Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.09.20


“小さなクルマ”の 一番大きなヤツ!?

かつて時代が必要とした小さなボディ。そんな〈ミニ〉も最近では様々なモデルがラインナップ。なかでも、“今の時代”が求める最大・最強の1台といえばコレ!


[MINI ジョン・クーパー・ワークス・クロスオーバー]
MINI JOHN COOPER WORKS CROSSOVER



人間というのは身勝手なもんで、景気がよくなるとまわりのモノすべてを大きくしたがる傾向がある。家や会社、街までも大きくしたり。クルマもそう。1950年代のアメリカに象徴されるように、サイズがすべての評価に値する時代もあった。もちろん、こうした行為で景気がさらに上向くのであれば、それに越したことはない。が、なにか“危機”的なことが起こると一気にシュリンク。経済危機や地域紛争をきっかけに小型化が進む。諸刃の剣だ。

とはいえ、そこから生まれる偉大なアイデアもある。なにを言いたいかというと、〈ミニ〉はそうして生まれたからだ。きっかけは'56年のスエズ動乱。それまでにない省エネの必要性から、この歴史的なコンパクトカーが考え出されたのだ。



あれからおおよそ60年。現在の〈ミニ〉はその役目を果たしながらも時代のニーズとともに変化、そして進化している。その最も象徴的なモデルがコレ、〈ミニ〉ジョン・クーパー・ワークス・クロスオーバー(以下JCW)。象徴的なのは、デフォルトの3ドアハッチバックと真逆だから。〈ミニ〉ファミリーの中で一番サイズが大きくかつ巨大なパワーを誇る。よって保守的なミニファンからは否定的な声もなくはない。「このサイズでミニとはいえないよ」、と。だが、すでにご承知の方も多いように、クロスオーバーは大ヒット。家族が増えた〈ミニ〉オーナーからの乗り替えもそうだし、新規顧客も獲得した。つまり、まさに時代の産物なのだ。

JCWというとハイパワーもそう。〈ミニ〉のゴーカートフィーリングはそもそも小さなエンジンで軽快に走ることを意味していた。だが、ときが経てば嗜好も変わる。小さくてハイパワーならどんなに楽しいか! となる。JCWはそんな時代の移り変わりで誕生したが、ここにもしっかり歴史に裏づけられた意味があるのが〈ミニ〉の素晴らしさ。ただかっこいいから造ったというシロモノではない。


歴史という点では、先日元ネタとなるジョン・クーパーさんのお孫さんにお会いした。彼の名はチャーリー・クーパー。現在〈ミニ〉のアンバサダーをしている。祖父とチャーリーの父に当たるジョン・マイケル・クーパーさんが〈ミニ〉を所有する〈BMW〉とライセンス契約し、JCWはスタートしたのだから、もはやファミリービジネスといえそうだ。

それはともかく、時代の産物となるこのクルマはまさにトレンドど真ん中。注目しないわけにはいきません。

ほかにもある!
このクルマの楽しみ方&使い方


なんたってJCWである。モータースポーツ界のレジェンド、ジョン・クーパーの名がついているのだから価値は高い。ジョン・クーパーは'50年代F1のコンストラクターも務めていたほどメジャーな存在だ。そのため日本でも〈ミニ〉のことを“ミニクーパー”とワンワードで呼ぶ人が今もいるほど。そもそも〈ミニ〉とクーパーは別ものだが、そのくらいインパクトがあったと言ってもいいのかもしれない。それはともかく、JCW クロスオーバーはスタンダードモデルとかなり違う。エンジンはもちろん、フロントバンパー、リア・スポイラー、サイド・スカットル、スポーツ・エギゾースト・ツイン・テールパイプ、ホイールといった、見た目のお化粧だけにとどまらず、JCW スポーツ・サスペンションやスポーツ・ブレーキといった運動性能の部分でも大きく手が入っている。要するに、そもそも走らせて楽しい〈ミニ〉をさらに色濃くしているのだ。インテリアもそう。JCW スポーツ・シートやJCW スポーツ・レザー・ステアリング・ホイール、ステンレススチール製ペダル、それにJCWのロゴがドア・シルにも付いていたりと大サービス。気分は高まるってもんでしょ!

ということで、「やっぱ別モノ!」となるJCW。わかる人には当然のこと、わからない人にもなにか違う! と思わせるワザのてんこ盛りに感動間違いなし!

ココにもソソられる!



01 加速力
JCWならではの加速感にニヤリ!

JCWファミリーが搭載する2ℓ直4ターボエンジンの出力は231PS。これは歴代〈ミニ〉のラインナップの中でのトップパワー。でもってこのクルマの0-100km/h加速は6.5秒。SUVらしからぬ加速がまさに〈ミニ〉。この加速感はさすが!

02 フットワーク
足元のお化粧もしっかりメイク

JCW スポーツ・サスペンションが装着される足まわり。でもってホイールはご覧の専用18インチがJCWの世界観を醸し出す。赤いブレーキ・キャリパーに印されたJCWロゴにも注目。軽快なフットワークながら乗り心地がいいのもポイント。

03 レーシングスピリット

もちろん妥協はありませんから!

JCWにはご覧のロゴマークが各所に配置される。もちろんこれは単なるお飾りではなく、ジョン・クーパーというレジェンドにまつわるもので、世界中のレースファンが一目置く。そしてそれが走りに妥協がないことを証明してくれるのだ。

Information

SPECIFICATIONS
ミニ JCWクロスオーバー
●全長×全幅×全高:4315×1820×1595㎜
●ホイールベース:2670㎜
●エンジン:2ℓ 直4 DOHC MINIツインパワー・ターボ
●最高出力:170kW(231PS)/5000rpm
●最大トルク:350Nm /1450-4600rpm
●トランスミッション:8速AT
●車両重量:1630kg
●駆動方式:四輪駆動 
●定員:5名
●税込み価格579万円
●MINI カスタマー・インタラクション・センター
TEL:0120-3298-14

雑誌Safari10月号 P160・161掲載

文=九島事務所 text : Kushima Office
ビーチで着るアメカジは〈ブルックス ブラザーズ レッド フリース〉で!夏気分を盛り上げる海に似合う柄アイテム!
SPONSORED
2019.04.25

ビーチで着るアメカジは〈ブルックス ブラザーズ レッド フリース〉で!
夏気分を盛り上げる海に似合う柄アイテム!

夏といえば灼熱の太陽に青い海、輝く白い砂浜。そして、いつもより大胆になれる、陽気な“柄モノ”を着て出かけたい季節では? たとえばマドラスチェックだったり、トロピカル柄だったり……。そんな海に似合う夏気分な柄アイテムを〈ブルックス ブラザー…

TAGS:   Fashion
大人サーファーに似合う1枚は〈シーグリーン〉で手に入れる!ビーチで着るならやっぱり海を感じるプリTがいい!
SPONSORED
2019.04.25

大人サーファーに似合う1枚は〈シーグリーン〉で手に入れる!
ビーチで着るならやっぱり海を感じるプリTがいい!

初夏の日差しが気持ちいいビーチには、やっぱりリントTが似合う。そして、そこらへんの小僧サーファーと同じにならないプリTを選びたいなら、〈シーグリーン〉のロゴTがいい。海好きにササるモチーフを西海岸っぽくアレンジした1枚は、ビーチでひと際目…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス アンダーウェア〉があれば夏旅も安心!バカンス先で重宝するのは心地いい部屋着!
SPONSORED
2019.04.25

〈ポール・スミス アンダーウェア〉があれば夏旅も安心!
バカンス先で重宝するのは心地いい部屋着!

年齢を重ねると、旅先での格好も「大人としてだらしなくないか」などいちいち人目が気になったりする。でもリゾートの一番の目的は、のんびりすること。服だって“いかに心地よく過ごせるか”が大事なはず。だから、ちょっと意外かもだけど上質なルームウエ…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉で快適にお洒落する!夏のJKスタイルは爽やか素材で涼しげに!
SPONSORED
2019.04.25

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉で快適にお洒落する!
夏のJKスタイルは爽やか素材で涼しげに!

きちんと感の演出のために、暑い夏でも重そうなジャケットをヤセ我慢して着るなんて考え方はもはや時代遅れ。涼しげな素材をジャケットやインナーに投入して、爽やかな季節にふさわしいお洒落を楽しむのが、今どきのスタイル。で、注目したいのが〈ブラック…

TAGS:   Fashion
〈ビーセカンド〉がイチオシする〈チャイナタウン マーケット〉に注目!遊びの効いたロゴ入りなら 休日姿も脱・マンネリ!
SPONSORED
2019.04.25

〈ビーセカンド〉がイチオシする〈チャイナタウン マーケット〉に注目!
遊びの効いたロゴ入りなら 休日姿も脱・マンネリ!

ユーモアや遊び心がわかるということは、心に余裕があるってこと。いい年の大人なら、それを見た目でも感じさせたい。そこでマークしたいのが、〈ビーセカンド〉がセレクトしたアメリカ生まれの〈チャイナタウン マーケット〉の新作。おやっ!?とお洒落心…

TAGS:   Fashion
夏カジュアルの主役はやっぱり〈ヴァンズ〉!西海岸スタイルに差がつく海Tシャツと街Tシャツ!
SPONSORED
2019.04.25

夏カジュアルの主役はやっぱり〈ヴァンズ〉!
西海岸スタイルに差がつく海Tシャツと街Tシャツ!

“たかがTシャツ、されどTシャツ”とはよく言ったもので、夏カジュアルはTシャツ選びが最大のヤマ場。ついプリントだけで選びがちだが、実は色も大事だって知ってた? そう、シーンに応じて色を使い分ければ、いつものTイチ姿も見違えるはず。おまけに…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着で爽やかさを倍増!海好き男の週末はマリンなパーカが主役!
SPONSORED
2019.04.25

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着で爽やかさを倍増!
海好き男の週末はマリンなパーカが主役!

モチーフや色使いから、潮風を感じられる服。夏が近づくと一段と、マリンテイストのアイテムが恋しくなってくる。そんな人にこそ是非袖を通してほしいのが、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注をかけた新作パーカ。都会的センスのボーダー柄やキャ…

TAGS:   Fashion
〈BMW〉の新型“Z4”に特別仕様の限定車が登場!大人の所有欲を刺激するプレミアムなオープンカー!
SPONSORED
2019.04.25

〈BMW〉の新型“Z4”に特別仕様の限定車が登場!
大人の所有欲を刺激するプレミアムなオープンカー!

〈BMW〉の走りの遺伝子を受け継ぐロードスター。クルマ好きなら知らない人はいないあの“Z”の系譜に、新型モデルがお目見えした。と、ここまではご存知の人も多いかと。しかしこの新型“Z4 M40i”の登場に合わせて、30台限定の特別限定車も存…

TAGS:   Cars
コレで毎日がもっと刺激的になる!週末スタイルが見違えるとっておきのアイテム!【Vol.1】
SPONSORED
2019.04.25

コレで毎日がもっと刺激的になる!
週末スタイルが見違えるとっておきのアイテム!【Vol.1】

昼間はすでに夏を感じる陽気でも、朝晩が冷えこむこの時季の気候は、憧れの西海岸とそっくり。ということは、まだまだお洒落を楽しめるってこと。そんな季節だからこそ、改めて身のまわりを確認して、脱・マンネリを狙える個性派アイテムを揃えておくべき。…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ