Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2021.04.19


チルな人柄が生む癒しのサーフアート

サーファーなら彼のアートを一度は目にしたことがあるかも? 〈モラスク・サーフショップ〉の看板など、レトロなフォントをモダンにアレンジした美しいタイポグラフィーはじめ、'60~'70年代カルチャーを彷彿とさせるアートで人気のジェフ。忙しい毎日を送りながらも、ハワイ育ちらしい穏やかであたたかな雰囲気は、まさに彼の作風を反映しているようだ。


今月のサーファー
ジェフ・カンハム
[JEFF CANHAM]

“海は友達”なオアフボーイ


サーフィンの神が宿るといわれるハワイ。なかでもワイキキは、観光客も温かく受け入れる高い水温とファンウェイブで人気だ。今回紹介するジェフも、この周辺で育ったオアフっ子。幼少期はブギーボードを使って波と遊ぶのが日常だったといい、10代になるとそのボードは自然とサーフボードへ切り替わった。

「12、3歳の頃、ワイキキのカヌーズではじめてボードの上に立ったことを覚えてる。ハワイは海にすぐ飛びこめるし、サーフ文化も定着しているから、波乗りが継続しやすい環境だったよ」

やがてジェフ少年は運転免許を取得すると、島のあらゆるスポットでサーフィンを楽しむように。さらに、高校生のときに引っ越したカネオヘという街でできた友人の父が海軍だったため、幸運にも関係者しか入れないビーチへのアクセスを得る。人の少ない極秘スポットで、思う存分波乗りを楽しむことができた、恵まれた青春時代だった。

「とにかくいろんなボードに乗ったことが結果的にスキルを磨いたんだと思う。さらに、各ボードがどう作られ、どういう特徴があるか、とか違いを発見することにも楽しみを感じていたよ」

雑誌『サーファー』も定期購読しはじめ、ますます波乗りのマニアな世界にハマっていた若きジェフ。とはいっても、コンペティションなどの競争にはいっさい興味がなかったようだ。

「自分のサーフビデオを何度も見るうちに、競い合うようなサーフィンは、僕には向いていないと気づいたんだよね」

そんな彼に当時のサーフヒーローを尋ねるとしばらく考えたのち、多すぎて挙げたらキリがないよ、と笑って答えてくれた。

オアフの快適な水の中でめきめきと上達したジェフ。これまでに挫折を味わったことはないように思えるが、それはアーティスト活動のため移住したサンフランシスコで訪れる。

「とにかく冬が寒くて(笑)、環境の違いに戸惑ったよ。でも、僕には大きすぎるけれど完璧な波が立つ場所。自分を納得させて波に挑むか、チャレンジできないともがくのか、いずれにせよ向き合わなきゃいけないんだ」

彼のアトリエのワークデスクもあたたかみのあるウッドを採用。ここではアートショーの準備のためにペイントが進行中

いつも爽やかなスマイルのジェフ。たとえ締め切りが迫っていようとも、プレッシャーだとは思わず淡々と作業をこなしていく

憧れの編集部、そしてアートの世界へ


さて、サーフィンに夢中だったジェフ少年は、いかにデザイナーとして、またアーティストとして成功をおさめたのだろうか? 実は、幼少期からアート好きな両親の影響により、絵を描くことに親しんでいた彼。アート系の学校へ進んだのは自然な選択だった。高校を卒業後、ポートランドのアートカレッジではグラフィックを専攻。そこで学んだタイポグラフィーに、予想外に虜になったそう。

「できるだけ自分の言葉にマッチするタイポグラフィーを選ぶ作業が魅惑的だったよ」

バリー・マギーなど、彼の敬愛するアーティストたちは揃って独自のタイポグラフィーを取り入れていたこともあり、ジェフも自分にしかできないスタイルを模索した。

転機が訪れたのはカレッジ卒業直前のこと。なんと、憧れの『サーファー』誌のエディトリアルデザイナーとして採用されたのだ。カレッジで偶然アートや建築雑誌のデザインに携わっていたこと、そして読者として雑誌を熟知していたことが採用の決め手だった。

「前任のデビッド・カーソンは僕が尊敬するデザイナー。彼から直に仕事を引き継ぐことができてとても光栄だったよ」

仕事をするうち多くのコネクションも掴んでいったジェフ。そこには生涯の友人となる存在、のちに〈モラスク・サーフショップ〉のオーナーとなるジョン・マッケンブリッジとの出合いもあった。ジェフがサンフランシスコ移住後“モラスク”オープンの際に、Tシャツから店の看板までデザインを一任される。その印象的なタイポグラフィーは、今も色褪せていないことはご存知のとおり。と、アーティストとしても注目を集めはじめていた彼。本格的に活動を開始したのは、初の個展を開いた2003年。以来、多くのショーを実施している。なかでも写真家のカノアと旅したメキシコ・オアハカでの作品をまとめたエキシビションは、特別な思い出があるという。

「旅の前半はカノアの写真を使ってアート制作に熱中し、後半はポイントブレイクの温かい海でサーフィンを思いっきり楽しんだよ!」

タオルブランド〈スロータイド〉のビーチタオルをデザイン

ウッドクラフツマンのダニー・ヘスがシェイプしたボードをペイントした作品

売れっ子アーティストのSFライフ


2005年の“モラスク”オープンで一気に忙しくなったサンフランシスコ生活。でも、その忙しさも現在はすっかり当たり前の光景になったよう。家族の誰よりも早く目覚めるジェフは、子供が起きるまでにメールやSNSチェック、エクササイズなどを行う。

「キッズが起きるまでにやるべきことを終えるんだ。と、いいたいところだけど朝は慌ただしくて、実際はインスタをチェックするくらいしかできないよ(笑)」

子供たちを学校に送ったあとは自転車でアトリエへ。そこから数ブロック先のビーチで波チェックをし、波があれば小一時間ほど海に入る。それから5時までアトリエで仕事をこなす。彼のアトリエとは、友人アーティストと4人でシェアしているワークスペース&ショールームの〈ウッドショップ〉のこと。ここは2008年にオーシャンビーチの近くにオープンし、サーフボードやハンドボード、そして4人が制作したアートが展示販売されている話題のショップだ。現在は、コロナ禍によりショールームは一時クローズ中だが、ワークスペースはジェフたちクリエイターで賑わっている。

「複数のプロジェクトを同時進行しているので、忙しいけれど幸せだね。今一番力を入れているのは天井からぶら下げるモビール制作。これは、数年前に制作したのがきっかけで、すでに試作もいくつか作ったよ。これからどうやってプロデュースしていくか考え中さ」

このプロジェクトが完成したら、日本をはじめ海外でもアートショーを開催する可能性も秘めているよう。さらなる活躍に目が離せない。

アトリエを離れてリフレッシュできるサーフトリップ中のひとコマ。ジェフには不可欠な時間だとか

陸では手入れの行き届いた〈ベスパ〉で風を感じるのが楽しみ。寒い冬でもキッズと一緒に街クルーズへ!

●ホームポイントはココ!
オーシャンビーチ[OCEAN BEACH]サンフランシスコを代表するポイントのひとつ。ビーチブレイクだが基本的に波が上がり、レフト&ライト両方楽しめる。西のスウェルと東からのオフショアの風が入るとコンディションのいい波に。冬は大幅にサイズがアップ!

Information

雑誌『Safari』5月号 P218~219掲載

“波乗り一代記の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=カノア・ジマーマン 文=高橋百々
photo : Kanoa Zimmerman text : Momo Takahashi(Volition & Hope)

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

差をつけるなら〈クロスクローゼット〉の上質コットンで!着心地にこだわる大人の白Tシャツ!
SPONSORED
2021.04.30

差をつけるなら〈クロスクローゼット〉の上質コットンで!
着心地にこだわる大人の白Tシャツ!

白Tシャツの魅力は十分知っているかと思うが、大人ならさらに一歩踏みこんで着心地のよさにもこだわりたい。たとえば、〈クロスクローゼット〉の白T。高品質のコットン“スビンプラチナム”を採用し、さらに手のこんだ縫製や計算されたシルエットで最高の…

TAGS:   Fashion
〈エンポリオ アルマーニ〉の渋色時計を足すだけでセットアップ姿にセンスのよさが滲み出る。
SPONSORED
2021.04.30

〈エンポリオ アルマーニ〉の渋色時計を足すだけで
セットアップ姿にセンスのよさが滲み出る。

快適で機能的なセットアップスーツが仕事着になると、当然見た目もカジュアルに。合わせる時計も足並みを揃えて、お洒落度の高いものを選ぶといい。たとえば〈エンポリオ アルマーニ〉の1本はまさにうってつけ。そのデザイン性の高さがセットアップ姿をさ…

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉なら全方位抜かりなし!前も後ろもキマる海好きの週末ウエア!
SPONSORED
2021.05.10

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉なら全方位抜かりなし!
前も後ろもキマる海好きの週末ウエア!

これからの週末は、Tシャツとスウェットパンツで心地よく過ごせるシーズン。となると、個性出しで頼りになるのは、ロゴ使い。ただ、ともすると小僧っぽくなってしまうこともその点、〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の別注アイテムなら、前も後ろもギ…

TAGS:   Fashion
塚本高史さんも「気持ちいい」と実感“エアメイド”は 心地いいうえにお洒落もサポートする肌感インナー!
SPONSORED
2021.04.26

塚本高史さんも「気持ちいい」と実感
“エアメイド”は 心地いいうえにお洒落もサポートする肌感インナー!

見えないところにまでこだわりを持てる男こそ、本当のお洒落人じゃないだろうか。たとえば、インナーなんていうのもその1つ。インナーは、その違いでだいぶ気分が変わってくるから、実はかなり重要なアイテム。特にこれからの季節、汗対策という意味でも手…

週末の相棒にしたい〈ドルチェ&ガッバーナ〉の新作!休日カジュアルの品はバッグで決まる!
SPONSORED
2021.04.24

週末の相棒にしたい〈ドルチェ&ガッバーナ〉の新作!
休日カジュアルの品はバッグで決まる!

大人の休日カジュアルに品格や洒落感を加えるなら、作りとデザインにこだわった上質バッグが欠かせない。おすすめなのが、〈ドルチェ&ガッバーナ〉の新作バッグ。今回は山下智久さんに、ドライブ、海でまったり、自宅でチルなんていう休日のあらゆるシーン…

TAGS:   Fashion
オフを遊び尽くす男は〈ランドローバー〉ディフェンダーを選ぶ!アクティブな男だったら街でも海でも武骨な1台を!
SPONSORED
2021.04.24

オフを遊び尽くす男は〈ランドローバー〉ディフェンダーを選ぶ!
アクティブな男だったら街でも海でも武骨な1台を!

彼女とのドライブデートやショッピング、仲間と出かける週末の波乗り。街と海を行き来するアクティブな男には、 タフでスタイリッシュなクルマが欠かせない。そこで注目したいのが、最新の〈ランドローバー〉ディフェンダー。 その70年を超える歴史…

TAGS:   Cars
〈エンポリオ アルマーニ〉の新作時計で、印象的な手元に!今こそ個性が語れる1本を手に入れる!
SPONSORED
2021.04.24

〈エンポリオ アルマーニ〉の新作時計で、印象的な手元に!
今こそ個性が語れる1本を手に入れる!

薄着になってくるこれからのシーズン、印象的な着こなし作りには手元を飾る時計選びが重要。であれば、バリエーション豊富な〈エンポリオ アルマーニ〉の新作ウォッチで、個性的な手元を演出するのはいかがだろう。イタリアの感性が息づく1本を身につけれ…

TAGS:   Fashion Watches
〈タグ・ホイヤー〉の“コネクテッド ゴルフ エディション”がスゴい!街でもラウンド中でも主役になれるハイテク時計!
SPONSORED
2021.04.24

〈タグ・ホイヤー〉の“コネクテッド ゴルフ エディション”がスゴい!
街でもラウンド中でも主役になれるハイテク時計!

スタイリッシュにキメたラウンドでは、プレイはもちろん、立ち居振る舞いもスマートでありたいもの。“タグ・ホイヤー コネクテッド ゴルフ エディション”は、プレイをサポートする繊細な情報が得られる新機能を加えてさらに充実。優雅に、大胆に、コー…

TAGS:   Fashion
夏のゴルフは〈ラルフ ローレン〉の定番で!アメカジゴルファーなら王道ポロシャツを着る!
SPONSORED
2021.04.24

夏のゴルフは〈ラルフ ローレン〉の定番で!
アメカジゴルファーなら王道ポロシャツを着る!

いくら自由度が高くなってきたとはいえ、ゴルフの着こなしに大人の品格は欠かせないところ。ほどよい塩梅できちんと感とこなれ感を両立させるなら、ポロシャツこそがベストな選択だ。となると、やはり〈ポロ ゴルフ〉の出番。今季もターフ上で着たくなる“…

TAGS:   Fashion
〈テーラーメイドゴルフ〉で涼しく、お洒落にプレイする!夏ゴルフはクールかつスタイリッシュに!
SPONSORED
2021.04.24

〈テーラーメイドゴルフ〉で涼しく、お洒落にプレイする!
夏ゴルフはクールかつスタイリッシュに!

ターフと空のコントラストが美しい夏ゴルフは、気分も爽快で最高に楽しい! けれど、あまりに日差しが強くて、ついつい暑さに負けそうに!? だったら“クール”なウエアを選んで、賢くプレイするのが正解。今季の〈テーラーメイド〉には涼感性能が高く、…

TAGS:   Fashion
西海岸のカルチャーが息づく〈トラヴィスマシュー〉の新作!海でも街でもゴルフでも着たいアクティブなウエア!
SPONSORED
2021.04.24

西海岸のカルチャーが息づく〈トラヴィスマシュー〉の新作!
海でも街でもゴルフでも着たいアクティブなウエア!

サーフィンとゴルフがカルチャーとして密接に結びついた西海岸。そこで生まれたブランドが〈トラヴィスマシュー〉だ。作られるアイテムはサーフィンやゴルフはもちろん、日常の様々なシーンでも着られるものばかり。こなれた印象を出したい大人に最適なアイ…

TAGS:   Fashion
ハイテク素材を用いた〈アドエルム〉で最高のパフォーマンスを!スコアアップの秘密兵器はモノトーンの洗練ウエア!
SPONSORED
2021.04.24

ハイテク素材を用いた〈アドエルム〉で最高のパフォーマンスを!
スコアアップの秘密兵器はモノトーンの洗練ウエア!

細かく刻んでいくゴルフもアリだけど、憧れるのはやっぱり豪快なドライバーショット。そのために練習場やジムに通っているゴルフ好きも多いと思うが、いざコースに出ると飛距離が伸びない、な〜んてことも。であれば、〈アドエルム〉の出番。可能性をぐっと…

TAGS:   Fashion
〈ホーンガーメント〉なら海でもゴルフ場でも映える!潮風漂うウエアでターフの上でも主役になる!
SPONSORED
2021.04.24

〈ホーンガーメント〉なら海でもゴルフ場でも映える!
潮風漂うウエアでターフの上でも主役になる!

あまりストイックに考えすぎないほうが伸び伸びとプレイできて、結果スコアも伸びた。な〜んてことは、ゴルフではよく聞く話。だったらウエアだって、いかにも本気っぽいデザインじゃなくて、〈ホーンガーメント〉の新作みたいな潮風を感じる1着でお気楽に…

TAGS:   Fashion
相反する魅力を兼ね備えた〈ベル&ロス〉の腕時計が、今の気分!大人が選ぶならモダンなレトロ顔を!
SPONSORED
2021.04.24

相反する魅力を兼ね備えた〈ベル&ロス〉の腕時計が、今の気分!
大人が選ぶならモダンなレトロ顔を!

古いものを愛し、そのうえ最新トレンドに明るい。そんな今どきの感性を持つ大人におすすめしたいのが、アナログな航空計器をモダナイズした〈ベル&ロス〉。レトロでモダンな相反する魅力を備えた腕時計を合わせればシンプルな大人カジュアルがグッと個性的…

TAGS:   Watches
〈ボス〉の新コレクションは都会的でもリラックス感あり!大人の夏カジュアルは“アーバンリゾート”で!
SPONSORED
2021.04.24

〈ボス〉の新コレクションは都会的でもリラックス感あり!
大人の夏カジュアルは“アーバンリゾート”で!

海を越えてバカンスを楽しむのは、残念ながらまだまだお預け。だからこそ、日々の暮らしをもっと楽しく過ごせるよう工夫したい。服なんてその最たるもの。〈ボス〉の今季コレクションは、モダンな印象がありながら、パターンやシルエットで街にいてもリゾー…

TAGS:   Fashion
どんな料理も美味しそうに見える〈ウェッジウッド〉のジオ コレクション。この1枚が家族の食事時間をもっと豊かにハッピーに。
SPONSORED
2021.04.21

どんな料理も美味しそうに見える〈ウェッジウッド〉のジオ コレクション。
この1枚が家族の食事時間をもっと豊かにハッピーに。

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ