Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2022.10.30


【西岡良仁】宿敵との7度めの対戦で掴んだ勝利で、選んだ道の正しさを実証!

ATP世界ランキングにおいて、トップ50目前、日本勢最上位に浮上している西岡良仁。「敗北も大切な経験」と語る日本のエースは、マッチポイントを凌いでジュニア時代からの宿敵を攻略した一戦で、勝つためのひとつの方程式を掴んだ。

YOSHIHITO NISHIOKA
TURNING POINT
【西岡良仁】宿敵との7度めの対戦で掴んだ勝利で、選んだ道の正しさを実証!2015年8月28日
全米オープン予選決勝
VS カイル・エドモンド

自身の成長を実感した
ライバルとのラリー!


盛田ファンドの支援を受け、錦織 圭と同じIMGアカデミー(アメリカ・フロリダ州)の日本人ふたりめの卒業生となり、19歳でプロ転向を果たした西岡良仁。その年の9月には、アジア大会男子シングルスで日本人として40年ぶりとなる金メダルを獲得。当初は400位前後だったランキングを150位前後まで驚異的なスピードで上げ、プロ1年めから大きな飛躍を遂げた。

そんな西岡が、さらなる飛躍を遂げていくうえで重要な試合として語ってくれたのは、その翌年となる2015年の全米オープン予選決勝。当時20歳だった西岡が、ジュニア時代から6度対戦して一度も勝てなかった同年代のライバル、カイル・エドモンドにはじめて勝利した記念すべき一戦だ。

「エドモンド選手は僕と同い年なのですが、ジュニアだけでなくプロ転向後の試合でも負け続けていました。確か4度めに対戦したときだったと思うのですが、客観的に自分を見てみて“今の自分では絶対に彼に勝てないだろう”って思ったんです。そして試合後に、だったらなにが強くなれば勝てるのだろうと考えたのですが、そもそも身体が違う。彼のボールに対して自分が全くついていけていなかったから、それは明らかでした」

エドモンドは、188㎝の長身から繰り出す速球とテンポの速い攻めが持ち味のストローカー。フォアもバックも球速があり、サーブやリターンもパワフルで攻撃力が高い選手として鳴らしている。

「僕の身長は170㎝ 。エドモンド選手の身長は190㎝に限りなく近いですが、あの身長から出るパワーは170㎝の僕とは全く違う。そんなパワーのある選手に対してそもそもついていけなければ、技術がどれだけ高くなっても話になりません。つまり、勝つためには、そのパワーに耐えられる身体を必要としていたということなんです。そこからは、ひたすら身体作りに取り組みました。彼に勝つためだけに頑張ったというよりも、これからプロとして勝っていくために必要なことのひとつとして。それ以前はやっていなかったウエイトトレーニングをやり込み、フィジカルを作りました」

全米オープンでの2年連続の本戦入りがかかったこの試合で、西岡は躍動した。立ち上がりは完璧に近い試合運びで、第1セットを先取。しかし、第2セットでは0 - 6で落としてからのファイナルセットでサービスゲームをブレークされ、相手を追いかける展開になってしまった。それでも復調した西岡がエドモンドのサービスゲームをブレーク。流れを引き戻した西岡は、その次の相手のサービスゲームのブレークに成功し、自身のサービスゲームをキープした末に逆転勝ちした。

「僕は試合で勝っても泣かないタイプなのですが、この試合では号泣していました。やっと強敵を1人倒せたという喜びはありましたが、ライバルを倒したというより、それまで自分の中で作ってきた道筋がひとつの形になった。そういうイメージに近い感覚でしたね。フィジカルを作ることももちろん必要でしたが一方で、同時にほかの選手や自分のことを客観的に見て分析することにも意識的に取り組みはじめた時期でした。相手の嫌なことはどんなことなのか。やはり勝つためには頭を使うテニスも必要。そうやって考え抜いてきた様々なことがバチッとハマった。そう思えた試合でもあったんです。実際、試合中も以前は全くついていけていなかったボールに対応して打ち合うだけでなく、試合をコントロールすることができていた。相手をどうやって崩していこうかということも考えられるようになっていました。ようやく同じ土俵に立つことができた。そんな感覚が近いかもしれません」

緻密な戦略と守備力の高さを駆使しながら長いレンジのラリーで相手を圧倒し、クセ球で揺さぶりをかけるテニスで自分のスタイルを確立した西岡。昨期から今期の序盤はなかなか勝てない試合が続いたが、勝つためにまた新たなスタイルを模索し、それをまた確立しはじめた。ショットの質の向上、フィジカルのさらなる強化などに取り組み、8月に米国で開催されたシティオープンでは長身のハードヒッターたちを倒し、準優勝を果たした。

「今は年明けの頃とは、だいぶ違う感情でテニスをしています。もっともっと成長していける部分がわかりますし、自分自身に可能性を感じていて、これからまだまだ上に行ける自信もあります。グランドスラムのシード権というのは目指しているところ。ランキングでいえば、30位以内には絶対に食い込んでいきたい」

【西岡良仁】宿敵との7度めの対戦で掴んだ勝利で、選んだ道の正しさを実証!テニス選手
西岡良仁
YOSHIHITO NISHIOKA
1995年、三重県生まれ。4歳でテニスをはじめ、15歳で盛田ファンドの支援を受けIMGアカデミーに。2014年にプロ転向を果たし、2015年の全米でグランドスラム本戦初勝利。2018年の深セン・オープンで念願のツアー初優勝。ATP世界ランキングは、41位(2022年10月4日現在)。

TAMURA'S NEW WORK
[ニューエラ]
【西岡良仁】宿敵との7度めの対戦で掴んだ勝利で、選んだ道の正しさを実証!「堀口選手の動きは身体を自然に動かしているという印象で、力を抜くところは抜いていました。そういった“動”の中の“柔”のようなものも意識して描いています。写真やリアルを超えたビジュアル表現= “ビヨンド・ザ・リアル”な作品として楽しんでほしいですね」

絵にしたからこそ感じられる“熱”を

〈ニューエラ〉をまとい、右ストレートやミドルキックを放つ総合格闘家の堀口恭司。同社がサポートする堀口を、展示会や店頭用ビジュアルとして描いた。

「今回は写真の撮影に立ち会い、絵の視点から描きやすいポーズをしていただきました。それをもとに描いたので、いつも とはまた違う躍動感を表現できたかもしれません。堀口選手の動きを間近に見て、打撃の際、ガチガチに力が入っているのではなく、力を抜くところは抜いているのが印象的でした。そのニュアンスも絵から感じてもらえたら嬉しいです」

写真や見た情報をもとにしているが、それ以上のものを描きたい思いがある。

「絵にすることで、写真や現実を超えたものが表現したい。僕の絵は汗などのディテールがなく、ピントも写真と違って全部に合っています。美術表現として正しくない部分もありますが、だからこそその人が持つ熱やエネルギーを感じられる。そんな作品を追い求めています」

<img src=アーティスト
田村 大
DAI TAMURA
1983年、東京都生まれ。2016年にアリゾナで開催された似顔絵の世界大会であるISCAカリカチュア世界大会で、総合優勝。アスリートを描いた作品がSNSで注目を集め、現在のフォロワーは20万人以上。その中にはNBA選手も名を連ねる。海外での圧倒的な知名度を誇る。Instagram:@dai.tamura

アスリートに関するオススメ記事はコチラ!
アスリートとファッション
美女アスリートとデニム

Information

雑誌『Safari』12月号 P276~278掲載

“アスリートの分岐点”の記事をもっと読みたい人はコチラ!

イラスト=田村 大 文=遠藤 匠
illustration : Dai Tamura text : Takumi Endo photo by AFLO
スマートなEV走行も叶う〈マクラーレン〉アルトゥーラ。毎日が感動体験になるハイブリッドスーパーカー!
SPONSORED
2022.11.30 NEW

スマートなEV走行も叶う〈マクラーレン〉アルトゥーラ。
毎日が感動体験になるハイブリッドスーパーカー!

ビジネスはもちろん、オフタイムも全力で楽しみたい。そんな人にとって、高いモチベーションと喜びを引き出してくれる相棒が〈マクラーレン〉“アルトゥーラ”。3ℓV6エンジンとEモーターを搭載するこのハイブリッドカーは680馬力を誇り、ときにはジ…

TAGS:   Urban Safari Cars
デキる男の手元はいつでも格上げ“ラグスポ”時計!アルミニウムの〈ウブロ〉で唯一無二のレザー姿に!
SPONSORED
2022.11.25

デキる男の手元はいつでも格上げ“ラグスポ”時計!
アルミニウムの〈ウブロ〉で唯一無二のレザー姿に!

革新的な素材使いが巧みな〈ウブロ〉。今回紹介する新作は、なんとアルミニウムを採用。独特なカラーリングでの軽やかなアルミニウムケースで、素材のパイオニアの本領を存分に発揮。ジェンダーレスなカラーは肌にも馴染み、ハードなライダースとのコントラ…

TAGS:   Fashion Watches
着こなしが見違える〈サンローラン〉の1着!大人だったら冬こそコートで風格出し!
SPONSORED
2022.11.25

着こなしが見違える〈サンローラン〉の1着!
大人だったら冬こそコートで風格出し!

冬のお洒落を左右するアウターは、当然着る人の個性にも影響する。ゆえに選び方も慎重になるが、大人なら上品さや貫禄といった〝風格〟をまとえる1着は、是非とも手に入れておきたいところ。なかでも〈サンローラン〉から登場したトレンチコートは、シャー…

TAGS:   Fashion
手元のオーラが断然違う〈ハリー・ウィンストン〉!華やかなシーンこそ頼りになる品格時計!
SPONSORED
2022.11.25

手元のオーラが断然違う〈ハリー・ウィンストン〉!
華やかなシーンこそ頼りになる品格時計!

いつもより着飾ってお出かけしたいシーンが増えるホリデイシーズン。時計もそれにふさわしいオーラをたたえたモデルを選びたい。となれば、間違いないのが〈ハリー・ウィンストン〉。世界屈指のハイジュエラーの感性が光る、スタイリッシュにしてアバンギャ…

TAGS:   Fashion Watches
カジュアルな見た目でも〈ブリオーニ〉なら段違い!大人の格上黒アウターは仕立ても素材も贅沢仕様!
SPONSORED
2022.11.25

カジュアルな見た目でも〈ブリオーニ〉なら段違い!
大人の格上黒アウターは仕立ても素材も贅沢仕様!

黒アウターは都会的な印象を与えたいときの強い味方だが、油断は禁物。なぜなら期待値が高い色ゆえに、素材感やデザインに手を抜くと残念な印象を与えかねないから。そんなごまかしがきかない服だからこそ、上質素材を惜しげもなく使い、スタイルを研ぎ澄ま…

TAGS:   Fashion
手元から個性がにじみ出る〈タグ・ホイヤー〉の新作!スピード感漂う品格時計で大人の遊び心を演出する!
SPONSORED
2022.11.25

手元から個性がにじみ出る〈タグ・ホイヤー〉の新作!
スピード感漂う品格時計で大人の遊び心を演出する!

ラグジュアリーな趣ながらモータースポーツと密接で、アクティブな顔も持つ〈タグ・ホイヤー〉の腕時計。ラフでありつつも、品格を大切にする大人にとって欠かせないもののひとつだろう。新作も有名ゲームコラボを筆頭に、期待に違わぬラインナップ。高級感…

手元で遊ぶなら、〈エンポリオ アルマーニ〉の新作で!冬カジュアルに映えるカラーダイヤルの新鮮時計!
SPONSORED
2022.11.25

手元で遊ぶなら、〈エンポリオ アルマーニ〉の新作で!
冬カジュアルに映えるカラーダイヤルの新鮮時計!

大人の冬コーデはどうしてもダークで地味なものになりがち。それはアウターに黒やグレーなどが多いから。とはいえ、さすがにカラフルなアウターを着るのは、悪目立ちの危険もあるのでなかなか踏み切れない!? では、冬は腕時計を差し色に使ってみてはどう…

TAGS:   Fashion Watches
ヘルシーでアクティブな毎日は〈ガーミン〉で叶う!ソーラー充電の時計が爽快な大人の相棒!
SPONSORED
2022.11.25

ヘルシーでアクティブな毎日は〈ガーミン〉で叶う!
ソーラー充電の時計が爽快な大人の相棒!

よく働きよく遊ぶためには、バテずに動ける“スタミナ”が資本になる。それをスマートウォッチで叶えてくれるのが、進化したソーラー充電機能で驚きの長時間稼働を可能にした〈ガーミン〉の“フェニックス 7X サファイア デュアルパワー”。スポーツで…

TAGS:   Fashion Watches
上品さと利便性を併せ持つ〈モリニ〉のウォレット!手ぶら派の大人が選ぶ使える上質レザー小物!
SPONSORED
2022.11.25

上品さと利便性を併せ持つ〈モリニ〉のウォレット!
手ぶら派の大人が選ぶ使える上質レザー小物!

オフの買い物やカフェでの支払い時に、意外とまわりの目を引くタイミングが多いウォレット。それだけに、中途半端なものは持ちたくないというのが本音のところ。そこで注目したいのが〈モリニ〉のレザー小物だ。イタリアンレザーを使った上質さと手ぶらで過…

TAGS:   Fashion
サボテン原料の‶軽い″革小物を浅草橋で発見!今どきの大人バッグは都会的でエコ! 
SPONSORED
2022.11.22

サボテン原料の‶軽い″革小物を浅草橋で発見!
今どきの大人バッグは都会的でエコ! 

公式YouTubeチャンネルでは、『今どきの大人バッグは都会的でエコ!サボテン原料の‶軽い″革小物を浅草橋で発見!』を紹介しています。ここでは、その一部をチラッとお見せします!

TAGS:   Fashion
【最上級】もっと自由を望む人が、ラグジュアリーカードで叶うこと!
SPONSORED
2022.11.18

【最上級】もっと自由を望む人が、ラグジュアリーカードで叶うこと!

豊かな生活を通し、自分らしく自由を謳歌しているアメリカンセレブたち。彼らに憧れを抱くのは、本当の意味での豊かさ=自由を大切にするマインドと生き方に共感するからだろう。そんなライフスタイルを実現するうえで心強い相棒になってくれるのが、マスタ…

TAGS:   Lifestyle
〈ティファニー〉の特別なギフトで2人の仲も急接近!?彼女との絆がさらに深まるとっておきのジュエリー
SPONSORED
2022.11.10

〈ティファニー〉の特別なギフトで2人の仲も急接近!?
彼女との絆がさらに深まるとっておきのジュエリー

心華やぐホリデーシーズン。特別な思いをこめた大切な彼女へのギフトは、やっぱり〈ティファニー〉のジュエリーで! モダンでスタイリッシュ、そしてユニセックスなデザインは、男の手元や首元にも自然にマッチするからさりげなくペア感を楽しむことができ…

TAGS:   Fashion
1番売れてる”革ジャン”には、人気の理由があった!
SPONSORED
2022.11.09

1番売れてる”革ジャン”には、人気の理由があった!

公式YouTubeチャンネルでは、『1番売れてる”革ジャン”には、人気の理由があった!』を紹介しています。ここでは、その一部をチラッとお見せします!

〈ブランパン〉フィフティ ファゾムスの新作は、上質さと本格仕様が大人にふさわしいノーブルダイバーズ!
SPONSORED
2022.11.05

〈ブランパン〉フィフティ ファゾムスの新作は、
上質さと本格仕様が大人にふさわしいノーブルダイバーズ!

TAGS:   Watches
カジュアル姿の格が上がる!〈カナダグース〉の新作ダウンは、都会の男にふさわしい上質さ!
SPONSORED
2022.11.04

カジュアル姿の格が上がる!
〈カナダグース〉の新作ダウンは、都会の男にふさわしい上質さ!

街に映える高品質ダウンジャケットで人気の〈カナダグース〉。都会で過ごす大人にふさわしいスタイリッシュなデザイン性のみならず、極地探検にも適応できる機能性も大きな魅力になっている。ただ、日本にいる限りそこまでの機能は必要ないのでは? と思う…

TAGS:   Fashion ダウンJK
〈ビーセカンド〉の1着でさりげない存在感を!自由な週末をコラボアイテムでもっと遊ぶ!
SPONSORED
2022.11.02

〈ビーセカンド〉の1着でさりげない存在感を!
自由な週末をコラボアイテムでもっと遊ぶ!

冬のアウトドアを快適に楽しむには、ギアはもちろん、ウエアも大事。とはいえ、暖かさや動きやすさなど、機能性だけにこだわると野暮ったくなりがち。そこで、活躍するのが〈ビーセカンド〉のコラボアイテム。実力派ブランドによる信頼の機能を備えながら、…

TAGS:   Fashion
100%イタリア製の〈ムーレー〉はひと味違う。大人の風格があふれ出るラグジュアリーダウン4選。
SPONSORED
2022.10.31

100%イタリア製の〈ムーレー〉はひと味違う。
大人の風格があふれ出るラグジュアリーダウン4選。

冬本番、まず手に入れたい主役アウターといえばダウンジャケットだろう。本命は、上質さはもちろん、"着膨れ"しないシティ派デザインのもの。イタリア・ヴェローナ生まれの〈ムーレー〉が放つ新作は、そんな理想を体現する見た目と上品さを兼備する。高品…

TAGS:   Urban Safari Fashion
最高峰を知る大人が選ぶ〈ジョンロブ〉。名作が“黒スウェード”になると貫禄もお洒落度もますます圧倒的。
SPONSORED
2022.10.31

最高峰を知る大人が選ぶ〈ジョンロブ〉。
名作が“黒スウェード”になると貫禄もお洒落度もますます圧倒的。

表革にはない優しい風合いで、足元に柔らかなニュアンスを与えてくれるスウェードシューズ。特に黒革の場合は、ベルベット顔負けの上品さを印象づけられる。しかもそれが最高峰と名高い〈ジョンロブ〉が手掛けた1足ともなれば、醸し出される貫禄も雲上級と…

TAGS:   Urban Safari Fashion
品のよさとモダンさを併せ持つ〈アウール〉。快適ニットが“モックネック”ならジャケット姿も見映えがいい。
SPONSORED
2022.10.31

品のよさとモダンさを併せ持つ〈アウール〉。
快適ニットが“モックネック”ならジャケット姿も見映えがいい。

ジャケット姿の名脇役がニット。今期は〈アウール〉のモックネックはどうだろう。上品でほどよく立体感のある襟元には、丸首のようなもの足りなさがなく、タートルネックの窮屈感もない。クリエイティブディレクターを戸賀敬城、デザイン監修を橋本 淳が務…

TAGS:   Urban Safari Fashion
快適すぎると評判の〈ジェラート ピケ オム〉。癒しもお洒落も満足度が神レベル。
SPONSORED
2022.10.31

快適すぎると評判の〈ジェラート ピケ オム〉。
癒しもお洒落も満足度が神レベル。

休日のおウチ時間は、疲れをリカバリーし、心とカラダを癒すためにも大切なひととき。それができてこそまた、仕事にも本気で向き合える。そんな時間のよき相棒が、〈ジェラート ピケ オム〉のルームウエア。いずれもとろけるように柔らかな着心地で、心と…

TAGS:   Urban Safari Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ