Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2019.04.04


別モノに進化した〈ホンダ〉NSXは六本木あたりでも視線集中!?

「国産スポーツカーにはちょっと弱くて」な〜んていう『Safari Online』読者だって、このクルマだけにはひとかたならぬ思い入れがあるって人、多いと思う。〈ホンダ〉のフラッグシップ・スポーツカー、NSXだ。初代誕生はなんと29年前の1990年。そのときオギャーと産まれた子供だって、いまや『Safari』世代の入り口に。はじめて欲しいと思ったクルマNo.1だったって人も、そりゃ〜たくさんいることと思う。



NSXの2代目が誕生したのは2016年のこと。洗練された先進的なデザインに、3.5ℓV6ツインターボエンジンとモーターを組み合わせた“スポーツハイブリッドカー”として生まれ変わったのだ。そして昨年、ハイブリッドシステムを搭載したことで賛否両論を巻き起こしたこの2代目が、発売以来最も大きなマイナーチェンジを加えられ、2019年モデルに進化! 
 

 
でも、パッと見でその変更に気づく人は、かなりのマニア以外に存在しないはず。だってエクテリアは、シルバーだったフロントグリルがボディと同色化されたことやメッシュパーツなど小変更に留められているし、インテリアに至っては変更ナシ。じゃ、ナニが変わったの? ハイ、走りが別モノレベルまで引き上げられたんです!
 
 
 

NEXT 大きく進化したのは中身!

2/3PAGE

大きく進化したのは中身!


大きな変更点はボディ剛性の向上、そしてアシ周りの徹底的な見直し、そしてスポーツハイブリッドシステム“SH-AWD”をはじめ制御系の最適化だ。これによって本当に、驚くほど走りの方向がキリっと引き締まった印象。別にサーキットに持ちこまずとも、一般道でドライブするだけでまとまりのよさを実感するほど。
 

 
このNSXに搭載されているハイブリッドは、リアモーター+フロント左右独立モーターからなる、3モーター式の非常に複雑なシステム。これにより、従来の“ハイブリッド=エコノミー”なイメージを覆すほどの、まさにビリっと痺れるような鮮烈な加速を体感することができるのだけど、2016年モデルではこの制御がイマイチ、協調性に欠けていたイメージ。しかし2019年モデルは、ドライバーの操作に制御がまるで才覚ある秘書のように、そっとさりげなくアシストしてくれるのだ。決してお節介ではないのに、困る前にスッと助けてくれる、このさり気なさが絶妙。つまり2016年モデルはどこか、電子制御の方向が定まっていなくて、ドライバーにある部分での緊張を強いるような、あまりよくない意味でのじゃじゃ馬感を持っていた。一方の2019年モデルは、しっかりと制御の方向性や走りの性格が定まって、ドライバーに安心感をもたらしてくれる。そう、安心じゃなきゃ、サーキットでの最高速アタックなんてもってのほか、でしょ?
 
 
ただでさえ華のあるルックス(リアウインドウから心臓部であるエンジンがスケスケ!)に加え、洗練を増した走行フィール。それだけじゃなく、独特の走りはじめも魅力的。エンジン始動時にはV6の勇ましいサウンドがバウン!と吼えるけど、すぐにモーターのスタンバイに切り替わり、最初は無音、そして加速すると再びエンジンが咆哮する。

もしかして今、六本木で乗るなら世界中のどんなスポーツカーより視線を集めるクルマかも。レア感も手伝って、試乗中は道行く人々の視線を逃れることが至難の業だったから!
 

NEXT 気になるスペックは?

3/3PAGE


★DATA〈ホンダ〉NSX
●全長×全幅×全高:4490×1940×1215mm
●車両重量:1800kg
●ホイールベース:2630mm
●エンジン:3.5ℓV6DOHCツインターボ+3モーター
●システム最高出力:427kW(581PS)
●システム最大トルク:646N・m(65.9kgf-m)
●トランスミッション:9速DCT
●駆動方式:四輪駆動(スポーツ ハイブリッドSH-AWD)
●税込み価格:2370万円
 

 

Information

●ホンダお客様相談センター 
TEL:0120-112010

文=今井優杏 text:Yuki Imai
こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!
SPONSORED
2019.06.26 NEW

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!
さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!

夏の海が大好きでたまらないアクティブ派ともなれば、そのウキウキ感を都会にもビーチにも持ちこみたくなるかと。かといって、小僧っぽい派手さはご法度。そこでおすすめは、〈ロイヤル フラッシュ〉が別注でオーダーしたショーツとバッグ。軽快なカモフラ…

TAGS:   Fashion
冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!
SPONSORED
2019.06.25

冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3
贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!

かつては波乗りでもがむしゃらになって海に挑んだものだが、今はゆったりと海と向き合うことが多くなった。そんな気持ちの余裕とリラックスした時を楽しむことが、新しいラグジュアリーのスタイルなのかもしれない。

TAGS:   Watches
実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”
SPONSORED
2019.06.25

実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!
海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”

ハイスペックな機能を備え、海を愛する大人を魅了しつづける“クロノオフショア1”。ダイバーズといえば、計器のような武骨なデザインが多いが、この名シリーズには、見た目にも華がある。だから海に限らず、陸をフィールドに独自の世界観が自由に楽しめる…

TAGS:   Watches
西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!
SPONSORED
2019.06.25

西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!
ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!

いよいよ、待ちに待った夏本番。この短い季節を存分に楽しむためにも、今一度、買い足すべきアイテムを再確認しておきたいところ。とりわけ、夏カジュアルの主役となるTシャツは、何枚持っていてもいい。だったら、〈カリフォルニアデプト〉に足を運んでみ…

TAGS:   Fashion
〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!
SPONSORED
2019.06.25

〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!
海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!

サーフィンなどのマリンスポーツがライフスタイルの中心にある大人にとって、海はかけがえのない存在。だから、男の“名刺代わり”でもある腕時計には、高い性能に加え、海との繋がりを感じられる“物語”も求めたい。海洋保全活動に長年取り組んできた〈オ…

TAGS:   Watches
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!
SPONSORED
2019.06.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02
夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!

本誌で紹介している西海岸的ライフスタイルの根っこにあるのは、人生を自分らしいスタンスで楽しみたいと願う自由な価値観。そのマインドに共感するみなさんなら、きっと旅にだって自分らしさを求めたくなるはず。そこで〈アメリカン・エキスプレス〉の会員…

TAGS:   Lifestyle
賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉
SPONSORED
2019.06.20

賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!
上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉

多忙な毎日でも、くつろげる自分だけの空間は、いつでも清潔にしていたい。そんな理想の部屋を実現してくれるのが、人間の代わりに部屋の隅々までキレイにしてくれるロボット掃除機“ルンバ”。その最上位機種の“ルンバi7+”は、自動ゴミ収集機能などの…

TAGS:   Lifestyle
〈ポリス〉の“ミラサン”で男らしい個性を!太陽に愛される海男はミラーレンズを選ぶ!
SPONSORED
2019.05.31

〈ポリス〉の“ミラサン”で男らしい個性を!
太陽に愛される海男はミラーレンズを選ぶ!

海好き男がかけてこそ抜群に似合うのが、ミラーレンズのサングラス。なぜなら景色が映りこむあの見た目がビーチでの個性出しに使えるうえに、一般的なレンズより強い反射力で強い日差しから眼を守ってくれるから。しかも〈ポリス〉の新作なら、アクティブな…

TAGS:   Fashion
開放感あふれる〈ハルミ フラッグ〉で海と空が身近にある憧れの暮ライフスタイルらしを手に入れる!
SPONSORED
2019.05.30

開放感あふれる〈ハルミ フラッグ〉で
海と空が身近にある憧れの暮ライフスタイルらしを手に入れる!

東京2020オリンピック・パラリンピック選手村として活用後、完成予定の分譲マンション〈ハルミ フラッグ〉。中央区という都心の一等地にありながら、東京湾のオーシャンビューを堪能できるこのスペシャルな空間に、『サファリ』の世界観をテーマにした…

TAGS:   Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ