONSORED
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
SPONSORED
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
SPONSORED
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
SPONSORED
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
SPONSORED
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
SPONSORED
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
SPONSORED
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ