Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.12.18

〈フォルクスワーゲン〉ティグアンTDIに
北海道で乗ってきた!

〈フォルクスワーゲン〉のミッドサイズSUV、ティグアンにディーゼルエンジンを搭載した“TDI 4MOTION”が登場した。その最上級グレードの “R-Line”を、北の大地・北海道で試乗してきた。


今、世界中で人気を集めるSUV。なかでもここ数年、急速にシェアを伸ばしてきているのがミッドサイズ~コンパクトSUVというカテゴリー。週末の様々なアクティビティなどで幅広く使えるSUVだが、日本の場合(特に都心の場合)、道路が狭く、駐車スペースも狭いという物理的な理由もあって、大柄なSUVには手を出しにくかったという人も多かっただろう。そんな悩みを解決したのが、このミッドサイズ~コンパクトSUVなのだ。いわゆる四駆のようなイカツさはなく、コンパクトでスマート。でも、オフロードもすいすい走破できる機動力も装備。そのうえ、ラゲッジも広くて荷物もたっぷり入る。そんなこともあって、今このカテゴリーは国内外の各メーカーがしのぎを削っているのが現状だ。特に〈フォルクスワーゲン〉は、2025年までにSUVのラインナップを30車種以上に拡大する計画があることを発表。しかもその頃までには、販売シェアの5割をSUVが占めるようになると予測しているようだ。
 

 
で、今回、試乗してきたのが〈フォルクスワーゲン〉コンパクトSUV、ティグアンに新たに加わった2ℓ ターボディーゼルエンジンの“TDI 4MOTION R-Line”である。ご存知のようにこのティグアン、全幅1860㎜、全長4500㎜とコンパクトSUVの中ではやや大柄。それだけに室内空間も広々。乗車人数や荷物の多さに多さに応じて、様々なアレンジも可能で7人まで乗車できる。が、直線的なキュっと引き締まったデザインのせいかそれほどの大きさは感じさせない。むしろ特徴ともいえるフロントマスクの細目のおかげもあってコンパクトにさえ感じる。
 
 
さて、これまで1.4ℓ ガソリンエンジンのFFモデルしかなかったティグアン。今回ラインナップされたモデルがディーゼルの4WDということで、まずはオフロード体験へ。ドライバーがオフロードに不慣れなこともあって、ガンガン悪路を走りまくったというわけではないが、ダート路、ガタガタの轍、傾斜のキツイ上り坂・下り坂も難なく走破。なかでも出色だったのが、坂道でのヒルディセントアシスト。これは急な下り坂にでくわすと、自動でブレーキを制御してくれるという機能だ。それこそ、普段はめったにオフロードを走らないというドライバーには嬉しいアシスト機能だろう。日常の走行でそんな急坂に出くわすことはそうそうないとは思うが、そんなときにもこれで安心!
 
 
では、一般道ではどうか。まず、音の静かさにびっくり。ディーゼル特有のガラガラ音はほぼ皆無。これは昔のディーゼル車のイメージしかない人にとっては驚きだ。車外音も同様なので、住宅が密集した都心などでもほとんど気にならないはずだ。もちろん、走りもスムース。これも低速トルクに優れたディーゼル車らしいところだが、市街地ではキビキビと走ってくれる。ただガソリンエンジンに比べると、低速から加速するときにややもたつく感じあるのは確か。トロトロ走っているときにグンとアクセルを踏んでも、なにやらもの足りない感じがする。とはいえ、しかし、高速道などではそれも全く問題なし。高回転域は実にのびやかで、ディーゼルエンジンとはいっさい感じさせない。
 
 
今回は雄大な北海道での試乗となったが、この〈フォルクスワーゲン〉ティグアン“TDI 4MOTION R-Line”、印象としてはむしろ週末をアクティブに過ごす都会派向き。ウィークデイは都心でバリバリ働き、休日はいろいろな遊び道具を積み込み、ときには海へ山へと走りまわる人にこそぴったりなのではないか!? そう感じさせる試乗ツアーだった。

Information

●ティグアン“TDI 4MOTION R-Line”
全長×全幅×全高:4500×1860×1675㎜ 
ホイールベース:2675㎜ 
エンジン:2ℓ 直4 DOHCインタークーラー付きターボ 
最高出力:110kW(150ps)/3500-4000rpm 
最大トルク:340Nm/1750-3000rpm 
トランスミッション:6速DSG 
車両重量:1630kg 
駆動方式:4輪駆動 
定員:7名 
税込み価格524万円 
フォルクスワーゲン カスタマーサービス
TEL:0120-993-199
URL:www.volkswagen.co.jp/ja/models/tiguan.html

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

まわりに差をつけるなら、やっぱり〈ディーゼル〉!大人が穿くべきデニムはちょっと“ワザあり”!
SPONSORED
2019.07.26

まわりに差をつけるなら、やっぱり〈ディーゼル〉!
大人が穿くべきデニムはちょっと“ワザあり”!

もうひととおりのデニムは持っていて新たにどんなデニムを買っていいかわからない。似たり寄ったりのデニムではもうトキメキがない。そんな人でもナットクできる、ちょっと“ワザあり”の〈ディーゼル〉の新作デニムをピックアップ。といっても、やりすぎの…

TAGS:   Fashion Denim
手元で個性を演出するなら、素材で遊んだ〈ウブロ〉の1本!王道アメカジが見違える軽快スポラグ時計!
SPONSORED
2019.07.25

手元で個性を演出するなら、素材で遊んだ〈ウブロ〉の1本!
王道アメカジが見違える軽快スポラグ時計!

ほかにはない唯一無二のオリジナリティと革新的な技術、そしてファッション性を兼ね備えた〈ウブロ〉は、時計愛好家ばかりでなく、アクティブな男たちの心を捉えて離さない。スポーティでいて、ラグジュアリー。その魅力はいつものアメカジを格上げするとと…

TAGS:   Watches
プロサーファー・市東重明が着る〈ロエベ〉“アイ/ロエベ/ネイチャー”コレクション!自然を愛する男が選ぶアクティブな服とバッグ!
SPONSORED
2019.07.25

プロサーファー・市東重明が着る〈ロエベ〉“アイ/ロエベ/ネイチャー”コレクション!
自然を愛する男が選ぶアクティブな服とバッグ!

大自然から発想を得たデザインと、都会でも自然の中でも活躍する機能性。この2つをうまく融合させたアイテムを展開する〈ロエベ〉のライフスタイルライン“アイ/ロエベ/ネイチャー”。その魅力を伝えるべく今回登場してくれたのはプロサーファーの市東重…

TAGS:   Fashion
さりげない存在感で勝負するなら〈エドックス〉で!街に映えるダイバーズはタフなうえにエレガント!
SPONSORED
2019.07.25

さりげない存在感で勝負するなら〈エドックス〉で!
街に映えるダイバーズはタフなうえにエレガント!

ダイバーズウォッチのハイスペックに、ラグジュアリーなスタイルを併せ持つ。それが“クロノオフショア1”だ。海での実力はもちろんのこと、街でもそれを持て余すどころか、むしろ秘めたポテンシャルがスタイリッシュに映る。“街ダイバーズ”は、まさに海…

TAGS:   Watches
オフの手元は〈トゥルーム〉の1本で!遊び上手な大人は時計だって着替えて使う!
SPONSORED
2019.07.25

オフの手元は〈トゥルーム〉の1本で!
遊び上手な大人は時計だって着替えて使う!

昼も夜もオフの日は本気で遊ぶのが、アクティブな大人の信条。となれば、手元のお洒落もそのときどきに合った印象に着替えたくなるはず。そこで頼りになるのが、ナイロンと革のバンドを簡単に付け替えられる〈トゥルーム〉時計だ。どちらも素材や仕立てにこ…

TAGS:   Watches
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 03心のゆとりを生むホテル滞在で旅の思い出もプラチナ色に!
SPONSORED
2019.07.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 03
心のゆとりを生むホテル滞在で旅の思い出もプラチナ色に!

セレブたちのライフスタイルに憧れを抱くのは、決して贅沢な旅をしているからではないと思う。おそらくそれは、彼らが人生も旅も自分らしく自由にゆとりを持って楽しんでいるからなのだ。そんな“自分らしさ”を大切にしたバカンスに共感し、実現したいと思…

TAGS:   Lifestyle
オンもオフも〈タフマン リフレッシュ〉でアクティブに!“やる気”のリチャージは爽快な飲み心地の1本で!
SPONSORED
2019.07.25

オンもオフも〈タフマン リフレッシュ〉でアクティブに!
“やる気”のリチャージは爽快な飲み心地の1本で!

週末は大好きな趣味を存分に楽しむ。そんなリフレッシュ上手な大人が増えている。でももっと手軽にシーンを選ばずリフレッシュできたら、いいと思わない? 炭酸がほどよく効いた爽快な飲み口と、高麗人参をはじめとした栄養成分を配合した〈タフマン リフ…

TAGS:   Gourmet
最高の波探しに必要なのはクルマやボードだけじゃない !?サーフ旅トリップに持っていきたい海男のための夏アイテム!
SPONSORED
2019.07.25

最高の波探しに必要なのはクルマやボードだけじゃない !?
サーフ旅トリップに持っていきたい海男のための夏アイテム!

海外のビーチリゾートにも憧れるが、もっとお手軽に夏を楽しむことはできる。たとえば愛車の四駆を駆って、ただひたすら、いい波を探しに行くサーフトリップもそのひとつ。目的地も宿の予定も、すべては波まかせ。海好き男なら誰もが羨む、そんな旅の相棒は…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ