Safari Online

SEARCH

GOURMET グルメ

2018.12.17

カラダが喜ぶヘルシー料理! Vol.13サンス・エ・サヴール
ヴィーガンディナーコース

華やかな年末のシーズンは会食やパーティ続きで、なかなか食事のコントロールが難しい。朝食やランチは調整もしやすいけれど、ディナーはあきらめ気味のあなたに朗報! 外国人観光客の増加や健康・環境への意識の高まりから、カフェや専門店だけでなく、ファインダイニングにおいてもベジタリアンやヴィーガン食の需要が高まっている。そんな要望に応えるべく、東京駅目の前の丸ビル35Fにあるフランス料理〈サンス・エ・サヴール〉でも、ヴィーガンコースがスタートした。

南仏・モンペリエにあるレストラン〈ル・ジャルダン・デ・サンス〉の双子の天才シェフ、ジャック&ローラン・プルセル。彼らは、クラシカルなフランス料理を独自の感性で再構築し現代風にアレンジ。そのプルセル・キュイジーヌは、酸味・甘味・香りを生かした繊細で軽やかな味わいが特徴。その驚きに満ちた料理は、世界中の美食家たちを虜にし、満足させてきた。そして、その本店の哲学を受け継ぐのがここ〈サンス・エ・サヴール〉だ。

ヴィーガンでもそうでなくても、みなさま同じように食事を楽しんでいただきたいという考えから、料理長の鴨田猛が試行錯誤して作り上げたのがヴィーガンディナーコースである。

ヴィーガンディナーコース1万円。前菜、温前菜、全粒粉パスタ、メインディッシュ、デザートにミニャルディーズ(小菓子)3種

まずは、旬の野菜がふんだんに使われ、見目麗しい前菜からスタート。動物性たんぱく質を使わず、野菜が食材のメインになるため単調になりがちなヴィーガンメニューであるが、ひと口ごとの完成度の高さに、もっと食べ進めたいという気にさせられる。

 前菜の一例"人参とオレンジのムースリーヌとキヌア タイムのグラニテとミニ人参のコンフィ"

温前菜の一例"ひよこ豆と落花生のフムス アボカドとスティックブロッコリーのテンプラフリット アプリコットノクーリ"

メインの一例"福岡県産王エリンギ茸のグリエ 赤ワインで炊き上げた修善寺産黒米のリゾット 豆乳とセップ茸のブイヨンと根セロリのパイユ"

デザートの一例"ソーテルヌワインのジュレ ジョナゴールドのコンポート アーモンドのクランブル"

たとえば、隠し味にほんの少しの味噌を加えることでコクを出したり、カリカリとした食感がアクセントになっていたりと細かな工夫が施され、食べるのが楽しく新鮮な驚きの連続だ。根菜や豆といった食材であっても火入れ加減やテクスチャーを変えれば食感も変わる。さらには、フルーツの甘みや酸味、ハーブやスパイスのほのかな香りが絶妙に組み合わされれば、いつもと違った味わいに。コレにハマると次第に、この後どんな料理が出されるのかと心待ちにするようになるから不思議だ。

ボリュームもコースの構成も美しさも通常のディナーコースと変わりない。魚や肉が含まれていなかったとは思えない、まさかの食後の満足感。「次もヴィーガンコースを選びたい」と思うほどだ。

地上35Fからの眺めも堪能できる

なお、同店ではヴィーガンやグルテンフリーのほか、卵を含む菜食のオボ・ラクト・ベジタリアン、乳製品を含む菜食のラクトベジタリアン、レッドミート(主に4つ足動物)を避けた食事のポロタリアン、シーフードや乳製品、卵を含む菜食のペスカタリアンなどの対応もしてくれる。

最近は、平日のビジネスランチやディナーにヴィーガンメニューをオーダーする男性も少なくないという。ヴィーガンランチコース(5800円)もあるから、年末年始や週末の彼女とのデートに、これからはヴィーガンのコースという選択肢もあるぞ!

Information

●サンス・エ・サヴール
住所:東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング35F
TEL:03-5220-2701
営業時間:11:00~15:30(13:30LO)18:00~23:00(20:30LO。土日曜祝日は17:30~)
無休
※消費税、サービス料別。

文=はまだふくこ text:Hamada Fukuko
新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
PR
2019.03.25 NEW

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
PR
2019.03.25 NEW

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
PR
2019.03.25 NEW

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
PR
2019.03.25 NEW

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
PR
2019.03.25 NEW

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
PR
2019.03.25 NEW

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion
脱・マンネリを狙うなら〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!いつものカジュアルが見違える品格チェックのマジック!
PR
2019.03.25 NEW

脱・マンネリを狙うなら〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
いつものカジュアルが見違える品格チェックのマジック!

いつまでもカジュアルな男でいたいからこそ、覚えておきたいのがマンネリ打破のテクニック。なかでも効果テキメンなのが、1点プラスするだけで品格アップを狙える〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉のチェック柄アイテムだ。見た目が新鮮なだけでなく…

TAGS:   Fashion
色オトコの頼れる毎日の相棒は〈フィリップス〉!爽やかな男の肌を演出する肌に優しい深剃りシェーバー
PR
2019.03.25 NEW

色オトコの頼れる毎日の相棒は〈フィリップス〉!
爽やかな男の肌を演出する肌に優しい深剃りシェーバー

ヒゲ剃りは毎朝の日課だけど、デート当日の朝ともなれば、いつも以上に気合が入るもの。剃り残しなしの深剃りで清潔感を印象づけるのが理想とはいえ、やりすぎて肌を傷めてしまっては元も子もない。そこで〈フィリップス〉の新型シェーバーの出番。あらゆる…

TAGS:   Health&Beauty
〈リカルド・ビバリーヒルズ〉で充実したバカンスを!大人だったら旅に合わせてラゲッジも使い分ける!
PR
2019.03.25 NEW

〈リカルド・ビバリーヒルズ〉で充実したバカンスを!
大人だったら旅に合わせてラゲッジも使い分ける!

大人になると旅のスタイルも幅広くなってくる。ちょっと贅沢なバカンス旅へも行くし、アクティブなサーフトリップにだって出かけたい。そんな旅の目的に合ったラゲッジを持つのが、大人の旅には必要不可欠。そこで注目したいのが、1978年にビバリーヒル…

TAGS:   Fashion Lifestyle

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ