Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2019.04.18


ベースは海外ドラマのシックなアメリカンスタイル

自分の城を持つなら、とことんこだわり抜きたい。長く過ごす場所だからこそ、妥協のない空間にしたい。そんな家主の強い思いがこめられた西海岸テイストのコンセプチュアルな部屋を紹介。第1回の今回は、ミッドセンチュリーインテリアに惚れこんだ放送作家の家。スケールの大きいアメリカンサイズが、やりたいことをすべて受け止める!

今月の部屋 田中邸/5LDK/235㎡

リビングの照明は、福生のヴィンテージショップで購入したもの。造り付けの家具にはブルーとグリーンの2色をアクセント使いし、間接照明の柔らかい光とともに、武骨なコンクリートと石張りの空間に温かみを出している


地上の住まいと地下の仕事場。目的が違うので、あえて内装は別のインテリアデザイナーにオーダーしたが、共通するのはミッドセンチュリーなインテリアとフランク・ロイド・ライトの落水荘を彷彿させる壁。職人による唯一無二の乱張りの壁は、ラグジュアリーな空間の要だ。ソファやTVボードなど、大型家具はオーダーの造り付け。施主が愛する世界観に沿ってデザインされているだけに、集めていたヴィンテージの家具が見事にハマる。原体験は幼少期に見た、1960年放送の『奥さまは魔女』。それ以来ベースにある好きなものは、ミッドセンチュリー&アメリカンだった。

「家族の増減など、住人の生活の変化に合わせられる、流動的な家が理想」と考え、フロアを仕切らずスキップにし、広い空間を分割。互いの気配を感じながらも個々の時間に集中でき、アメリカンサイズの大きな家具を置いても圧迫感がない。家には変化はまだないが、現在ビルを1棟購入し、リノベーションの真っ只中。その中には映画館もあり、現在施主が製作中のドキュメンタリー作品などを公開する予定。ダイナミックなインテリアに囲まれた暮らしは、スケールの大きな仕事ぶりにいい影響を与えている。



01 仕事場全体を見渡せる窓辺のクラシカルな社長席

地下の仕事場も3層構造のスキップフロア。デスクや棚、ソファは仕事場の内装を手掛けたハウストラッドによる造り付け。デスクチェアは〈ジロフレックス〉で統一。30人ほど入る空間なので、制作した番組や映画の上映会やちょっとしたイベントも開催する


02 ホテルをイメージした落ち着きあるベッドルーム

地下空間のロフト的な場所に位置する施主の寝室。乱張りで揃えず、ベニヤ板を組み合わせて軽さを出し、キャビン調に仕上げた


03 玄関の大きなドアはオールドアメリカンなグリーン

玄関の巨大な扉はヴィンテージライクなグリーン。コンクリートの打ちっぱなしによく映える


04 自然光がたっぷりの開放的なバスルーム

バルコニーへの掃き出し窓と天窓からの採光で、明るく気持ちのよいバスルーム。バスタブはアメリカンスタンダード社 


05 アメリカンダイナーサイズのテーブルが鎮座するダイニング

約2 . 5×1 . 5mのダイニングテーブルとコの字型のソファはアメリカンダイナーさながら。3つの〈トム・ディクソン〉のペンダントランプが唯一の直接照明


INTERIOR POINT
幼い頃からの夢だったアイスディスペンサー付き冷蔵庫


冷凍室を開けずとも氷をサーブできる、発明王エジソンが設立したGE(ゼネラル・エレクトリック)のアイスディスペンサー付き冷蔵庫。ドラマ『奥さまは魔女』で見て以来、いつか家を建てたらこの冷蔵庫を置きたい、という施主の夢を叶えた。冷蔵庫はキッチンの中でも特に存在感のある大型の白物家電。少しでも生活感を払拭できるよう、表面にレザー風のパネルを張った高級感のあるタイプをチョイス。このほか、ガスレンジをはじめ目に見えるキッチン家電はすべてアメリカ製で揃えた。筋の通ったトータルコーディネートがこの家のインテリアを完壁に仕上げている

Information

ハウストラッド
TEL:03-6412-7406
URL:www.housetrad.com

雑誌Safari』5月号 P312・313掲載

写真=松村隆史 文=西村依莉 photo : Takafumi Matsumura text : Eri Nishimura
ビーチで着るアメカジは〈ブルックス ブラザーズ レッド フリース〉で!夏気分を盛り上げる海に似合う柄アイテム!
SPONSORED
2019.04.25

ビーチで着るアメカジは〈ブルックス ブラザーズ レッド フリース〉で!
夏気分を盛り上げる海に似合う柄アイテム!

夏といえば灼熱の太陽に青い海、輝く白い砂浜。そして、いつもより大胆になれる、陽気な“柄モノ”を着て出かけたい季節では? たとえばマドラスチェックだったり、トロピカル柄だったり……。そんな海に似合う夏気分な柄アイテムを〈ブルックス ブラザー…

TAGS:   Fashion
大人サーファーに似合う1枚は〈シーグリーン〉で手に入れる!ビーチで着るならやっぱり海を感じるプリTがいい!
SPONSORED
2019.04.25

大人サーファーに似合う1枚は〈シーグリーン〉で手に入れる!
ビーチで着るならやっぱり海を感じるプリTがいい!

初夏の日差しが気持ちいいビーチには、やっぱりリントTが似合う。そして、そこらへんの小僧サーファーと同じにならないプリTを選びたいなら、〈シーグリーン〉のロゴTがいい。海好きにササるモチーフを西海岸っぽくアレンジした1枚は、ビーチでひと際目…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス アンダーウェア〉があれば夏旅も安心!バカンス先で重宝するのは心地いい部屋着!
SPONSORED
2019.04.25

〈ポール・スミス アンダーウェア〉があれば夏旅も安心!
バカンス先で重宝するのは心地いい部屋着!

年齢を重ねると、旅先での格好も「大人としてだらしなくないか」などいちいち人目が気になったりする。でもリゾートの一番の目的は、のんびりすること。服だって“いかに心地よく過ごせるか”が大事なはず。だから、ちょっと意外かもだけど上質なルームウエ…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉で快適にお洒落する!夏のJKスタイルは爽やか素材で涼しげに!
SPONSORED
2019.04.25

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉で快適にお洒落する!
夏のJKスタイルは爽やか素材で涼しげに!

きちんと感の演出のために、暑い夏でも重そうなジャケットをヤセ我慢して着るなんて考え方はもはや時代遅れ。涼しげな素材をジャケットやインナーに投入して、爽やかな季節にふさわしいお洒落を楽しむのが、今どきのスタイル。で、注目したいのが〈ブラック…

TAGS:   Fashion
〈ビーセカンド〉がイチオシする〈チャイナタウン マーケット〉に注目!遊びの効いたロゴ入りなら 休日姿も脱・マンネリ!
SPONSORED
2019.04.25

〈ビーセカンド〉がイチオシする〈チャイナタウン マーケット〉に注目!
遊びの効いたロゴ入りなら 休日姿も脱・マンネリ!

ユーモアや遊び心がわかるということは、心に余裕があるってこと。いい年の大人なら、それを見た目でも感じさせたい。そこでマークしたいのが、〈ビーセカンド〉がセレクトしたアメリカ生まれの〈チャイナタウン マーケット〉の新作。おやっ!?とお洒落心…

TAGS:   Fashion
夏カジュアルの主役はやっぱり〈ヴァンズ〉!西海岸スタイルに差がつく海Tシャツと街Tシャツ!
SPONSORED
2019.04.25

夏カジュアルの主役はやっぱり〈ヴァンズ〉!
西海岸スタイルに差がつく海Tシャツと街Tシャツ!

“たかがTシャツ、されどTシャツ”とはよく言ったもので、夏カジュアルはTシャツ選びが最大のヤマ場。ついプリントだけで選びがちだが、実は色も大事だって知ってた? そう、シーンに応じて色を使い分ければ、いつものTイチ姿も見違えるはず。おまけに…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着で爽やかさを倍増!海好き男の週末はマリンなパーカが主役!
SPONSORED
2019.04.25

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着で爽やかさを倍増!
海好き男の週末はマリンなパーカが主役!

モチーフや色使いから、潮風を感じられる服。夏が近づくと一段と、マリンテイストのアイテムが恋しくなってくる。そんな人にこそ是非袖を通してほしいのが、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注をかけた新作パーカ。都会的センスのボーダー柄やキャ…

TAGS:   Fashion
〈BMW〉の新型“Z4”に特別仕様の限定車が登場!大人の所有欲を刺激するプレミアムなオープンカー!
SPONSORED
2019.04.25

〈BMW〉の新型“Z4”に特別仕様の限定車が登場!
大人の所有欲を刺激するプレミアムなオープンカー!

〈BMW〉の走りの遺伝子を受け継ぐロードスター。クルマ好きなら知らない人はいないあの“Z”の系譜に、新型モデルがお目見えした。と、ここまではご存知の人も多いかと。しかしこの新型“Z4 M40i”の登場に合わせて、30台限定の特別限定車も存…

TAGS:   Cars
コレで毎日がもっと刺激的になる!週末スタイルが見違えるとっておきのアイテム!【Vol.1】
SPONSORED
2019.04.25

コレで毎日がもっと刺激的になる!
週末スタイルが見違えるとっておきのアイテム!【Vol.1】

昼間はすでに夏を感じる陽気でも、朝晩が冷えこむこの時季の気候は、憧れの西海岸とそっくり。ということは、まだまだお洒落を楽しめるってこと。そんな季節だからこそ、改めて身のまわりを確認して、脱・マンネリを狙える個性派アイテムを揃えておくべき。…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ