Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2019.11.18


ロングビーチの多彩すぎるサーフアーティスト

自身が育ったロングビーチでストリートカルチャーの影響を受け、ノース・オレンジカウンティでサーフィンを学んだアーティストのスティーブ・ファーレイ。海でチャージしたエネルギーをスケートボード、サーフィン、アートなど自身の趣味をベースにしたプロジェクトに注いでいる。趣味をビジネスにしてしまった、情熱あふれるフリーサーファーだ。

●今月のサーファー
スティーブ・ファーレイ[STEVE FAWLEY]

地元は“波なし”ビーチタウン


南カリフォルニアの中でもストリートとビーチのカルチャーが混ざり合った独特な雰囲気を持つ大規模なビーチタウン、ロングビーチ。多くのサーファーが住み、サーフカルチャーも強く根づいている。でも、実は埋め立てにより、長らくこのエリアのビーチには波が立たない。この土地で育ったスティーブも、5歳のときに最初にはじめたのは陸でできるスケートボードとブギーボード。けれど、“横ノリ”スポーツの面白さにのめりこみ、いつしか海でサーフィンしてみたいという憧れが大きくなっていったという。

「念願のサーフィンをはじめたのは10歳の頃。サーフボードの上に立ってスライドしていく感動は今でも忘れないよ。近所の幼馴染みや兄の友人たちと一緒に海に入っていくたびにどんどんハマっていったんだ」

その頃からサーフィン雑誌を片っ端から買いあさり、当時のアイコンだった(今ではレジェンドの)サーファーたちや’80 sの派手なショートボード、さらにもっとそれ以前のクラシックボードなどにも魅了されていった。

「当時のサーフヒーローはジェリー・ロペス。それからトム・カレンやデーン・レイノルズも僕の中では最高のサーファーだね」

前述したとおり、スティーブが育ったロングビーチは波が立たないため、当時は隣町のシールビーチやハンティントンビーチの北側のサーフサイドでサーフィンのスキルを磨いたという。後に彼の兄がクルマの免許を取得してからは、トラッセルズ、マリブ、ニューポートビーチまで通い、日が暮れるまで海に入っていたそうだ。気がつけば、波の状況やスポットによってショートからロングまで乗りこなせるようになっていたスティーブ。もちろん、その一方で地元のロングビーチではスケボーに乗る生活を続けていた。そんなわけだから、高校を卒業する頃にはサーフィンやスケートボードカルチャーは自然と彼のライフスタイルの中に定着していた。それに、ティーンエイジャーだった彼は、これらのエクストリームスポーツに関わる広告デザインやアートにも夢中だった。いつか自分もこの業界で活躍したい、と真剣に考えはじめるのにそう時間はかからなかった。


転換点はノースショア


アートの世界へ進むと決め、カレッジでグラフィックデザインを学びはじめたスティーブ。同時にハンティントンビーチにあった大型サーフショップでアルバイトも開始。徐々にサーフ業界とのコネクションを作っていた。

「友人の多くは影響力のあるサーフブランドで働いていたせいかサンプルをもらったり、業界へのアクセスも簡単にできるようになったんだ。当時のハンティントンはパーティも多く、いろんな人たちに出会うチャンスがあったよ」

カレッジ卒業後はハンティントンにあったスケートクロージングブランド〈スプリット〉のアパレルデザイナーとして経験を積む。それと同時期に、彼は兄とロングスケートボードブランド〈フリーライド・スケートボーズ〉を設立。ブランドは順調に拡大していき、やがて自身のブランドのみにフルタイムで集中。約5年間ブランドを育てた後に会社ごと売却した。

しばらく休暇を取るために、彼はハワイのノースショアに拠点を移す。そして、この地で彼はアーティスト活動を開始することに。「実はそれまでの間に猛烈に働きすぎたせいか燃え尽きてしまって、今までいた業界から少し距離をおきたかったんだ。ノースショアでは主にペインティングとサーフィンに集中できて、とても有意義な時間を過ごせたよ」

しばらくのオフでリフレッシュした彼は、カリフォルニアに戻り、〈クイックシルバー〉のアートディレクターとして働くことに。店舗のウィンドウ、ポップやイベントのディスプレイデザインをまかされる。同時に自身のアーティスト活動にも注力。南カリフォルニアだけでなく、サンフランシスコや ニューヨーク、さらにはパリ、そして、日本やバリなどアジアまで幅広く活動の場を拡大していった。最近ではキャリアの集大成としてサーフィンにまつわる子供用の絵本を制作。現在は各地の小学校でその本の読み聞かせを行っている。もともとエネルギッシュなスティーブだが、ノースショアでの休暇は彼により多くの情熱とインスピレーションを与えたのかもしれない。



意外や意外、新たなキャリア⁉

とにかくエネルギーにあふれるスティーブの朝は早く、とてもヘルシー。起床後にネットで波チェックをした後、愛犬を散歩。そしてメディテーションを行うところから1日がスタートする。現在は地元・ロングビーチに暮らし、フリーランスのデザイナー、アーティストとして活動しているためスケジュールはとてもフレキシブルだという。波があるときは海に入り、なければ自身のプロジェクトに打ちこむ。最近は、巨大なミューラル(壁画)をペイント中なので、毎日のように現場に向かっている。夜はよさそうなパーティがあればフィアンセのクリステンや友人たちと出向き、一緒にダンスを楽しむ……というなんともリラックスしたライフスタイルだ。そんな彼の家を見渡すと、モノが少なくオーガナイズされている。実は、数カ月前に一緒に暮らすクリステンと家の中の断捨離を行ったのだとか。とても“禅”な暮らしを徹底しているので、その理由を尋ねてみると、

「無駄なものを捨てたら頭の中がとてもスッキリして、サーフィンやアートへより集中できるようになったよ。新しいアイデアも次々生まれて、よりクリエイティブになったんだ」

気合十分に語るスティーブだが、実は数年前からなんとアスリート向けの整体師として新たなキャリアをスタートさせている。とはいえこれも自身のサーフィン経験がベースとなっているという。意外な方向へ進化していく彼のキャリアだが、どの段階でもアイデンティティであるサーフィンが軸なのは変わらない。いろんな夢を抱きつつ、“明日いい波に乗りたい”という思いが彼を前進させているのは、ティーンエイジャーの頃から変わらないようだ。

ホームポイントはココ!
サーフサイド[SURFSIDE]
ハンティントンビーチの老舗トランクスブランド〈ケイティン〉前に位置するスポット。ビーチブレイクで春以外は波が立ち、ショート~ロングまで楽しめる。中級、上級者向けだが波が小さければ混雑しないので初級者も入れる


数えきれないほどあったサーフボードコレクションだが、断捨離により20本ほどを厳選。なかでもドナルド・タカヤマのボードは宝物


去年マリブ周辺で起きた山火事の癒しを願って大判のキャンバスにペインティング中


アトリエのひとつ。ここは事務的作業をするオフィスとして主に使用


趣味のレコードはパンクやオールドスクールのヒップホップがメイン。イベントでたまにDJも行うとか


お気に入りの“タカヤマ”ボードを手に海へ。愛犬のバディも常に一緒。先日はサンオノフレでメロウな波を楽しんだそう


約3年前から一緒に暮らしているフィアンセのクリステンとは、サステイナブルな暮らしを満喫中


Information

雑誌『Safari』12月号 P292・293掲載

“波乗り一代記の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=桝田はやと 文=高橋百々
photo : Hayato Masuda text : Momo Takahashi(Volition & Hope) photo by amanaimages

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!
SPONSORED
2019.11.26

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!

年に一度のスペシャルな日は目前。まだ彼女へのプレゼントに悩んでいる人も多いかと。だったら思い切って ペアアクセを狙うのもアリだけど、なんだか照れくさい……。いえいえ、モチーフをさりげな~く揃えるだけなら、 そんな心配は無用。しかもそれ…

TAGS:   Fashion
大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!
SPONSORED
2019.11.25

大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!
街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!

似たような服を着ていても、なんとな〜くまわりと違うというのがお洒落の極意。たとえば冬に大活躍する定番の黒ダウンも、街には街の、海には海の素材を選ぶことで、ぐっとこなれた印象になるって知っていた? そんな大人選びを実践するなら、頼りになるの…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!
SPONSORED
2019.11.25

〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!
彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!

普段はアクティブ派でも、彼女と部屋でまったり過ごす時間がぐっと増えるホリデーシーズン。そんなときセンスが問われるのが、ルームウエアのチョイス。これが安っぽくて部屋着感丸出しだと、ドン引きされるのがオチ。その点、〈ポール・スミス アンダーウ…

TAGS:   Fashion
ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!
SPONSORED
2019.11.25

ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!
格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!

フード付きのアイテムは、"子供っぽく見えそうだから敬遠している"、なんて大人は多いよう。でも、それは大きな間違い。ほら、コチラの写真の〈ベルルッティ〉のフーディをご覧あれ。どちらも大人の風格たっぷりで、小僧な雰囲気なんて微塵もなし! こん…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!
SPONSORED
2019.11.26

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!
海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!

若造サーファーと同じようなスウェットパーカに物足りなさを感じるようになったら、アップデイトのタイミング。そんなときは、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注をかけたニットフリース仕立ての1着で差をつけてみては!? 後ろ姿でさりげに個性…

TAGS:   Fashion
冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!
SPONSORED
2019.11.25

冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!
ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!

冬の海アメカジは個性出しが難しい。よ~く考えてみて。アウターが必要ない時季ならロゴ入りトップでインパクトが出せるけど、アウターを羽織るとそれも台無し。でも大丈夫。そんなときはラフな前開けコーデでしっかり見える、センターロゴのスウェットやパ…

TAGS:   Fashion
正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!
SPONSORED
2019.11.25

正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!

ダウンのイメージをいい意味で裏切る上品なチェック柄が目を引くこの2着は、〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作。しかも、品格あふれるコーデに映えるコートは防水・防風性に優れ、カジュアルに合うブルゾンは色彩豊かなプリントが印象的。どち…

TAGS:   Fashion
タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!
SPONSORED
2019.11.25

タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!
見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!

たとえばデニムであっても、ストレッチを効かせることで穿き心地のよさを追求するように、“本物”であっても“快適さ”を犠牲にしないというのが、現代的な考え方になっている。それは時計も同じこと。審美性と機能性を併せ持ったタフウォッチは、最も今ど…

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!
SPONSORED
2019.09.26

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!
街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!

心地よさを重視する大人であれば、パンツはストレッチ入りが一番。ただ、ゆるすぎる“楽パン”では、街で穿くには少し気が引けるわけで……。で、頼りになるのが〈セオリー〉。NY生まれのブランドらしく、どのパンツもよく伸びるのに印象はとっても都会的…

TAGS:   Fashion
今、ダウン界で注目されているのが〈西川ダウン〉!アクティブ男は上質“黒”ダウン!
SPONSORED
2019.11.12

今、ダウン界で注目されているのが〈西川ダウン〉!
アクティブ男は上質“黒”ダウン!

その暖かくて保温性に優れるダウンは、アクティブ男が波乗りに行くときに着る、ベストなアウターといってもいい。ただ、機能性ばかりを重視してしまっては、ちょっと物足りなさを感じる。もちろんそれが悪いワケではないが、いい年の大人であれば、やはり見…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ