Safari Online

SEARCH

GOURMET グルメ

2019.12.07


美食の新鋭都市、南米コロンビアのボゴタ。

今、世界のフーディたちが美食のフロンティアとして注目しているのが、南米のコロンビアである。特に、首都のボゴタは伝統的なコロンビア料理店のほか、豊かな食材を背景としたユニークなお店が続々と誕生している。その最旬レストランの現地のレポートをお届けする。

世界中の色のプロや評論家たちが、近年美食都市として熱い視線を送るのが、コロンビアの首都、ボゴタである。なかでもコロンビ ア生まれの女性シェフ、レオノール・スピノサさんがオーナーシェフを務める〈レオ〉は、コロンビアという国のユニークさを表現するレストランとして、専門家筋からの評価も高かった。その〈レオ〉が今年の“世界ベストレストラン50”のアワードで、コロンビア初のランキング入りを果たしたこともあり、一気に注目されるようになった。そこで私もさっそく 現地に飛んで実際に体験してみた。この店ではすべての食材をコロンビア産にこだわり、メニューには食材の生産者や捕獲場所などをアイコンで示す。だから、まるでコロンビア中を旅するような美食の体験をすることができた。
そもそもコロンビアという国は、ブラジルと並び、生物多様性では世界トップランクの国。国土も日本の約3倍を誇り、 太平洋やカリブ海を擁する大西洋に面して、アンデス山脈やアマゾン流域も有している。〈レオ〉でも、食べたことも見たこともない食材によるイノベーティブな料理の数々が供され、驚きとともに思わず舌鼓を打つのであった。
美食系レストラン以外に、伝統的な料理店では、チキンやポテトを煮こんだスープ“アヒアコ”や、具材を詰めて揚げ餃子のように仕立てた“エンパナーダ”など、郷土料理の数々もとても美味しい。米も主食のひとつだから、日本人の嗜好とも親和性が高いのがいい。
ボゴタは、近年は治安も安定し、休日ともなれば家族連れで街を散策する人であふれているし、年間を通じて気候も温暖で過ごしやすい。南米方面に訪れるチャンスがあるのなら、是非とも知られざる食の魅力を探索しに、コロンビアを訪れてほしい。きっと未知なる美食の体験があなたを待っているはずだから。

[レオ]
Leo

こちらは 、コポアスーというカカオの実に近いアマゾンの果実を使った料理 。メインの食材は太平洋のハタの仲間 。その白身にコポアスーのペーストを合わせ、上にはアンデスの山脈の高山帯で採取された植物の葉が添えられる

コロンビア生まれの女性シェフによるモダン料理店。


今年の“世界ベストレストラン50”では、見事に49位で初のランクイン。コ ロンビア初の快挙でもある。この店のコンセプトは、同国の世界屈指の生物 多様性を料理で表現すること。アンデス山脈の植物からアマゾン川の淡水 魚、肉料理にはカピバラといった珍しい食材まで使われている。

左:オーナーシェフのレオノールさん 右:ギャラリーのようなモダンな店内

[カナスト・ピクニック・ビストロ]
Canasto Picnic Bistro


アマゾンの淡水魚をメインに、アマゾン川流 域の食文化を表現した華やかなひと皿。珍しい野菜やエディブルフラワーが彩りを添える

地元に愛されるボゴタの人気店。


ボゴタ市内の公園の近くにある、明るい店構えのビストロ。カジュアルな雰囲気でリーズナブルながら、料理の味わいのバランスも秀逸だ。南欧風に見える料理だが、コロンビア各地の伝統的な料理を、現代的にアレンジしていて、知的な満足度も高い。

左:こちらは、鯉と思われる魚をモチーフにした、パンナコッタのような美味しいデザート 右:コロンビア国内ではお馴染みのシェフ、アレハンドル・クエレジャルさん。先日来日したばかり

[レストラン・カーサ・サンタ・クララ]
Restaurante Casa Santa Clara


こちらがチキンやポテトを煮こんだシチューのような伝統的なスープ“アヒアコ”。ライスが添えられて、日本人の舌にもよく合う

伝統料理が味わえる丘の上の名店。


ボゴタで最も有名な観光地である、モンセラーテの丘の上にあるコロンビアの伝統料理店。店内からは、ボゴタ市内が一望できる絶好のロケーション。国内はもちろん、海外からの観光客も詰めかけ、連日満員状態。料理はもちろんだが、カクテルやワインな ども楽しめる。


左:肉や野菜を、小麦粉やトウモロコシの粉で包み揚げした伝統料理の“エンパナーダ”は柑橘を搾って 右:広い敷地でここが店の入り口



取材・文 中村孝則 美食評論家

1964年神奈川県葉山生まれ。ファッションからカルチャー、美食などをテーマに新聞や雑誌、テレビで活動中。主な著書に『名店レシピの巡礼修業』(世界文化社)がある。2013年より“世界ベストレストラン50”の日本評議委員長も務める。さらに 、グラナパダ ーノとパルマハムの親善大使に任命されている。

Information

●レオ
住所:Calle 27biss 14 6-75 Callejón Peatonal,Bogota, Colombia
TEL:+57 1 2867091
URL:http://www.restauranteleo.com/

●カナスト・ピクニック・ビストロ
住所:Calle 88 13a - 51 Lado sur del parque, Bogota, Colombia
TEL:+57 1 3001184
URL:http://canasto.co/

●レストラン・カーサ・サンタ・クララ
住所:Carrera 2 este # 21-48, Paseo Bolívar Estación funicular Cerro de Monserrate, Bogota, Colombia
TEL:+57 1 7454630
URL:http://www.restaurantecasasantaclara.com/

 

撮影=堀 裕二 取材・文=中村孝則 photo : Yuji Hori text : Takanori Nakamura

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ リラックス〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の贅沢な普段着!お気楽なのにリッチ感もある 大人のためのセットアップ!
SPONSORED
2019.12.29

〈ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ リラックス〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の贅沢な普段着!
お気楽なのにリッチ感もある 大人のためのセットアップ!

近場だからといって油断し格好で出かけたら、知り合いに会って気まずい思いをしたことない? だから、気楽に着られるスウェットのセットアップも大人にふさわしい味つけを。〈ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ リラックス〉の定番に〈ロイヤル フラッ…

TAGS:   Fashion
〈アトランティックスターズ〉×〈ジャンティバンティ〉のコラボ第2弾!こだわる男のスニーカーは パッチだってワザあり!
SPONSORED
2019.12.24

〈アトランティックスターズ〉×〈ジャンティバンティ〉のコラボ第2弾!
こだわる男のスニーカーは パッチだってワザあり!

スニーカーの印象を決定づける要素といえば、横顔に描かれている意匠。ここのデザインにこだわると、個性的な足元をアピールできる。〈アトランティックスターズ〉の特徴でもある3連スターのパッチに、〈ジャンティバンティ〉のバッグの素材を用いたコラボ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ