Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2020.04.29

限定100台で登場!
ホライゾンブルーのGRスープラにはどんな価値があるのか?

4月28日、GRスープラに新たに“ホライゾンブルー”の日本国内専用モデルが加わった。限定数は100台でグレードは直列6気筒モデルのRZ。2019年に発売したブランド初のマットカラーの限定車“マットストームグレーメタリック”に多数の応募があったことを考えると、新色の限定車も争奪戦が予想されるというもの。そこで今回は、この限定GRスープラの内容をお伝えするとともに、このクルマが持つ価値についても触れてみたい。


 

 

気持ちよすぎる直6エンジンが47hpアップ!

クルマ好きはすでにご存知かと思うが、実は今年2月にアメリカ・フロリダ州にて改良型GRスープラの2021年モデルがすでに発表されている。こちらは米国市場向けで限定1000台。今回発表された日本国内向けモデルは、その米国市場向けモデルとほぼ同様のスペックを得たものとなっているようだ。

従来モデルとの違いは、まずはエンジン。最高出力が335hp/5000~6500rpmから382hp/5800~6500rpmへ、実に47hpも積み上げたものに生まれ変わった。最大トルクも365lb.ft(約50.5kgm)から368lb.ft(約50.9kgm)へとパワーアップ。さらに0-60マイル(約96km/h)加速においては3.9秒を実現。従来よりも0.2秒短縮するタイムを叩き出しているというのだから、スリリングな走りにさらに磨きがかかったということになる。

この点に対して〈トヨタ〉側では、「エンジンが改良されたことにより、どこまでも加速する爽快感が増した」とコメント。さらに「ボディ剛性アップやサスペンションチューニングも施すことで、これまでよりもさらに高い次元でドライバーの思うとおりの操作が可能になり、どんな道でも楽しく、安心してドライブできる」としている。



『Safari』では、これまでGRスープラを数回ドライブする機会を得ているが、矢のようにどこまでも加速していくサマや、バツグンの回頭性でコーナーにグイグイと入りこみ、腰元を押されながら駆け抜けていく爽快感は別格のものだった。特に低回転域から豊かなトルクを生み出し美しいサウンドを奏でる直列6気筒エンジンは、気持ちよいドライブの最高の相棒だ。このエンジンと対話するように、高回転域をキープしながら2速から4速の間でシフトアップとダウンを繰り返すコーナリング体験は、本当にたまらない。そんな中、今回のパワーアップと数々のチューニングにより、これらすべての快楽度が上がったというから、それはまさしく朗報。こちらとしても、すぐにでもそのドライブフィールを体感したくなってくる。 

 

“ホライゾンブルー”に愛着が湧く理由!


この限定車の一番の特徴といえるのが“ホライゾンブルー”と名づけられたボディカラーだ。これまでGRスープラの中でブルーといえば、ネイビーに近い“ディープブルーメタリック”が設定されていただけだったが、今回加わった“ホライゾンブルー”はご覧のとおり透明感が感じられる明るいトーン。スポーティなGRスープラがさらに軽快な印象に。同時に、爽やかな品のよさを湛えているようにも見えてくる。


そんなカラーを見るにつけ気になるのは、なぜGRスープラの限定色に“ホライゾンブルー”が選ばれたのかということ。さっそく〈トヨタ〉に質問をしてみたところ、以下のような返答があった。

「サーキット、市街地、カントリーロードなど、どんな風景でも映えるのがブルー。また、ブルーには心身を落ち着かせ、集中力を乱さない効果があるといわれています。今回の改良によって車両性能が向上しましたが、そこから生まれるワクワク・ドキドキする時間をしっかり感じとってもらいたいとの願いからこの色を選択しました。加えて、ドライブから戻りガレージに停めたブルーの愛車を見て、その内にある情熱を受け取ってもらいたいとの思いも込められています。また、今回の改良によって、これまでよりもさらに、いつまでも・どこまでも走っていたくなるクルマになりました。ネーミングに関してもホライゾン=水平線という名が示すとおり、壮大な空の下、どこまでも続く水平線のようにいつまでも、ずっとこのブルーの愛車とともに走って、ともに過ごしてほしいという思いがあります」とコメント。愛着を持って乗り続けられるクルマであることを強調している。

そしてなにより、この“ホライゾンブルー”のGRスープラの登場に、「スポーツカーをもっと心から楽しもう!」といった明るくポジティブなメッセージが窺えるのがいい。そこに共感できるのは、『Safari』がカリフォルニア的なライフスタイルの素晴らしさを大事にしてきた点とも無関係ではない。

アメリカ西海岸といえば、すぐに思い浮かぶのが青い空と青い海。背の高いヤシの木が並ぶサンタモニカあたりの海岸線には、“ホライゾンブルー”のGRスープラがよく似合うのは誰だって想像がつくだろう。その一方、アメリカ西海岸はクルマ天国。セレブに限らずそこでポジティブに暮らす人々は、自分にとって本当に楽しいと感じるクルマや必要なクルマを素直に選び、カーライフを謳歌している。

つまり、スポーツカー好きがスポーツカーを楽しむのに、なんの垣根もないってこと。そんな自由なマインドを持って、“ホライゾンブルー”のGRスープラを楽しめたらどんなにいいだろう。文字どおり、いつまでもずっと、水平線の彼方まで走り続けたくなるのではないだろうか。


さらにブルーに関していえば、日本人のブルー好きもこの限定車の人気に拍車をかけそうだ。たとえば高級時計の日本限定モデルで多いのがダイヤルにブルーをあしらったもの。もちろんファッションでも、ブルーデニムは定番中の定番。さらには『Safari』6月号でもブルー特集が組まれるなど、ブルーのアイテムへの関心がとても高まっている。もちろんクルマをトレンド視するわけではないが、クルマには「これぞ」といった似合う色がある。

そこへいくと、“ホライゾンブルー”のGRスープラはまさに“似合う色を纏ったスポーツカー”ではないだろうか。リセールバリューを気にしてブラックやホワイトのクルマばかりを選んでいるうちは、本当に好きで愛着が持てるクルマに出合う可能性は低くなる。それは、みなさんが一番よくご存知だろう。 

 

“ホライゾンブルー”のGRスープラの価値を伝えたい!

GRスープラはアメリカでも人気が高く、並みいる欧州ブランドと比べても見劣りすることはないスポーツカー。それどころか、アスリートを思わせる引き締まったフォルムは唯一無二の美しさ。こんなクルマを相棒にすることができれば、ライフスタイルも充実したものになるし、なによりクルマ好きの心が満たされるのは間違いない。

『Safari』ではそんなGRスープラの価値を認め、これまで積極的に情報発信してきたが、今回“ホライゾンブルー”のGRスープラ発表を機に、実は数台のオーダーを申請した。もし幸運にも確保できたら、『Safari』公式オンラインショッピングサイトである『Safari Lounge』にて販売すると同時に、この限定車にまつわる様々な企画もご用意したい。そこには、少しでも多くの『Safari』ファンのみなさんに、本当に価値のある、そして愛着の持てる本物のスポーツカーを楽しんでいただきたいという思いがある。今後の動きに関しては、決まり次第随時お伝えできればと思うのだが、ここではいったん報告まで。乞うご期待! 

 

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉のワザありアウターどこから見てもサマになる楽ちんスタジャンが週末の相棒!
SPONSORED
2020.09.25

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉のワザありアウター
どこから見てもサマになる楽ちんスタジャンが週末の相棒!

冬アウターを羽織るには早すぎるし、シャツやロンT1枚だけではなんだか心もとない……。そんなときに頼れるのが着心地のよいスウェットだが、プルオーバーやパーカだとマンネリになりがち。とくれば、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注したスウ…

TAGS:   Fashion
〈ビーセカンド〉で見つけた、海外セレブ愛用の〈ボーラー〉!チビロゴで差をつける格上の贅沢フーディ!
SPONSORED
2020.09.25

〈ビーセカンド〉で見つけた、海外セレブ愛用の〈ボーラー〉!
チビロゴで差をつける格上の贅沢フーディ!

フーディといえばついビッグロゴに頼りがち。だが、セレブの休日を覗いてみると案外、無地やチビロゴのシンプルな1枚だったりする。確かに素材感やデザインが上質なら、その選択はより大人っぽい。オランダのプロサッカー選手が手掛けた〈ボーラー〉なら、…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロウライフ〉のマルチカラーの1着!フードの着脱で印象が変わる2WAYパーカで週末を遊ぶ!
SPONSORED
2020.09.29

〈ムータ〉×〈ロウライフ〉のマルチカラーの1着!
フードの着脱で印象が変わる2WAYパーカで週末を遊ぶ!

海男が大好きなアイテムといえばパーカ。でも、スウェット素材は冬を乗り切れない!?でも、〈ロウライフ〉が〈ムータ〉に別注したボンディング素材なら、ど〜んと来い!ウェットスーツのような素材だから軽くて暖かく、シーンに応じてフードの着脱も楽しめ…

TAGS:   Fashion
男たちのリアルなJEEPライフ! Volume 02仕事にも波乗りにも頼れる風格ある1台!
SPONSORED
2020.09.25

男たちのリアルなJEEPライフ! Volume 02
仕事にも波乗りにも頼れる風格ある1台!

スタイリストとして本誌『Safari』でも活躍する浅井秀規さん。撮影などで都内を奔走する平日、そして大好きな波乗りに出向く貴重な休日。相棒になっているのは風格たっぷりの〈ジープ〉"グランドチェロキー"。彼の愛車選びの基準とは?

TAGS:   Cars Lifestyle
澄んだ空気のような〈ブルガリ〉の新作フレグランス!頂上を目指す大人に似合う気高い"エアー"の香り!
SPONSORED
2020.09.28

澄んだ空気のような〈ブルガリ〉の新作フレグランス!
頂上を目指す大人に似合う気高い"エアー"の香り!

山の頂に登った者だけが知っている、雪の結晶のように澄み切った空気。自然界のエレメントにインスパイアされた‟ブルガリ マン”コレクションから新しく登場したフレグランスは、そんな‟エアー”がテーマ。類いまれなエナジーを体現するフレグランスは、…

TAGS:   Health&Beauty
アクティブライフを丸抱え!冒険の頼れる相棒は〈ランドローバー〉ディスカバリー!
SPONSORED
2020.09.25

アクティブライフを丸抱え!
冒険の頼れる相棒は〈ランドローバー〉ディスカバリー!

クルマ選びは「まずはSUVから」、なんてご時世。でも、クルマ選びの要点は“自分のライフスタイルに合っているかどうか”ってこと。最近じゃカタチだけのSUVも多いから、そこで選択を誤ると、“ただ流行に乗ってしまっただけ”ということになりかねな…

TAGS:   Cars
ペア使いもシェアもできる〈ティファニー〉の新アイコン!彼女と使えるジュエリーなら2人の絆はもっと深まる!?
SPONSORED
2020.09.25

ペア使いもシェアもできる〈ティファニー〉の新アイコン!
彼女と使えるジュエリーなら2人の絆はもっと深まる!?

〈ティファニー〉を象徴する‟T”を、上品かつ力強い新アイコンとして表現した‟ティファニーTワン”。第1弾の登場は4月なので、ハイセンスな女性なら当然知っているかも。今回紹介する新作はそのジェンダーレスなデザインを踏襲。ペア使いやシェアにも…

TAGS:   Fashion
ライフスタイルで〝大小〞を選べる〈MCM〉の新作!週末を華やかにする大人のための品格バッグ!
SPONSORED
2020.09.25

ライフスタイルで〝大小〞を選べる〈MCM〉の新作!
週末を華やかにする大人のための品格バッグ!

ちょっとした外出にはミニバッグがちょうどいいけど、ジム通いなどには容量のある大きなバッグがやっぱり便利。どちらを使うにしても、こういう普段使いのバッグに特別感があることって、週末を楽しくする演出として意外と大切なことかも。そこで〈MCM〉…

TAGS:   Fashion Lifestyle
体操界をリードする内村航平選手が共感する〈ロンジン〉の新作!挑戦し続ける男に似合うパイオニア精神の宿る1本!
SPONSORED
2020.09.25

体操界をリードする内村航平選手が共感する〈ロンジン〉の新作!
挑戦し続ける男に似合うパイオニア精神の宿る1本!

技の難易度と精度、そして美しさを追い求めるのが体操競技。日本体操界の“生きるレジェンド”である内村航平選手は、その競技人生において、過去に誰も成し遂げていない偉業を達成し続けてきた。歴史的な冒険者たちへの敬意を込めた〈ロンジン〉の新作時計…

TAGS:   Fashion Watches
星条旗柄が効いた今季の〈パーリーゲイツ〉!〝アメリカ~ン〞な気分ならゴルフはもっと楽しい!
SPONSORED
2020.09.25

星条旗柄が効いた今季の〈パーリーゲイツ〉!
〝アメリカ~ン〞な気分ならゴルフはもっと楽しい!

スコアにこだわらず、ゴルフを思いっきり楽しんでプレイするなら、まずはウエアから気分を上げていくのが一番手っ取り早い方法!? で、そんなエンジョイゴルフに最適なブランドといえば、やっぱり〈パーリーゲイツ〉。今シーズンは、“アメリカ~ン”な星…

TAGS:   Fashion
〈Gステージ〉の異素材ミックスなら遊び心たっぷり!デニムシャツのように羽織るダウンで脱・マンネリ!
SPONSORED
2020.09.25

〈Gステージ〉の異素材ミックスなら遊び心たっぷり!
デニムシャツのように羽織るダウンで脱・マンネリ!

アメカジ好きの大人なら、これまで何本もデニムを穿いてきたはず。ならば、この秋は“羽織る”デニムを新たに加えてみては!? といっても、Gジャンやデニムシャツではなく注目したいのが、〈Gステージ〉のダウン。長年着こんだデニムの味を生地とプリン…

TAGS:   Fashion Denim

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ