Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2019.04.01


「自分らしくいられることを追求しているだけなんだ」

フリーサーファーでアーティスト、モデルで俳優、そして寿司職人というマルチな才能を発揮するコリン。常にエネルギッシュでダイナミックな彼は、〈CJネルソンデザイン〉などのサーフブランドをはじめ、多くのスポンサーのアンバサダーやモデルを務めつつ、自身のビジネスにも情熱を注ぐ。我が道を突っ走るサーファーだ。

●今月のサーファー
コリン・ホイットブレッド[COLIN WHITBREAD]

ロング育ちのオールドスクールボーイ


サンディエゴの北部に位置するレイドバックしたサーフタウン、オーシャンサイド。ここで育ったコリンは、幼い頃から地元の友人と毎日のように海に通い、波を楽しんでいた。

「たしか8歳の頃、父親から手ほどきを受けてサーフィンをはじめた。最初に乗ったのがロングボードだったせいか、それ以降、クラシックスタイルに惹かれていったんだ」

当時から憧れるサーフヒーローは、オーシャンサイドのサーファーで世界チャンプでもあるL・J・リチャーズはじめ、レイモンド・ターニングシールド、ドナルド・タカヤマなど、ロングボードのレジェンドたちだ。影響を受けたのは、彼ら独自のライディングだけでなく、その生き方もだという。

「彼らのライディングはいつ見ても新鮮で格好いい。オールドスクールなのにタイムレスなところが最大の魅力なんだと思う」

ロングボードの魅力に取り憑かれたコリンはオーシャンサイドだけでなく、ロガーが集まるカーディフやドヘニービーチでもサーフィンをするように。しかしコンペティションには興味はないよう。

「僕にとってサーフィンはフリーダム。波の上でダンスやステップしたり、心のフローにまかせてなににも囚われず、いろんなものを解放できる素晴らしいものだと思う。だから競うことよりも感じることに重きを置いている」

競争の世界に身を置かず、自分が楽しめるスタイルを追い求めるコリン。そんな自由で気ままなスタイルが支持されてか、彼は、〈CJネルソンデザイン〉や〈レインオプティクス〉、日本のウェットスーツブランドである〈ブレーカーアウト〉ほか、多くのブランドのライダーやモデルとしても活躍している。また、ライダーを務めるテキーラブランド〈ホセ・クエルボ〉では、女子プロサーファーのカシア・ミーダーと一緒にメキシコにサーフトリップへ。それ以降、彼女との交友関係が深まり、現在はカシア所有のアパートを借りて、コリンとコリンのガールフレンド、そして彼女のキッズとともに住んでいるのだという。こんなふうに企業や人々から愛されるのも、常にポジティブで自分の好きなスタイルからブレないコリンの人柄ゆえなのではないだろうか。


その才能はとどまることがない!


ロングビーチの大学でファインアートを学んだコリンはペインターとしても活躍し、地元のビルにミューラル(壁画)を手掛けたり、エキシビションなどに出展したりしていた時期もあった。現在は、ペインターでもあるガールフレンドの影響もあって水彩画でランドスケープを描くのに夢中だという。取材当日は、ダイニングテーブルの上に自身の描いた作品の数々をディスプレイして取材班に披露してくれた。ところで、サーファーの彼の作品に、美しい森の風景が多いのはなんだか意外……?

「彼女の作品に魅せられて水彩画をはじめたんだ。最近はその彼女とキッズたちとよくキャンプするので、そこで見た自然を描いているよ」

そういえば彼のアパートも、エントランスには小庭があって、とてもピースフルでオーガニックな雰囲気。ガレージはボードラックが設置され、きちんとオーガナイズされている。ちなみにボードはドナルド・タカヤマなどのロングが多いが、そのうちの1つに友人のサーファーでありフォトグラファーでもあるデーン・ピーターソンがシェイプした板も大切に保管されている。その隣にはキャンピングギアが並び、なるほど森林を描いたアートが多いのも納得だ。

そんなアーティスト気質のコリンは、異色なサーフムービー『フォービドゥン・トリム』(2016年公開)の主役を演じ注目を集めた。

「この作品では、主演俳優としてだけでなく脚本、プロデュースも手掛けたんだ。これはちょっと変わったサーフムービーで、『G.I.ジョー』とサーフィンをミックスしたような世界。監督を務めたジョージ・トリムとは、とてもいいタッグを組めたよ。近い将来、また映画を製作したいと考えているんだ」

ところでコリンのインスピレーション源とはなんだろう。もちろんアウトドアや波乗りもそうだろうが、ちょっと意外なのが趣味だというミリタリーもの集め。部屋には軍モノ関連の書籍がちらほら。彼のユニークな発想は、こんなところからも生まれているのかもしれない。


波乗り以外の情熱は日本食!?

マルチな才能を持つイケメンサーファーのコリンだが、現在彼が最も集中しているのが自身の寿司ビジネスだそう。地元の寿司屋で経験を積んだのち、13年前にケイタリングの寿司シェフとして独立。以降、徐々にビジネスを拡大して、今では大勢の顧客を抱えるまでに。

「寿司を作る1つ1つのテクニックが面白くて、いつの間にかシェフになっていたんだ。普段はトラディショナルなものとカリフォルニアスタイルを融合させたオリジナルのフュージョンを提供しているよ。お客様とのやりとりもライブ感があって楽しいし、毎回美しいアートを作っている感覚でもあるんだ」

ここ数年さらなる人気を集めているコリンの寿司ケイタリングビジネス。去年の年末には〈テスラ〉の社長から予約の問い合わせもあったとか。とはいえこんな筋金入りのサーファーが寿司シェフとはかなりのギャップ? でも、かつてあるお客様に

「サーフィンと寿司。まさにカリフォルニアの代表的なものを仕事にしているんですね」

と言われ、妙に納得したそう。多方面で才能を見せるコリンだが、普段のライフスタイルはいたってシンプル。朝と夕は基本的にキッズたちの学校の送り迎えを行い、時間があれば午前中に海に入る。午後は、寿司ケイタリングの仕込みをしたり、それ以外の仕事の打ち合わせや撮影をしたりなど。年に1、2回はサーフブランドのクライアントとともに海外トリップも行う。近い将来、彼がライダーを務める〈ブレーカーアウト〉のツアーで来日するかもしれないのだとか。その際はツアーで自身の寿司も披露する予定だそう。

ホームポイントはココ!
オーシャンサイド[OCEANSIDE]
サンディエゴ北端。観光客も多いオーシャンサイドピアの両脇(特に南側)に波が立ち、基本的にビーチブレイクで南スウェルが入るとベストコンディションに。波が上がれば、ショート~ロング、フィッシュなど幅広く楽しめる
 

サーフ映画『フォービドゥン・トリム』では主役を演じたコリン。撮影ではクロコダイルやサメに出くわし、一緒に泳ぐハプニングもあったとか

波乗りと同じくらいパンクに夢中だった高校時代。コリンは1番右

森の中の世界を描写したぬくもりのあるアートは思わず癒される

レコードのほとんどは’70 ~’80年代のロック。“ウォックオーダー”という人気のポータブルプレイヤーを愛用

海に通うことも必要だけど、最近はトレッキングやキャンプなどで森にもよく訪れる。そのギアがずらり!

観葉植物やウッドの家具がお洒落にディスプレイされたリビングは、まるで森の中にいるような気分になれる

 

Information

雑誌Safari』5月号 P308・309掲載

“波乗り一代記の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=桝田はやと 文=高橋百々
photo : Hayato Masuda text : Momo Takahash(i Volition & Hope)
〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?
SPONSORED
2019.04.19

〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!
宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?

人生を謳歌するには、常識という枠にとらわれてはいけない。たとえば世界中の空を旅していながらも、いずれはその翼を宇宙へ広げようと思いを巡らせる。そのくらい大きなスケールで物事を考えてこそ、人生の充実感を存分に味わえるというものだ。そして、そ…

TAGS:   Watches
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
SPONSORED
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
SPONSORED
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
SPONSORED
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
SPONSORED
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
SPONSORED
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
SPONSORED
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
SPONSORED
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
SPONSORED
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
SPONSORED
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ