Safari Online

SEARCH

GOURMET グルメ

2018.05.14


オーク ドア バーガー

前回に続き、ホテルの絶品ハンバーガーをご紹介。そう、ハンバーガーといってハズすことのできないのが〈グランド ハイアット 東京〉のオーク ドアだ。オーク ドアといえば2018年3月1日にリニューアルオープンしたばかり。日本に上陸した本格的なステーキハウスの先駆けであり、豪華なステーキとラグジュアリーな雰囲気で人気を博してきた。オーストラリア牛の旨味を引き出した感動級のハンバーガーを一緒に食べれば、きっと彼女との距離も縮まるはず!

 〈グランド ハイアット 東京〉のオーク ドア

オーク ドアは〈グランド ハイアット 東京〉の6Fに位置する。臨場感あるオープンキッチンと六本木にいるとは思えない趣のある中庭を擁した同店では、ダイニングはもちろん、テラス席やポール・シン・ボールの絵画を鑑賞できる個室、世界各国から集められた300種類以上のニューワールドワインを楽しめる。

 

NEXT 〈グランド ハイアット 東京〉のオーク ドア
ステーキハウスの旨味ぎっしり本格ハンバーガーとは?

2/2PAGE

 

大切な接待からココぞというときのデートでよく使われている“オーク ドア”では、ステーキやグリル料理が好評を博している。しかし実は、知る人ぞ知る定番フードとして愛されているのが、その名を冠した“オーク ドア バーガー”だ。

 

ステーキハウスの旨味ぎっしり本格ハンバーガー!

パティは、赤身と脂肪のバランスがよいオーストラリア牛の肉が100%使われているので、本来の牛肉が持つ旨みと味わいがしっかりと感じられる。ジューシーながらも、脂がしつこくないので、バンズやチーズといったほかの具材とも相性がよく、まさにハンバーガーのパティとしてふさわしい。 

製法には、さすがステーキハウスならではのこだわりがある。チャコールグリルでパティの表面を焼いた後に、900度のブロイラーでゲスト好みの焼き加減に調整し、最後にもう1度チャコールグリルで仕上げているのだ。

ひと手間もふた手間もかけているだけあって、表面はカリッと焼き上がり、肉の風味が軽やかに広がっていきながらも、中は凝縮された肉の旨みを味わえ、オークのスモーキーな香ばしさを体験できる。このパティのコントラストこそが、“オーク ドア バーガー”のおいしさの秘密だ。

パティ以外にも注目したい。ホテル自家製バンズにはクリームが使われているので、ふんわりとして甘味があり、バーガーのバンズらしからぬ品のよさがある。肉の旨みを引き立てるソースは、ガーリックマヨネーズとBBQソースを合わせたオーロラソースで癖になる味わいだ。クリスピーオニオンのトッピングは抑揚のある食感のアクセント。

本格的なハンバーガーだが、レギュラーサイズ(パティ220g、2300円、税・サ別)に加えてスモールサイズ(パティ140g、2000円、税・サ別)も用意さているので、そのときのお腹具合によってオーダーできるのも嬉しい。

 

“オーク ドア バーガー”はダイニングではランチタイムに提供されているが、それ以降は、22時30分までバー・テラスエリアで食べられるので、是非とも覚えておこう。

ココぞというときのデートには、“オーク ドア”でカジュアルかつラグジュアリーなハンバーガーを!

Information

ハンバーガー編 前回記事
#1〈マンダリン オリエンタル 東京〉オリエンタルラウンジのクラシックチーズバーガー

●オーク ドア
住所:東京都港区六本木6-10-3 グランド ハイアット 東京 6F
営業時間:ランチ 平日 11:30~14:30 土日祝 11:30~15:00
アフタヌーン 15:00~17:00、ディナー 18:00~22:00
バー 11:30~24:30(フードL.O. 22:30)
“オーク ドア バーガー”は、ダイニングでは11:30~14:30(土日祝 ~15:00)、バー・テラスでは11:30~22:30に提供
料金はすべて税・サービス料ともに別価格
TEL:03-4333-8784
URL:oak-door-restaurant

文=東龍 text:Toryu
1976年台湾生まれ、後に日本国籍。ブッフェ、フレンチ、鉄板焼、ホテルグルメ、スイーツをこよなく愛する。テレビ東京「TVチャンピオン」で2002年と2007年に優勝。テレビや雑誌で活躍し、料理コンクール審査員、講演、プロデュースも多数。
2017年8月「一般社団法人 日本ブッフェ協会」設立、代表理事就任。

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

まわりに差をつけるなら、やっぱり〈ディーゼル〉!大人が穿くべきデニムはちょっと“ワザあり”!
SPONSORED
2019.07.26

まわりに差をつけるなら、やっぱり〈ディーゼル〉!
大人が穿くべきデニムはちょっと“ワザあり”!

もうひととおりのデニムは持っていて新たにどんなデニムを買っていいかわからない。似たり寄ったりのデニムではもうトキメキがない。そんな人でもナットクできる、ちょっと“ワザあり”の〈ディーゼル〉の新作デニムをピックアップ。といっても、やりすぎの…

TAGS:   Fashion Denim
手元で個性を演出するなら、素材で遊んだ〈ウブロ〉の1本!王道アメカジが見違える軽快スポラグ時計!
SPONSORED
2019.07.25

手元で個性を演出するなら、素材で遊んだ〈ウブロ〉の1本!
王道アメカジが見違える軽快スポラグ時計!

ほかにはない唯一無二のオリジナリティと革新的な技術、そしてファッション性を兼ね備えた〈ウブロ〉は、時計愛好家ばかりでなく、アクティブな男たちの心を捉えて離さない。スポーティでいて、ラグジュアリー。その魅力はいつものアメカジを格上げするとと…

TAGS:   Watches
プロサーファー・市東重明が着る〈ロエベ〉“アイ/ロエベ/ネイチャー”コレクション!自然を愛する男が選ぶアクティブな服とバッグ!
SPONSORED
2019.07.25

プロサーファー・市東重明が着る〈ロエベ〉“アイ/ロエベ/ネイチャー”コレクション!
自然を愛する男が選ぶアクティブな服とバッグ!

大自然から発想を得たデザインと、都会でも自然の中でも活躍する機能性。この2つをうまく融合させたアイテムを展開する〈ロエベ〉のライフスタイルライン“アイ/ロエベ/ネイチャー”。その魅力を伝えるべく今回登場してくれたのはプロサーファーの市東重…

TAGS:   Fashion
さりげない存在感で勝負するなら〈エドックス〉で!街に映えるダイバーズはタフなうえにエレガント!
SPONSORED
2019.07.25

さりげない存在感で勝負するなら〈エドックス〉で!
街に映えるダイバーズはタフなうえにエレガント!

ダイバーズウォッチのハイスペックに、ラグジュアリーなスタイルを併せ持つ。それが“クロノオフショア1”だ。海での実力はもちろんのこと、街でもそれを持て余すどころか、むしろ秘めたポテンシャルがスタイリッシュに映る。“街ダイバーズ”は、まさに海…

TAGS:   Watches
オフの手元は〈トゥルーム〉の1本で!遊び上手な大人は時計だって着替えて使う!
SPONSORED
2019.07.25

オフの手元は〈トゥルーム〉の1本で!
遊び上手な大人は時計だって着替えて使う!

昼も夜もオフの日は本気で遊ぶのが、アクティブな大人の信条。となれば、手元のお洒落もそのときどきに合った印象に着替えたくなるはず。そこで頼りになるのが、ナイロンと革のバンドを簡単に付け替えられる〈トゥルーム〉時計だ。どちらも素材や仕立てにこ…

TAGS:   Watches
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 03心のゆとりを生むホテル滞在で旅の思い出もプラチナ色に!
SPONSORED
2019.07.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 03
心のゆとりを生むホテル滞在で旅の思い出もプラチナ色に!

セレブたちのライフスタイルに憧れを抱くのは、決して贅沢な旅をしているからではないと思う。おそらくそれは、彼らが人生も旅も自分らしく自由にゆとりを持って楽しんでいるからなのだ。そんな“自分らしさ”を大切にしたバカンスに共感し、実現したいと思…

TAGS:   Lifestyle
オンもオフも〈タフマン リフレッシュ〉でアクティブに!“やる気”のリチャージは爽快な飲み心地の1本で!
SPONSORED
2019.07.25

オンもオフも〈タフマン リフレッシュ〉でアクティブに!
“やる気”のリチャージは爽快な飲み心地の1本で!

週末は大好きな趣味を存分に楽しむ。そんなリフレッシュ上手な大人が増えている。でももっと手軽にシーンを選ばずリフレッシュできたら、いいと思わない? 炭酸がほどよく効いた爽快な飲み口と、高麗人参をはじめとした栄養成分を配合した〈タフマン リフ…

TAGS:   Gourmet
最高の波探しに必要なのはクルマやボードだけじゃない !?サーフ旅トリップに持っていきたい海男のための夏アイテム!
SPONSORED
2019.07.25

最高の波探しに必要なのはクルマやボードだけじゃない !?
サーフ旅トリップに持っていきたい海男のための夏アイテム!

海外のビーチリゾートにも憧れるが、もっとお手軽に夏を楽しむことはできる。たとえば愛車の四駆を駆って、ただひたすら、いい波を探しに行くサーフトリップもそのひとつ。目的地も宿の予定も、すべては波まかせ。海好き男なら誰もが羨む、そんな旅の相棒は…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ