Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2022.01.17


ニューヨーク ×『プラダを着た悪魔』

気分が上がる映画はいくつもあるが、ストーリーも主人公の成長も出てくるアイテムも、そしてその場所に“行きたい”願望も……、そのすべてにおいてハイレベルな作品は少ない。『プラダを着た悪魔』はそこをクリアした傑作。業界の知られざる舞台裏や、アン・ハサウェイのキュートな顔とともに、世界のファッションのトップに君臨するNYの魅力を満喫し、次の旅へ心の準備をしてみない!?

NYで恋も仕事もファッションも手に入れろ!
『プラダを着た悪魔』(2006年/アメリカ映画)


【映画を巡る旅に出よう!】ニューヨーク ×『プラダを着た悪魔』

実際にこの目で見たくなる魅力的な街!
ニューヨーク(ニューヨーク州/アメリカ)


【映画を巡る旅に出よう!】ニューヨーク ×『プラダを着た悪魔』

● 原題:The Devil Wears Prada
● 監督:デヴィッド・フランケル
● 出演:メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ、サイモン・ベイカー、エミリー・ブラント

Story
大学を卒業してNYへ来たアンディ(アンドレア)は、一流ファッション誌『ランウェイ』で、編集長ミランダのアシスタントの仕事を得る。恋人や友人と就職を祝うアンディだが、彼女を待っていたのはミランダの無理な指令の数々。編集部の仲間の絶妙なアドバイスもあって日々を乗り切るアンディは、仕事にやりがいを見出す。

衣装はパトリシア・フィールド
劇中にはプラダはもちろん、シャネル、エルメス、ドルチェ&ガッバーナなど超一流ブランドのアイテムが多数登場。衣装を担当したのはカリスマスタイリストのパトリシア・フィールド。スタンリー・トゥッチのスリーピースはヴィンテージだったりと、男性の衣装も必見。

登場人物【映画を巡る旅に出よう!】ニューヨーク ×『プラダを着た悪魔』右:ジャーナリスト志望の田舎娘
アンドレア(アン・ハサウェイ)
ジャーナリストを目指してオハイオ州からNYへ来た。ファッションセンスはゼロなのに『ランウェイ』でミランダ編集長のアシスタントとなったため、恋人と会えなくなるなどプライベートも崩壊。

左:悪魔のような編集長
ミランダ(メリル・ストリープ)
ファッション雑誌『ランウェイ』の編集長。ファッション業界ではカリスマ的な存在で、双子の娘を育てる母親でもある。その横暴で理不尽な言動が原因でアシスタントはすぐに辞めてしまう。

パリやロンドン、ミラノ、そして東京……と、ファッションの流行の発信地は数々あるが、アメリカでは、やはりここ、ニューヨークだろう。2022年1月に公開される『ハウス・オブ・グッチ』でも、イタリアで生まれた〈グッチ〉が、NYへ進出し、世界的ブランドへの道を突き進むドラマが展開。それくらいNYは、ファッション業界にとって成功への最高のステージだ。

アメリカへの観光客にとってもショッピング、特にファッションが目的であれば、NYがベストチョイス。ハイブランドの限定品から、セレクトショップの掘り出し物まで、マンハッタンの各エリアで、ワクワクする買い物体験が待っている。

このNYのファッション事情を描いた人気映画といえば、『プラダを着た悪魔』だ。一流ファッション雑誌『ランウェイ』編集部を舞台に、カリスマ編集長とそのアシスタントに就いたヒロインの関係を、業界の裏ネタ、さらにNYのファッション事情も盛り込んで展開。ヒロインの奮闘と成長が、コミカル&エモーショナルなエピソードとともに共感を誘った。タイトルから想像するとおり、数々の人気ブランドのアイテムが目を引き、それらをNYでも“通好み”のスポットが彩る。『ランウェイ』の編集部として主人公たちが出入りするビルは、マンハッタンでもミッドタウンのド真ん中というロケーション。そして劇中に何度も出てくる7thアベニュー“7番街”は別名が“ファッション・アベニュー”で、かつては世界中のデザイナーが集まった区域だ。

本作は2006年の作品で、近年はこのミッドタウンの風景も少しずつ変わってきているが、NYファッションをリードする独特の賑やかな空気はキープされている。買い物目的だけでなく、カルチャーの最前線を体感するうえでも、定期的にチェックしたいエリアだ。

【映画を巡る旅に出よう!】ニューヨーク ×『プラダを着た悪魔』Place 01(道)
56 Crosby Street【映画を巡る旅に出よう!】ニューヨーク ×『プラダを着た悪魔』ミランダがアンディらを引き連れて、新作をチェックするためデザイナーのスタジオを訪れる。その仕上がりに不満な様子のミランダらが出ていくドアから、その場所がソーホーだとわかる。NYでは人気地区のソーホーだが、ブロードウェイの西側と違って、東側のCrosby Streetは落ち着いたムード、MoMAのギフトショップなど隠れた名店が多い。
住所:New York, NY 10012

Place 02(博物館)
アメリカ自然史博物館
【映画を巡る旅に出よう!】ニューヨーク ×『プラダを着た悪魔』ミランダが主催するパーティは、ファッション業界の一大イベント。そのモデルとなった“メットガラ”を彷彿とさせるように、映画では同じくNYで有名なこのミュージアムがパーティ会場となった(撮影は外観のみ)。その名のとおり、動植物や自然科学を地球の歴史とともに展示する巨大な博物館で、映画『ナイト ミュージアム』の舞台としても有名だ。
●American Museum of Natural History
住所:200 Central Park West, New York, NY 10024

メットガラ風パーティ
メットガラとは、毎年5月にNYメトロポリタン美術館で開催されるファッション界の祭典。俳優やミュージシャン、スポーツ選手までトップクラスのセレブが独創的な衣装で登場し、2021年は大坂なおみのドレスも話題になった。そのメットガラの雰囲気や舞台裏を映画で再現。

Place 03(公園)
ガップストウ橋【映画を巡る旅に出よう!】ニューヨーク ×『プラダを着た悪魔』セントラルパークのこの石の橋は、1896年に建造。62丁目に位置するので、パークの南端から歩いて5分ほど。春は新緑に囲まれ、夏は池の水がきらめき、秋は紅葉。そして冬は雪に包まれて、パークの中でも、そこだけ時間がとまったような気分を味わうことができる。映画では、ミランダが最も頼りにする部下で、アンディの味方にもなるナイジェルが、特集“都会のジャングル”の撮影を、ここで指揮。ファッション誌にとっても“映える”場所だと実感。
●Gapstow Bridge
住所:New York, NY 10019

Place 04(道)
Madison Ave. & E 66th St.【映画を巡る旅に出よう!】ニューヨーク ×『プラダを着た悪魔』私物のクリーニングを取りに行ったり、買い物を頼まれたり、さらには犬の散歩まで……。ミランダからの指令を必死でこなすアンディだが、たくさんの荷物を抱えたまま、巨大なセントバーナードに引っ張られるなんて、その姿はマンハッタンでもありえない光景! このシーンが撮影されたのは、ジョルジオ・アルマーニやオスカー・デ・ラ・レンタのショップのほか、シャネルなどジュエリーの専門店が軒を連ねるファッションエリア。セントラルパーク東側のこの一帯は観光客も意外に少なめで、ゆったりと散策を楽しめる。
住所:New York, NY 10065

NYの名所が多数登場!【映画を巡る旅に出よう!】ニューヨーク ×『プラダを着た悪魔』ひっそりした場所にある最高級ホテルの〈セント・レジス〉やニューヨーカーにとって、ステーキといえばこの店という老舗レストラン〈スミス・アンド・ウォレンスキー〉など、ミッドタウンを駆け巡るアンディの奮闘に、NY通のテンションを上げるスポットをいくつも発見可能。

Information

雑誌『Safari』2月号 P180~181掲載

“映画の記事をもっと読みたい人はコチラ!

文=斉藤博昭 text : Hiroaki Saito photo by AFLO
デキる男の手元はいつでも格上げ“ラグスポ”時計!アルミニウムの〈ウブロ〉で唯一無二のレザー姿に!
SPONSORED
2022.11.25

デキる男の手元はいつでも格上げ“ラグスポ”時計!
アルミニウムの〈ウブロ〉で唯一無二のレザー姿に!

革新的な素材使いが巧みな〈ウブロ〉。今回紹介する新作は、なんとアルミニウムを採用。独特なカラーリングでの軽やかなアルミニウムケースで、素材のパイオニアの本領を存分に発揮。ジェンダーレスなカラーは肌にも馴染み、ハードなライダースとのコントラ…

TAGS:   Fashion Watches
着こなしが見違える〈サンローラン〉の1着!大人だったら冬こそコートで風格出し!
SPONSORED
2022.11.25

着こなしが見違える〈サンローラン〉の1着!
大人だったら冬こそコートで風格出し!

冬のお洒落を左右するアウターは、当然着る人の個性にも影響する。ゆえに選び方も慎重になるが、大人なら上品さや貫禄といった〝風格〟をまとえる1着は、是非とも手に入れておきたいところ。なかでも〈サンローラン〉から登場したトレンチコートは、シャー…

TAGS:   Fashion
手元のオーラが断然違う〈ハリー・ウィンストン〉!華やかなシーンこそ頼りになる品格時計!
SPONSORED
2022.11.25

手元のオーラが断然違う〈ハリー・ウィンストン〉!
華やかなシーンこそ頼りになる品格時計!

いつもより着飾ってお出かけしたいシーンが増えるホリデイシーズン。時計もそれにふさわしいオーラをたたえたモデルを選びたい。となれば、間違いないのが〈ハリー・ウィンストン〉。世界屈指のハイジュエラーの感性が光る、スタイリッシュにしてアバンギャ…

TAGS:   Fashion Watches
カジュアルな見た目でも〈ブリオーニ〉なら段違い!大人の格上黒アウターは仕立ても素材も贅沢仕様!
SPONSORED
2022.11.25

カジュアルな見た目でも〈ブリオーニ〉なら段違い!
大人の格上黒アウターは仕立ても素材も贅沢仕様!

黒アウターは都会的な印象を与えたいときの強い味方だが、油断は禁物。なぜなら期待値が高い色ゆえに、素材感やデザインに手を抜くと残念な印象を与えかねないから。そんなごまかしがきかない服だからこそ、上質素材を惜しげもなく使い、スタイルを研ぎ澄ま…

TAGS:   Fashion
手元から個性がにじみ出る〈タグ・ホイヤー〉の新作!スピード感漂う品格時計で大人の遊び心を演出する!
SPONSORED
2022.11.25

手元から個性がにじみ出る〈タグ・ホイヤー〉の新作!
スピード感漂う品格時計で大人の遊び心を演出する!

ラグジュアリーな趣ながらモータースポーツと密接で、アクティブな顔も持つ〈タグ・ホイヤー〉の腕時計。ラフでありつつも、品格を大切にする大人にとって欠かせないもののひとつだろう。新作も有名ゲームコラボを筆頭に、期待に違わぬラインナップ。高級感…

手元で遊ぶなら、〈エンポリオ アルマーニ〉の新作で!冬カジュアルに映えるカラーダイヤルの新鮮時計!
SPONSORED
2022.11.25

手元で遊ぶなら、〈エンポリオ アルマーニ〉の新作で!
冬カジュアルに映えるカラーダイヤルの新鮮時計!

大人の冬コーデはどうしてもダークで地味なものになりがち。それはアウターに黒やグレーなどが多いから。とはいえ、さすがにカラフルなアウターを着るのは、悪目立ちの危険もあるのでなかなか踏み切れない!? では、冬は腕時計を差し色に使ってみてはどう…

TAGS:   Fashion Watches
ヘルシーでアクティブな毎日は〈ガーミン〉で叶う!ソーラー充電の時計が爽快な大人の相棒!
SPONSORED
2022.11.25

ヘルシーでアクティブな毎日は〈ガーミン〉で叶う!
ソーラー充電の時計が爽快な大人の相棒!

よく働きよく遊ぶためには、バテずに動ける“スタミナ”が資本になる。それをスマートウォッチで叶えてくれるのが、進化したソーラー充電機能で驚きの長時間稼働を可能にした〈ガーミン〉の“フェニックス 7X サファイア デュアルパワー”。スポーツで…

TAGS:   Fashion Watches
上品さと利便性を併せ持つ〈モリニ〉のウォレット!手ぶら派の大人が選ぶ使える上質レザー小物!
SPONSORED
2022.11.25

上品さと利便性を併せ持つ〈モリニ〉のウォレット!
手ぶら派の大人が選ぶ使える上質レザー小物!

オフの買い物やカフェでの支払い時に、意外とまわりの目を引くタイミングが多いウォレット。それだけに、中途半端なものは持ちたくないというのが本音のところ。そこで注目したいのが〈モリニ〉のレザー小物だ。イタリアンレザーを使った上質さと手ぶらで過…

TAGS:   Fashion
サボテン原料の‶軽い″革小物を浅草橋で発見!今どきの大人バッグは都会的でエコ! 
SPONSORED
2022.11.22

サボテン原料の‶軽い″革小物を浅草橋で発見!
今どきの大人バッグは都会的でエコ! 

公式YouTubeチャンネルでは、『今どきの大人バッグは都会的でエコ!サボテン原料の‶軽い″革小物を浅草橋で発見!』を紹介しています。ここでは、その一部をチラッとお見せします!

TAGS:   Fashion
【最上級】もっと自由を望む人が、ラグジュアリーカードで叶うこと!
SPONSORED
2022.11.18

【最上級】もっと自由を望む人が、ラグジュアリーカードで叶うこと!

豊かな生活を通し、自分らしく自由を謳歌しているアメリカンセレブたち。彼らに憧れを抱くのは、本当の意味での豊かさ=自由を大切にするマインドと生き方に共感するからだろう。そんなライフスタイルを実現するうえで心強い相棒になってくれるのが、マスタ…

TAGS:   Lifestyle
〈ティファニー〉の特別なギフトで2人の仲も急接近!?彼女との絆がさらに深まるとっておきのジュエリー
SPONSORED
2022.11.10

〈ティファニー〉の特別なギフトで2人の仲も急接近!?
彼女との絆がさらに深まるとっておきのジュエリー

心華やぐホリデーシーズン。特別な思いをこめた大切な彼女へのギフトは、やっぱり〈ティファニー〉のジュエリーで! モダンでスタイリッシュ、そしてユニセックスなデザインは、男の手元や首元にも自然にマッチするからさりげなくペア感を楽しむことができ…

TAGS:   Fashion
1番売れてる”革ジャン”には、人気の理由があった!
SPONSORED
2022.11.09

1番売れてる”革ジャン”には、人気の理由があった!

公式YouTubeチャンネルでは、『1番売れてる”革ジャン”には、人気の理由があった!』を紹介しています。ここでは、その一部をチラッとお見せします!

〈ブランパン〉フィフティ ファゾムスの新作は、上質さと本格仕様が大人にふさわしいノーブルダイバーズ!
SPONSORED
2022.11.05

〈ブランパン〉フィフティ ファゾムスの新作は、
上質さと本格仕様が大人にふさわしいノーブルダイバーズ!

TAGS:   Watches
カジュアル姿の格が上がる!〈カナダグース〉の新作ダウンは、都会の男にふさわしい上質さ!
SPONSORED
2022.11.04

カジュアル姿の格が上がる!
〈カナダグース〉の新作ダウンは、都会の男にふさわしい上質さ!

街に映える高品質ダウンジャケットで人気の〈カナダグース〉。都会で過ごす大人にふさわしいスタイリッシュなデザイン性のみならず、極地探検にも適応できる機能性も大きな魅力になっている。ただ、日本にいる限りそこまでの機能は必要ないのでは? と思う…

TAGS:   Fashion ダウンJK
〈ビーセカンド〉の1着でさりげない存在感を!自由な週末をコラボアイテムでもっと遊ぶ!
SPONSORED
2022.11.02

〈ビーセカンド〉の1着でさりげない存在感を!
自由な週末をコラボアイテムでもっと遊ぶ!

冬のアウトドアを快適に楽しむには、ギアはもちろん、ウエアも大事。とはいえ、暖かさや動きやすさなど、機能性だけにこだわると野暮ったくなりがち。そこで、活躍するのが〈ビーセカンド〉のコラボアイテム。実力派ブランドによる信頼の機能を備えながら、…

TAGS:   Fashion
100%イタリア製の〈ムーレー〉はひと味違う。大人の風格があふれ出るラグジュアリーダウン4選。
SPONSORED
2022.10.31

100%イタリア製の〈ムーレー〉はひと味違う。
大人の風格があふれ出るラグジュアリーダウン4選。

冬本番、まず手に入れたい主役アウターといえばダウンジャケットだろう。本命は、上質さはもちろん、"着膨れ"しないシティ派デザインのもの。イタリア・ヴェローナ生まれの〈ムーレー〉が放つ新作は、そんな理想を体現する見た目と上品さを兼備する。高品…

TAGS:   Urban Safari Fashion
最高峰を知る大人が選ぶ〈ジョンロブ〉。名作が“黒スウェード”になると貫禄もお洒落度もますます圧倒的。
SPONSORED
2022.10.31

最高峰を知る大人が選ぶ〈ジョンロブ〉。
名作が“黒スウェード”になると貫禄もお洒落度もますます圧倒的。

表革にはない優しい風合いで、足元に柔らかなニュアンスを与えてくれるスウェードシューズ。特に黒革の場合は、ベルベット顔負けの上品さを印象づけられる。しかもそれが最高峰と名高い〈ジョンロブ〉が手掛けた1足ともなれば、醸し出される貫禄も雲上級と…

TAGS:   Urban Safari Fashion
品のよさとモダンさを併せ持つ〈アウール〉。快適ニットが“モックネック”ならジャケット姿も見映えがいい。
SPONSORED
2022.10.31

品のよさとモダンさを併せ持つ〈アウール〉。
快適ニットが“モックネック”ならジャケット姿も見映えがいい。

ジャケット姿の名脇役がニット。今期は〈アウール〉のモックネックはどうだろう。上品でほどよく立体感のある襟元には、丸首のようなもの足りなさがなく、タートルネックの窮屈感もない。クリエイティブディレクターを戸賀敬城、デザイン監修を橋本 淳が務…

TAGS:   Urban Safari Fashion
快適すぎると評判の〈ジェラート ピケ オム〉。癒しもお洒落も満足度が神レベル。
SPONSORED
2022.10.31

快適すぎると評判の〈ジェラート ピケ オム〉。
癒しもお洒落も満足度が神レベル。

休日のおウチ時間は、疲れをリカバリーし、心とカラダを癒すためにも大切なひととき。それができてこそまた、仕事にも本気で向き合える。そんな時間のよき相棒が、〈ジェラート ピケ オム〉のルームウエア。いずれもとろけるように柔らかな着心地で、心と…

TAGS:   Urban Safari Fashion
ひとつでも重ねても、サマになるのは〈ジェントルマン〉。上品さと色気が香り立つ大人好みのファインジュエリー。
SPONSORED
2022.11.07

ひとつでも重ねても、サマになるのは〈ジェントルマン〉。
上品さと色気が香り立つ大人好みのファインジュエリー。

年齢を重ね、お洒落の場数もそれなりに踏んできた今だからこそ、もっと積極的に楽しみたいのが男のジュエリー。あくまでもさりげなくまとうためには、そのセレクトとつけこなしが肝心。そこで注目したいのが、“紳士”にふさわしい品格と色香を併せ持つ〈ジ…

TAGS:   Urban Safari Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ