Safari Online

SEARCH

STAY&TRAVEL ステイ&トラベル

2017.09.28


【第93回】最高の絶景を撮影するために3000m級の山へアタック!

 バカンスは、いい写真を撮るためにするものだと言い切るダスティン。彼にとって写真を撮ることは、仕事でもあるが、一番の趣味でもあるため、最高の気晴らしになるんだとか。その中でも思い出深いのが、3000m級の山にアタックしたアクティブな旅。頂上付近から撮った写真は、人生最高の1枚に…

 バカンスは、いい写真を撮るためにするものだと言い切るダスティン。彼にとって写真を撮ることは、仕事でもあるが、一番の趣味でもあるため、最高の気晴らしになるんだとか。その中でも思い出深いのが、3000m級の山にアタックしたアクティブな旅。頂上付近から撮った写真は、人生最高の1枚になったそう!


黒トーンでまとめた
大人のグランジスタイル

 LAの注目ブランドである〈ヴィンス〉のロング丈カーデを基軸にしたグランジスタイル。ダークトーンかつクリーンな生地感のもので構成しているので、リラックスしたシルエットながらも都会的な印象に。〈オールセインツ〉のスラックスは、あえてくるぶし丈で穿くことで、足元に軽さを演出している。


Profile

〈ディータ〉クリエイティブディレクター

ダスティン・エドワード・アーノルド
1983年生まれ。幼少期はサンフランシスコで育ち、スケートボードやパンクバンドに熱中。アートセンターカレッジオブデザインを卒業後は、〈レクサス〉や〈フォルクスワーゲン〉などの大手自動車メーカーの広告制作に携わる。その後〈ディータ〉に入社し、現在は広告やカタログなどすべてのディレクションを担当している。 

 数多くのハリウッドセレブたちを顧客に持つロサンゼルス発のプレミアムアイウエアブランドである〈ディータ〉。今回登場してくれたダスティンは、広告や店舗のデザインなどを統括するクリエイティブディレクターを務め、カタログでは自ら撮った写真を使うほど、プロ級の腕を持つ。彼のバカンスはちょっと変わっていて、なんと美しい風景を撮ることが、最優先なんだとか。

 「自分にとっての最高のバカンスは、最高の1枚を求めて旅することなんだ。美しい山々や青い海を撮るためにバカンスに行くこともあるけど、のんびりと過ごすことはなくて、いい写真を撮るために動きまわっているよ(笑)。ある程度、旅先を絞った後にグーグルマップのストリートビューで入念に下調べをするんだ。それでここならいい写真を撮れると手応えのある場所に向かうんだ」

 その中でも思い出深いというのが、オーストリアとドイツの国境にあるツークシュピッツェ。ドイツ最高峰の山で2962mとかなり標高が高い。

 「全日程は6泊7日。まずはチューリッヒの空港でレンタカーを借りて、自走でツークシュピッツェへ向かったんだ。現地に着くとゴンドラと徒歩で登っていくんだけど、カメラ機材があるから本当にハードで。写真を撮っているときに、なぜか野生の羊15匹くらいの群れに襲われたりもしたね(笑)。現地に泊まりこんで、いろんなシチュエーションで写真を撮ったんだけど、サンライズとともに撮ったランドスケープが最高の1枚かな。そういうものが撮れるとハードな旅でもすごい幸せな気分になるんだよ。普段から写真を撮っているけど、こういうことはバカンスじゃないとできないからね」

 そのほかによかったのは、コペンハーゲンとハワイのヒロだと語る。

 「コペンハーゲンは教会を中心とした美しい建物がフォトジェニックだったね。ヒロはヘリをチャーターして、火山を撮ったんだけど、荒々しい大自然を写真に収められたよ。家族で行ったけど、海を楽しんでいないのは、僕だけだね(笑)」


旅慣れ大人の必須アイテム Best3!

〈TRAVELING MUST ITEM 1〉〈ソニー〉のα6500
軽くて動画も撮れるバカンスの最高の相棒!
 APS-Cミラーレス機であるα6500は、コンパクトなサイズで4K動画まで撮れる機能性が魅力。
「使っているレンズは〈カールツァイス〉。動画も手軽に撮れるのがいいね」



〈TRAVELING MUST ITEM 2〉フレグランスとデオドラント
リラックスするためのフレグランスはマスト!
 ともにボディスプレーで、左はNY発ブランド〈ヒアティックパフューム〉、右は〈イソップ〉。
「ともに天然素材で作られているからいい。旅の滞在先ではルームスプレーにも」



〈TRAVELING MUST ITEM 3〉〈ディータ〉のサングラス
どんなシーンでも使える小ぶりなアビエイター

 最近気に入っているのが、“スペースクラフト”というアビエイターモデル。
「バイクにも乗るから、日常的に使っている。海や山は紫外線が強いから、バカンスでも心強いんだ」




心に残るバカンス BEST3!

〈MY FAVORITE DESTINATION 1〉ツークシュピッツェ in AUSTRIA
 オーストリアとドイツの国境にある3000m級の山。
「標高は高いんだけどゴンドラもあるし、暖かい季節であれば、そんなに難しいルートではないんだ。とにかく自然が美しい場所だね!」



〈MY FAVORITE DESTINATION 2〉ヒロ in USA
 “ 旧きよきハワイ”が色濃く残るハワイ島最大の街。
「家族で行ったんだけど、海もきれいだし、独特な南国ムードがいいね。個人的には街よりも、まだ残る大自然がおすすめかな」



〈MY FAVORITE DESTINATION 3〉コペンハーゲン in Denmark
 港町として古くから発展してきたデンマークの首都。
「北欧のパリと呼ばれるだけあって、旧い建物が多く、フォトジェニックなものばかり。霧がかかったときは本当に幻想的」


Information

雑誌Safari11月号 P324・325掲載

写真=鈴木規仁 文=佐藤周平 photo : Norihito Suzuki text : Shuhei Sato

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈リアップエナジー〉は海好き男の強い味方!アフターサーフは頭皮ケアにも手を抜かない!
SPONSORED
2019.09.30

〈リアップエナジー〉は海好き男の強い味方!
アフターサーフは頭皮ケアにも手を抜かない!

アクティブな週末を過ごしている人って、なんだか若々しく見えません!? とりわけ波乗りがライフスタイルの一部になっている海好き男は、1年中日焼けしているせいか精悍さもひとしお。でも、実はその日焼けや海水が頭皮にダメージを与えているのはご存知…

〈Gステージ〉で秋のカジュアルは見違える!使えるスリーピースがあれば週末スタイルはカンペキ!
SPONSORED
2019.09.30

〈Gステージ〉で秋のカジュアルは見違える!
使えるスリーピースがあれば週末スタイルはカンペキ!

サーフィン、ジム、ショッピング、デート……、大人の週末はなにかと忙しい。それに合わせて着こなしも考えなきゃいけないから大変だ。そんな悩みを解消してくれるのが、〈Gステージ〉のセットアップ。ジャケット、ブルゾン、パンツが同素材で揃うから、着…

TAGS:   Fashion
都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!
SPONSORED
2019.09.26

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!
街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!

心地よさを重視する大人であれば、パンツはストレッチ入りが一番。ただ、ゆるすぎる“楽パン”では、街で穿くには少し気が引けるわけで……。で、頼りになるのが〈セオリー〉。NY生まれのブランドらしく、どのパンツもよく伸びるのに印象はとっても都会的…

TAGS:   Fashion
ひと味違う海スタイルは〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉で!さりげなお目立ちアイテムで海上がりにも差をつける!
SPONSORED
2019.09.26

ひと味違う海スタイルは〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉で!
さりげなお目立ちアイテムで海上がりにも差をつける!

自分がかっこいいと思えるスタイルを追い求めながら波に乗ることは、サーフィンの醍醐味のひとつ。海上がりのファッションだって、それは同じ。ひと味違うスタイルで、まわりとさりげなく差をつけたい。〈ムータ〉と〈ロイヤル フラッシュ〉がコラボしたス…

TAGS:   Fashion
ひと味違う着こなしが狙える〈ディーゼル〉の新作!都会派のミリタリーなら黒デニムも“ワザあり”で!
SPONSORED
2019.09.25

ひと味違う着こなしが狙える〈ディーゼル〉の新作!
都会派のミリタリーなら黒デニムも“ワザあり”で!

男らしいコーデを楽しむのに一番確実な方法は、ミリタリーの要素を取り入れること。そのとき、タフな印象を格上げすべくデニムを合わせる、なんてのも常套手段。それも黒デニムなら、ミリタリー要素の野暮ったさのみを打ち消し、すっきりしたコーデに。特に…

TAGS:   Fashion Denim
〈ボス〉の1着は機能的なのにラグジュアリーさりげない大人の色気は“艶あり”のダウンで狙う!
SPONSORED
2019.09.25

〈ボス〉の1着は機能的なのにラグジュアリー
さりげない大人の色気は“艶あり”のダウンで狙う!

最近のダウンJKは、選択肢が多彩。だからといって、クセのある柄やデザインを選ぶと、大人の品格に欠けるってことも。であれば、色はいさぎよくシンプルな無地にし、質感で勝負してみるのはどう!? 〈ボス〉の“艶あり”ダウンJKなら、さりげなく男の…

TAGS:   Fashion
〈オーデマ ピゲ〉のエキシビションが開催!“時計以上”の価値を求めたブランドの神髄を探る!
SPONSORED
2019.09.25

〈オーデマ ピゲ〉のエキシビションが開催!
“時計以上”の価値を求めたブランドの神髄を探る!

〈オーデマ ピゲ〉といえば誰もが知っている高級時計の代名詞。とはいえ、そんな〈オーデマ ピゲ〉の存在は知っていても、その“本当の価値”を知っている人は案外少ないのでは? 10月19日から11月4日の間、六本木は東京ミッドタウンにて〈オーデ…

TAGS:   Watches
あえての脱・定番狙いは〈タトラス〉の1着で!2着めのダウンなら渋色の柄モノを選ぶ!
SPONSORED
2019.09.25

あえての脱・定番狙いは〈タトラス〉の1着で!
2着めのダウンなら渋色の柄モノを選ぶ!

街でも海でも頼りになるのがダウンジャケット。着まわしの効く定番色はすでに持っている人も多いと思うけれど、大人の洒落感で差をつけたいなら、渋いトーンの柄モノを選ぶのも手。良質かつスタイリッシュなダウンで人気の〈タトラス〉なら、2着めにぴった…

TAGS:   Fashion
着こなしのアップデイトは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!お洒落上手な大人ならデニム選びで差をつける!
SPONSORED
2019.09.25

着こなしのアップデイトは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
お洒落上手な大人ならデニム選びで差をつける!

デニム遍歴の長い大人ともなれば、その好みは大抵決まっているもの。でも、同じようなものばかり穿いているせいで、ワンパターンな男に見られているかも!? そうならないためにも、〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉の個性派デニムで、いつものスタイ…

TAGS:   Fashion Denim
寒いシーズンにも着たいのは〈ラコステ〉のあの1枚!定番のポロシャツも秋冬なら“長袖”が正解!
SPONSORED
2019.09.25

寒いシーズンにも着たいのは〈ラコステ〉のあの1枚!
定番のポロシャツも秋冬なら“長袖”が正解!

夏場には、不動の定番として活躍したフランスのプレミアム カジュアルブランド〈ラコステ〉のポロシャツ。秋を迎えたら、それを長袖に選手交代してみては!? ちょっとした外出もラフになりすぎずに品格が出るし、旅先では旅慣れた大人にふさわしいさりげ…

TAGS:   Fashion
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 05“ゴルフ・デスク”を使って憧れのコースで優雅にプレイ!
SPONSORED
2019.09.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 05
“ゴルフ・デスク”を使って憧れのコースで優雅にプレイ!

ゴルフというスポーツは、ビジネスパートナーとの仕事を超えた関係作りに役立つことも多い。単なる仕事上の付き合いから、本当に信頼できるパートナーとして、その関係性を深められるようコースの手配をすることもあるだろう。そんなときに頼りになるのが、…

TAGS:   Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ