Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2021.03.22


冷たい海育ちの熱き芸術家!

'60sのサーフカルチャーに憧れて、クラシックなサーフスタイルを究めるオライオン。サーフィンの腕前はしかり、ペインティングやスカルプチュアなどのアート制作からサーフフィルムまで、多岐にわたるプロジェクトを展開するクリエイターだ。ほがらかな人柄の背後には、北カリフォルニアの冷たい海で培われたサーフィンとアートへの熱い思いが感じられた。


今月のサーファー
オライオン・シェパード
[ORION SHEPHERD]

’60sスタイルが彼の師匠


北カリフォルニアの大都市サンフランシスコ。実はこの周辺のベイエリアも南カリフォルニア同様、サーフスポットが密集する地域。特に冬は北うねりのスウェルがブレイクすることでサイズがアップするから、寒さに打ち勝つモチベーションがあるかないかで楽しみ方も変わってくる。今回紹介するオライオンも、そんなベイエリアの厳しい海で鍛えあげられたマニアックなサーファーだ。

「はじめてのサーフィンは14歳のとき、家族旅行で訪れたカウアイ島。ボードに立てた瞬間の興奮は今でも覚えているよ。だけど、そこからコンスタントに波をキャッチできるようになるまで、練習を重ねないといけないわけで……」

以降、上達したい一心で海に通ったオライオン。オーシャンビーチ、パシフィカ、ボリナスはじめ、彼が住んでいたサンフランシスコ周辺のスポットでスキルを磨いた。

「ベイエリアでサーフィンを習得するのはかなりハードなこと。水は冷たいし、年間を通してオンショアが多く、ビッグウェイブを期待できるのは極寒の冬。正直好ましくない条件のなか楽しむしかないんだ」

リドルコレクションの1枚を手にするオライオン。ツートーンカラーが渋い

そんな環境でもモチベーションを保てたのは、’60年代のクラシックサーフへの憧れが大きいそう。

「たまたまテレビで放映されていた『エンドレスサマー』を観て、これこそ理想のサーフィンだと感じたんだ。それから父のサーフヒストリーの本を拝借したり、’60sサーファーがよく特集されていた雑誌『ロングボード』も定期購入したりして読み漁ったよ」

’60sスタイルの虜になってしまったオライオンは伝説的シェイパーの1人、グレッグ・リドルのボード収集もはじめる。友人から借りたリドルの7フィートのボードが、評判より桁違いに乗り心地がよかったことがきっかけだった。

「アーティストで友人のアレックス・コップスがリドルのフィルムを手掛けていた縁もあり、1969年にシェイプされたボードを譲り受けたんだ。その板はノーズがボロボロになるまで乗り倒したよ。以降はローカルの販売サイトで彼のボードを買い漁ったね」

リドルのヴィンテージボードがずらりと並ぶ現在のオライオンのアトリエ。その様子は、彼の’60sへのマニアックな愛を象徴するようだ。

プロジェクトのひとつであるカニの甲羅シリーズ。メキシコなどのビーチで拾った甲羅を加工していく

アートもマニアックに究めたい


そんなオライオンの本業はサーフアーティスト。同じ肩書のつくアーティストは大勢いるが、彼はアート業界の重鎮たちをもうならせる存在として高い評価を得ている。手掛けるジャンルはペインティング、スカルプチュア、コラージュ、シルクスクリーン、さらには映像までとかなり幅広いが、そのどれもに彼自身が追求するオリジナリティが投影されている。

今でこそジャンルの垣根を越えて活躍する彼だが、そのはじまりは絵を描くことだったそう。幼い頃からアート教室に通い絵を習っていたオライオン少年は、高校を卒業するとアートカレッジに進学することを決意。そこで、多様なタイプのアートと出合うことになる。

「カレッジでは洋服を作るクラスもあって、専門の機械で縫製する方法まで教わったんだ」

マルチな才能を開花させているオライオンだが、現在のスタイルにたどりつくまでにたくさんのアーティストから影響を受けたそう。

「なかでも友人でサーファーのジェイ・ネルソンからは多くを学んだよ。アート界へのコネクションを作ってくれたり、ノーリーシュでサーフィンすることも教えてくれたんだ(笑)」

エキシビションに展示されたペインティングの一部。細かい描きこみが秀逸な、ユーモアあふれる作風

また、アーティストのバリー・マギーも師と仰ぐ存在の1人。

「最初に開いたエキシビジョンにバリーが訪れてくれて、それをきっかけに彼のプロジェクトのアシストをすることになったんだ。実は僕の2本めのリドルのボードは、彼から譲り受けたものだよ」

その後、オライオンはサンフランシスコやロサンゼルスのギャラリーでアートショーやエキシビションに参加し続けた。なかでもコンテンポラリーアートを展示しているジャンカー・ジョーンズ・ギャラリーは彼のアートを高く評価している。5年前には〈シャネル〉のホノルル店でフォトグラファーのカノア・ジンマーマンとともに異例のアートショーも開催するなどめざましい活躍ぶりだ。

そんなオライオン、10年前からアート活動と波乗りのため、拠点をLAに移している。現在はダウンタウンの中心地に佇む築100年以上のヴィンテージハウスで、波とアート中心の生活を楽しむ日々だ。

シルクスクリーンでプリントを施したTシャツ。右のTシャツは友人のブランド〈イエローラット〉とのコラボ

誰もが羨むクリエイティブライフ


LAでの生活にもすっかり馴染んだオライオン。ダウンタウンのアトリエでは、いつもなにか新しい試みが行われている。シルクスクリーンによる彼のアパレルプロジェクト〈ショップシェップ〉もここで制作され、アトリエの一部をショールームとして活用している。

「基本的にはTシャツやスウェットシャツに施すシルクスクリーンアートを展開。ヴィンテージやデッドストックのボディを使用して、サスティナブルであることも心がけているよ」

現在は新型コロナウイルスの影響でアトリエを訪ねるビジターは減ってしまったが、それ以前は彼のアパレルを求めて訪れるコアなファンで賑わっていたのだそう。そんなアトリエの外に目をやると、庭にはたくさんの野菜が育っている。彼が手塩にかけて世話をしている家庭菜園で、水やりのついでに成長過程をチェックするのも楽しみのひとつなんだとか。

アトリエの庭でアーバンファームを実現。土いじりをすることでグラウンディングにも繋がるそう

ゆったりと時間の流れる彼の生活は、たいてい早朝の波乗りからスタートする。

「昨日は2回海に入ったよ。たまたま友人がLAに来ていて、一緒にサンディエゴの近くまで行ってサーフィンしたんだ」

話を聞けば、オレンジカウンティとサンディエゴの境にちょっとしたシークレットスポットがあるのだそう。ちなみに、彼のライディングに惚れこんだフィルムメーカーのダナ・ショウが、現在オライオンのパフォーマンスも収めたフィルムを制作中。ますますマルチな才能を発揮し続けるオライオンだが、現在はLAのギャラリーで行われるエキシビションに向けて準備中とのこと。今後の活躍が楽しみだ。

オライオンが手掛けるサーフムービーのアイデアを貼り集めたビジョンボード

●ホームポイントはココ!
ファーストポイント[FIRST POINT]マリブピアの海に向かって右側に位置するリーフブレイク。すぐ脇がファースト、その右隣がセカンド、さらに右隣がサードと呼ばれる。ファーストはライトでロング向き。安定した波で長く乗れるため、多くの人に愛される聖地の1つ。



Information

雑誌『Safari』4月号 P178~179掲載

“波乗り一代記の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=ジェームス・クロスニアック 文=高橋百々
photo : James Chrosniak(Seven Bros. Pictures) text : Momo Takahashi(Volition & Hope)

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈P.M.D.S.〉なら街でも海でも差がつく!大人の週末に映えるワザありフーディ!
SPONSORED
2021.03.31

〈P.M.D.S.〉なら街でも海でも差がつく!
大人の週末に映えるワザありフーディ!

ようやく、アウターなしで軽快に過ごせる季節。かといって、着こなしがシンプルに見えてしまうのはいただけない。そんなときはサラリと羽織るだけで、首まわりに表情が出るフーディの出番。たとえば、〈P.M.D.S.〉のワザありフーディ。ワンマイルを…

TAGS:   Fashion Denim
今季の〈ルシアン ペラフィネ〉は気分上々大人の夏を陽気な色と柄で満喫!
SPONSORED
2021.03.31

今季の〈ルシアン ペラフィネ〉は気分上々
大人の夏を陽気な色と柄で満喫!

2020年にブランド創立25周年を迎えた〈ルシアン ペラフィネ〉。新たな一歩となる2021年春夏コレクションでは、反骨精神あふれるブランドの原点に立ち返るべく“キューバ”をテーマに掲げた。といっても、ミリタリー色の強いコレクションかと思い…

TAGS:   Fashion
ちょっと差がつく服は〈タトラス〉で見つかる!大人のワンマイルはどこかがちょっと違う!
SPONSORED
2021.03.25

ちょっと差がつく服は〈タトラス〉で見つかる!
大人のワンマイルはどこかがちょっと違う!

ワンマイルウエアは気軽で楽ちんなのが大事。とはいえ、やはりいい年の大人としては、誰に見られても恥ずかしくないスマートさや、日常に役立つ機能も欲しいところ。そこでオススメなのが、伊ミラノに拠点を構える〈タトラス〉。都市生活のための洗練された…

TAGS:   Fashion
今季の〈リプレイ〉は確実に進化している軽くて薄くて、ヤミツキになる穿き心地!
SPONSORED
2021.03.30

今季の〈リプレイ〉は確実に進化している
軽くて薄くて、ヤミツキになる穿き心地!

生活スタイルが変わりつつあるように、普遍の定番デニムだって時代の変化とともに変わってきている。今まで以上に快適さが重視され、長く穿くものであるからこそ、環境保全に配慮した製法であることも大事に。そんな時代の声に耳を傾け、デニムの進化に力を…

〈ブルックス ブラザーズ〉の新作シャツで休日は断然爽やかな男を狙う!
SPONSORED
2021.03.30

〈ブルックス ブラザーズ〉の新作シャツで
休日は断然爽やかな男を狙う!

“シャツ”のよさといえば、ほかでは出せない品のよさをきっちり出せること。だから、大人の春夏コーデの主役を自信を持って任せられるアイテムといえる。さらに理想をいえば、見た目はもちろん着心地も爽やかだったら、完璧だと思いませんか!? それを叶…

"手の届くラグジュアリー"を謳う〈フレデリック・コンスタント〉。 新時代に頼れる時計はエコな機械式で着替えも上手。
SPONSORED
2021.03.25

"手の届くラグジュアリー"を謳う〈フレデリック・コンスタント〉。
新時代に頼れる時計はエコな機械式で着替えも上手。

テレワークも日常になった今、これまで以上に時間の管理が必要に。そんな新時代において"ハイライ フ コレクション"は有能なアシスタントになってくれるだろう。機械式時計はサスティナブルでいて、時を刻み続ける様子にも温もりが漂う。その手元はリモ…

TAGS:   Watches Urban Safari
イタリア発〈ディーゼル〉の新作で見つけた!身も心も軽くなる、週末に穿きたいデニム!
SPONSORED
2021.03.25

イタリア発〈ディーゼル〉の新作で見つけた!
身も心も軽くなる、週末に穿きたいデニム!

心身ともにリラックスしたい週末は、着心地はもちろん、見た目にも軽やかなデニムを選びたい。そこで注目なのが〈ディーゼル〉の新作デニム。適材適所の素材使いとセンス抜群な加工、イタリアらしい優れたデザイン性を兼ね備えているから、春の気分にぴった…

TAGS:   Fashion Denim
〈ベル&ロス〉の1本が着こなしの決め手になる!大人のアメカジに似合うモダンな金時計!
SPONSORED
2021.03.25

〈ベル&ロス〉の1本が着こなしの決め手になる!
大人のアメカジに似合うモダンな金時計!

四隅をビスどめした角型ケースに丸いダイヤルを埋めこむ姿は、コクピット計器が規範。〈ベル&ロス〉のアイコニックなスタイルを受け継ぎながら、ブレス一体型とすることで、ラグジュアリースポーツへと変貌させたBR 05にSS×RGのコンビが新登場し…

TAGS:   Fashion Watches
〈オーデマ ピゲ〉のエレガントな1本ならこんなに楽しめる!心地がいい休日の相棒は多面的魅力を持つ1本で!
SPONSORED
2021.03.25

〈オーデマ ピゲ〉のエレガントな1本ならこんなに楽しめる!
心地がいい休日の相棒は多面的魅力を持つ1本で!

2019年に誕生したCODE 11.59 バイ オーデマ ピゲは、今までにない新たなスタイルを提示したコレクション。クラシカルなエレガントさとスポーティさとを併せ持ち、見る角度によって印象を様々に変える。その豊かな表情は週末のビーチリゾー…

TAGS:   Watches Lifestyle
〈Gステージ〉のデニム顔ジャージが大人にぴったり!休日姿を格上げる楽ちんセットアップ!
SPONSORED
2021.03.25

〈Gステージ〉のデニム顔ジャージが大人にぴったり!
休日姿を格上げる楽ちんセットアップ!

お揃いでも単品でも着まわせるのが、セットアップのいいところ。しかもテイラード顔なら品格もぐっと上がる。でも、週末にジャケットは堅苦しい!? いやいや、〈Gステージ〉の新作を見て。デニム調のストライプ柄で爽やかな表情を醸しつつ、実は伸び〜る…

TAGS:   Fashion Denim
新羅慎二(a.k.a.若旦那)、酒井昭征(デザイナー)、編集部による特別座談会それぞれの「これから」を考える〈パーリーゲイツ〉の新作コレクション!
SPONSORED
2021.03.25

新羅慎二(a.k.a.若旦那)、酒井昭征(デザイナー)、編集部による特別座談会
それぞれの「これから」を考える〈パーリーゲイツ〉の新作コレクション!

“エッセンシャル(本質的な、必須の)”をテーマに掲げた新作が話題のゴルフブランド〈パーリーゲイツ〉。これまでにないベージュ一色のアイテム構成もさることながら、湘南乃風の若旦那として活躍する新羅慎二さんをディレクターに迎え、美しく力強いメッ…

TAGS:   Fashion
まるでインテリアの一部のように部屋に〈バルミューダ〉が存在。だから、いつでも手軽に掃除ができる。
SPONSORED
2021.03.19

まるでインテリアの一部のように部屋に〈バルミューダ〉が存在。
だから、いつでも手軽に掃除ができる。

ところで、これを読んでくれているみなさまは、どれくらいの頻度で部屋を掃除しているのでしょうか? そもそも、掃除には、ある種の覚悟のようなものが必要だと思いませんか? 「さて、やるか」というような強い意志がないとはじめられない。この原因の多…

〈カッシーナ〉の家具ではじまる新しい生活。安らぎに満ちあふれた 本当に“心地いい”暮らし。
SPONSORED
2021.03.19

〈カッシーナ〉の家具ではじまる新しい生活。
安らぎに満ちあふれた 本当に“心地いい”暮らし。

〈エルメネジルド ゼニア〉の新作はスポーティ&エレガント春は心地いい素材と色で 軽快な大人らしさを楽しむ。
SPONSORED
2021.03.19

〈エルメネジルド ゼニア〉の新作はスポーティ&エレガント
春は心地いい素材と色で 軽快な大人らしさを楽しむ。

創業から110周年を迎えたイタリアの名門〈エルメネジルド ゼニア〉。意匠をこらしたテキスタイルに、今の気分を表現するモダンなデザインをプラスし、大人にふさわしい上質な1着を生み出している。最新のコレクションでは、着心地がよく軽快な素材感の…

TAGS:   Fashion
〈フレデリック・コンスタント〉なら1本で2度美味しい。シーンに応じた着替えも楽しい高品質な機械式時計。
SPONSORED
2021.03.19

〈フレデリック・コンスタント〉なら1本で2度美味しい。
シーンに応じた着替えも楽しい高品質な機械式時計。

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ