Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2019.03.27


どうせ乗るなら カブらない1台がいい!?

さすがに納車1、2年待ちの超高級車には手は出せないけど、それでもまわりとカブらないクルマが欲しい! そんな人は、こんな個性的で新しいフランス車はいかが?


[DS 7 クロスバック]
DS 7 CROSSBACK


朗報である。誰にかって? 人と同じことをしたり、同じものを持ったりするのが嫌いな人に、だ。それがこの〈DS〉7 クロスバック。どうです、なかなかかっこいいでしょ!


「〈DS〉(ディーエス)ってナニ?」と思った方も多いことだろう。自動車雑誌を読んでなければわからないし、たまに読んでも滅多にお目にかかれるシロモノでもない。なんたって一番新しい欧州のカーブランドだからね。知名度はこれから。

実は〈シトロエン〉独立したブランドで、パワートレーンやシャシーは共有する部分が多い。というか、会社は同じグループPSAだから生産工場も同じ。ずばり、コンセプトは“高級フランス車の復活!”。戦前は高級車揃いのフランス車だが、今となっては、〈シトロエン〉、〈プジョー〉、〈ルノー〉といった大衆コンパクトカーばかり。お洒落で扱いやすいサイズのハッチバックが頭に浮かぶ。キビキビとした走りのヤツね。


そこで生まれたのが〈DS〉。元ネタは1955年にリリースされた〈シトロエン〉DSで、「まるで宇宙船?」と評されたアバンギャルドなデザインのクルマだ。アメリカのTVドラマ『メンタリスト』で主人公パトリック・ジェーンが乗っていたのだから、キャラクターづけがよくわかる。ちょっと変わり者で、よくいえばインテリジェンスがあって個性的。そのイメージのまま、高級フランス車復活の使命を受け〈DS〉ブランドは誕生した。

この〈DS〉7 クロスバックは当初スタートした〈DS〉3、〈DS〉4、〈DS〉5に次ぐ4番め。カテゴリーは流行りのSUVで大人5人が乗れて荷物もしっかり載せられる。で、特徴は2つ。アバンギャルドなデザインと、〈DS〉の伝統に倣う雲の絨毯に乗っているかのような乗り味。その乗り味はドライブモードで変えられ、電子デバイスが事前に路面を読みこみダンパー調節し、フラットなライドを提供するモードもある。まさにこれぞ〈DS〉って乗り心地だ。


デザインは実車を見てもらえればわかるように、ディテールまでかなり凝っている。LEDライトの点き方は妖艶だが、ダイヤモンドステッチのインテリアトリムは高級感いっぱい。それにエンジンスタートとともに回転して現れるB.R.M社製のアナログ時計も見逃せない。

といったようにこのクルマは個性的。まだまだ少数派なので街ですれ違うことがないし、乗れば快適。人と同じが嫌なインテリジェントなアナタにおすすめ!


ほかにもある!

このクルマの楽しみ方&使い方


元ネタになった〈シトロエン〉DSはデザインもそうだが、乗り心地が独特であったことで知られる。その理由はハイドロニューマチックと呼ばれる油圧式のサスペンション。エンジンをかけると車体がゆっくり上がってから走りだす。そして路面のどんな凸凹も吸収し、快適なキャビンを作ってしまうのだ。

この背景には、実はフランスの道路事情も関係していた。パリもそうだが、街は石畳が多く、郊外では木の根っこが路肩まで広がっている未舗装の道路が多かったからだ。そこでフランスメーカーは考えた。一般的にフランス車の乗り心地がいいとされるのはそんな理由がある。

で、当時のハイドロニューマチック式サスペンションを現代的に解釈したのが、この〈DS〉7 クロスバックに採用されるDSアクティブスキャンサスペンション。ドライブモードを“コンフォート”にすると、フロントガラスに装着されたカメラが前方5~25mの範囲の路面をモニタリングし、最適なダンパーの減衰力調整を電子制御する。要するに、路面状況を事前に読んでサスペンションが準備してくれるというものだ。いいでしょ、コレ!高級車っぽくて。仕組みはちょっと違うけど3000万円級の超高級車にもこんな装置付いてたっけ。

ということで、この辺の乗り心地もご賞味ください。試しに乗ってみてもかなり感動しちゃうんじゃないかな!?


ココにもソソられる!


01 運転支援システム
この辺のシステムはもちろん最新!

DSコネクテッドパイロットというのが最新の運転支援システム。精度の高いマルチファンクションカメラとミリ波が前のクルマを追従、レーンをキープしながら運転支援する。ドライバーはステアリングに軽く手を添えるだけでOK!

02 インテリア
知れば知るほど脱帽です!

クラスを超えたデザインとはこのこと。スイッチのデザインからダイヤモンドステッチまでまさに高級車的。アンビエントライトの光り方も独特だ。でも一番は、ひっくり返って現れるアナログ時計。ちなみに日本仕様は右ハンドルのみ。

03 パワートレイン
個性的なエンジンから選択を!

エンジンはガソリンの1 . 6ℓ 直4ターボとディーゼルの2ℓ 直4ターボがある。前者が225 ps、後者は177 psだが、最大トルクは300 Nm、400 Nmと逆転! ガソリンは〈BMW〉と共同開発したもの。今年、本国ではプラグインハイブリッド発表の噂も。

Information

SPECIFICATIONS
DS 7 クロスバック グランシック 
●全長×全幅×全高:4590×1895×1635㎜
●ホイールベース:2730㎜
●エンジン:2ℓ 直4ターボディーゼル 
●トランスミッション:8速AT 
●最高出力:130 kW(177 ps)/3750rpm 
●最大トルク:400 Nm/ 2000 rpm 
●車両重量:1700 kg 
●駆動方式:前輪駆動 
●定員:5名 
●税込み価格562万円 
● DSコール
TEL:0120-92-6813

雑誌『Safari』 4月号 P240・241掲載

文=九島事務所 text : Kushima Office
〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?
SPONSORED
2019.04.19

〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!
宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?

人生を謳歌するには、常識という枠にとらわれてはいけない。たとえば世界中の空を旅していながらも、いずれはその翼を宇宙へ広げようと思いを巡らせる。そのくらい大きなスケールで物事を考えてこそ、人生の充実感を存分に味わえるというものだ。そして、そ…

TAGS:   Watches
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
SPONSORED
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
SPONSORED
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
SPONSORED
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
SPONSORED
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
SPONSORED
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
SPONSORED
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
SPONSORED
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
SPONSORED
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
SPONSORED
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ