Safari Online

SEARCH

GOURMET グルメ

2021.02.15


アフタヌーンティー通の彼女も喜ぶ“いちご”尽くし!

香港を本拠とするラグジュアリーホテルといえば〈ザ・ペニンシュラ東京〉。その“ペニンシュラ東京”でもこの時季、旬のいちごを使った“ストロベリー アフタヌーンティー”が行われていて、毎日大盛況。今回はそんな大人気アフタヌーンティーをご紹介!

〈ザ・ペニンシュラ東京〉の“ストロベリー アフタヌーンティー” (5800円、税・サ別)は、エントランスを入ったところにある“ザ・ロビー”で味わうことができる。


 “ザ・ロビー”料理長の榮岩雅幸氏が生み出すセイボリー。そして、素材の持ち味を巧みに引き出すパスカル・シャルデラ氏が紡ぐスイーツは極上のひと言。毎日大盛況なのも当然頷ける。 

 
 


種類様々なラインナップの中で、注目したいのが本物のいちごと見間違えるような見た目の“ラ・フレーズ”。こちらは、カットすると中からやわらか~なストロベリークリームが溢れ出すという、濃厚な味わい。また、新作の“レモンストロベリーオペラ”も見逃せない。レモン風味のふんわりとしたシフォン生地に甘酸っぱいストロベリームースが重ねられていて、味にも食感にもメリハリがあるのが特徴だ。

そのほか、6種類以上のストロベリースイーツに加えて、セイボリーでもいちごが表現されているのが面白い。“卵とスモークサーモンのエッグロールサンドイッチ”はいちごの形になっているので、見た目と食べたときのギャップが大好評。自家製スコーンや茶葉を変えながら楽しめるオリジナリティーを満喫できるのも嬉しいところだ。

味はもちろん、見た目でもアッと驚かされるのもこのアフタヌーンティーの特徴。これなら、アフタヌーンティー通の彼女にだってきっと喜んでもらえるはず! 

 
【内容】
●セイボリー

卵とスモークサーモンのロールサンドイッチ イクラ、クロックマダム、ツナと胡瓜のサンドイッチ、フォアグラ ブリオッシュトースト、フルーツトマトカプレーゼ、パテドカンパーニュ

●スイーツ
レモンストロベリーオペラ、ストロベリーミルクチョコレート の タルト、ラ・フレーズ、ストロベリー クレームダンジュ、ス トロベリーチュロス チョコレートディップ、ストロベリーココナッツマドレーヌ 

Information

●ストロベリー アフタヌーンティー(5800円、税・サ別)
~2021年3月14日 11:30~20:00(L.O.)

●〈ザ・ペニンシュラ東京〉ザ・ロビー
住所:東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京 1F
営業時間:朝食 6:30~11:00
ランチ 11:30~14:30(L.O. 14:00)
アフタヌーンティー 11:30~20:00
ディナー 17:00~20:00(L.O. 19:30)
TEL:03-6270-2888
URL:https://www.peninsula.com/ja/tokyo/hotel-fine-dining/the-lobby-afternoon-tea
※営業状況につきましてはホームページをご確認ください

文=東龍 text:Toryu
1976年台湾生まれ、後に日本国籍。ブッフェ、フレンチ、鉄板焼、ホテルグルメ、スイーツをこよなく愛する。テレビ東京「TVチャンピオン」で2002年と2007年に優勝。テレビや雑誌で活躍し、料理コンクール審査員、講演、プロデュースも多数。2017年8月「一般社団法人 日本ブッフェ協会」設立、代表理事就任。

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈ベル&ロス〉の新作モデルで退屈なモノトーン姿よ、サラバ!遊び好きの大人に似合う軽快な“白カモ”時計!
SPONSORED
2021.02.04

〈ベル&ロス〉の新作モデルで退屈なモノトーン姿よ、サラバ!
遊び好きの大人に似合う軽快な“白カモ”時計!

どんなアイテムでも締まって着こなせることから、ノトーンコーデは大人に人気。でも、そのミニマルゆえ個性を出すのは難しい。そこでアクセントとして絶大な効果を発揮するのが〈ベル&ロス〉の白カモだ。角型で男らしく、それでいてポップ。これなら無難な…

TAGS:   Watches
〈三菱自動車〉のエクリプス クロス PHEV&アウトランダーPHEVを徹底比較!今どきのSUV選びは“PHEV”が常識⁉
SPONSORED
2021.02.25

〈三菱自動車〉のエクリプス クロス PHEV&アウトランダーPHEVを徹底比較!
今どきのSUV選びは“PHEV”が常識⁉

クルマ社会にも“サステイナブル”の動きが目立ち、各メーカーが競って電動化技術を開発中の昨今。そんな中、2013年に〈三菱自動車〉がいち早く投入したのが、プラグインハイブリッドシステム“PHEV”だ。しかもこの“PHEV”を採用した、アクテ…

TAGS:   Cars Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ