Safari Online

SEARCH

STAY&TRAVEL ステイ&トラベル

2024.04.17

3年連続アジアNo.1バーも輩出
ツウは香港で“バーホッピング”! 今行くべきおすすめバー3選。



毎年発表される『Asia's 50 Best Bars』、その最新(2023年版)ランキングで8軒のバーがランクインした香港。近年、香港のバーシーンは中環(セントラル)エリアを中心に盛り上がりが著しく、趣向を凝らしたコンセプトのバーが次々と誕生している。元『地球の歩き方』編集部の香港担当で、香港に行くたびバー巡りを行うトラベルエディターが、今香港で行くべきおすすめのバーを紹介する。

香港島の中環、特に大館とPMQに挟まれたエリアが香港で一番バーが密集するエリア。ここは数mおきに店が軒を連ねていると言っても過言でなく、人気店は平日の夜からトレンドに敏感な香港人たちでにぎわっている。香港は治安がよく(2019年に発生したデモの影響を心配する人もいるが、今はまったく問題ない)、夜間に出歩いていても身の危険を感じたことは一度もない。そんな安心感もあって、バーを訪れるたびにもう一軒、もう一軒とバーホッピングしたくなってしまう魔力がある。今回、まずはおすすめしたいのは2024年1月に中環にオープンしたばかりの『Kinsman(キンスマン)』。
 

  

 


香港の映画監督ウォン・カーウァイの『花様年華』(2000年公開)の世界観にインスピレーションを受けたというレトロポップな内装。バーカウンター奥のウォールアートは1950年代のノスタルジックな香港を描写しており、私が来店した際にBGMでかかっていた日本のシティポップが妙にマッチしていた。『Kinsman』の共同オーナーのひとり、Gavin Yeung氏は雑誌『タトラー・ダイニング香港』のシニア・エディターを務めており、香港のダイニングやバーシーンをこよなく愛する人物だ。
 

  

 


『Kinsman』のこだわりは、カクテルのリキュールにある。初めて訪れたのであれば、まず木瓜(ぼけ)の実から作られた薬膳酒の一種である木瓜酒や、米から作られた白酒に豚肉を漬けた玉冰燒など、地元の蒸留酒をベースにしたカクテルにトライしてみてほしい。写真上の『Papaya Van Winkle(HK $128)』はオレンジ色のラベルの木瓜酒に、健康によいローゼルを使ったリキュールとN.I.Pのクラフトジン(どちらもメイド・イン・香港)をブレンド。そこにトマトや生姜、シロキクラゲの旨味を追加した、独創性の高い一杯に仕上がっている。
 

  

 


こちらの写真上は『Milk & Honey(HK$128)』。白のラベルの玉冰燒に自家製のミルクリキュール、パイナップルラム、ライチ・ハニーが加わった爽やかな一杯。グラスにソフトキャンディのミルキーが添えられており、口内で濃厚なミルクの風味が広がる中でカクテルを流し込むと味の変化が楽しめる。旅先で飲むことの多い私は、その店のオリジナルカクテルこそ一期一会であると思っているが、『Kinsman』はまさに香港でしか飲めないカクテルを提供してくれるバーと言えるだろう。
 

  

 


続いて紹介するのは、〈Kinsman〉から徒歩2分ほどの場所に位置する『The Savory Project(ザ・セイボリー・プロジェクト)』。こちらは冒頭紹介した『Asia's 50 Best Bars』で目下3年連続1位に輝いている『COA』の姉妹店にあたる。20235月にオープンしたばかりだが、既に連日多くの客でにぎわう大人気店だ。予約は受け付けていないため、空いている時間を狙ってウォークインで入るしかない(1軒目に紹介した〈Kinsman〉も同様)。平日でも2122時頃はかなり混んでいるので、ハシゴするにしても早めの時間に訪れるほうがいいかもしれない。
 

  

 


写真上のクリスティーナは、こちらがオープンするまでは『COA』で活躍していたバーテンダーだ。彼女が作るカクテル、『SHIITAKE BAMBOO』、『GARI GARI』、『MISO COFFEE BOULEVARDIER』などは、おそらく多くの人にとって従来のカクテルのイメージと大きくかけ離れていることだろう。『The Savory Project』はその店名のとおり、近年トレンドになっているセイボリーカクテル(甘さや果実味を抑え、旨味が感じられるカクテル)に特化したバーだ。椎茸や寿司のガリ(生姜)、ポン酢、味噌などを副材料にしてどんなカクテルが味わえるのか、期待が膨らむ。
 

  

 

オーダーに悩んだら、店で一番人気の『THAI BEEF SALAD(HK$120+10%チャージ)』をまずは頼んでみよう。タイ風サラダをイメージして作られたというカクテルはラムをベースに、ビーフやココナッツ、ピーナッツ、チリ、カフィアライムなど、複雑な余韻が口内に広がる不思議な味わい。グラスの上に添えられたスパイシーなアンガス牛のジャーキーがさらに味覚をプラスし、病みつきになる一杯。アジア最高峰のカクテルバー『COA』が挑戦する新しい“プロジェクト”に、是非いち早く参加してみていただきたい。
 

  

 


九龍半島側でもおすすめのバーを一軒紹介しよう。独立型のバーが多い香港島側と違って、こちらサイドで飲みたくなったらホテル内のバーを活用するのがよい。『Terrible Baby(テリブル・ベイビー)』は佐敦(ジョーダン)駅からほど近く、ネイザインロード沿いに面したホテル『Eaton HK』の4階に位置するバー。ホテル内のバーと言ってもかしこまった雰囲気はなく、ルーフトップになったテラスは夜風が心地よく開放感抜群だ。またバーカウンターやその前のシートに座れば頭上をシースルーエレベーターが絶え間なく行き交い、SF映画の世界のような気分になれる。金土は生演奏やDJプレイも入り、盛り上がりを見せる。
 

  

 


シグネチャーカクテルは全部で9種類。写真左の『LOVE POTIONHK $95)』はラベンダーがほのかに香るドライジンに、ストロベリーとドラゴンフルーツ、ハチミツ、シトラスをミックスしたフローラルなカクテル。写真右の『THE BOY & THE SEAHK95)』はロンドン・ドライ・ジンに洋梨のリキュール、サジー、バジル、ハチミツでできたカクテル。フルーティーな味覚の中にもハーブの爽やかさが感じられる一杯だ。先に紹介した『Kinsman』や『The Savory Project』と比べると、ここは王道のカクテルメニューがラインナップしている印象。ただしホテルのバーにしてはリーズナブルなので、その点でも積極的に推せる。
 

  

 


テラスに出れば、ネイザンロードの夜景が香港にいる実感を満たしてくれる『Terrible Baby』。ちなみにここは日中14時からオープンしており、しかも日〜木曜の14〜19時はハッピーアワーメニューを提供してくれているのが嬉しいポイント。上記の時間ではカクテルやハウスワイン、ビールなどがHK$68でいただける。テンプルストリートのナイトマーケットや油麻地の天后廟などの観光ついでにちょっと一杯、なんて使い方もおすすめだ。

ほかにもルーフトップバーや看板のないスピークイージーなど、バー巡りだけでも一冊のガイドブックが作れてしまうほど魅力的なバーが多い香港。観光を終え、ホテルに戻る前にちょっとバーで一杯が楽しめると、ますます香港が好きになることだろう。ただしいくら治安がいいとはいえ、飲み過ぎにはくれぐれもご注意を!

※取材協力:香港政府観光局

●こちらの記事もオススメ!
香港を旅する最新キーワードは、ずばり“アート”!
 

  

 

 
Information

●Kinsman
住所:65 Peel St, Central, Hong Kong
営業時間:17:00〜24:00(金土は〜25:00)
定休日:なし
URL: https://www.instagram.com/kinsman.hk/

●The Savory Project
住所:4 Staunton St, Central, Hong Kong
営業時間:17:00〜25:00(日は〜24:00)
定休日:月曜
URL: https://thesavoryproject.com/

●Terrible Baby(Eaton HK内)
住所:4/F, Eaton HK, 380 Nathan Rd, Jordan, Hong Kong
営業時間:14:00〜24:00(金土は〜26:00)
定休日:なし
URL: https://www.terriblebaby.com/
Hotel URL:https://www.eatonworkshop.com/en-us/hong-kong/

文・写真=伊澤慶一 text・photo : Keiichi Izawa
トラベルエディター
旅行ガイドブック『地球の歩き方』編集部にて国内外のガイドブックを多数手がけ、2017年に独立。現在は、〈パパ目線での旅育〉や〈ホテルステイ〉をテーマに連載を執筆。また雑誌の旅行特集からオウンドメディアの動画まで、幅広く旅行コンテンツの制作を行う。著書に『最高のハワイの過ごし方』。
ひと味違う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の別注アイテム!週末シーンで映える個性的なロゴアイテム!
SPONSORED
2024.05.10

ひと味違う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の別注アイテム!
週末シーンで映える個性的なロゴアイテム!

着こなすアイテムが少なくなる夏カジュアルは、ロゴ使いで差をつけたい。そんなときに頼りになるのが、遊び心あふれるユニークなロゴがアイコンの〈ムータ)。なかでも〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムは、インラインとは一線を画すアレンジが絶妙。…

TAGS:   Fashion
〈IWC〉“ポルトギーゼ”の新作に隠された物語とは!?移り変わる空を表現したダイヤルで手元に品格を。
SPONSORED
2024.04.30

〈IWC〉“ポルトギーゼ”の新作に隠された物語とは!?
移り変わる空を表現したダイヤルで手元に品格を。

歴史あるブランドの時計ならではの魅力のひとつが、背景にある“物語”を楽しめること。〈IWC〉の新作では、そんな物語を、移り変わる空を表現したダイヤルで視覚的に楽しめる。清々しい朝から夕暮れに至り、また新しい1日へ。そんなロマンを感じるスト…

TAGS:   Urban Safari Watches
玉木一史ジャパン ジェネラルマネージャーに聞くイタリアの至宝〈マセラティ〉の真の魅力とは?
SPONSORED
2024.04.25

玉木一史ジャパン ジェネラルマネージャーに聞く
イタリアの至宝〈マセラティ〉の真の魅力とは?

SUV“グレカーレ”が日本カー・オブ・ザ・イヤーの“10ベストカー”に選出されるなど、日本の高級車市場においてますます存在感を増しているイタリアの名門〈マセラティ〉。日本市場を統括する玉木一史に、このブランドが好調である理由を分析してもら…

TAGS:   Urban Safari Cars
俳優・山﨑賢人が語る〈サンローラン〉の新作バッグの魅力!大人のお洒落をキメるのは上質感と遊びのあるデザイン!
SPONSORED
2024.04.25

俳優・山﨑賢人が語る〈サンローラン〉の新作バッグの魅力!
大人のお洒落をキメるのは上質感と遊びのあるデザイン!

大人のお洒落を考えるうえで重要なポイントになるのがバッグ。上質な素材と丁寧な作り、そして“ワザあり”なデザインの三拍子が揃ったバッグが、着こなしをさりげなく格上げしてくれる。そこで注目したいのが〈サンローラン〉。見た目も使い勝手も申し分な…

TAGS:   Fashion
テーブス海が〈エンポリオ アルマーニ〉を華麗に着こなす!自分に限界を作らないから無限の可能性がある!
SPONSORED
2024.04.25

テーブス海が〈エンポリオ アルマーニ〉を華麗に着こなす!
自分に限界を作らないから無限の可能性がある!

空高く自由に舞うイーグルをあらゆるボーダーを超えていくシンボルとして掲げ、信念をもって挑戦する人々を鼓舞し続けている〈エンポリオ アルマーニ〉。様々な壁を越えて高く舞い上がり、まだ見ぬ理想の世界を求めて進む自由な精神を、今シーズンも体現し…

TAGS:   Fashion
大人の休日に似合う〈ポロ ラルフ ローレン〉の新作!夏のカジュアルはバカンス気分で!
SPONSORED
2024.04.26

大人の休日に似合う〈ポロ ラルフ ローレン〉の新作!
夏のカジュアルはバカンス気分で!

大人の休日ジュアルは、リラックス感と上質さを兼ね備えているのが理想的。〈ポロ ラルフ ローレン〉の新作なら、リゾートライクな心地よさやスポーティな快適さがありつつ、大人に似合う落ち着きや上質さもぬかりなし。バカンス気分で夏のコーディネート…

TAGS:   Fashion
〈UMITO〉で叶う新しい別邸スタイル!贅沢ステイはいつも“海のアリーナ席”!
SPONSORED
2024.04.25

〈UMITO〉で叶う新しい別邸スタイル!
贅沢ステイはいつも“海のアリーナ席”!

平日は都会、週末は海辺という二拠点のライフスタイルが叶うのがUMITO(ウミト)。最大の魅力は、オーシャンフロントの絶景を独占できること。さらにシェアリングサービスと、不動産・別荘やホテルのいいところを併せ持つ“新しい暮らしの形”が実現可…

TAGS:   Lifestyle
色と素材で差がつく〈タトラス〉の新作!初夏のビーチで差がつく格上ウエア!
SPONSORED
2024.04.25

色と素材で差がつく〈タトラス〉の新作!
初夏のビーチで差がつく格上ウエア!

大人のビーチスタイルに必要なのは、落ち着いた色使いと上質な素材感。そうすれば、肩肘張らず自然体でいられて、気持ちよく過ごせる。そこで注目したいのが、〈タトラス〉の新作ウエア。優しげなトーンから爽やかな色合いまで幅広く揃う。

TAGS:   Fashion
甘~いカラーが新鮮な〈ラルフ ローレン〉の新作!どこかに“ピンク”でレトロな夏スタイル!
SPONSORED
2024.04.25

甘~いカラーが新鮮な〈ラルフ ローレン〉の新作!
どこかに“ピンク”でレトロな夏スタイル!

ピンクは甘い雰囲気の中に、心理的に優しさや思いやりを与える効果があるカラー。だからといって、女性的で男性には似合わない……なんて、決めつけないで! 同じピンクでもスモーキーなトーンなら、南国テイストとレトロなムードがうま~くミックス。大人…

TAGS:   Fashion
〈テーラーメイドアパレル〉で真夏のラウンドをエンジョイ!夏のゴルフは快適&スタイリッシュが常識!
SPONSORED
2024.04.25

〈テーラーメイドアパレル〉で真夏のラウンドをエンジョイ!
夏のゴルフは快適&スタイリッシュが常識!

暑~い夏のラウンド。涼しく快適にプレイしたいけれど、それだけに気を取られているようではまだまだ。そこで、ゴルフファッションにもうるさいモデル&タレントの石倉ノアが、この夏にぴったりのゴルフコーデを紹介。〈テーラーメイドアパレル〉のふたつの…

TAGS:   Fashion
〈ラコステ〉のゴルフラインでオンもオフも充実!レトロなウエアで夏ゴルフを満喫する!
SPONSORED
2024.04.25

〈ラコステ〉のゴルフラインでオンもオフも充実!
レトロなウエアで夏ゴルフを満喫する!

ここ数年のゴルフファッションは“レトロ”がキーワード。色や柄を駆使して、どこか懐かしいムードが漂うアイテムが大豊作! そんななか、この春夏の新作として注目したいのが、〈ラコステ〉のゴルフウエアだ。マルチボーダーやクラシックな総柄をまとった…

TAGS:   Fashion
〈ベル&ロス〉の新作はセラミックのラグスポ顔!リゾート姿を格上げるタフな真っ黒時計!
SPONSORED
2024.04.25

〈ベル&ロス〉の新作はセラミックのラグスポ顔!
リゾート姿を格上げるタフな真っ黒時計!

解放感漂うビーチリゾートでは、コーディネートも自然とラフになってしまいがち。では着こなし以外で、大人らしいクラス感を演出できる手立てはないものか?その最適解は〈ベル&ロス〉の“BR 05 ブラック セラミック”モデルにある。ジュエリーのよ…

TAGS:   Fashion Watches
英国の老舗〈バブアー〉の新作に注目!ヘビロテ必至の大人の夏の定番!
SPONSORED
2024.04.25

英国の老舗〈バブアー〉の新作に注目!
ヘビロテ必至の大人の夏の定番!

大人の夏の定番アイテムといえば、Tシャツやポロシャツがその代表。そこに異論がある人はいないと思うが、肝心なのは、そんな定番にどんなものをチョイスするかということ。ここがセンスの分かれめというワケ。で、注目したいのが英国の老舗〈バブアー〉の…

TAGS:   Fashion
〈カシラ〉の新作は素材と柄で違い出し!モノトーンの帽子が“街映え”の決め手!
SPONSORED
2024.04.25

〈カシラ〉の新作は素材と柄で違い出し!
モノトーンの帽子が“街映え”の決め手!

被るだけで、コーデがぐっと見違える帽子。これからの季節、シンプルな着こなしが多くなってくるが、そんなときでも個性出しが簡単に叶う。とはいえ、主張がありすぎるとワル目立ちしたり、浮いて見えたり。で、おすすめは大人っぽくまとまるモノトーン。素…

TAGS:   Fashion
大人の男によく似合う〈エルケクス〉の新作!夏の休日に着たい“アースブルー”のシャツ!
SPONSORED
2024.04.25

大人の男によく似合う〈エルケクス〉の新作!
夏の休日に着たい“アースブルー”のシャツ!

空、海、建物、標識……、地球上には様々なブルーがあるけれど、シャツだって同じ。なにしろブルーシャツは濃度や柄のバリエが多彩。素材感が違うだけでもガラリと印象が変わってくる。そこで着目したいのが、地球上の“アースブルー”をシャツに落とし込ん…

TAGS:   Fashion
男のかっこよさはデニムで決まる! 着心地とシルエットの揃った、〈リプレイ〉のデニムにクギづけ! 
SPONSORED
2024.04.19

男のかっこよさはデニムで決まる! 
着心地とシルエットの揃った、〈リプレイ〉のデニムにクギづけ! 

男のファッションは“シンプル”が基本。だからこそ飾らないデニムの風合いは、いつの時代も魅力的に映るのだろう。シルエットや色落ちに多少のトレンドはあるけれど、ベーシックなデニムを長く愛用するのも、芯がとおっていてかっこいい。で、そんな王道デ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ