Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2021.12.06


1年中クリスマスみたいな幸福感!〈シボレー〉コルベット スティングレイ

クリスマスの声が聞こえてくると、自分へのご褒美……、な〜んて魅惑の言葉が頭をよぎる。さあ、今年はなににしようか。時計? ビジネススーツ? 上質なニット? それとも豪勢な温泉旅行? いやいや、やっぱり“クルマニア”ならスポーツカーでしょ。しかもこんなモデルなら乗るたびに1年中クリスマスみたいな、幸せな気持ちになれること請け合い。〈シボレー〉コルベット スティングレイだ。

世界的なモータースポーツシーンでも活躍し、アメリカン・スポーツカーの頂点を極めてきたコルベット。歴史がはじまったのは1953年だから、実に60年もの間、モデルチェンジを繰り返して進化してきたクルマということになる。そんなコルベットが8代目に進化。日本にも導入されたのだが、今回のコルベットほど、日本導入が待たれたコルベットは過去、なかったかもしれない。 

 
振り返れば、はじめてスティングレイ(赤エイ)の名称を与えられた2代目C2型、イタリアンな香りすら漂うお洒落な4代目C4型、ハイパフォーマンス版Z06が登場した6代目C6型などなど、コルベットはどの時代のものもエポックメイキングだった。どれもパフォーマンスに優れ、美しく、そしてなにかしらのエンタテインメント性を兼ね備えていたものだ。 

 
しかし、2019年、本国アメリカから発信されたプレスリリースには世界中が度肝を抜かれた。なぜならばこの新型、なんと、コルベット初のミッドシップレイアウトを採用したっていうんだから! 60年に及ぶフロントエンジンの伝統を軽々と捨て去り、より高いパフォーマンスを求め、コルベットはヒラリと自らの枠を越えた、ということ。

しかも、日本市場のファンにはさらに嬉しいサプライズも続いた。はじめて右ハンドル仕様が設定されたのだ。ご存知のとおり、日本は北米に比べるとさほど大きな市場ではない。むしろ、販売台数を考えたら赤字覚悟とも思える仕様だ。そんな中、ほぼ日本専用のために右ハンドルを作ってくれるなんてありがとう(感涙)! な~んて乗る前から自ずと点は甘くなってしまうのは仕方ない。 

 

まるで高級セダンのよう!

しかし、安心してください。8代目コルベット スティングレイはそんな激甘採点をもってしてもはるか上方で期待を大幅に上回る、実に素敵な仕上がりになっている。

試乗シーンはサーキットだったが、まず走り出しからボディのバランスのよさがキラリと光る。サーキットではいうまでもなく、アクセルも、そしてブレーキも操作の強度が格段に上がる。蹴るようにブレーキペダルを踏んだり、素早くアクセルペダルをたくさん踏みこんだりする。さらにその操作が、回りこむようなコーナリングの最中であったりする。これらの操作に対して、意外にも筆者がコースインしで最初に感じた感想は「高級セダンみたい!」であった。つまり、超速の加速や高速コーナリング、またはハードブレーキングの最中であっても、決してバランスを失わず、ドライビングが破たんしないのだ。そのさまはスポーティというよりラグジュアリーに近い。端的にいえばこれこそがGMの狙いだ。ミッドシップレイアウトによって重量配分がよりリア寄りに変わったことがかなり功を奏している。

さらにドライバーをフロントホイールの真上に座らせるようなレイアウトにできたのも、エンジンをフロントから逃した効果だろう。とにかくそんなに小さなクルマではないのに、ヒラリヒラリとまるでライトウエイトスポーツのようにコーナーを快適に(!)越えていく挙動の作り方は見事。しかもそんな挙動を恐ろしいスピード域で実現するんだから、傍から見たらやっぱりスポーツカー・スペックであることは間違いない。そう、6.2ℓV8のNAエンジン(もちろんOHV)という、エンジンスペックも魅力。さらにクルーズ時は片バンクを休止させてエコに貢献するという、アメリカ車らしからぬ気遣いも窺える。 

 
華やかなルックス&レーシングなインテリアもたまらない。ほら、サンタさんにおねだりしたくなってきたでしょ? 

 

気になるスペックは?

★DATA 〈シボレー〉コルベット 2LT
●全長×全幅×全高:4360×1940×1220mm
●車両重量:1670kg
●ホイールベース:2570mm
●エンジン:6.2ℓV型8気筒OHV
●最高出力:369kW(502PS)/6450rpm
●最大トルク:637Nm(65.0kgm)/5150rpm
●トランスミッション:8速デュアルクラッチ
●駆動方式:後輪駆動
●税込み価格:1180万円~

Information

GMジャパン・カスタマーセンター 
TEL:0120-711-276

 

文=今井優杏 text:Yuki Imai
【試乗】やっぱり出来が違う!新型レガシィ アウトバックは、一体なにがスゴイのか?
SPONSORED
2022.01.14

【試乗】やっぱり出来が違う!
新型レガシィ アウトバックは、一体なにがスゴイのか?

7年ぶりにニューモデルとして登場した7代目レガシィ アウトバック。ご存知のとおり北米でも圧倒的な人気を誇る〈スバル〉ブランドの1台だが、“New Luxury”を掲げるこの新型は、果たしてどんなキャラクターを持つモデルなのか? 今回は、長…

TAGS:   Cars Lifestyle
信頼の〈シチズン〉シリーズエイトは、自分らしさを後押しする本格機械式ウォッチ!
SPONSORED
2022.01.07

信頼の〈シチズン〉シリーズエイトは、
自分らしさを後押しする本格機械式ウォッチ!

TAGS:   Watches
大人の週末にふさわしい〈ボッテガ・ヴェネタ〉の新作!カジュアルさを格上げする色バッグ!
SPONSORED
2021.12.24

大人の週末にふさわしい〈ボッテガ・ヴェネタ〉の新作!
カジュアルさを格上げする色バッグ!

デニムを中心にしたベーシックな着こなしも、バッグのチョイスひとつで格上げできる。せっかくなら主役級の存在感を放つバッグで、一気に周囲と差をつけてみては? そこで注目したいのが、〈ボッテガ・ヴェネタ〉の新作バッグ。洗練されたカラーリングと個…

TAGS:   Fashion
都会派もアクティブ派も、名門〈オーデマ ピゲ〉に注目!大人の男に似合うのはどっちのクロノ!?
SPONSORED
2021.12.24

都会派もアクティブ派も、名門〈オーデマ ピゲ〉に注目!
大人の男に似合うのはどっちのクロノ!?

〈オーデマ ピゲ〉は、名門マニュファクチュールでありながら、その称号に安穏とせず、アバンギャルドに攻め続ける。代表格となるのがこの2モデル。全く違う2つの個性も、格式高い伝統と革新が息づくところは同じ。移ろいゆく時代だからこそ、圧倒的な存…

TAGS:   Watches
アクティブな大人にこそ〈ジラール・ペルゴ〉の“ロレアート アブソルート”を!タフでエレガントな1本が心地いい毎日の相棒!
SPONSORED
2021.12.24

アクティブな大人にこそ〈ジラール・ペルゴ〉の“ロレアート アブソルート”を!
タフでエレガントな1本が心地いい毎日の相棒!

たとえ街にいようとも、いつも海を身近に感じていたい。“ロレアート アブソルートTi 230”は、そんな海を愛する男の腕に似合う。ブルーのグラデーション文字盤に、渋銀チタンがタフネスを漂わせる。まるで愛着あるデニムのようにアクティブな日常を…

TAGS:   Watches
〈ロイヤル フラッシュ〉の別注セットアップで都会顔に!週末のスウェット姿は個性で違い出し!
SPONSORED
2021.12.24

〈ロイヤル フラッシュ〉の別注セットアップで都会顔に!
週末のスウェット姿は個性で違い出し!

季節を問わずに活躍するのが、スウェット素材のセットアップ。とはいえ、誰もが持っている定番だけに、どこかで差をつけたい。理想的なのは快適なリラックス感がありつつも、ワザありで個性出しが叶う都会派のデザイン。たとえば、〈ロイヤル フラッシュ〉…

TAGS:   Fashion
〈ズーム〉のデザインマンションで充実したライフスタイルに!オンとオフが共存する心地よい空間!
SPONSORED
2021.12.24

〈ズーム〉のデザインマンションで充実したライフスタイルに!
オンとオフが共存する心地よい空間!

在宅ワークがデフォルトになりつつある今、充実したオンと上質なオフのために必要なのは優れた住空間。Jリーグの浦和レッズでプロサッカー選手生活を貫き、現在実業家として活躍する鈴木啓太さん。そんな多忙な日々を過ごす鈴木さんと、高いデザイン性と心…

TAGS:   Lifestyle
週末は〈ホーンガーメント〉で気分もスコアもアップ⁉ゴルフだけじゃもったいないポップな柄の快適ニット!
SPONSORED
2021.12.24

週末は〈ホーンガーメント〉で気分もスコアもアップ⁉
ゴルフだけじゃもったいないポップな柄の快適ニット!

〈ホーンガーメント〉といえばゴルフというイメージが強いけれど、もともとサーフ、リラックス、エンジョイをテーマにした、大人の休日スタイルのためのブランド。数あるアイテムの中でも特にニットは動きやすさを重視して作られているので、機能的で実に快…

TAGS:   Fashion
仕事も遊びも頼りになる〈トヨタ〉カローラクロス。充実のワーケーションに楽しいSUVを選ぶ理由。
SPONSORED
2021.12.23

仕事も遊びも頼りになる〈トヨタ〉カローラクロス。
充実のワーケーションに楽しいSUVを選ぶ理由。

TAGS:   Safari me time Cars
女性の目も輝き出すダイヤとマザーオブパールをまとった〈ハミルトン〉。特別な日のクライマックスは眩いタイムピースの出番です。
SPONSORED
2021.12.23

女性の目も輝き出すダイヤとマザーオブパールをまとった〈ハミルトン〉。
特別な日のクライマックスは眩いタイムピースの出番です。

ホリデーシーズンには大切な人と特別な1日を。そんな計画をしている人もいるでしょう。そこで大事なのがギフト。当然ながら、その日のクライマックスを託すわけですから、なんでもいいというわけにはいきません。1年を締めくくる時期に感謝の意味も含めて…

TAGS:   Safari me time
見るほどに心が躍る〈ハミルトン〉の軍用クロノグラフ。本物だけが持つ存在感を毎日つけこなす楽しみ。
SPONSORED
2021.12.23

見るほどに心が躍る〈ハミルトン〉の軍用クロノグラフ。
本物だけが持つ存在感を毎日つけこなす楽しみ。

時計をアクセサリーのひとつと考えると、ファッション性の高さは気になるところ。普段のカジュアルに馴染むベーシックさがありつつも、普遍的な魅力があるもの。特に男性の場合は、そこにどっしりとした存在感があると長く愛せるはずです。

TAGS:   Safari me time
おウチ時間を大切にする北欧生まれの〈フィスカース〉。楽ちん・美味しい・お洒落なクックウエアで食卓が豊かに。
SPONSORED
2021.12.23

おウチ時間を大切にする北欧生まれの〈フィスカース〉。
楽ちん・美味しい・お洒落なクックウエアで食卓が豊かに。

究極のリラックスが〈ズーム〉にはある。どこよりも心地いい 「家が一番」といえる贅沢!
SPONSORED
2021.12.23

究極のリラックスが〈ズーム〉にはある。
どこよりも心地いい 「家が一番」といえる贅沢!

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ