Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2021.11.27

135台が集結!
“マクラーレン・トラックデイ・ジャパン 2021”ってどんなイベント!?

ラグジュアリーで高性能なスーパーカー〈マクラーレン〉。そのオーナーが一同に会する年に一度のイベント“マクラーレン・トラックデイ・ジャパン 2021”が、11月14日(日)に富士スピードウェイにて開催された。オーナーとその関係者しか体験できないイベントの中身とは? さっそくご紹介しよう。

135台が集結!“マクラーレン・トラックデイ・ジャパン 2021”ってどんなイベント!?今年、10周年を迎えるマクラーレン・オートモーティブは、11月14日(日)に2年ぶりとなる〈マクラーレン〉オーナーに向けての走行イベント“マクラーレン・トラックデイ・ジャパン 2021”を開催。今回で8回めを数えるこのイベントには、これまでで最大数となる135台の〈マクラーレン〉が日本全国から集結した。

〈マクラーレン〉といえば、言わずと知れたラグジュアリーなスーパーカーブランド。GT、スーパーカー、F1をはじめとしたモータースポーツ、アルティメットモデルなど、そのポートフォリオは多岐にわたる。そして、スーパーカーでありながら、ただアグレッシブなだけではなく、デザインが上品で乗り心地も快適というのがこのクルマを語るうえでのキーワード。そんな魅力を備えた〈マクラーレン〉オーナーたちは、年に一度のこのイベントをとても楽しみにしているのだ。 

 
135台が集結!“マクラーレン・トラックデイ・ジャパン 2021”ってどんなイベント!?ピット内には、滅多に見られない〈マクラーレン〉F1カーや“スピードテイル”などのモデルがラインナップ。ここではクルマの写真を自由に撮影することができ、なかにはYouTubeライブでピットの様子を配信する人も。車種によっては試乗も可能なものもあった
そもそもこのイベントは、〈マクラーレン〉の魅力を多くの人が共有するとともに、オーナー同士の交流の場を設けたいという主旨から、マクラーレン・オートモーティブが主催してきたもの。ビギナーからエキスパートまで自分のレベルに合わせてサーキットを走行できるのはもちろん、ドライビングテクニックの指導を受けられる“ドライビングアカデミー”や、自分で運転しなくてもサーキット上で〈マクラーレン〉を体感できる“サーキット・タクシー”、山中湖周辺のツーリングツアーなど、多角的に〈マクラーレン〉が楽しめるプログラムで構成。さらに、マクラーレン・オートモーティブが用意した一部のクルマには試乗も可能といったサービスも。〈マクラーレン〉好きにはたまらないひとときなのは間違いない。 

 

135台が集結!“マクラーレン・トラックデイ・ジャパン 2021”ってどんなイベント!?当日展示された中には、名車“マクラーレン・セナ LM”も。〈マクラーレン〉の最高峰であるアルティメットシリーズに属し、あのアイルトン・セナに敬意を表して名づけられた1台だ
サーキット走行がメインのイベントとはいえ、家族で参加するオーナーも多く、小さい子供の姿も目立つ。カップル、オーナーの友人同士での参加もあった。そんな中、ピットの真上にはゆったりとくつろげるオーナーラウンジが設けられていて、そこで提供される気軽な朝食やランチを楽しみながらサーキット走行を見る人も。また、ほかに設けられたイベントルームでは、ネイルサロン、ドライビングシミュレーター、手作りジュエリーコーナーなど、楽しいアクティビティも用意。走行を楽しむオーナー以外の女性や子供たちも楽しめて、実にアットホームな雰囲気に包まれているのがこのイベント。それが、ほかのカーイベントと大きく違うところだろう。

そして、12時過ぎからは、いよいよこのイベントの醍醐味であるパレード・ランがスタート。135台の〈マクラーレン〉がサーキットにズラリと並ぶのは、まさに壮観のひとこと。〈マクラーレン〉720スパイダーを含め、クルマを何台か所有しているというオーナーは、このイベントの楽しさをこう語った。

「ほかのオーナーとクルマへのこだわりや想いを語りつつ走行を楽しむこのイベントは、去年はコロナ禍の影響でなかったので、とても楽しみに参加しました。今回で3回めの参加となりますが、やはり同じクルマを所有しているという共通意識があるので、話も弾みますよ。そして、サーキットを走行してみて、つくづく〈マクラーレン〉というのは、サーキットを走ることを前提につくられたクルマだなと思いました。特に自分が実感するのはコーナーリングです。安定していて、ほとんどブレないのがすごい。もうすぐ日本にも来るらしいハイブリッドカーの“アルトゥーラ”の話もトークイベントで聞けたし、ほかのオーナーと情報交換するのも楽しいです。また是非参加したいです」 

 
135台が集結!“マクラーレン・トラックデイ・ジャパン 2021”ってどんなイベント!?リオパラリンピック走り幅跳び銀メダリスト山本 篤さん
また、イベント当日開催されたトークショーの最後の会では、スペシャルゲストとして、アスリートの山本 篤さんが登場。会場をわかせイベントは幕を閉じた。

〈マクラーレン〉好きが一堂に会し、交流を深めるこのイベント。自分の〈マクラーレン〉でサーキットを走れるのは至福の時間に違いないが、その一方で人と人とを繋ぐのも〈マクラーレン〉。晴れてオーナーになったら、是非参加してみてはいかがだろう。 

 

文=大嶋慧子 
品があって洒落感が出る〈ヘルノ〉の新作!大人の余裕は春アウターで決まる!
SPONSORED
2024.02.24 NEW

品があって洒落感が出る〈ヘルノ〉の新作!
大人の余裕は春アウターで決まる!

分厚い冬アウターを脱ぎ捨てて、身も心も軽やかになるこの季節。でもだからこそ気を抜かずに、しっかり大人の品格を意識して春アウターを選びたい。そこで注目したいのが〈ヘルノ〉の新作。品があって洒落ているうえ、ほどよくトレンドを加えた格上の1着が…

TAGS:   Fashion
槙野智章が着る〈ディーゼル〉の春スタイル!ラフなデニム姿こそアクティブ派の正装!
SPONSORED
2024.02.24 NEW

槙野智章が着る〈ディーゼル〉の春スタイル!
ラフなデニム姿こそアクティブ派の正装!

サッカー日本代表選手として活躍し、引退後も精悍なルックスと軽快なキャラクターでメディアを賑わす槙野智章。アクティブ派としての印象も強いだけに、ラフなスタイルがよく似合う。カジュアルなお洒落の定番、デニムアイテムに〈ディーゼル〉らしい現代的…

TAGS:   Fashion Denim
大人に似合う1着は〈タトラス〉にあり!海で差がつく映えるアウター
SPONSORED
2024.02.24 NEW

大人に似合う1着は〈タトラス〉にあり!
海で差がつく映えるアウター

少しずつ暖かくなってきて、週末のビーチ通いが待ち遠しくなる季節。海に映えるデザインで、サッと羽織れる春アウターがあれば、これほど心強いことはないのでは? であれば、チェックすべきは〈タトラス〉の新作。素材、デザイン、機能性のすべてを満たす…

TAGS:   Fashion
〈ルイ・ヴィトン〉のファッションショーに初参加!【密着】金メダリスト堀米雄斗が体験したこと!
SPONSORED
2024.02.06

〈ルイ・ヴィトン〉のファッションショーに初参加!
【密着】金メダリスト堀米雄斗が体験したこと!

さる1月16日(木) 、パリにて開催された〈ルイ・ヴィトン〉2024 メンズ・ファッションショー。メンズ クリエイティブ・ディレクター ファレル・ウィリアムスが手掛けるショーとしては、2023年6月のパリ、11月30日の香港に続き3回め。…

【時計】大人好みの本格志向に唸る〈シチズン〉プロマスターSKY武骨で精悍なパイロットウォッチが都会派カジュアルを格上げする!
SPONSORED
2024.01.25

【時計】大人好みの本格志向に唸る〈シチズン〉プロマスターSKY
武骨で精悍なパイロットウォッチが都会派カジュアルを格上げする!

ウィンターシーズンの都会派コーデはモノトーンが主役。落ち着いた雰囲気は大人らしさを引き立てるから、愛用している人も多いだろう。けれども、それだけではまわりと差がつかないのでひと工夫ほしいところ。そこで頼りにしたいのが時計。存在感のある1本…

TAGS:   Watches
〈グルーベル・フォルセイ〉の新作は唯一無二の存在感!シンプルな装いに合わせる複雑時計で特別な手元に!
SPONSORED
2024.01.25

〈グルーベル・フォルセイ〉の新作は唯一無二の存在感!
シンプルな装いに合わせる複雑時計で特別な手元に!

オタク傾向の強かった複雑時計も、いまやスタイリッシュに進化を遂げつつある。その代表格が〈グルーベル・フォルセイ〉。なかでも新作の“YOSHIDA スペシャルモデル”はブラックをまとい、ファッションとの相性もいい。時計愛好家はもちろん、男た…

TAGS:   Fashion Watches
〈ベル&ロス〉の新作はラグジュアリーな近未来デザイン!大人のスポカジに映える個性派スケルトン時計!
SPONSORED
2024.01.25

〈ベル&ロス〉の新作はラグジュアリーな近未来デザイン!
大人のスポカジに映える個性派スケルトン時計!

アクティブなスタイルも身につける腕時計でイメージは激変。そこで押さえたいのが〈ベル&ロス〉の新作スケルトン時計だ。黒に映えるメタリックなムーブメントに、プリズムのように輝く風防で、近未来感あるデザインが目を引く1本。ジュエリー的な贅沢さと…

TAGS:   Fashion Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ