Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2019.07.09


レトロボードに心奪われた若きトップシェイパー

古きよき時代のサーフカルチャーをリスペクトした"レトロムーブメント"をけん引する若手シェイパー、トロイ。新世代シェイパーとして注目を集めているだけでなく、モーターサイクルやスケートにも強いこだわりをのぞかせる。〈サイクルゾンビーズ〉との絆も深く、独特のセンスを併せ持つ彼の素顔に迫ってみよう。

●今月のサーファー
トロイ・エルモア[TROY ELMORE]

ショートボードデュードには戻れない!


トロイがサーフィンをはじめるようになったのは、ハンティントンビーチに引っ越してきた8歳の頃。そのきっかけは、ベビーシッターからのギフトとして貰ったスケートボードやサーフボード、サーフムービーだったという。すぐさま横ノリカルチャーに興味を示した彼が、ビーチ好きの少年へと育つのに時間はかからなかった。クルマにサーフボードを積んでビーチまで連れていってほしいとよく母に頼んでいた、と懐かしそうに目を細めて語るトロイ。のちにニューポートビーチでもサーフィンをするようになり、そこで運命的な出会いを果たす。それは、サーフィンとモーターサイクルをクールに乗りこなす集団、〈サイクルゾンビーズ〉のメンバーたちだった。

「ニューポートのビーチで偶然出会ったスコッティとターキーと話すようになって、ターキーが乗っていたロングボードを借りていいかと聞いてみたんだ。そしたら彼は快く貸してくれた。たしか僕が12歳の頃だったと思う」

それまでショートしか乗ったことがなかった彼にとってロングボードでのライドは衝撃だった。

「あのときは、たった数本乗っただけで乗り心地が想像以上にしっくりきて、もう“ショートボードデュード(野郎)”には戻れない、と直感が降りてきたんだ」

ターキーらによりロングボードと運命的な出合いを果たしてからは、すっかりロングやフィッシュなどクラシックでスタイルのあるボードの虜となったトロイ。その情熱が彼をシェイパーにまで押し上げるのはあっという間だった。はじめてボードやフィンを自分で削ってみたのが20代のはじめ。そしてこれが天職だとすぐに感じた。

「自分で削ったボードに乗ったら、スケートのようななめらかさとふわりとした浮遊感、スピードを実感したよ。それにビッグターンもループアウトも簡単にできるようになったんだ」

 でも、その頃のサーフシーンはショートを楽しむのがメジャー。ロングボードやツインフィッシュのよさはまだ浸透しておらず、ロングで楽しげに波に乗る彼の姿は珍しかった。しかし、そんな様子も近年は変化してきたという。

「ジョエル・チューダーやライアン・バーチのおかげで、みんなのボードが徐々に多様化してきた。いつかより柔軟な考え方が広まれば、様々なタイプのボードがシェイプされるはずだよ」

熱い思いを語るトロイ。でも、おそらく一般サーファーのボードが多様化し、クラシックがかつてより支持を集めるようになった背景には、トロイ自身の貢献もあるに違いない。


アニキ分、〈サイクルゾンビーズ〉


12歳のときビーチで出会ってから、スコッティやターキーはじめ、〈サイクルゾンビーズ〉たちとは家族のように深い絆で結ばれている。彼らの影響でロングやツインフィッシュの楽しさを知っただけでなく、モーターサイクルのビルドをはじめたのも彼らからの影響だという。

「父と祖父がハーレーを乗っていたのに、10代の頃は母が厳しく、モーターサイクル禁止だったんだ。仕方ないからスクーターを乗りまわしていたけれど、正直なところ、自分ではクールだと思わなかったよ(笑)」

そんな経験を経て、ようやく母親の許しを得、19歳の頃にヴィンテージのトライアンフを手に入れる。これは、トロイ本人が〈サイクルゾンビーズ〉のターキーとともにビルドしたものだそう。今では、自分でビルドした’60年代のハーレーも所有している。彼らからはほかにも、音楽やヴィンテージアイテムなどの分野でも影響を受けたとか。アコースティックやエレクトリックギターが得意なトロイは、たまに友人とバンド活動をしてみたり、スコッティらともセッションするのだという。

そんな兄貴分たちの影響もあり、マルチな才能を得たトロイ。そんな彼のスタイルをリスペクトし、サーフィン&バイクブランドの〈ブリクストン〉がスポンサードを開始。最近注目を集めている。

「はじめて〈ブリクストン〉のスタッフに会ったとき、彼らは僕のことをすぐに受け入れてくれて、フェアに助け合えるんだろうな、と感じたんだ。というのも、それまで僕のスポンサーからは、サーフボードを提供してもらっただけで、相乗効果が見出せなかったんだ。けれど〈ブリクストン〉との出会いは、シェイパーとしてだけでなく、多くの可能性を開くきっかけになったよ」


トップシェイパーのオンとオフ

4年前からニューポートビーチ近くにシェイプルームを借りて本格的にビルドしはじめたトロイ。朝は波があれば波乗りし、昼までにはシェイプルームに入り板をひたすら削る。オルタナティブサーフショップとして評価の高いモラスク、タリア、デイドリームサーフショップなどから次々とオーダーが入る。ネットで直接受注することもあり、忙しい日々を送っている。

そんな彼のシェイプルームには所狭しとシェイプされたボードが並ぶ。天井にはクラシックなロングボードやフィッシュが置かれているがシェイプルームはきっちりとオーガナイズされている。ほとんどのヴィンテージ好きなサーファーというと、至る所に古い物が置かれているイメージだが、彼の場合はそれとは違い、無駄なものがそぎ落とされ、洗練されている。その様子は、彼の余計な飾りのないボードやファッション、アイデンティティと同じだ。

トロイ・エルモアが今最も勢いに乗るトップの若手シェイパーとして活躍しているのは言うまでもない。だが、プライベートではバランスよく息抜きができているようだ。

「2カ月前にフィアンセと住むために新しい家に引っ越したんだ。海近の落ち着いた住宅街の中にあって和むよ。シェイプルームから自転車で通える距離だけど、オンとオフの切り替えができるから生活にメリハリができてメンタル的にもヘルシーな生活を送っているよ」

フィアンセとともにホッとできる空間で充電した後は、いいモチベーションでクリエイティブな時間を費やすことができる。この好循環が次なるステージへと繋がっているのだろう。

ホームポイントはココ!
ブラッキーズ[BLACKIES]
ニューポートビーチのピアの北側に位置するポイント。サイズがあればロングからショートまで楽しめる。サーファーでアーティストのアレックス・ノストはじめ〈サイクルゾンビーズ〉のスコッティら多くの有名サーファーが出没
 

シェイプルームに並んだボード。オーダーの大半は、彼の得意としているロングボードかツインフィッシュ

サンディングペーパーでシェイプのフィニッシングを行うトロイ。シェイプルームの壁はこだわりのグリーン

シェイプに必要なツールはワークベンチに整然と

自宅のガレージには昔のサーフムービーのポスターをディスプレイ。ちなみにこの写真に写っているのは、若かりし頃のトロイ

今彼が大切に乗っているのは、’60 sのヴィンテージハーレー。友人とともにビルド。見た目はまるで新品同様!  ヴァイオレットにペイントしたオイルタンクがクール

ギターや観葉植物が彼を和ませてくれる自宅のリビング。ここには気心知れた友人が集まる

 

Information

雑誌『Safari』8月号 P222・223掲載

“波乗り一代記の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=桝田はやと 文=高橋百々
photo : Hayato Masuda text : Momo Takahash(i Volition & Hope)

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

夏の海の主役はやっぱり 西海岸ノリのTシャツ!
SPONSORED
2020.06.25

夏の海の主役はやっぱり 西海岸ノリのTシャツ!

お気に入りのTシャツを着るだけで、波乗りのテンションも上がるのがサーファーというもの。そんな1枚を探しているなら、ハンティントンビーチ発の〈トラヴィスマシュー〉に注目してみては?南カリフォルニアの空気をたっぷり含んだ、ビーチ映え間違いなし…

気持ちいいけど効果テキメン!男前への近道は〈ヤーマン〉メディリフト アイで!
SPONSORED
2020.06.25

気持ちいいけど効果テキメン!
男前への近道は〈ヤーマン〉メディリフト アイで!

男性も化粧水などのスキンケアをしているという人は増えた。だが、加齢や今の時代のストレス環境を考えると、もはやスキンケアだけでは十分とはいえないのかも。もう一歩進んだケアをはじめることで、10年後の印象はガラリと変わるはず。そこでおすすめす…

TAGS:   Health&Beauty
〈ラルフ ローレン〉なら、週末スタイルも別格の存在感!夏がもっと楽しくなる大人の柄ショーツ使い!
SPONSORED
2020.06.25

〈ラルフ ローレン〉なら、週末スタイルも別格の存在感!
夏がもっと楽しくなる大人の柄ショーツ使い!

夏になると開放的な気分になるからか、柄モノを着たくなる。でも、なんでもいいと思ったら大間違い。いい年の大人なら、品があるものを選びたい。で、そんな大人たちにおすすめなのが、〈ラルフ ローレン〉の柄ショーツ。トロピカル柄から、大人気のハワイ…

TAGS:   Fashion Lifestyle
〈LGエレクトロニクス〉の大画面テレビはなぜセンスがいいと言われるのか?
SPONSORED
2020.06.26

〈LGエレクトロニクス〉の大画面テレビは
なぜセンスがいいと言われるのか?

映像鑑賞や楽しい“家デート”の演出を考えると、テレビは大画画かつ高画質がマスト。とはいえ、みなさんは「テレビなんてどれを選んでもほぼ一緒」な~んて思っていないだろうか? そんな中で、「ほかとはひと味違う」と評判なのが〈LGエレクトロニクス…

TAGS:   Lifestyle
〈テーラーメイド ゴルフ〉で暑い季節もクールにラウンド!夏ゴルフに必要なのはセンスのよさと快適さ!
SPONSORED
2020.06.25

〈テーラーメイド ゴルフ〉で暑い季節もクールにラウンド!
夏ゴルフに必要なのはセンスのよさと快適さ!

夏のラウンドはとにかく暑い。でもその暑さにかまけて、ラウンド中の着こなしをおろそかにしてしまうのは大人ゴルファーとして失格!?そうならないためにも、この夏こそ〈テーラーメイド ゴルフ〉のウエアで!強い日差しにも負けない機能性素材を採用した…

TAGS:   Fashion Lifestyle
個性的な手元を演出する〈オロビアンコ〉の新作時計!ひと味違う知的な男は〝オクタゴン〞ケースを選ぶ!
SPONSORED
2020.06.25

個性的な手元を演出する〈オロビアンコ〉の新作時計!
ひと味違う知的な男は〝オクタゴン〞ケースを選ぶ!

デートの装いの仕上げとして手を抜けないのが、手元のお洒落。でもそれが普通のドレス時計では無難すぎるし、海用のダイバーズでも場違いな印象に。欲しいのは、八角形ベゼルが目を引く〈オロビアンコ〉の新作のような個性的かつ知的さも感じさせる大人顔時…

TAGS:   Fashion Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ

定期購読特別キャンペーン!

今なら3,000円分のギフト券をプレゼント!