Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2024.02.29 PR

町田啓太が体感した
〈Audi〉A3の魅力とは!?

エモーショナルな佇まいと先進の装備で人気を博す〈Audi〉A3を、今をときめく町田啓太さんがインプレッション! 意外にも免許取得以来一度も自分のクルマを所有したことがないそうだが、〈Audi〉が誇るプレミアムコンパクトは、彼の琴線に大いに響いたようだ。

町田啓太 Keita Machida

1990年7月4日生まれ。群馬県出身。LDH JAPAN所属。劇団EXILEのメンバー。2010年『第3回劇団EXILEオーディション』に合格。同年、舞台『ろくでなしBLUES』で俳優デビュー。14年、NHK連続テレビ小説『花子とアン』で主人公の義弟役を演じ、一躍注目を集める。配信ドラマ『フィクサー』シリーズ(23年)、ドラマ『unknown』(23年)など、八面六臂な活躍ぶり。現在、大河ドラマ『光る君へ』に藤原公任役で出演中。

シャープで都会的なシルエットは〈Audi〉A3 の真骨頂

町田啓太さんの前に現れた〈Audi〉A3 Sportbackは、2021年に登場した第4世代。クラス初の48Vマイルドハイブリッドシステムの搭載や先進の装備、そしてスポーティかつダイナミックなデザインの魅力でたちまち世界中で大ヒットとなった。

「このデザインはいいですね。とてもスポーティでシャープに造形されている。ボクはずっとスポーツをやってきた人間なので、バリバリのスポーツカーとまでいかなくとも、クルマにはどうしてもスポーティさを求めてしまうんです。それでいて〈Audi〉らしい洗練や気品をしっかり感じさせるのもいい。この佇まいならいろんな景色にお洒落に映えそうで、乗る前からワクワクします」

子供の頃から乗り物が好きで、航空系の高校でメカニックを学んだ経験もあるだけに町田さんはクルマへの憧れが昔から強い。18歳になるとすぐにクルマの免許も取得している。

「ただその後に進学で上京してしまったので、自分のクルマを持つタイミングがなかったんです。まずは勉強や仕事をいろいろ頑張って、何かのタイミングで買おうかなと考えていたら、今に至るという感じ。もちろんクルマへの興味が失せたわけではないです」

ネットや雑誌で興味のあるクルマについて調べる時間がたまらなく好きだという町田さん。今回撮影するA3 Sportbackについても、事前にある程度情報を仕入れていたようだ。

「A3ってボディサイズがいいですよね。コンパクトなのに乗り込むととてもゆったりしていて、まったく窮屈感を感じない。後席も十分広いし、これなら急に思い立って友人と遠乗りに出かけてもいいでしょうね」

第4世代となる〈Audi〉A3は、今までになくダイナミックで表現力豊かなデザインが与えられた。RSモデルを彷彿とさせる低くワイドなシングルフレームグリル、大型エアインテークを備えたフロントバンパーなどもスポーティさを強調している。町田さんは伸びやかでシャープなフォルムがよくわかる、横からの見た目がとくにお気に入りとのことだ。

さらにスタイリッシュさを極めた〈Audi〉A3 Signature Edition

〈Audi〉A3には先ごろ特別仕様車“Signature Edition”がラインアップされた。A3 スポーツバック/セダンの“30 TFSI advanced”をベースに、ブラックでシックに統一されたエクステリアパーツや18インチアルミホイールなどを特別装備し、よりスポーティかつ精悍な佇まいに仕上げたものだ。今回の撮影では残念ながら用意できなかったが、この特別仕様車の写真を見せると、町田さんはさらにA3に対する興味が増したようだった。

「18インチホイールがスタイリッシュでカッコいいな。おっ、フロントの〈Audi〉リングもブラックでまとめられている! 全体的に引き締まった感じがしていいですね。いろいろとお得な装備が付いているのに、価格がぐんと抑えられているのも特別仕様車ならでは。もしボクがいまA3を買うなら、コイツにするもしれません」

スムーズな操作性と洗練されたインテリアを兼ね備える〈Audi〉A3

クルマはエクステリア以上に、インテリアデザインの完成度を気にするという町田さん。

「A3の内装はシンプルかつ洗練されていて、要所要所に緻密さも垣間見える。この内装ならどんな志向の人にもマッチするし、長く乗り続けても飽きないだろうなと思いました。指先で操作できるシフトスイッチや運転席側に向いたセンターコンソールなど、運転者のスムースな操作性をとことん考慮した設計も、さすが〈Audi〉ですね」

さらに町田さんはシートに座ったときの包み込まれるような感覚も気に入ったという。

「シートの形状自体ももちろんいいのですが、それにも増して、充実したドライバーアシスト機能を搭載している“安心感”も大きい気がします。〈Audi〉といえば昔から安全性の高さで有名な自動車メーカー。そうした伝統がどことなくクルマの節々から滲み出ていて、シートに座ったドライバーは、“このクルマは信頼できる”と直感的に思うんでしょうね」

先進の装備を備えつつ、より洗練された雰囲気に仕上げられたインテリア。コックピットも新形状のシフトスイッチや運転席側に向けたセンターコンソールなどで一層ドライバーオリエンテッドなスタイルとなっている。中央の10.1タッチディスプレイとその周辺のブラックパネルが見事に融合しているのもさすがだ。ちなみに町田さんはドライバーズシートの座り心地のよさを絶賛。

仕事からカフェに。都市生活者の日常使いに寄り添う〈Audi〉A3

今回、町田さんが試乗した〈Audi〉A3は、このクラスで初めて48Vのマイルドハイブリットシステムを搭載。スムースな走行・加速を実現し、実燃費も大幅に改善されている。

「蓄えた電力が走り出しをサポートするため、よりレスポンスのいい走りが楽しめるんですね。ストップ&ゴーの多い都市部をキビキビ走りたい人には絶好のシステムですね」

町田さんはこのクルマをヨーロッパの街で走らせても素敵なんじゃないかと語る。

「とくにイタリアの街が似合いそう。ミラノやローマは狭い道が多いから、こういうコンパクトなクルマがよく走ってるじゃないですか。その中でもA3の洗練されたデザインはとりわけ映えそう。今日のような軽快感あるファッションで走ったら、さぞかし爽快でしょう。じつはボク、〈Audi〉というブランドのクルマ作りにはもともと好感を抱いていたんです。常に未来に向かって開発や研究を行い、サステナビリティやウェルビーイングといった部分に重きを置いている。A3からもそうした〈Audi〉の理念がビシビシ伝わってきます。こんなクルマが傍にあったら、いつも気分よくステアリングを握れるでしょうね」

〈Audi〉が誇るプレミアムコンパクトA3があれば、近場のカフェまでのショートドライブも楽しくなりそうだ。なおここで町田さんが手にする万年筆は、いまA3を試乗すると抽選でプレゼントされるもの。町田さんは手書き派で、台本には常にメモをびっしりと書き込むほか、与えられた作品ごとに専用ノートを作って役作りをしているそうだ。

「スマホに思いついたことを打ち込むこともありますが、やっぱり字を書くという行為はすごく脳にいいと思うんですよ。頭の中が整理されて、のってくると考えるより先に手が動くこともある。中でも万年筆は、かける圧力によって字の太さが変わるところがいいですね、読み返したときに、書いたときの自分の気持ちが鮮明に蘇ってきますから」

いま〈Audi〉A3を試乗した方に抽選でオリジナル限定万年筆をプレゼント

〈Audi〉A3を試乗した方を対象に、各ディーラーから抽選で計1200名様にご覧のオリジナル限定万年筆をプレゼントするキャンペーンを開催中。こちらはSafariとドイツの筆記具ブランド〈ラミー〉とのコラボレーションで製作したもので、万年筆本体はもちろん、万年筆ケースにも、Audi/LAMYのダブルロゴが入るスペシャルな品だ。この機会をお見逃しなく。

キャンペーン開催期間:2024年3月1日(金)~3月31日(日)

※表示の写真は欧州仕様車です。
※表示の写真は欧州仕様車です。
[アウディ A3 スポーツバック 30 TFSI アドバンスド]
Audi A3 Sportback 30 TFSI advanced
●全長×全幅×全高:4345×1815×1450mm
●車両重量:1320kg
●ホイールベース:2635mm
●総排気量:999cc
●最高出力:81kW(110PS) / 5500rpm
●最大トルク:200Nm(20.4kgm) / 2000 ‒ 3000rpm
●駆動方式:FWD
●税込み価格(税込):368万円

Information

●アウディコミュニケーションセンター
TEL:0120-598-106
URL:www.audi.co.jp

[町田啓太さん着用衣装]
ジャケット92万9500円、ポロシャツ12万9800円、パンツ20万3500円、シューズ〈参考色〉9万3500円(以上ブリオーニ/ブリオーニ クライアントサービス)

●ブリオーニ クライアントサービス
TEL:0120-200-185
写真=田中駿伍、森水 智 スタイリング=石川英治 ヘア&メイク=KOHEY 文=吉田 巌 構成=堀川博之
photo:Shungo Tanaka(MAETTICO) Satoru Morimizu(STUH) styling:Eiji Ishikawa(TABLEROCK) hair&make-up:KOHEY text:Iwao Yoshida(Jumanbariki) composition:Hiroyuki Horikawa
玉木一史ジャパン ジェネラルマネージャーに聞くイタリアの至宝〈マセラティ〉の真の魅力とは?
SPONSORED
2024.04.25 NEW

玉木一史ジャパン ジェネラルマネージャーに聞く
イタリアの至宝〈マセラティ〉の真の魅力とは?

SUV“グレカーレ”が日本カー・オブ・ザ・イヤーの“10ベストカー”に選出されるなど、日本の高級車市場においてますます存在感を増しているイタリアの名門〈マセラティ〉。日本市場を統括する玉木一史に、このブランドが好調である理由を分析してもら…

TAGS:   Urban Safari Cars
俳優・山﨑賢人が語る〈サンローラン〉の新作バッグの魅力!大人のお洒落をキメるのは上質感と遊びのあるデザイン!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

俳優・山﨑賢人が語る〈サンローラン〉の新作バッグの魅力!
大人のお洒落をキメるのは上質感と遊びのあるデザイン!

大人のお洒落を考えるうえで重要なポイントになるのがバッグ。上質な素材と丁寧な作り、そして“ワザあり”なデザインの三拍子が揃ったバッグが、着こなしをさりげなく格上げしてくれる。そこで注目したいのが〈サンローラン〉。見た目も使い勝手も申し分な…

TAGS:   Fashion
テーブス海が〈エンポリオ アルマーニ〉を華麗に着こなす!自分に限界を作らないから無限の可能性がある!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

テーブス海が〈エンポリオ アルマーニ〉を華麗に着こなす!
自分に限界を作らないから無限の可能性がある!

空高く自由に舞うイーグルをあらゆるボーダーを超えていくシンボルとして掲げ、信念をもって挑戦する人々を鼓舞し続けている〈エンポリオ アルマーニ〉。様々な壁を越えて高く舞い上がり、まだ見ぬ理想の世界を求めて進む自由な精神を、今シーズンも体現し…

TAGS:   Fashion
〈UMITO〉で叶う新しい別邸スタイル!贅沢ステイはいつも“海のアリーナ席”!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

〈UMITO〉で叶う新しい別邸スタイル!
贅沢ステイはいつも“海のアリーナ席”!

平日は都会、週末は海辺という二拠点のライフスタイルが叶うのがUMITO(ウミト)。最大の魅力は、オーシャンフロントの絶景を独占できること。さらにシェアリングサービスと、不動産・別荘やホテルのいいところを併せ持つ“新しい暮らしの形”が実現可…

TAGS:   Lifestyle
色と素材で差がつく〈タトラス〉の新作!初夏のビーチで差がつく格上ウエア!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

色と素材で差がつく〈タトラス〉の新作!
初夏のビーチで差がつく格上ウエア!

大人のビーチスタイルに必要なのは、落ち着いた色使いと上質な素材感。そうすれば、肩肘張らず自然体でいられて、気持ちよく過ごせる。そこで注目したいのが、〈タトラス〉の新作ウエア。優しげなトーンから爽やかな色合いまで幅広く揃う。

TAGS:   Fashion
甘~いカラーが新鮮な〈ラルフ ローレン〉の新作!どこかに“ピンク”でレトロな夏スタイル!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

甘~いカラーが新鮮な〈ラルフ ローレン〉の新作!
どこかに“ピンク”でレトロな夏スタイル!

ピンクは甘い雰囲気の中に、心理的に優しさや思いやりを与える効果があるカラー。だからといって、女性的で男性には似合わない……なんて、決めつけないで! 同じピンクでもスモーキーなトーンなら、南国テイストとレトロなムードがうま~くミックス。大人…

TAGS:   Fashion
〈テーラーメイドアパレル〉で真夏のラウンドをエンジョイ!夏のゴルフは快適&スタイリッシュが常識!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

〈テーラーメイドアパレル〉で真夏のラウンドをエンジョイ!
夏のゴルフは快適&スタイリッシュが常識!

暑~い夏のラウンド。涼しく快適にプレイしたいけれど、それだけに気を取られているようではまだまだ。そこで、ゴルフファッションにもうるさいモデル&タレントの石倉ノアが、この夏にぴったりのゴルフコーデを紹介。〈テーラーメイドアパレル〉のふたつの…

TAGS:   Fashion
〈ラコステ〉のゴルフラインでオンもオフも充実!レトロなウエアで夏ゴルフを満喫する!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

〈ラコステ〉のゴルフラインでオンもオフも充実!
レトロなウエアで夏ゴルフを満喫する!

ここ数年のゴルフファッションは“レトロ”がキーワード。色や柄を駆使して、どこか懐かしいムードが漂うアイテムが大豊作! そんななか、この春夏の新作として注目したいのが、〈ラコステ〉のゴルフウエアだ。マルチボーダーやクラシックな総柄をまとった…

TAGS:   Fashion
〈ベル&ロス〉の新作はセラミックのラグスポ顔!リゾート姿を格上げるタフな真っ黒時計!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

〈ベル&ロス〉の新作はセラミックのラグスポ顔!
リゾート姿を格上げるタフな真っ黒時計!

解放感漂うビーチリゾートでは、コーディネートも自然とラフになってしまいがち。では着こなし以外で、大人らしいクラス感を演出できる手立てはないものか?その最適解は〈ベル&ロス〉の“BR 05 ブラック セラミック”モデルにある。ジュエリーのよ…

TAGS:   Fashion Watches
英国の老舗〈バブアー〉の新作に注目!ヘビロテ必至の大人の夏の定番!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

英国の老舗〈バブアー〉の新作に注目!
ヘビロテ必至の大人の夏の定番!

大人の夏の定番アイテムといえば、Tシャツやポロシャツがその代表。そこに異論がある人はいないと思うが、肝心なのは、そんな定番にどんなものをチョイスするかということ。ここがセンスの分かれめというワケ。で、注目したいのが英国の老舗〈バブアー〉の…

TAGS:   Fashion
〈カシラ〉の新作は素材と柄で違い出し!モノトーンの帽子が“街映え”の決め手!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

〈カシラ〉の新作は素材と柄で違い出し!
モノトーンの帽子が“街映え”の決め手!

被るだけで、コーデがぐっと見違える帽子。これからの季節、シンプルな着こなしが多くなってくるが、そんなときでも個性出しが簡単に叶う。とはいえ、主張がありすぎるとワル目立ちしたり、浮いて見えたり。で、おすすめは大人っぽくまとまるモノトーン。素…

TAGS:   Fashion
大人の男によく似合う〈エルケクス〉の新作!夏の休日に着たい“アースブルー”のシャツ!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

大人の男によく似合う〈エルケクス〉の新作!
夏の休日に着たい“アースブルー”のシャツ!

空、海、建物、標識……、地球上には様々なブルーがあるけれど、シャツだって同じ。なにしろブルーシャツは濃度や柄のバリエが多彩。素材感が違うだけでもガラリと印象が変わってくる。そこで着目したいのが、地球上の“アースブルー”をシャツに落とし込ん…

TAGS:   Fashion
男のかっこよさはデニムで決まる! 着心地とシルエットの揃った、〈リプレイ〉のデニムにクギづけ! 
SPONSORED
2024.04.19

男のかっこよさはデニムで決まる! 
着心地とシルエットの揃った、〈リプレイ〉のデニムにクギづけ! 

男のファッションは“シンプル”が基本。だからこそ飾らないデニムの風合いは、いつの時代も魅力的に映るのだろう。シルエットや色落ちに多少のトレンドはあるけれど、ベーシックなデニムを長く愛用するのも、芯がとおっていてかっこいい。で、そんな王道デ…

TAGS:   Fashion
Always, My Dear Ocean海の近くで暮らす夢は〈UMITO〉が叶えてくれる。
SPONSORED
2024.03.29

Always, My Dear Ocean
海の近くで暮らす夢は〈UMITO〉が叶えてくれる。

いつか、海の近くに住んでみたい。そんな夢を思い描いている人は多いよう。というのも、仕事のリモート化が進んでからというもの、実際に海沿いの家の人気はうなぎのぼりだからです。ただ、都会の暮らしを手放したくないのも事実ですよね。だからといって、…

プロサーファー・市東重明が体感した、新型“トライトン”の魅力!いつでも自由に!自分らしさを貫く男に似合う武骨なピックアップトラック
SPONSORED
2024.03.29

プロサーファー・市東重明が体感した、新型“トライトン”の魅力!
いつでも自由に!自分らしさを貫く男に似合う武骨なピックアップトラック

本格ピックアップトラックとして世界中で愛されてきた〈三菱自動車〉の“トライトン”が、12年ぶりに国内投入。三菱がラリーの世界で磨き抜いた4WDシステムで高い走破性を実現する一方、唯一無二の個性を主張する精悍なデザインは、「“冒険”の定義を…

TAGS:   Cars

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ