Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.10.29


『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』 × サンフランシスコ

ちょうど50年前に発表されたSFの金字塔。映画『ブレードランナー』の原作ではあるが、物語は映画よりもかなり内省的で哲学的だ。バウンティ・ハンターのリック・デッカードの恐ろしく長く、示唆に富んだ1日は、読者に「自分はオリジナルか、そしてアイデンティティはどこにあるのか」と多くのものを突きつけてくる。核戦争後の地球の描写は、さもありなん。生命に対して異常なまでに執着する世界はそう遠くないのかもしれない。


人間とアンドロイドの違いとは、
人間らしさとはなんなのか考えさせる傑作


昨年、続編が公開され話題になった『ブレードランナー2049』の原点。そのキャッチコピーが、本作を最もポピュラーに彩るのだが、映画シリーズがSFアクションに分別されるなら、こちらの小説はSFヒューマンドラマに分類しても大きな齟齬はない。

もっとも、ヒューマンといっても物語を動かすのは人間よりもアンドロイドだ。舞台は最終世界大戦後、放射能灰に汚染され廃墟と化し、不安と鬱屈が覆う地球だ。生き残った人類の中には異星に安住の地を求め、移り住んだものも多い。

危険な労働の多くはアンドロイドが担うのだが、不法に逃亡してきたアンドロイドを処理するのが、主人公のバウンティ・ハンター、リック・デッカードだ。

彼らアンドロイドの中には自身を人間だと信じている個体も多い。思考や意見を持つ。食事もセックスもする。しかし、唯一、感情移入だけができない。そこをリックは「フォークト=カンプフ検査法」というテストで識別し、アンドロイドと判明すればレーザー銃で処分していく。荒廃した地球では電気羊に代表される人工のペットではなく、本物の動物を飼うことが最高のステイタスだ。リックは稼いだ賞金で牝の黒山羊を購入する一方で、オペラ歌手のアンドロイドを処分したことで迷いも生じる。「おれにはわからない。あれだけの才能が、どうしてわれわれの社会の障害になるわけがある? だが、問題は才能じゃない、と自分にいいきかせた。アンドロイドだってことが問題なんだ」

著者のフィリップ・K・ディックは作品の中で、しばしばアイデンティティについて触れる。リックの迷いもそこにある。人格があり、性欲がある。そしてアンドロイドは基本的に自衛以外では人間に脅威を与えない。だからこそ、アンドロイドの存在そのものが人間のアイデンティティをゆっくりと確実に蝕んでいく。

行間からはそのリスクが滲むが、一方でリックとは違うフェーズで懊悩を抱きながらこの世界を生き抜いているJ・R・イジドアは、アンドロイドたちと積極的に関わり友好関係を築こうと歩みよる。その差異は読者になにを問うのだろうか。

訳者あとがきで、ディックの「あなたがどんな姿をしていようと、あなたがどこの星で生まれようと、そんなことは関係ない」という談話が収録されている。レイシズムが世界的な問題である今、彼のこのセリフはもう一度、考えるべきではないだろうか。

余談だが、映画『ブレードランナー』の舞台モデルは来年、2019年11月のロサンゼルスだ。冒頭から幻想的で機械的、蠱惑的なビジュアルがあふれるが、本作を読了後、監督のリドリー・スコットと原作著者フィリップ・K・ディックの世界観、SF世界の2019年のロスと現実の2019年のロス、それぞれを改めて比較するのも、読者だけに許された特権のひとつだろう。

Information

●『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』
フィリップ・K・ディック著 浅倉久志 訳 740円

雑誌Safari12月号 P271掲載

文=竹田聡一郎 text : Soichiro Takeda
〈ポリス〉の“ミラサン”で男らしい個性を!太陽に愛される海男はミラーレンズを選ぶ!
SPONSORED
2019.05.31

〈ポリス〉の“ミラサン”で男らしい個性を!
太陽に愛される海男はミラーレンズを選ぶ!

海好き男がかけてこそ抜群に似合うのが、ミラーレンズのサングラス。なぜなら景色が映りこむあの見た目がビーチでの個性出しに使えるうえに、一般的なレンズより強い反射力で強い日差しから眼を守ってくれるから。しかも〈ポリス〉の新作なら、アクティブな…

TAGS:   Fashion
開放感あふれる〈ハルミ フラッグ〉で海と空が身近にある憧れの暮ライフスタイルらしを手に入れる!
SPONSORED
2019.05.30

開放感あふれる〈ハルミ フラッグ〉で
海と空が身近にある憧れの暮ライフスタイルらしを手に入れる!

東京2020オリンピック・パラリンピック選手村として活用後、完成予定の分譲マンション〈ハルミ フラッグ〉。中央区という都心の一等地にありながら、東京湾のオーシャンビューを堪能できるこのスペシャルな空間に、『サファリ』の世界観をテーマにした…

TAGS:   Lifestyle
ライフスタイルに“プラチナ”な価値を! Volume 01自分らしさを大切にする男の新たなる“相棒”とは!?
SPONSORED
2019.05.27

ライフスタイルに“プラチナ”な価値を! Volume 01
自分らしさを大切にする男の新たなる“相棒”とは!?

まだまだやりたいことがいっぱいある。『Safari』世代ともなると、自己実現はもちろん彼女や家族のことも含めたライフスタイルの充実まで、あれこれ考えているのでは? で、そんな前向きな人のよき相棒となってくれるのが、〈アメリカン・エキスプレ…

TAGS:   Lifestyle
初夏の日差しに似合う〈エンポリオ アルマーニ〉の新作時計!リラックスしたい休日は手元に“グリーン”差し!
SPONSORED
2019.05.27

初夏の日差しに似合う〈エンポリオ アルマーニ〉の新作時計!
リラックスしたい休日は手元に“グリーン”差し!

気温もぐっと上がり、徐々に肌の露出が多くなる季節。となれば、スタイリングのアクセントに欠かせないのが腕時計だ。そこで注目したいのが、ナチュラルな“グリーン”をキーカラーに纏ったタイムピース。〈エンポリオ アルマーニ〉の最新作には、そんな旬…

TAGS:   Watches
冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.2週末のお供はスーパーカーと手元の“ハイテク”クロノ!
SPONSORED
2019.05.25

冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.2
週末のお供はスーパーカーと手元の“ハイテク”クロノ!

ラグジュアリーの定義は変わりつつある。クルマでいえばスーパーカーこそ現代のラグジュアリーカーだ。だが流麗なスタイリングも実はハイテク素材に支えられ、骨格やコアに技術革新の粋が結集している。

TAGS:   Watches
〈ルイ・ヴィトン〉のオーダースニーカーについて現地取材!自分だけの1足の完成までをイタリアで追う!
SPONSORED
2019.05.25

〈ルイ・ヴィトン〉のオーダースニーカーについて現地取材!
自分だけの1足の完成までをイタリアで追う!

写真で履いているスニーカーは、〈ルイ・ヴィトン〉の“ランアウェイ”という人気モデル。でも、こんな色使いやイニシャル入りのもの、今まであったっけ……? 実はこれ、同社がバッグや洋服などで提供しているパーソナライゼーションのサービスでカスタム…

TAGS:   Fashion
やりすぎなくらいの高機能が男心をくすぐる〈シチズン〉“プロマスター”!アツ~い冒険野郎の手元に“極厚顔”のダイバーズ!
SPONSORED
2019.05.25

やりすぎなくらいの高機能が男心をくすぐる〈シチズン〉“プロマスター”!
アツ~い冒険野郎の手元に“極厚顔”のダイバーズ!

多忙な毎日を送りながら、たまのオフにも海に繰り出す。そんなエネルギッシュな日々を過ごすアツ〜い大人に似合うのが〈シチズン〉“プロマスター”だ。誕生以来30年追求した機能を詰めこんだ、計器のような“極厚顔”ダイバーズはともすれば“やりすぎ”…

TAGS:   Watches
夏の主役は〈カリフォルニアデプト〉で手に入れる!センスのいい大人ならTシャツも色にこだわる!
SPONSORED
2019.05.25

夏の主役は〈カリフォルニアデプト〉で手に入れる!
センスのいい大人ならTシャツも色にこだわる!

夏カジュアルの主役といえば、プリントTが大本命。何枚持っていてもつい買い足してしまうアイテムだけど、プリントの柄だけで選ぶのはいただけない。そう、実はボディの色も重要だって知ってた? まずは基本の色を押さえつつ、日焼け肌に映えるカラフルな…

TAGS:   Fashion
今シーズンは〈ムータ マリン〉でもっとアクティブに!夏の海遊びに着ていきたい遊び心あふれる快適服!
SPONSORED
2019.05.25

今シーズンは〈ムータ マリン〉でもっとアクティブに!
夏の海遊びに着ていきたい遊び心あふれる快適服!

今年の夏は話題のウェイクサーフィンやヨットなど、いろんなマリンスポーツにチャレンジしたいもの。となると、いつものようなラフなアメカジではちょっと場違いになる可能性も。ならば、大人好みのマリンアイテムが豊富に揃う、〈ムータ マリン〉に注目。…

TAGS:   Fashion
週末スタイルに効かせる〈ジェントルマン〉!夏カジュアルのスパイスは日焼け肌と重ねづけアクセ!
SPONSORED
2019.05.25

週末スタイルに効かせる〈ジェントルマン〉!
夏カジュアルのスパイスは日焼け肌と重ねづけアクセ!

胸元や手元のアクセは、アクティブな週末で日焼けしたブロンズ肌と相性抜群。とはいえ、ワル目立ちするデザインでは、せっかくのヘルシーさを損なう恐れも。ならば、上質で控えめなアクセを重ねづけするのがいい。大人の男によく似合う〈ジェントルマン〉の…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ