Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2020.11.02


違いのわかる大人にはまるスポーツカー!

高級スポーツカーも要望に応え、ビジュアルはほぼそのままに、ニーズに合った仕様に変化する時代だ。今回はそんな絶妙な違いを楽しめる1台をご紹介!


[ランボルギーニ・ウラカン EVO RWD]
LAMBORGHINI HURACÁN EVO RWD


時代は変わった! と思う。“これしかありません”から“こんなのもあります”というように。もちろん、大衆ブランドや用品の世界では、種類をバラエティ豊かに揃えるのは昔から変わらない。Tシャツのカラーが豊富、スニーカーもカラフルかつ、広いジャンルに合わせたモデルをカタログに記載する。

が、このところ有名スイスウォッチメーカーや、高額な輸入バイクメーカーもバリエーションをとんでもなく多く揃えている。“文字盤は同じで裏がスケルトンになっています”とか、“デザインはほぼ同じですがこちらは900㏄でこちらは1200㏄です”といったように。

そんな話をするのは、ここで紹介するウラカン EVO RWDもその部類のひとつだから。見た目はウラカン EVO、でもそれとは異なる性格を持った一台だ。具体的にはその名のとおり、RWD。4つのタイヤを駆動するEVOとは違いリアタイヤのみを駆動する。リアステア(リアタイヤを操舵すること)のない純然たるRWDのミッドシップマシンだ。

その結果得られたのは、軽量化されたシャシーとRWDならではのハンドリング。4WDがいいとか悪いとかではなく、昔ながらのスポーツカー的な要素がここに注がれているというわけだ。

こうしたモデルが導入されるのはまさに市場ニーズにほかならない。高級ブランドとはいえ、そうした顧客のニーズにしっかり応え、さらにその期待を上回る仕上がりを提供するのが、昨今のトレンドなのだ。屋根の開くスパイダーを有するのもこれと同様。“このパフォーマンスで屋根が開いたらいいのに”、というニーズへのメーカー側の返答となる。

もちろん、ウラカン EVOとウラカン EVO RWDは駆動システム以外にもしっかり区別されている。フロントのスポイラーやリアのディフューザーは専用設計だし、標準装備も異なる。メーカーが考えるそれぞれのクルマの個性はきっちりと、整理されているようだ。わかりやすくいえば最高出力は前者が640馬力なのに対し、こちらは610馬力。それに0 - 100㎞/h、加速もこちらは0.4秒プラスとなっている。

つまり、そこにはスペックでは語れないそれぞれの味があるということだ。そしてそれを顧客はメーカーに要求し、メーカーもその意図を理解し提供するというやりとりを成立させている。なんだろう、このハイレベルな相互関係。〈ランボルギーニ〉の高い意識が窺える。

ほかにもある!
このクルマの楽しみ方&使い方


もはや芸術品ともいえる〈ランボルギーニ〉のクルマ。スタイリングもそうだし、エンジンの音もそうだ。

まずはスタイリングだが、スーパーカーはどれも似てしまいがちなところがあるが、このブランドはしっかり個性を発揮。この地を這うような低く構えたボディは遠くからでも〈ランボルギーニ〉とわかる出来栄えだ。そこにはシャークフェイスや六角形をモチーフにした彼らならではのデザインもあるが、歴代モデルのカウンタックからインスパイヤされたラインも注入される。ブランドのアイデンティティが確立されている証拠だ。

インテリアもそう。戦闘機を連想させるトグルスイッチやデジタル表示はランボルギーニならではの世界観を醸し出す。通常ダッシュパネルセンターにある液晶モニターも、ウラカンはセンターコンソールに配置されているのがいい。

そしてリアに積まれる大排気量のV10エンジン。ガラス製のフード越しに見るそれはまるでアート作品そのものだし、サウンドも耳にする者をワクワクさせる。ターボ全盛のこのところのスーパーカー業界において、この自然吸気ユニットは希少。そして音もよく、フィーリングもとても素晴らしいのだ。

という仕上がりのこいつは一日中眺めていても飽きない。休日はガレージにシャンパンを持ちこんでクルマ仲間とガレージトークなんてのもいいかもね。

ココにもソソられる!


01 インテリア

ここに座るだけでハイテンションになる
もはやレーシングカーを超え、戦闘機、いやいや宇宙船の飛行士にでもなったような気になるコックピット。男心をくすぐる仕様。ヘッドレストと一体型の身体を包みこむようなバケットシートが高速Gを受けとめる。ロゴの入り方もいい。

02 センターコンソール
デザインセンスと機能性が合体
クルマのセッティングやエンターテイメントの関連操作はセンターコンソールにある8.4インチタッチスクリーン型モニターで操作する。カバーはレザー、アルカンターラ、カーボンファイバー素材から選べる。縦型なのでナビも見やすい。

03 スピードメーター
このハイテク感がたまらない!
全面フルカラーデジタル表示のスピードメーターは、ハイテクカーの象徴だ。見やすく様々な情報がここに現れる。センターに配置されるのはもちろんタコメーター。9000回転からレッドゾーンで、なんと1万回転まで目盛りがふってある。

SPECIFICATIONS
ランボルギーニ・ウラカン EVO RWD
●全長×全幅×全高:4520×1933×1165㎜
●ホイールベース:2620m
●エンジン5.2ℓ V10(ドライサンプ)
●最高出力:610cv(8000 rpm)
●最大トルク:560Nm(6500 rpm)
●トランスミッション:7速LDFデュアルクラッチ・トランスミッション
●車両重量:1389kg
●駆動方式:RWD
●定員:2名
●0 - 100㎞/h加速: 3.3秒
●最高速度:325㎞/h
●価格:2412万6941円


Information

●ランボルギーニ カスタマーセンター
TEL:0120-988-889

雑誌『Safari』12月号 P266~267掲載

“ドライブは楽し!”の記事をもっと読みたい人はコチラ!

文=九島事務所 text : Kushima Office

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

なんと、“美肌”と“洒落感”の両方が手に入る!?  争奪戦の〈アスタリフト メン〉コラボは見逃せない!
SPONSORED
2021.06.16

なんと、“美肌”と“洒落感”の両方が手に入る!?
争奪戦の〈アスタリフト メン〉コラボは見逃せない!

サーフィンやキャンプ、あるいはゴルフの後でも、お肌はほぼノーケアという男性は少なくない。それでも、夏を迎えるとスキンケアのことが気になってくるもの。ただでさえ日頃の髭剃りでダメージを与えやすいのに、そこに炎天下での日焼けが加わるわけだから…

モダンさと機能性を備えた〈ティソ〉の新作。オン・オフのシーンで使い分けたい夏色の本格ダイバーズ。
SPONSORED
2021.06.02

モダンさと機能性を備えた〈ティソ〉の新作。
オン・オフのシーンで使い分けたい夏色の本格ダイバーズ。

ビジネスシーンでも、“自分らしい装い”の幅が広がった昨今。時計選びも然り。たとえば海好き必携のダイバーズウォッチも、最近ではエレガントなブレスレットタイプが多く登場。オン・オフ問わず愛用できるのだから、アクティブ派には嬉しい限りなのでは?…

長い伝統を誇る〈ロンジン〉の1本!海好き男を魅了する名門の青いダイバーズ!
SPONSORED
2021.05.25

長い伝統を誇る〈ロンジン〉の1本!
海好き男を魅了する名門の青いダイバーズ!

時には想定をも超える、厳しい自然を相手にするダイバーズウォッチにとって経験則は欠かせない。そして実績を重ねることで完成度はさらに磨きをかける。〈ロンジン〉の2本のダイバーズは、時を超え、その証になるだろう。爽やかなブルーと名門だけが持つ気…

TAGS:   Watches
〈リアップエナジー〉でいつだってヘルシーな夏男!海上がりの頭皮ケアで清潔感のある大人に!
SPONSORED
2021.05.25

〈リアップエナジー〉でいつだってヘルシーな夏男!
海上がりの頭皮ケアで清潔感のある大人に!

いい波を求めて毎週末の海通いや、日ごとに強くなっていく太陽の光。そんなアクティブな大人は魅力的だが、頭皮にとっては紫外線も潮水もダメージ。今のうちに頭皮ケアをはじめないと、後々イタい目に遭うかも。〈リアップエナジー〉のシャンプーを毎日の習…

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ