Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2021.12.23


人々を“いい波”に乗せる期待の若手、マックス・ヴァン・ヴィル

ここ数年、若手サーファーの活躍がめざましいカリフォルニア。それに伴い若手シェイパーも注目を集め、サーフ業界が活気に満ちている。今回紹介するマックスもそんなひとり。スタイルのあるシェイパーとして若手だけでなくレジェンドからも一目置かれる期待のホープだ。日本のメディアに初登場という、彼の素顔に迫った。


今月のサーファー
マックス・ヴァン・ヴィル
[MAX VAN VILLE]

人々を“いい波”に 乗せる期待の若手、マックス・ヴァン・ヴィルベルリンよりサーフキャンプ


〈モラスクサーフショップ〉をはじめ、オルタナ系の有名サーフショップで人気上昇中のサーフボードブランド〈VVシェイプス〉。そのシェイパーとして多忙な日々を送っているのが今回紹介するマックスだ。LA育ちの彼は幼少からサーフィンの虜となったひとり。そんな彼ももちろん最初はビギナーだった。

「はじめてのサーフィンはサンディエゴのサン・オノフレ。パスコウィッツという家族が主催するサーフキャンプに参加したんだ」

実は彼の両親は、国際的な感覚と語学を身につけてほしいと、本来であれば彼をベルリンのサマースクールに参加するように計画していたそう。しかしマックスはそれを振り払い、このサーフキャンプを選んだ。“パスコウィッツサーフスクール”とは、50年前から家族ぐるみで経営する、アメリカで一番歴史のあるサーフスクール。彼らの手ほどきによりマックスはみるみる上達した。

「スポーツだけに限らず幼い頃にはじめたものって簡単に習得できるよね。僕の場合もスキルアップのために特別努力したってことはなく、自然に身についていったって感じだったんだ」

サーファーとしてすくすく成長したマックスは、両親のすすめもあり、14歳でロングボードのコンペティションに参加。大会当日、マックスはたった3人のサーファーと海で競うことに。結果、多くの観客に注目されたその緊張感は彼を高揚させ、1回めは幸運にも1位を獲得。しかし、2回めは残念ながら好成績を残せなかったそうで、結局それがマックスにとって人生最後の大会となった。以降、彼はほかのサーファーと競うことに興味を持つことはなくなった。

それからというもの、波を楽しみ、自分を喜ばせるサーフィンに徹するようになったという。10代も半ばになり、すっかりサーフィンが生活の中心となったマックスは、マリブやヴェニスなどLAのビーチから、サン・オノフレ、カーディフなどサンディエゴエリアまで波さえよければどこでも出没するように。スポットごとに一緒に波を楽しむバディもどんどん増えていき、高校進学とともにサーフィンへの情熱もますます高まっていった。

人々を“いい波”に 乗せる期待の若手、マックス・ヴァン・ヴィルマックスがシェイプした〈VVシェイプス〉のボードたち。クラシックだけどモダンなアップデイトも取り入れている

人々を“いい波”に 乗せる期待の若手、マックス・ヴァン・ヴィル自身のブランドのオリジナルアイテムは関係者に配る用。こちらは友人デザインのフーディーとロゴ入りワイングラス

子役出身シェイパー!?


波乗りを楽しみながら自然とスキルを身につけ、サーフィンの虜となっていったマックス。けれど、当時の彼はキッズアクターとしての顔も持っていた。実はマックス、オーウェン・ウィルソンやエイドリアン・ブロディはじめ、有名ハリウッド俳優たちとも共演する人気子役として活躍。

サーフィンが得意ということで『コスタリカン・サマー』というドラマでは、サーファー役を演じたことも。そのため撮影に入ると海には頻繁に通えなかったが、オフの日は波がベストでなくとも海に入ることで、心のバランスを保っていたそうだ。高校卒業後は進学せず、演技の道に専念。しかしある日突然、キャリアチェンジを決意する。

「友人とサーフショップに立ち寄ったときに、ボードのブランクスを目にして、ふとシェイピングに興味を持ったんだ」

ブランクスとは、サーフボードのコア部分を形成するフォームのこと。彼はそのブランクスを目にした瞬間からシェイパーへの道がはじまったと振り返る。それからすぐに知り合いのシェイパーに10時間だけレクチャーを受け、その後は独自のやり方を模索しながら現在のスタイルを生み出していったそうだ。

「自分で削ったボードを自分でテストライドすることがなによりも大切。とにかくいろんな波で乗り心地をテストするんだ。そこで実際にカラダで感じた感触を頼りに、修正や強化を加えて進化させていくんだよ」

クラシックサーフのコンセプトを継承しつつ独自のモダンなテクニックを融合させたマックスのボード〈VVシェイプス〉は、若いサーファーだけでなく、レジェンドクラスのサーファーにも高く評価されている。そんなマックスが目標とするのはサンディエゴの巨匠、スキップ・フライだ。

「80歳近い現在でも現役サーファーでシェイパー。彼のボードは乗るたび夢の中を浮くような乗り心地で、僕が目指すのもそんな感触。余談だけど、彼と僕はレイカーズの大ファンで、先日グッズをあげたら喜んでくれたよ」

人々を“いい波”に 乗せる期待の若手、マックス・ヴァン・ヴィル愛車のメルセデスのサーフバンにはショートとミッドレングスのボードを常備

人々を“いい波”に 乗せる期待の若手、マックス・ヴァン・ヴィル友人とDIYしたシェイピングルーム。内壁はマックスの好きなカリフォルニアグリーン

夜は音の波に乗る


フローに満ちたライフスタイルを送るマックス。実はDJとしても活躍しており、シェイパーと二足の草鞋を履いている。

「約15年前にハリウッドでDJをはじめたんだ。主に’90sダンスミュージックをまわしているね。最近のお気に入りはガイ・コンタクトというアーティスト。昔から人を踊らせるのが好きで、今でもそれを追求しているよ」

子役として活動していた頃から、DJへの憧れが強かったというマックス。いつかサウンドシステムやミキシングのスキルを身につけたいと思っていたそうで、日中はメルローズにあるシェイピングルームでボードをビルドし、夜はインターネットでレコードをディグするという青春時代を送ったとか。

好奇心旺盛なマックスは、一度興味を持つととことん究めたくなり、独学で自分なりのやり方を見出し習得してしまうよう。現在はDJ MAXVとして、週4回ほどレギュラーで出演。サンタモニカの高級ホテル〈フェアモント ミラマー〉のプールサイドに併設されているバーやヴェニスビーチに近いイタリアンレストランで活躍している。

「音楽と波はすごくマッチしていると思う。どちらも乗れると楽しいよね」

自作のボードで人々にいい波を楽しんでもらい、自分のDJでいい音楽に乗ってもらう。お客さんをエキサイトさせ、幸せを分かち合うのはどちらにも共通しているのかもしれない。

そんな彼の次なる目標は、コロナが明けたら、シェイパーとしてだけでなくDJとしても日本でツアーを行うこと。みんなを熱気の渦に巻きこみたいね、と笑って語ってくれた。

人々を“いい波”に 乗せる期待の若手、マックス・ヴァン・ヴィル毎週土曜日にDJとしてブースに立つサンタモニカの〈バンガロー〉。多くのファンが彼に挨拶したり差し入れをしたりする

人々を“いい波”に 乗せる期待の若手、マックス・ヴァン・ヴィルシェイピングルームには、’80~’90 sのダンス音楽のカセットテープが並ぶ。音楽もクラシックテイスト!

●ホームポイントはココ!
サン・オノフレ[SAN ONOFRE]
人々を“いい波”に 乗せる期待の若手、マックス・ヴァン・ヴィルオレンジカウンティとの境、北サンディエゴに位置。リーフブレイクでロングライドが楽しめるので、ロガーの聖地ともいわれている。ヴィンテージカーで訪れるレジェンドも多い。一年中安定して波が立つのも魅力のスポット。

Information

雑誌『Safari』1月号 P210~211掲載

“波乗り一代記の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=宮崎良将 文=高橋百々
photo : Yoshimasa Miyazaki(Seven Bros. Pictures) text : Momo Takahashi(Volition & Hope)
上品さがまるで違う〈オーデマ ピゲ〉の新作はいつものアメカジに効くエレガントな日本限定ウォッチ!
SPONSORED
2022.09.25

上品さがまるで違う〈オーデマ ピゲ〉の新作は
いつものアメカジに効くエレガントな日本限定ウォッチ!

リラックスタイムに着たい〈ゼニア〉のカシミヤ!心地よい色と素材で大人の休日を!
SPONSORED
2022.09.24

リラックスタイムに着たい〈ゼニア〉のカシミヤ!
心地よい色と素材で大人の休日を!

センスのいいカラーアイテムを取り入れて、着こなしに磨きをかけたい秋。ならば、〈ゼニア〉が得意とする“オアジ カシミヤ”に注目を。〈ゼニア〉の拠点がある北イタリアの自然公園“オアジ ゼニア”にちなみ、その豊かな自然をイメージしたナチュラルな…

TAGS:   Fashion
玉木 宏が相棒に選ぶのは 〈ルイ・ヴィトン〉の1本!大人の男に似合う存在感のある名作時計!
SPONSORED
2022.09.24

玉木 宏が相棒に選ぶのは 〈ルイ・ヴィトン〉の1本!
大人の男に似合う存在感のある名作時計!

2002年に誕生するや瞬く間に時計業界に一大センセーションを巻き起こした“タンブール”。20周年を迎えた〈ルイ・ヴィトン〉のウォッチコレクションのシンボルともいえる名作を、俳優・玉木 宏が身にまとった。挑戦し続ける精悍な男の腕には、今なお…

大人の週末にぴったりな〈ヘルノ〉の1着!定番の着こなしが見違える格上アウター!
SPONSORED
2022.09.24

大人の週末にぴったりな〈ヘルノ〉の1着!
定番の着こなしが見違える格上アウター!

秋冬のお洒落を左右するのは、なんといってもアウターの存在感。シンプルなデニムとTシャツの着こなしでも、アウターひとつで格上に見せることができる。そこで注目したいのが、イタリアらしい洒落心と機能性が融合した〈ヘルノ〉の新作アウター。バリエー…

TAGS:   Fashion
身にまとうとハッピーな気分になれる〈ディーゼル〉の新作!遊び心ありのデニムで普段をもっと楽しく!
SPONSORED
2022.09.24

身にまとうとハッピーな気分になれる〈ディーゼル〉の新作!
遊び心ありのデニムで普段をもっと楽しく!

身近な存在のデニムだからこそ、ちょとした遊び心ひとつで印象が変わるもの。そこで注目したいのが、魅力的なアイテムが揃う〈ディーゼル〉の新作。得意とするデニムアイテムに、やりすぎにならない程度の絶妙なヒネリを効かせて個性的にアレンジ。いつもの…

〈フォッペ〉はリッチな見た目で装着感もいい!ラウンド中も手放せないフレキシブルなジュエリー
SPONSORED
2022.09.24

〈フォッペ〉はリッチな見た目で装着感もいい!
ラウンド中も手放せないフレキシブルなジュエリー

ラウンド中のスタイルは、どうしたってスポーティにりがち。でも、もう少し大人の色気や貫禄のあるゴルフコーデを楽しみたいって人も多いはず。そんな人なら、1929年から続くイタリアの老舗ジュエラー〈フォッぺ〉に注目。最新技術と熟練した職人技が生…

TAGS:   Fashion
エンジョイするときも本気のときも〈ラルフ ローレン〉で!秋のアメカジゴルファーはアスレジャー風でいく!
SPONSORED
2022.09.24

エンジョイするときも本気のときも〈ラルフ ローレン〉で!
秋のアメカジゴルファーはアスレジャー風でいく!

夏ゴルフと違って、コンディションのいい秋のゴルフは落ち着いた見た目でスマートにこなしたい。加えて、アクティブな印象と実際の動きやすさも欲しいところ。となると、ちょうどいいのが"アスレジャー"風のスタイル。カラーで大人っぽさを、スポーティな…

TAGS:   Fashion
ふたつの顔を持つ〈テーラーメイドアパレル〉!週末ゴルフは気分で着替えてお洒落にプレイ!
SPONSORED
2022.09.24

ふたつの顔を持つ〈テーラーメイドアパレル〉!
週末ゴルフは気分で着替えてお洒落にプレイ!

あなたのゴルフの楽しみ方は、仲間とわいわい楽しむエンジョイ型? それともスコアを追求するアスリート型? でも、意外にその日の気分やメンツで変わる“どっちも”型が多いんじゃない!? だったら、それに合わせてウエアだって着替えるのが正解。〈テ…

TAGS:   Fashion
センスの違いを見せつけるなら〈アー・ペー・セー ゴルフ〉!ひと味違う大人が選ぶのはゴルフの枠を超えたウエア!
SPONSORED
2022.09.24

センスの違いを見せつけるなら〈アー・ペー・セー ゴルフ〉!
ひと味違う大人が選ぶのはゴルフの枠を超えたウエア!

ゴルフウエアってなんだか派手すぎ!? 日頃からそう感じている人も多いかも。そんな中、高品質でベーシックなアイテム作りに定評のある〈アー・ペー・セー〉が、ついにゴルフウエアを発表。ターフ上に馴染むうえに、街使いもしやすそうなアイテムが豊富だ…

TAGS:   Fashion
過去と未来を融合した〈マンシングウェア〉!伝統と歴史を感じさせる進化したゴルフウエア!
SPONSORED
2022.09.24

過去と未来を融合した〈マンシングウェア〉!
伝統と歴史を感じさせる進化したゴルフウエア!

派手なコーデ提案が多いゴルフファッション。でもこの秋、〈マンシングウェア〉が一石を投じるかも!? 今シーズンは“トーン・オン・トーン”をベースに、クラシカルなデザインと快適機能素材を上手に融合させたアイテムが豊富。ほのかにレトロでいい雰囲…

TAGS:   Fashion
今シーズンの〈パーリーゲイツ〉は意外な色使いが新鮮!ゴルフの明るい未来を切り拓くのはもしかして“黒”!?
SPONSORED
2022.09.24

今シーズンの〈パーリーゲイツ〉は意外な色使いが新鮮!
ゴルフの明るい未来を切り拓くのはもしかして“黒”!?

これまでチャレンジングなデザインや柄で、ゴルフファッションの未知なるトレンドを切り拓いてきた〈パーリーゲイツ〉。そんなこのブランドが、今シーズン提案するのはなんと意外にも“黒”! ひょっとしてコレ、華やかさ全盛の近頃のゴルフファッションに…

TAGS:   Fashion
〈ピン アパレル〉のネイティブラインに注目!アクティブなゴルファーならアメリカンなスタイルで!
SPONSORED
2022.09.24

〈ピン アパレル〉のネイティブラインに注目!
アクティブなゴルファーならアメリカンなスタイルで!

アリゾナ生まれの〈ピン アパレル〉。その“ネイティブライン”のテーマは、“色で遊ぶ”。星条旗やネイティブ柄などアメリカンモチーフをゴルフウエアに投入して、アクティブでポップなスタイルを提案。アメカジ好きにササるデザインは、今シーズン注目を…

TAGS:   Fashion
〈Gステージ〉ならゴルフにもドライブにもうってつけ!楽ちんなのに上品なニットのセットアップ!
SPONSORED
2022.09.24

〈Gステージ〉ならゴルフにもドライブにもうってつけ!
楽ちんなのに上品なニットのセットアップ!

ゴルフ場のクラブハウスはドレスコードが厳しめ。行き帰りはジャケット姿が望ましいが、堅苦しい1着だと運転で疲れる。そこで頼りになるのが、〈Gステージ〉の“G-ゼロ”。重力を感じさせないニット素材のセットアップなら楽ちんで上品。アクティブ派に…

TAGS:   Fashion
ここぞのアウターは〈タトラス〉で選べば間違いなし!大人のフリースはちょっと差がつく1着で!
SPONSORED
2022.09.24

ここぞのアウターは〈タトラス〉で選べば間違いなし!
大人のフリースはちょっと差がつく1着で!

たとえ何着持っていても、シーズンごとについ買い足してしまうのがフリース。ところが、ワードローブを見返してみると、無地の定番色ばかりで新鮮さを感じられない。ならば、今期は〈タトラス〉が狙いめ。差のつく色柄や素材、ディテールを備えた1着を選べ…

TAGS:   Fashion
〈エドウイン〉の新作“503”で休日をアップデイト!大人の週末デニムはシーンで穿き分ける!
SPONSORED
2022.09.24

〈エドウイン〉の新作“503”で休日をアップデイト!
大人の週末デニムはシーンで穿き分ける!

生地感や味わいが好みのデニムに出会ったら、いつでもどこでも穿きたくなのがデニム好きの性分。ただ、いい年の大人がそれをやるのはいただけない。そこで頼りになるのが、映える場面が異なる3つのシルエットが揃った〈エドウイン〉の“503”。これを穿…

TAGS:   Fashion Denim
快適アウターをモダンに魅せる〈アルファタウリ〉。見映えする“機能服”なら 街歩きも気分がいい。
SPONSORED
2022.09.21

快適アウターをモダンに魅せる〈アルファタウリ〉。
見映えする“機能服”なら 街歩きも気分がいい。

今期のアウターはどんなものがいいのか? 見た目のよさはもちろんだが、やはり快適で機能的というキーワードは大事にしたい。〈アルファタウリ〉はファッションとテクノロジーの融合を掲げ、あのレッドブル社が設立したブランド。いずれのアウターも快適で…

TAGS:   Urban Safari Fashion
モダンに最適化された〈エドウイン〉“503”。ビジネス映えする王道デニムを知る。
SPONSORED
2022.09.21

モダンに最適化された〈エドウイン〉“503”。
ビジネス映えする王道デニムを知る。

生活スタイルの変化に寄り添い、その時代に合ったベーシックデニムであり続けてきた〈エドウイン〉の“503”。なかでも注目したいのは、現代的な着こなしや体型を分析し、より洗練されたストレートに生まれ変わったレギュラーフィット。変にカジュアル見…

【試乗】〈MINI〉JCW×スポーツトレーナー中野崇:スリルを求める人にぴったりなクルマがある!
SPONSORED
2022.09.08

【試乗】〈MINI〉JCW×スポーツトレーナー中野崇:スリルを求める人にぴったりなクルマがある!

日々競争社会で頑張っている人こそ息抜きが大事。となると、週末はのんびりと過ごす!? いやいや。実は、本当に求めているのは“心の解放”のはず。“なにもしない”もいいけれど、爽快でスリリングな体験を味わってこそ「英気を養える」ってこともある。…

映画『ブレット・トレイン』とパートナーシップを実現!知的でタフな大人の決め手は〈ポリス〉の黒縁メガネ!
SPONSORED
2022.09.05

映画『ブレット・トレイン』とパートナーシップを実現!
知的でタフな大人の決め手は〈ポリス〉の黒縁メガネ!

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ