Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2021.11.22


人気ビーチを見守るサーフショップオーナー、クリスチャン・シュビン

観覧車で有名なピアがシンボルとなっているサンタモニカ。世界中から多くの観光客が押し寄せ、ビーチでは一年中日光浴やサーフィンを楽しんでいる人々の姿が見られる。そんな彼らを優しく導くローカルサーフショップ〈ポセイドンサーフショップ〉のオーナー、クリスチャン。ユニークな魅力を放つ彼のこれまでの歩みを見ていこう。


今月のサーファー
クリスチャン・シュビン
[CHRISTIAN SHUBIN]

人気ビーチを見守るサーフショップオーナー、クリスチャン・シュビン

母はマリブのサーフレジェンド


サーフィンの聖地、マリブ。ここにはファーストポイントをはじめ、無数の有名サーフスポットが存在している。その中でもピアから車で20分ほど北に位置するポイントデュームは、多くのハリウッドセレブが住んでいることでも有名。近くにはローカルだけしかアクセスできないプライベート感満載のビーチもある。そんな場所で育ったクリスチャンは、当然幼少期からサーフィンのある生活が当たり前になっていた。

「母はマリブのレジェンドたちと肩を並べたローカルサーファー。物心ついたときにはすでに母と波乗りを楽しんでいたよ」

そう語るだけあって、はじめて波に乗ったのはいつのことかはっきりと覚えていないそう。でも、クリスチャンは幼いながらにどんどん“宙に浮いているような感覚”の虜となっていった。

実は彼の母、デュアンは1950~1960年代当時にはかなり珍しかった女性サーファー。伝説の女性サーファー、ギジェットと比べられるほどの実力の持ち主だったという。ロングボードを颯爽と乗りこなし、多くの視線を釘づけにしていた母。そんな後ろ姿を見て育ったクリスチャンは、いつしか母のようなエキスパートになりたいと、ひそかにスキルを磨くように。

幸運にもクリスチャンが育ったマリブのポイントデュームはリーフブレイクで、定期的に波が立ち練習するのに最適。さらにこのあたりのサーフポイントはローカルでないとアクセスしにくい、ちょっとしたシークレットスポットが多いので混雑も免れた。そんな環境的な好条件も後押しし、みるみるうちに腕を上げたクリスチャンは10代になる頃にはすでにエキスパートの仲間入りを果たしていた。

地元のサーフコンテストでも度々好成績を収めたが、コンペティションには強い情熱を注げないと自覚。それよりも、世界の様々なスポットの開拓に興味が湧き、サーフトリップにとりつかれてしまった。彼が訪れた海はカリフォルニアだけでなく、メキシコや南米はじめ、ヨーロッパやアフリカまでと、文字通り世界中に及んだ。しばらくするとSUPにもハマり、マリブで有名なビッグウェーバー、レイアード・ハミルトンとも一緒に楽しんだそうだ。

人気ビーチを見守るサーフショップオーナー、クリスチャン・シュビンオリジナルボードはカリフォルニアを象徴するヘルシーカラーで統一。手前のファンボードは初心者でも楽しめる定番人気

人気ビーチを見守るサーフショップオーナー、クリスチャン・シュビンクリスチャンがデザインするオリジナルTは10種類以上!

才能を生かすチャンス


波乗り同様に彼が熱中していたのが、絵。物心ついたときから絵を描くのが好きで、時間さえあればノートにスケッチをしていた。波やサンセット、パームツリー、ワーゲンバスなど、サーフィンを通して目に映るものを模写していたそう。それは彼の習慣になり、やがてはスキルとなる。カレッジではグラフィックを学び、卒業後はグラフィックデザイナーとして順調にキャリアも積んでいく。もちろん多忙なスケジュールのなか変わらず海にも通っていた。

「新人の頃は徹夜が多くて大変なときもあったけど、次第に商業デザインの魅力にハマってね。いつか自分の好きなサーフィンとデザインを融合して仕事に出来ないかな、と考えはじめ、まずオンラインストアを作ったんだ。のちに〈ポセイドンサーフショップ〉と名前を変えこの場所に約10年前に店をオープンさせたんだ」

ポセイドンとはギリシャ神話に出てくる海の神様のこと。サンタモニカのピア側から海の平和を守るよう眺めているストアと、その姿が重なった。ここは観光客が多いだけにビギナーも多く、サーフレッスンも開講。また、得意なデザインを生かしストアのオリジナルTやフーディーなどのアパレルも充実させた。これらはメイド・イン・カリフォルニアにこだわりたいとの思いで、ほとんどマリブの友人にオーダーしている。

ストアに置かれたボードは人気のブランドからセレクトもしているが、クリスチャンがシェイプしたオリジナルのサーフボードも販売。ショートからロングまでバリエーション豊富で乗りやすいと評判だ。特にどんな波でも楽しめるファンボードは定番人気なのだそう。

「シェイプをはじめたのは約7年前。昔からものづくりに興味があって、いつか自分だけの乗りやすいボードをこの手で作りたいと思っていたんだ」

店には4年ほど前からカフェスペースを設置。バリスタの友人に習い猛特訓し、今では彼らの淹れるエスプレッソ目当てにローカルの常連が集うほど。〈ポセイドンサーフショップ〉は毎日朝から賑わう憩いの場となっている。

人気ビーチを見守るサーフショップオーナー、クリスチャン・シュビンカフェもストア同様に朝7時からオープン。写真のエスプレッソはコクがあって味わい深くクセになる

人気ビーチを見守るサーフショップオーナー、クリスチャン・シュビンコロナ禍で昨年より実施していないが、以前は定期的にストアでイベント、パーティが行われていた

旅人もビギナーも迎え入れる


サンタモニカ・ピアからすぐの一等地に店を構える〈ポセイドンサーフショップ〉。ここを10年前にオープンさせ、順調に育ててきたクリスチャン。彼が育ったマリブとは違い、世界中から大勢の観光客で賑わう場所だ。そんな土地柄、常連客の確保は難しそうだが、今ではローカルの固定客も多く、観光客のリピーターも徐々に増えているそうだ。現在ストアを中心に“ポセイドン・コミュニティ”が拡大。初期に比べショップスタッフもかなり増えた。

「週7日オープンの店だけど、今ではまとめて休みが取れるようになったよ。この間休暇が取れた際には、家族とロードトリップでバハに行き、波乗りやキャンプを楽しんだんだ」

ショップだけでなくレッスンも人気で、波がなくてもビギナーがレッスンを申しこむのだそうだ。少し高台になっている店からは、波チェックも可能なのでコーヒー片手にまったり過ごす客も多い。それほど居心地よく、店にいるだけでサーフィンや海の知識が増えてくる。

また、クリスチャンは環境活動家としても有名。ストアでも定期的にビーチクリーンを行いつつ、最近では環境保護団体のイベントをサポートもしている。と、多忙な彼だが、それでも早朝の波チェックは欠かさない。波があればそのまま近くの海に入り、家族と朝食をとるために8時前までには帰宅。店に出る日はそのまま閉店まで業者の対応やスタッフの管理に追われる。休みは週2日だが、緊急対応に追われることも。忙しい日々でも波乗りへの愛が常に軸にあるクリスチャン。いつかストア主催のイベントで日本へも行きたい、と笑顔で語っていた。

人気ビーチを見守るサーフショップオーナー、クリスチャン・シュビンクリスチャンの母は1950~1960年代に活躍した女性サーファー。地元の新聞に取り上げられた記事をストアでディスプレイ

人気ビーチを見守るサーフショップオーナー、クリスチャン・シュビン休み時間はギターセッションも。一緒に楽しむ彼はストアでSUPのインストラクターをしているビーチガイ

●ホームポイントはココ!
サンタモニカ・ピア[SANTA MONICA PIER]人気ビーチを見守るサーフショップオーナー、クリスチャン・シュビン〈ポセイドンサーフショップ〉の目の前に広がるスポットは、サンタモニカピアの左手に位置。ビーチブレイクだがサイズが上がるとショートからロングまで幅広く楽しめる。夏は比較的メローだが、冬はダブルヘッドになることも!

Information

雑誌『Safari』12月号 P234~235掲載

“波乗り一代記の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=宮崎良将 文= 高橋百々
photo : Yoshimasa Miyazaki(Seven Bros. Pictures) text : Momo Takahashi(Volition & Hope)
きっと彼女も笑顔になる〈コーチ〉の新作!格上バッグでホリデーをもっと楽しく!
SPONSORED
2021.12.03

きっと彼女も笑顔になる〈コーチ〉の新作!
格上バッグでホリデーをもっと楽しく!

パートナーと過ごす時間を大切にしたいホリデーシーズン。装いにも少し気合いを入れたいところだけど、そんなときこそ遊び心を忘れずにいたいもの。そこで今回は雑誌『クラッシィ』と本誌がコラボレーションし、〈コーチ〉の新作を纏った中澤佑二さんと松島…

“毎日が楽しくなる”新型〈アウディ〉RS 3! 日本限定車のオンライン予約受け付けも開始!
SPONSORED
2021.11.29

“毎日が楽しくなる”新型〈アウディ〉RS 3! 日本限定車のオンライン予約受け付けも開始!

“RS”の名がついた〈アウディ〉といえば、ハイスペックな性能と切れ味するどい走りでクルマ好きを虜にする最高峰モデル。ところが今度の新型RS 3は、さらに進化した性能に加え、日常ユースにもぴったりというのだから面白い。それはすなわち、パート…

TAGS:   Cars
装いをキリッと引き締める〈エンポリオ アルマーニ〉の新作。都会派の手元に似合う洗練デザインの時計。
SPONSORED
2021.11.30

装いをキリッと引き締める〈エンポリオ アルマーニ〉の新作。
都会派の手元に似合う洗練デザインの時計。

毎日服を着替えるように、シーンや着こなしに合わせて時計もつけ替える。そんなお洒落感度の高い男に似合う時計といえば、やはり〈エンポリオ アルマーニ〉。今シーズンも都会的で洗練されたデザインが豊富に揃ったが、なかでも週末のカジュアルスタイルを…

〈オンリー〉で実現する贅沢素材の普段使い。定番チェスターがカシミヤならその満足度もケタ違い。
SPONSORED
2021.11.30

〈オンリー〉で実現する贅沢素材の普段使い。
定番チェスターがカシミヤならその満足度もケタ違い。

“クオリティ・オブ・ライフ”という言葉を耳にする機会も増え、なにげない日常を快適に過ごすことが大切に思える時代に。オン・オフを問わずに着られる、贅沢なカシミヤコートが注目されているのもそのため。その中でもスーツ工場で仕立てた〈オンリー〉の…

TAGS:   Urban Safari Fashion
〈ハリー・ウィンストン〉ならお洒落の楽しみも倍増!通じ合う2人こそ時計でさりげに色リンク!
SPONSORED
2021.11.25

〈ハリー・ウィンストン〉ならお洒落の楽しみも倍増!
通じ合う2人こそ時計でさりげに色リンク!

彼女とのなにげない日常がどれほど大切なものか。それを実感した人も多いはず。であれば、毎日が幸せになるよう努めるのみ。時計も心が弾むラグジュアリーなものにするとずいぶん違ってくる。たとえば〈ハリー・ウィンストン〉。このブランドの新作なら彼女…

TAGS:   Fashion Watches Jewelry
〈キャデラック〉XT4&CT5で週末をもっと楽しく優雅に!デキる男が選ぶクルマは余裕があるのに走りは俊敏!
SPONSORED
2021.11.25

〈キャデラック〉XT4&CT5で週末をもっと楽しく優雅に!
デキる男が選ぶクルマは余裕があるのに走りは俊敏!

ゆとりをもって過ごせる週末は貴重なひととき。ただ、じっとしていられない性分だけに、時間があれば海に、山に、街にと、ついつい出かけたくなる。そんなアクティブな男たちには、どこに行くにもゆとりたっぷりでグングン走る〈キャデラック〉のクルマが合…

TAGS:   Cars
装いをキリッと引き締める〈エンポリオ アルマーニ〉の新作!都会派の手元に似合う洗練デザインの時計!
SPONSORED
2021.11.25

装いをキリッと引き締める〈エンポリオ アルマーニ〉の新作!
都会派の手元に似合う洗練デザインの時計!

毎日服を着替えるように、シーンや着こなしに合わせて時計もつけ替える。そんなお洒落感度の高い男たちに似合う時計といえば、やっぱり〈エンポリオ アルマーニ〉。今シーズンも都会的で洗練されたデザインのアイテムが豊富に揃ったが、なかでも週末をとこ…

TAGS:   Fashion Watches
冬カジュアルを格上げする〈ロイヤル フラッシュ〉の新作!海上がりに差をつける異素材アウター
SPONSORED
2021.11.30

冬カジュアルを格上げする〈ロイヤル フラッシュ〉の新作!
海上がりに差をつける異素材アウター

冬の海スタイルに欠かせないアウターのひとつが、中綿ジャケット。とはいえ、表地がナイロン素材だと面白みに欠けるし、ウール素材だとマイルドすぎる!? その点、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注した異素材コンビなら、存在感がたっぷり。し…

TAGS:   Fashion
老舗ジュエラー〈タサキ〉の腕時計に注目!大人の冒険心を刺激する個性あふれるタイムピース!
SPONSORED
2021.11.25

老舗ジュエラー〈タサキ〉の腕時計に注目!
大人の冒険心を刺激する個性あふれるタイムピース!

日本を代表するハイジュエラー〈タサキ〉は、本格的なウォッチコレクションでも世界に名高い。クリエイティビティは時計の既成概念を覆し、技術に裏づけられたチャレンジ精神は大人の冒険心を刺激する。まさに現代アートのように、リラックスした大人のカジ…

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ