Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2024.07.07


チョットしたことがトンデモない事態に発展する映画5選!



『アメリカン・フィクション』
製作年/2023年 監督/コード・ジェファーソン 脚本/コード・ジェファーソン 出演/ジェフリー・ライト、トレイシー・エリス・ロス、エリカ・アレクサンダー

偽名で出版した小説がまさかのベストセラー!?
大学で文学を教える作家のエリソンは苛立っていた。いわゆる『アフリカン・アメリカン文学』とは何だろうかと。世間にはステレオタイプがあふれている。彼自身、その枠組みを超越する努力を続けながら、出版社からは「売れ線ではない」と拒絶されてしまう始末。いつしかエリソンは、怒りと自虐と挑発心に駆られて、エグいほどステレオタイプを貫いた一冊を別ペンネームで書き上げるのだが、これが意外にも直球で受け止められ、映画化に向け動き出すどころか、文学賞候補にも挙がるなど一大ブームを巻き起こしていく。

ほんの思いつきで生まれた作品や別人格が、自分の預かり知らないところで勝手に一人歩きをはじめる……そんな展開は様々なジャンルでお馴染みなもの。本作はまさに今の時代、誰もが口に出せない芯を食った本音を嫌味なくスマートに描き、さらにエリソンが育った、アフリカン・アメリカンではあっても比較的裕福で個性的な面々が彩る家庭環境を中心に据えることで、肌の色、差別、貧富の差に縛られない唯一無二の豊かな味わいを滲ませる。とにかく、主演ジェフリー・ライトの演技がお見事な一作。アカデミー賞では5部門で候補入りし、脚色賞を獲得した。
 

  

 


『アメリカン・スプレンダー』
製作年/2003年 監督・脚本/シャリ・スプリンガー・バーマン、ロバート・プルチーニ 出演/ポール・ジアマッティ、ホープ・デイヴィス、ジェームズ・アーバニアク

冴えない日常を綴ったコミックが伝説の人気作に
70年代、クリーブランドの病院で書類整理係として地道に働くハービー・ピーカーは、度重なる離婚に心折れそうになりながら、世の中をやぶ睨みし、けだるく過ごす毎日。だが、人生これだけは終われないと、真っ白な紙に鉛筆でコマ割りして、日々の出来事を記しはじめる。これがコミックの原作となり、味わい深いその内容にロバート・クラムをはじめとするアーティストらが作画して生まれたのが、自伝的作品『アメリカン・スプレンダー』。その面白さは従来のコミックの領域を押し広げ、巻を重ねるごとに根強い人気を呼びはじめる……。

ポール・ジアマッティが主人公ハービー役を妙演する中、時折、ハービー本人が妻ジョイス・ブラブナーやその仲間たちと共に本編に顔を出し、自ら心境を語るというドキュメンタリー的な側面すら持ち合わせた作品。なるほど、これぞまさに伝説的コミックの映画版にふさわしい特殊な語り口と構造というべきだろう。自らのガン闘病や孤独やトラブルにまつわる不幸話を赤裸々に取り入れつつ、作品を織りなす常連キャラへの眼差しはどこか慈愛に満ち、温かい。そのハービーも映画の公開から7年後、この世を去った。
 

  

 


『ヒップホップ・プレジデント』
製作年/2003年 製作・監督・脚本・出演/クリス・ロック 出演/バーニー・マック、ティラン・ベイカー、タマラ・ジョーンズ

まっすぐな理念と極上のノリで大統領を目指せ!
アカデミー賞授賞式におけるウィル・スミスとの一件で注目を集めたクリス・ロックが、キャリアの絶頂期にあった00年代初頭、主演や脚本、プロデュース、それに監督を兼任して挑んだポリティカル・コメディ。主人公メイズ・ギリアムは、貧困地区に暮らす人々の役に立とうと、とことん現場主義で活動する市会議員。今日も解体作業のため爆破寸前の住居から老女と猫を救い出し、街の皆から絶賛されたばかり。そんな姿をメディアで見た大物政治家が事もあろうにギリアムを大統領候補へ担ぎ上げようと画策し……。

仕事を失い、恋人から捨てられたアフリカン・アメリカンの主人公が、いきなり全米の熱い視線を浴びる大統領候補へ。そんな無謀で危なっかしい夢物語をクリス・ロックはノリノリで演じきる。遊説や資金集めパーティでも、彼が行くところでは誰もがド直球のマイクパフォーマンスに沸き、手を高く掲げ、ゴキゲンなタテ乗りリズムで大盛り上がり。まるで数年後のバラク・オバマの台頭を予期したかのような、というのはいささか言い過ぎだが、しかしこの型破りの選挙戦、なかなか楽しい。
 

  

 


『マッシブ・タレント』
製作年/2022年 監督・脚本/トム・ゴーミカン 出演/ニコラス・ケイジ、ペドロ・パスカル、シャロン・ホーガン

カリスマ俳優の潜入捜査がこんな大ごとに!?
彼の名はニコラス・ケイジ。灼熱のアクションから正統派の人間ドラマまでなんでもこなす”憑依型の演技”として知られるカリスマ俳優である。今日も彼の名演に熱狂するファンがいる一方、当の本人はやや心が不安定(注:本作はフィクション)で、ちょっとしたことで「俺の俳優生命はもう終わりだぁっ!」と落ち込んでしまう。見かねたエージェントが息抜きに勧めたのは、豪華パーティに参加するお仕事。笑顔を振りまき、名台詞の一つや二つ口にして簡単に終わるはずだったが、しかしこの主催者のジャヴィとやら、実はCIAもマークする危険人物らしく、ケイジはいつしか映画顔負けの危険な潜入捜査を買って出ることに。

かくもケイジがケイジ本人役を演じるという遊び心たっぷりの異色作。厄介なのは、悪人かもしれないジャヴィが実はケイジの大ファンで、世界でいちばんの理解者でもあるということだ。次第に深い絆で結ばれていく彼らが、二人して壁を破り、ケイジの輝ける場所を作り出そうとする姿にもう爆笑しっぱなし。ケイジ映画を愛する人なら必ずや魂を射抜かれ、そうでなくとも噛めば噛むほど染み出す珍味に心奪われるはず。
 

  

 


『ロードキラー』
製作年/2001年 製作・脚本/J・J・エイブラムス 監督/ジョン・ダール 出演/ポール・ウォーカー、スティーヴ・ザーン、リリー・ソビエスキー

何気ない悪戯が生んだ怖すぎる代償とは!?
購入したての中古車でハイウェイをひた走る若き兄弟が、退屈しのぎに無線機を使って長距離ドライバーと交信し、ほんの軽い気持ちで女性の声をマネて誘惑したのが運の尽き。ドライバーの怒りを買った彼らは、その後、どこへ行っても行動を見張られ、どこまでも執拗に追いかけられる、絶体絶命のトルネードのような状況へと陥っていく……とまあ、完全なるスピルバーグの出世作『激突!』のオマージュでありながら、持ち前のアイディアとフレッシュさが鮮烈に突き刺さる快作だ。

『激突!』の主人公が疲れた中年サラリーマンだったのに対し、本作でメインを張るのは、00年代初頭、ハリウッドで人気の若手実力派たち。ヴィヴィッドな感情と行動力、テンポの良い会話劇に加え、途中からはヒロインとの微妙な三角関係をも加味しながら、各々の人物像を濃密に際立たせる。当時、制作会社バッド・ロボット・プロダクションズを設立したばかりのJ.J.エイブラムスが製作、脚本で参加しており、単なる“クルマでの追いかけっこ”に縛られない、あの手この手でスリルが持続するまさに原題どおりの”Joy Ride”な展開に注目したい。

●こちらの記事もオススメ!
何度観ても泣ける名作映画5選!
法で裁けない悪を退治する!復讐のヴィジランテ映画5選!
【まとめ】まさかのエンディングに驚愕!どんでん返し映画70本!
 

  

 

 
文=牛津厚信 text:Atsunobu Ushizu
Photo by AFLO
【Safari】TOSHIO MATSUMOTO Meets BLACK WOLF間が空いてもいい。とにかく続けることで、前向きになれる。
SPONSORED
2024.06.30

【Safari】TOSHIO MATSUMOTO Meets BLACK WOLF
間が空いてもいい。とにかく続けることで、前向きになれる。

パフォーマーから退いてはや9年が経つにもかかわらず、いまだ現役さながらの肉体を保ち、キレのいい動きで第一線で活躍する松本利夫さん。歳を重ねたことで円熟味が出てきたものの、まだまだ若々しく精悍で、エネルギーに満ちあふれた印象。彼のスタイルは…

TAGS:   Health&Beauty
【Safari me time】RYOHEI OHTANI Meets BLACK WOLFなりたい自分自身をイメージして、努力することが楽しい。
SPONSORED
2024.06.30

【Safari me time】RYOHEI OHTANI Meets BLACK WOLF
なりたい自分自身をイメージして、努力することが楽しい。

寡黙で優しく、それでいて芯が強い。最近出演する映画やドラマでは、そんな役どころを演じることが多い俳優の大谷亮平さん。実際にお会いすると、若々しくフレッシュな印象だ。きっと、いまだ鍛えているという身体と艶やかな黒髪が、そう感じさせるのだろう…

仕事も週末も両立する新ブランド〈MCFC〉。ビジネスマンのための時代を創造するバッグ。
SPONSORED
2024.06.30

仕事も週末も両立する新ブランド〈MCFC〉。
ビジネスマンのための時代を創造するバッグ。

クリエイティブディレクターを戸賀敬城、デザイン監修を橋本 淳が務める〈アウール〉から新しくバッグブランド〈MCFC〉がデビュー。ウエアと同じく、“ビジネスをより快適に”をテーマに使い勝手がよく、かつスタイリッシュなデザインが最先端で働くビ…

TAGS:   Urban Safari Fashion
ラグジュアリーを身近に感じさせてくれる〈フレデリック・コンスタント〉の新作。ビジネスシーンに映えるシンプルで優美な腕時計。
SPONSORED
2024.06.30

ラグジュアリーを身近に感じさせてくれる〈フレデリック・コンスタント〉の新作。
ビジネスシーンに映えるシンプルで優美な腕時計。

余裕を忘れがちな仕事中、手元にさりげなくラグジュアリーな腕時計があれば、忙しさの中にも優美さを保てる。1988年の創業から16年で自社製ムーブメントを製造する“マニュファクチュール”となった〈フレデリック・コンスタント〉。その真摯なウォッ…

TAGS:   Urban Safari Watches
〈ルイ・ヴィトン〉の“エスカル”コレクションに注目!男らしさと品格がある都会で映える腕時計!
SPONSORED
2024.06.26

〈ルイ・ヴィトン〉の“エスカル”コレクションに注目!
男らしさと品格がある都会で映える腕時計!

都市で暮らす男に必要なのは、荒々しい男らしさではなく、凛とした気品と力強さ。腕時計でいえば、〈ルイ・ヴィトン〉の“エスカル”コレクションがそれにあたる。長い歴史に裏打ちされた自信と存在感、そして“サヴォアフェール(匠の技)”による精緻な作…

TAGS:   Fashion Watches
〈ルイ・ヴィトン〉のメンズのフレグランスが登場!存在感がひと際違う太陽の光と香りをまとう!
SPONSORED
2024.06.26

〈ルイ・ヴィトン〉のメンズのフレグランスが登場!
存在感がひと際違う太陽の光と香りをまとう!

生命の源であり、高揚感やエナジーの象徴である太陽光。その輝き“香り”として具体化したメンズフレグランス“LVERS”が〈ルイ・ヴィトン〉から登場した。メンズ クリエイティブ・ディレクターであるファレル・ウィリアムスのアイデアを形にした新し…

TAGS:   Fashion
〈ザ・ブセナテラス〉で過ごす、パートナーや家族との贅沢な時間!くつろぎと冒険が同居する特別な沖縄バカンス!
SPONSORED
2024.06.25

〈ザ・ブセナテラス〉で過ごす、パートナーや家族との贅沢な時間!
くつろぎと冒険が同居する特別な沖縄バカンス!

ホテルのエントランスを抜けると、目線に東シナ海の水平線。間にあるテラスは、日常と非日常の境目といった趣だ。チェックインからドラマチックな旅を予感させる〈ザ・ブセナテラス〉は、極上のくつろぎを備え、かつ海に面した立地ならではのアクティビティ…

TAGS:   Stay&Travel
沖縄の名門〈インターコンチネンタル〉で非日常的な体験を!海が輝くリゾートで味わう極上のホテルステイとは!?
SPONSORED
2024.06.25

沖縄の名門〈インターコンチネンタル〉で非日常的な体験を!
海が輝くリゾートで味わう極上のホテルステイとは!?

人生のスパイスとなる体験を求めるラグジュアリー・トラベラーが、沖縄での滞在先に選んで間違いないのが、国際的ブランド“インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ”だ。豊かな自然が織りなす絶景に囲まれた立地、ハイエンドな空間やサービスが、成熟…

TAGS:   Stay&Travel
さりげなバックシャンも叶う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!ワザありのロゴアイテムでひと味違う夏カジュアルに!
SPONSORED
2024.06.25

さりげなバックシャンも叶う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!
ワザありのロゴアイテムでひと味違う夏カジュアルに!

派手な色柄アイテムを着こなすのも夏の醍醐味だが、あえてシンプルに装いつつ洗練度高めのロゴを効かせるのも大人っぽいワザ。さらに、バックシャンでさりげなく違い出しできればもっと差がつくはず。そんなわがままを叶えてくれるアイテムといえば……、〈…

TAGS:   Fashion
武知海青がこの夏、選んだ〈ベル&ロス〉の1本!男らしくも海の香りがする新星ダイバーズ!
SPONSORED
2024.06.25

武知海青がこの夏、選んだ〈ベル&ロス〉の1本!
男らしくも海の香りがする新星ダイバーズ!

THE RAMPAGEのパフォーマーとして活躍する一方、ボディメイクなど他ジャンルへの挑戦でも注目を集めている武知海青。アクティブ派アーティストは、鍛え上げた身体を手元から格上げしてくれる〈ベル&ロス〉の新作ダイバーズを、この夏の相棒に選…

TAGS:   Fashion Watches
夏カジュアルのインパクト出しは〈エドックス〉で!海男の手元に映えるマットな黒ダイバーズ!
SPONSORED
2024.06.25

夏カジュアルのインパクト出しは〈エドックス〉で!
海男の手元に映えるマットな黒ダイバーズ!

着こなしがシンプルになる夏こそ、個性的なタイムピースが本領を発揮するシーズン。そこで注目したいのが、スイスの老舗ブランド〈エドックス〉からリリースされた日本限定モデル。海のF1とも称されるパワーボートレースの世界観を投影したコレクションに…

TAGS:   Fashion Watches
上質でタイムレスなアイテムが揃う〈ボナベンチュラ〉!カラフルな個性派バッグで大人の休日を満喫!
SPONSORED
2024.06.25

上質でタイムレスなアイテムが揃う〈ボナベンチュラ〉!
カラフルな個性派バッグで大人の休日を満喫!

普段使いのレザーアイテムを、上質なものに変えるとその見た目や感触の快適さで幸せな気持ちになる。その小さな幸せが積み重なるといつもご機嫌でいられてさらに幸福を呼び込む。そんな"幸せループ"を作るラグジュアリーレザーグッズのブランドが〈ボナベ…

TAGS:   Fashion
〈アンスタンダード〉が造る“ニューオールドアメリカン”な家!憧れのライフスタイルはレイドバックした空間で!
SPONSORED
2024.06.25

〈アンスタンダード〉が造る“ニューオールドアメリカン”な家!
憧れのライフスタイルはレイドバックした空間で!

'50年代のアメリカカルチャーに影響を受けた大人も多いだろう。住宅デザインも、オールドアメリカンというキーワードが今、話題を集めている。そこに、新しい価値観を与えるのが〈アンスタンダード〉の“ニューオールドアメリカン”スタイル。憧れの時代…

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ