Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2019.07.09


レトロボードに心奪われた若きトップシェイパー

古きよき時代のサーフカルチャーをリスペクトした"レトロムーブメント"をけん引する若手シェイパー、トロイ。新世代シェイパーとして注目を集めているだけでなく、モーターサイクルやスケートにも強いこだわりをのぞかせる。〈サイクルゾンビーズ〉との絆も深く、独特のセンスを併せ持つ彼の素顔に迫ってみよう。

●今月のサーファー
トロイ・エルモア[TROY ELMORE]

ショートボードデュードには戻れない!


トロイがサーフィンをはじめるようになったのは、ハンティントンビーチに引っ越してきた8歳の頃。そのきっかけは、ベビーシッターからのギフトとして貰ったスケートボードやサーフボード、サーフムービーだったという。すぐさま横ノリカルチャーに興味を示した彼が、ビーチ好きの少年へと育つのに時間はかからなかった。クルマにサーフボードを積んでビーチまで連れていってほしいとよく母に頼んでいた、と懐かしそうに目を細めて語るトロイ。のちにニューポートビーチでもサーフィンをするようになり、そこで運命的な出会いを果たす。それは、サーフィンとモーターサイクルをクールに乗りこなす集団、〈サイクルゾンビーズ〉のメンバーたちだった。

「ニューポートのビーチで偶然出会ったスコッティとターキーと話すようになって、ターキーが乗っていたロングボードを借りていいかと聞いてみたんだ。そしたら彼は快く貸してくれた。たしか僕が12歳の頃だったと思う」

それまでショートしか乗ったことがなかった彼にとってロングボードでのライドは衝撃だった。

「あのときは、たった数本乗っただけで乗り心地が想像以上にしっくりきて、もう“ショートボードデュード(野郎)”には戻れない、と直感が降りてきたんだ」

ターキーらによりロングボードと運命的な出合いを果たしてからは、すっかりロングやフィッシュなどクラシックでスタイルのあるボードの虜となったトロイ。その情熱が彼をシェイパーにまで押し上げるのはあっという間だった。はじめてボードやフィンを自分で削ってみたのが20代のはじめ。そしてこれが天職だとすぐに感じた。

「自分で削ったボードに乗ったら、スケートのようななめらかさとふわりとした浮遊感、スピードを実感したよ。それにビッグターンもループアウトも簡単にできるようになったんだ」

 でも、その頃のサーフシーンはショートを楽しむのがメジャー。ロングボードやツインフィッシュのよさはまだ浸透しておらず、ロングで楽しげに波に乗る彼の姿は珍しかった。しかし、そんな様子も近年は変化してきたという。

「ジョエル・チューダーやライアン・バーチのおかげで、みんなのボードが徐々に多様化してきた。いつかより柔軟な考え方が広まれば、様々なタイプのボードがシェイプされるはずだよ」

熱い思いを語るトロイ。でも、おそらく一般サーファーのボードが多様化し、クラシックがかつてより支持を集めるようになった背景には、トロイ自身の貢献もあるに違いない。


アニキ分、〈サイクルゾンビーズ〉


12歳のときビーチで出会ってから、スコッティやターキーはじめ、〈サイクルゾンビーズ〉たちとは家族のように深い絆で結ばれている。彼らの影響でロングやツインフィッシュの楽しさを知っただけでなく、モーターサイクルのビルドをはじめたのも彼らからの影響だという。

「父と祖父がハーレーを乗っていたのに、10代の頃は母が厳しく、モーターサイクル禁止だったんだ。仕方ないからスクーターを乗りまわしていたけれど、正直なところ、自分ではクールだと思わなかったよ(笑)」

そんな経験を経て、ようやく母親の許しを得、19歳の頃にヴィンテージのトライアンフを手に入れる。これは、トロイ本人が〈サイクルゾンビーズ〉のターキーとともにビルドしたものだそう。今では、自分でビルドした’60年代のハーレーも所有している。彼らからはほかにも、音楽やヴィンテージアイテムなどの分野でも影響を受けたとか。アコースティックやエレクトリックギターが得意なトロイは、たまに友人とバンド活動をしてみたり、スコッティらともセッションするのだという。

そんな兄貴分たちの影響もあり、マルチな才能を得たトロイ。そんな彼のスタイルをリスペクトし、サーフィン&バイクブランドの〈ブリクストン〉がスポンサードを開始。最近注目を集めている。

「はじめて〈ブリクストン〉のスタッフに会ったとき、彼らは僕のことをすぐに受け入れてくれて、フェアに助け合えるんだろうな、と感じたんだ。というのも、それまで僕のスポンサーからは、サーフボードを提供してもらっただけで、相乗効果が見出せなかったんだ。けれど〈ブリクストン〉との出会いは、シェイパーとしてだけでなく、多くの可能性を開くきっかけになったよ」


トップシェイパーのオンとオフ

4年前からニューポートビーチ近くにシェイプルームを借りて本格的にビルドしはじめたトロイ。朝は波があれば波乗りし、昼までにはシェイプルームに入り板をひたすら削る。オルタナティブサーフショップとして評価の高いモラスク、タリア、デイドリームサーフショップなどから次々とオーダーが入る。ネットで直接受注することもあり、忙しい日々を送っている。

そんな彼のシェイプルームには所狭しとシェイプされたボードが並ぶ。天井にはクラシックなロングボードやフィッシュが置かれているがシェイプルームはきっちりとオーガナイズされている。ほとんどのヴィンテージ好きなサーファーというと、至る所に古い物が置かれているイメージだが、彼の場合はそれとは違い、無駄なものがそぎ落とされ、洗練されている。その様子は、彼の余計な飾りのないボードやファッション、アイデンティティと同じだ。

トロイ・エルモアが今最も勢いに乗るトップの若手シェイパーとして活躍しているのは言うまでもない。だが、プライベートではバランスよく息抜きができているようだ。

「2カ月前にフィアンセと住むために新しい家に引っ越したんだ。海近の落ち着いた住宅街の中にあって和むよ。シェイプルームから自転車で通える距離だけど、オンとオフの切り替えができるから生活にメリハリができてメンタル的にもヘルシーな生活を送っているよ」

フィアンセとともにホッとできる空間で充電した後は、いいモチベーションでクリエイティブな時間を費やすことができる。この好循環が次なるステージへと繋がっているのだろう。

ホームポイントはココ!
ブラッキーズ[BLACKIES]
ニューポートビーチのピアの北側に位置するポイント。サイズがあればロングからショートまで楽しめる。サーファーでアーティストのアレックス・ノストはじめ〈サイクルゾンビーズ〉のスコッティら多くの有名サーファーが出没
 

シェイプルームに並んだボード。オーダーの大半は、彼の得意としているロングボードかツインフィッシュ

サンディングペーパーでシェイプのフィニッシングを行うトロイ。シェイプルームの壁はこだわりのグリーン

シェイプに必要なツールはワークベンチに整然と

自宅のガレージには昔のサーフムービーのポスターをディスプレイ。ちなみにこの写真に写っているのは、若かりし頃のトロイ

今彼が大切に乗っているのは、’60 sのヴィンテージハーレー。友人とともにビルド。見た目はまるで新品同様!  ヴァイオレットにペイントしたオイルタンクがクール

ギターや観葉植物が彼を和ませてくれる自宅のリビング。ここには気心知れた友人が集まる

 

Information

雑誌『Safari』8月号 P222・223掲載

“波乗り一代記の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=桝田はやと 文=高橋百々
photo : Hayato Masuda text : Momo Takahash(i Volition & Hope)
Tarzan × Safari BEAUTY & BODY WEEK『Tarzan』と『Safari』の夢のコラボ企画が〈阪急メンズ東京〉で遂に実現!
SPONSORED
2019.07.11

Tarzan × Safari BEAUTY & BODY WEEK
『Tarzan』と『Safari』の夢のコラボ企画が〈阪急メンズ東京〉で遂に実現!

今春に大規模リニューアルした、有楽町の〈阪急メンズ東京〉でのスペシャルウィークが決定! 洗練されたファッションと、磨き上げたボディの融合。さまざまなプロダクトを実際に体験できる貴重なチャンスを見逃すな!

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!
SPONSORED
2019.06.26

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!
さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!

夏の海が大好きでたまらないアクティブ派ともなれば、そのウキウキ感を都会にもビーチにも持ちこみたくなるかと。かといって、小僧っぽい派手さはご法度。そこでおすすめは、〈ロイヤル フラッシュ〉が別注でオーダーしたショーツとバッグ。軽快なカモフラ…

TAGS:   Fashion
冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!
SPONSORED
2019.06.25

冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3
贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!

かつては波乗りでもがむしゃらになって海に挑んだものだが、今はゆったりと海と向き合うことが多くなった。そんな気持ちの余裕とリラックスした時を楽しむことが、新しいラグジュアリーのスタイルなのかもしれない。

TAGS:   Watches
実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”
SPONSORED
2019.06.25

実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!
海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”

ハイスペックな機能を備え、海を愛する大人を魅了しつづける“クロノオフショア1”。ダイバーズといえば、計器のような武骨なデザインが多いが、この名シリーズには、見た目にも華がある。だから海に限らず、陸をフィールドに独自の世界観が自由に楽しめる…

TAGS:   Watches
西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!
SPONSORED
2019.06.25

西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!
ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!

いよいよ、待ちに待った夏本番。この短い季節を存分に楽しむためにも、今一度、買い足すべきアイテムを再確認しておきたいところ。とりわけ、夏カジュアルの主役となるTシャツは、何枚持っていてもいい。だったら、〈カリフォルニアデプト〉に足を運んでみ…

TAGS:   Fashion
〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!
SPONSORED
2019.06.25

〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!
海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!

サーフィンなどのマリンスポーツがライフスタイルの中心にある大人にとって、海はかけがえのない存在。だから、男の“名刺代わり”でもある腕時計には、高い性能に加え、海との繋がりを感じられる“物語”も求めたい。海洋保全活動に長年取り組んできた〈オ…

TAGS:   Watches
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!
SPONSORED
2019.06.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02
夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!

本誌で紹介している西海岸的ライフスタイルの根っこにあるのは、人生を自分らしいスタンスで楽しみたいと願う自由な価値観。そのマインドに共感するみなさんなら、きっと旅にだって自分らしさを求めたくなるはず。そこで〈アメリカン・エキスプレス〉の会員…

TAGS:   Lifestyle
賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉
SPONSORED
2019.06.20

賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!
上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉

多忙な毎日でも、くつろげる自分だけの空間は、いつでも清潔にしていたい。そんな理想の部屋を実現してくれるのが、人間の代わりに部屋の隅々までキレイにしてくれるロボット掃除機“ルンバ”。その最上位機種の“ルンバi7+”は、自動ゴミ収集機能などの…

TAGS:   Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ